検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】リュックの紐を切らずにまとめる方法!100均にあるもので簡単にできる

リュックの紐が長いままだと、汚れてしまったり引っ掛けてしまたりとストレスがたまります。そこで、リュックの紐を切らずにまとめる方法をご紹介します。専門グッズや100均のグッズを使ってまとめる方法や、家にあるものを使った結び方などをご紹介しましょう。
2022年9月30日
MINK

目次

リュックの紐が長すぎる

余りの紐は危険

出典:https://unsplash.com/

リュックを背負いやすいように肩紐を短くすると、余った紐がブラブラと垂れ下がり邪魔になります。しゃがんだ時に地面に付いて汚れてしまうので、扱いにも気を付けなくてはなりません。

さらに余った紐をブラブラさせておくと、見た目がダサいだけではなく危険につながることも。特に子供の場合、自転車の車輪や電車のドアに挟んでしまうことがあり、事故につながる恐れがあります。


リュックの紐はなぜ長いのか

そもそもリュックの紐はなぜ長いのでしょうか。リュックはもともと登山用に作られたもので、重量のあるリュックを背負う場合、肩紐を緩めたり締めたりできたほうが使いやすいからです。

また山で遭難した人を救助する場合、リュックの紐が長ければリュックを着けたままでも人を背負うことができます。しかし子供用のリュックなど、必要なければ短くしてしまってもいいでしょう。

切らずにまとめるグッズをご紹介

リュックの肩紐の余りがぶらぶらして邪魔でダサいと感じる場合は、紐を短くしましょう。余りを切ってしまうのも一つの方法ですが、短く切り過ぎてしまい後で調節したいときに困ります。

そこでおすすめなのが、グッズを使って紐をまとめる方法です。本記事では、市販や100均のグッズを使ってまとめる方法や、簡単に自作する方法をご紹介します。


専用の道具でまとめる方法

ウェブドミネーター

ウェブドミネーター

出典:Amazon
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:楽天

「ウェブドミネーター」は、余った紐をまとめる時に使う便利なグッズです。アメリカのミリタリーショップ「ITW NEXUS」が軍事用として開発したものですが、現在はさまざまなメーカーが製造していて、アウトドア専門店や通販サイトで購入できます。

価格も安く、10個入りなどが販売されているので予備を用意しておくといいでしょう。オレンジやベージュなどカラーバリエーションが豊富です。

ウェブドミネーターの使い方


ウェブドミネーターはプラスチック製で、片側にゴムが付いています。通し方は簡単で、ベルトの根元部分にウェブドミネーターを差し込み、余った紐を巻き、最後にゴムで固定するだけです。ゴムを伸ばして固定すると、緩み止めになります。ウェブドミネーターは、コードを巻いたりクリップ代わりに使ったりすることもできます。

100均のグッズでまとめる方法

シリコンマグネットクリップ

シリコンマグネットクリップ

出典:Amazon
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天

シリコンマグネットクリップは100均のダイソーやキャンドゥで110円で販売されている便利なアイテムです。セリアでは「シリコン携帯クリップ」という似たような商品が販売されています。

シリコン製のソフトな素材で作られていて、両端がマグネットになっています。リュックの紐をクリックの片側に巻いて行き、短くなったところで両端をマグネットで固定してください。ベルトの緩め止めにもなります。

多彩な使い方ができる万能グッズ

ダイソーのシリコンマグネットクリップは、紐を巻いて固定するだけなので、子供でも簡単に使えます。また色のバリエーションが豊富で、カラフルな色がたくさん出ているので、リュックの色と合わせて楽しむのもおすすめです。

ダイソーのシリコンマグネットはリュックの紐だけではなく、イヤホンのコードをまとめたり、袋の蓋を留めたりするのにも使えます。またスマホスタンドとして使うことができるので、動画を見る時にも便利です。

自作してまとめる方法

ヘアゴム

ヘアゴム

出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天

グッズを買わずに家にあるもので自作をしたいという方は、ヘアゴムを使ってリュックの紐を留める方法がおすすめです。結び方も簡単で、誰でも簡単に自作できます。

まずヘアゴムを10cmほどの長さにカットしたものを2本用意します。ヘアゴムを紐の先端に置き、ゴムを中心にぐるぐると上まで巻いてください。上まで巻いたらヘアゴムを結び、余ったゴムをカットし結び目を中に入れて完成です。

簡単に自作できる

ヘアゴムとリュックの紐の色を同じにすると、目立たずきれいに見えます。ヘアゴムはカラーバリエーションが豊富なので、リュックの紐に合わせて選ぶといいでしょう。

また輪ゴムタイプのヘアゴムでも、きれいにまとめられます。輪ゴムタイプの場合は、リュックの紐を折りたたんでゴムで固定するだけなので簡単です。ヘアゴムは劣化が早いので、時々チェックしてください。

リュックの紐は切らずにまとめよう

出典:https://unsplash.com/

余ったリュックの紐をぶらぶらとさせておくと、見た目がダサいだけではなく、活動の邪魔になることがあります。本記事では専門のグッズや100均のグッズを使った紐の通し方や、ヘアゴムを使った結び方などをご紹介しました。ベルトの緩み止めにもなりますので、いろいろな方法でリュックの紐をまとめてみてください。

リュックの使い方や便利な道具はこちら

リュックの背負い方やベルトの調節方法、荷物の詰め方について気になる方は、こちらの記事を参考にしてください。またリュックの収納方法や、あると便利なポーチについての記事もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。