検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

モンベルの「ウォーターパック」でサッと水分補給!5つの魅力や使い方をご紹介!

登山やアウトドアでの脱水症を防ぐためは、小まめに水分補給ができるハイドレーションパックが便利。モンベルのトレールウォーターパックは中でも評判の商品です。以下ではモンベル製のウォーターパックの魅力をピックアップし、使い方についても解説をしていきます。
2022年10月1日
haekon

目次

効率よく水分補給ができる登山ギアをご紹介

登山中の水分補給にはチューブ式が便利

登山やアウトドアでは、脱水症を防ぐために小まめな水分補給が必要不可欠。「ハイドレーションシステム」はバックパックなどに本体を入れ、チューブで簡単に水分を補給できる便利なアイテムです。

以下ではハイドレーションシステムとして評判の高い、モンベルの「トレールウォーターパック」をご紹介し、魅力や使い方についても解説をしていきます(本記事は2022年9月30日の情報をもとにしました)。


モンベルのトレールウォーターパックとは

モンベル トレールウォーターパック

容量1.5L/2L/3L
重さ145g/160g/170g

トレールウォーターパックは、国内の大手アウトドアブランド・モンベルから、2019年にリリースされたモデルです。登山やトレランといった行動中でも荷物を降ろすことなく、チューブから適量の水分補給をすることができます。

サイズは1.5L・2L・3Lの3種類があるので、シーズンや行動時間などに応じて選びましょう。本体は200g以下と軽量で、3000円ほどの価格帯です。

モンベル製品の5つの魅力を解説

1.注水口が大きく扱いやすい


ウォーターパックの幅は40cm前後あり、ふたが全開するスタイルです。ほかのハイドレーションと比べても注水部のサイズが大きいため、スムーズに飲み物を入れることができるでしょう。また、口を開けたまま固定できる仕組みもあり、乾燥しやすいのも魅力です。

2.臭いや味がつきにくく衛生的

本体内側の素材には抗菌剤が練りこまれているため、細菌の増殖を抑え、臭いが付きにくいのが特徴です。口をつけるチューブの内側にも味や臭いがうつりにくい素材が採用されているので、水やドリンク類そのままの味を楽しむことができるでしょう。

また、チューブはキャップで保護ができる構造のため、埃などが付きにくく衛生面でも安心して利用できます。


3.サイズを一定に保てる

モンベル製ウォーターパックのなかでも、サイズが大きめの2L・3Lモデルには、内側の中央部に仕切りが設けられているのが特徴です。容量一杯まで満たした場合でも、中央部が膨張することを抑え、バックパック内の他のアイテムを圧迫することを防いでくれます。

パックは一定サイズ以下の幅に保たれるため、荷物のパッキングもしやすいでしょう。

4.漏れる心配が少ない

モンベルのウォーターパックの本体は水を通しにくい熱可塑性エラストマー素材が用いられています。また、チューブの両側には2重の水漏れ防止対策がされているのが特徴です。

本体からチューブが外れた場合でも中身が漏れることがなく、バックパックを濡らす心配がありません。また、吸い口の部分にもロック機構が設けられているので、こぼさずに飲むことができるでしょう。

5.オプションにより保冷力をアップできる

ウォーターパック自体には保冷能力はありませんが、別売りで保冷用のサーモカバーが販売されています。ポリエチレンスポンジを保冷材として採用した便利なアイテムで、保冷能力が高いだけでなく、結露による水漏れも抑えてくれます。

また、ウォーターパックは本体・チューブともにマイナス20℃から70℃までの耐熱・耐寒仕様となっています。より冷たい水を飲みたい場合には、事前に冷凍しておくのも効果的です。

トレールウォーターパックの使い方

1.本体の組み立て&チューブの取り付け方法

モンベル製のウォーターパックは開閉に「スライドロックバー」というスライド式の機構を採用しているのが特徴です。水の充填が終了したらパックの口を折り返し、バーをスライドさせます。側面にある外れ防止のレバーを回すのを忘れないようにしましょう。

チューブをセットする場合は、本体側のコネクタ部のボタンを押しながらカチッと音がするまで押し込みます。

2.水分補給の方法

飲み口のキャップは、先端の両側を押しながら引き抜きます。シリコン素材の飲み口も同時に上に引っ張られロックが解除される仕組みです。飲み口を軽く噛みながら吸い込むようにして水分補給をしましょう。ちなみに、この状態で飲み口を押しこめば、ロック機構が働き、水が漏れない状態になります。

3.洗い方&メンテナンスの方法

モンベル トレールウォーターパック メンテナンスキット

ここからは洗い方やメンテナンス方法をご紹介。本体はフルオープンできるので、手を入れてスポンジなどを使う洗い方ができます。洗い終わったらスライドバーを本体にある穴に通し、開いたままにして乾燥させましょう。

チューブ側の飲み口周辺の部品は全て分解できるので、清潔な状態を保つことができます。本体用とチューブ用ブラシがセットになった専用のメンテナンスセットも扱っているので、併せてご利用ください。

4.収納方法

中の水を飲み終わったら、本体はコンパクトに収納することができます。スライドロックバーを取り外した後に、本体を丸めて折りたたむスタイルです。パック自体の重さも軽量なので、リュックにお土産などを追加する余裕ができるでしょう。

評判の登山用品で快適な山登りを

モンベルのトレールウォーターパックは、扱いやすさを考慮したさまざまな工夫が施されたハイドレーションパックです。水漏れがしにくく洗い方も簡単。臭いがうつりにくいので、水やドリンク類本来の味を楽しめるでしょう。

登山やキャンプといったアウトドアの機会がありましたら、モンベルのウォーターパックを活用してみてはいかがでしょう。

モンベルのウォーターパックが気になる方はこちらもチェック!

下にはハイドレーションの仕組みを解説した記事や、モンベル製以外も含めたおすすめのハイドレーションパックの特集をリンクしました。こちらも併せてお楽しみください。