検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

登山で活きるアップルウォッチの4つの機能を徹底解説!おすすめのアプリもご紹介!

スマートウォッチの定番と化しているApple Watch(アップルウォッチ)。実は登山でも活用ができる、便利なアイテムです。本記事を通して、登山で活きるアップルウォッチの使い方・機能・おすすめアプリをチェックしていきましょう!
2022年9月20日
奏咲

目次

アップルウォッチは登山にも◎

スマートウォッチの定番・アップルウォッチ

出典元:ライター撮影

あらゆるメーカーからさまざまな製品が販売されているスマートウォッチ。スマートフォンと連携し、通知確認・音楽再生・ヘルスケア・おサイフケータイなど、腕時計の中にさまざまな機能が詰まっておりとても便利です。

そんな数あるスマートウォッチの中でも特に知名度が高く定番と化しているのが、Appleが販売しているアップルウォッチでしょう。街中でも見かける機会が多い製品です。


登山におけるアップルウォッチの魅力を紹介

スマートウォッチによっては、アウトドアアクティビティで活躍を見せる製品も存在しています。ガーミンの製品などは特にその傾向が強く、等高線入りの地図を標準搭載しているモデルなども存在しています。

そこで今回の記事では、定番製品であるアップルウォッチの登山での便利機能に注目いたします。登山好きな方はぜひご覧ください。なお、本記事は2022年9月19日時点の情報を基に作成されています。

登山で活きるおすすめの3つの機能

1.重要な通知を見逃さないで済む

出典元:ライター撮影


登山の最中に、重要な連絡を受けることがあります。登山とは関係がなかったとしても、速やかに返事をしなければならない連絡が入ってしまう場合もあるでしょう。しかし、いちいちスマホ本体を取り出して確認するのは面倒です。意識が逸れるリスクもあります。

しかし、アップルウォッチを着用しておけばいつでもスムーズに通知の確認ができます。ちょっとした返信であれば時計から即レスポンスすることもできるので便利です。

2.バイブでのアラーム

アップルウォッチはバイブでアラームを鳴らせるというメリットもあります。登山に限った話ではありませんが、キャンプ場やテント場などでアラームを鳴らすと他の利用客に迷惑をかけてしまう可能性があります。

その点、アップルウォッチは音は鳴らさずにバイブレーションだけでアラームが利用可能です。スマホとは異なり腕に着けているので、地面を伝わってバイブが響く可能性も低いので安心して利用できるでしょう。

3.情報を即座に確認可能な文字盤がある

出典元:ライター撮影


アップルウォッチには、複数のウォッチフェイス(文字盤)が存在しています。バラエティに富んでいますが、その中には登山の際に役立つ情報を即座に確認できる文字盤も存在しているので便利です。

例えば、「インフォグラフモジュラー」と呼ばれるものを使えば高度を即座に確認できます。また、「アクティビティ」をセットしておくと歩数や消費カロリー・心拍数なども一目でチェック可能です。登山のみならず、さまざまなワークアウトでの使い方に最適な文字盤だと言えます。

4.GPSを搭載している

アップルウォッチはGPSを搭載しています。そのため、この後ご紹介する登山地図を確認できるアプリなどを使うことで、リアルタイムで自分がどのあたりにいるのかや、経路の記録などがチェック可能です。このように、アップルウォッチは時間の確認以外でも役に立つ製品だということが分かります。

便利なアプリがある

出典元:ライター撮影

アップルウォッチが標準で搭載している機能も魅力的ですが、そこに登山で便利なアプリをインストールすることで更に便利なスマートウォッチへと進化させられます。アップルウォッチに対応している登山用アプリの数は多くはありませんが、今回の記事では特に便利な2つのアプリを紹介いたします。

時計で地図を確認できる「YAMAP」

いちいちiPhoneを開かずとも、自分の位置をアップルウォッチ上に表示される登山地図で確認できる「YAMAP」というアプリが便利です。登山道・歩いた軌跡などさまざまな情報をグラフィカルにチェックできます。

心拍数・標高・距離・活動時間などを一目で確認できる「データ表示モード」も搭載し、地図モードとワンタッチで切り替えられます。なお、アップルウォッチの中でもSE・Series 5以降のモデルのみ対応となっているので注意しましょう。

‎「YAMAP / ヤマッ‪プ‬ 登山地図・山登りGPSナビ」をApp Storeで
「YAMAP / ヤマッ‪プ‬ 登山地図・山登りGPSナビ」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「YAMAP / ヤマッ‪プ‬ 登山地図・山登りGPSナビ」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

電波が無くてもOK

YAMAPの利用時は、GPSで現在地と登山ルートが分かります。そのため、電波がない環境での利用でも問題ありません。山中やその付近では電波が届きにくかったり、圏外だったりするケースは珍しくありません。YAMAPがあれば、そんな環境でも安心して登山を楽しめるでしょう。

「ヤマレコ」もおすすめ

YAMAPだけでなく「ヤマレコ」というアプリもおすすめです。こちらも地図の表示ができ、予定ルートを登録しておけば現在地・歩いた軌跡・予定ルートのグラフを随時確認できるようになります。

また、ヤマレコは登山中に欲しい情報、例えば現在のペースや標高グラフ、予想通過・下山時間、進行状況などを文字盤上で確認できる、ウォッチフェイスのコンプリケーションとして利用できるのがポイントです。よりスムーズに・即座に情報を確認できます。

‎「ヤマレコ 登山・ハイキング地図&GPSナビ」をApp Storeで
「ヤマレコ 登山・ハイキング地図&GPSナビ」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「ヤマレコ 登山・ハイキング地図&GPSナビ」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

アップルウォッチは登山でも使える!

出典元:ライター撮影

今回の記事では、Apple Watchが有している登山で活用できる機能やアプリについてチェックしてきました。アップルウォッチは軽量なので、腕が変に疲れてしまうといったこともないでしょう。

ぜひアップルウォッチを活用して、さらに登山を楽しく便利で安全なものにしてくださいね!なお、出発前にバッテリーを充電しておくのは忘れないようにしましょう!

アップルウォッチが登山で使えるか気になる方はこちらもチェック

本サイトには、登山に関連するさまざまなトピックが掲載されています。登山用のスマホGPSアプリのおすすめ9選紹介記事や、赤岳日帰り登山のモデルプランなどさまざまな角度からの情報を発信中です。本記事だけでなく、他の記事もぜひ併せてチェックしてみてくださいね!