スプレーの日焼け止めは効果がない?効果を100%発揮する正しい使い方をご紹介!

スプレーの日焼け止めは効果がない?効果を100%発揮する正しい使い方をご紹介!

スプレータイプの日焼け止めの効果を100%発揮できるよう正しい使い方をご紹介します。スプレーは正しい使い方をしないと、日焼け止め効果が薄まってしまったり、効果ないと感じたりする原因になったりしてしまいます。ぜひ、正しい使い方の参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.紫外線の種類について
  3. 3.スプレータイプの日焼け止めを使ってみよう
  4. 4.スプレータイプの日焼け止めメリット
  5. 5.スプレータイプの日焼け止めのデメリット
  6. 6.スプレータイプの日焼け止めが向いている場面
  7. 7.スプレータイプの日焼け止めの選び方
  8. 8.スプレータイプの日焼け止めの効果的な塗り方
  9. 9.効果的な塗り方:顔・首
  10. 10.効果的な塗り方:体
  11. 11.効果的な塗り方:髪
  12. 12.効果的な使用のための注意点
  13. 13.おすすめの日焼け止めスプレー:大人用
  14. 14.おすすめの日焼け止めスプレー:赤ちゃん~用
  15. 15.スプレータイプの日焼け止めの正しい使い方まとめ

はじめに

みなさん、日焼け止めで紫外線対策は行っていますか?「面倒くさくて、ついつい日焼け止めを塗らずに出かけてしまう」という理由や「バタバタしていると、塗るのを後回しにして忘れてしまう」という理由で紫外線対策をおろそかにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

紫外線によるダメージについて

紫外線対策をしないまま外出すると、シミやしわ、そばかすなどの肌トラブルを引き起こします。また、日焼け対策をしないまま長時間日差しを浴びることで、熱中症にかかりやすくなります。また、紫外線には実は種類があるのをご存じですか?下記では紫外線の種類についてご説明します。

紫外線の種類について

紫外線は波長と領域・性質により、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分かれます。そのうち、UV-Cは、オゾン層に遮られるので、地表には届きません。では、UV-AとUV-Bについてもう少し詳しく見ていきましょう。

UV-A

UV-Aは地上に届く紫外線の90%を占めます。エネルギーは弱いのですが、肌の奥に損傷を与えながらメラニン色素の合成を増やすので、皮膚の色素沈着を引き起こします。日焼け直後はヒリヒリを感じることもあり、数日後に皮膚が黒くなります。

UV-B

UV-Bはエネルギーが非常に強く、肌が軽くやけどした状態になります。また、皮膚の炎症を引き起こすだけでなく、全身の疲労感を感じたり、頭痛や発熱を起こしたりする人もいます。

スプレータイプの日焼け止めを使ってみよう

上記で紫外線による肌のダメージについて触れましたが、「対策をしたいけれどやっぱり面倒」「手軽にケアできる方法はないの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、スプレー式の日焼け止めです!

スプレータイプの日焼け止めは効果ない?

スプレー式を使用した方の中には、効果ないという意見もあります。しかし、大半の場合、正しい使い方ができていないことが原因です。また、正しい使い方には、商品の特性(メリット・デメリット)を知ることが大切になってきます。下記で、スプレーのメリットおよびデメリットについて詳しくみていきましょう。

スプレータイプの日焼け止めメリット

スプレータイプの日焼け止めのメリットをご紹介いたします。スプレー式にはメリットがたくさんあります。下記にご紹介いたしましたので、ぜひメリットを知ってご自身の生活に取り入れてみてください。

メリット1:塗りなおしが簡単

スプレーするだけで簡単に塗ることができるので、塗り直しのしやすさがメリットです。また、メイクの上からもスプレーできるものもあり、塗りなおしが難しいメイク中でも、手軽に日焼け防止ができます。

メリット2:ベタつきのない使用感

クリームタイプと違い、サラっとした使用感のものが多く、顔や体にもベタつきなく快適に利用できます。

メリット3:手の届きにくい場所も簡単に塗れる

スプレー式なので背中などの手の届きにくい場所にも簡単に塗布することができる点もメリットです。クリーム・ジェルなどを使用している方も、手の届きにくいパーツはスプレーを使用すると、全身隈なくカバーできます。

メリット4:髪にも使える

顔や体以外にも髪にも塗布できる点も、スプレーのメリットです。クリームを髪に塗ってしまうと、ベタつくどころか固まってしまいます。紫外線は髪にもダメージを与えるので、髪にも日焼け止めを塗れるというのは良いですよね。

スプレータイプの日焼け止めのデメリット

続いてスプレータイプの日焼け止めのデメリットをみていきましょう。「スプレーは効果ない」と言われる理由として、このデメリットへの対策をしていない場合が多くあります。デメリットを知り、使い方を工夫しましょう。

デメリット1:水や汗に弱い

クリームなどの塗る日焼け止めに比べると、スプレー式は肌への密着度が弱く、水や汗に弱いのがデメリットです。プールなどで水に濡れるときや汗を沢山かくときには、こまめな塗りなおしが必要になります。

デメリット2:持続時間が短い

持続時間が短い点もデメリットです。長時間塗りなおしをしないと、効果ないと感じてしまう原因となります。

デメリット3:正しく使用しないと効果ない

クリームと違って、スプレーを塗布した場所が分かりにくくムラになりやすい点がデメリットです。クリームは塗った量が分かりやすい一方で、スプレーは吹きかけると、ヒヤッとした冷感があり少量でも満足いく量がかかったと感じてしまいがちです。本当は塗りたかった部分にうまく塗れていなかったときに、「スプレーは効果ない」と感じるようです。

デメリット4:吹きかけるので、吸引の恐れがある

クリームなどの日焼け止めと最も違うのは、顔や体に直接吹きかけられる点です。このデメリットとして、吹きかけるときに成分を吸い込んでしまう可能性があることがあげられます。喚起の良い場所で使用し、万が一吸い込んでしまったときは、医師に相談しましょう。

スプレータイプの日焼け止めが向いている場面

メリットとデメリットを見てみると、スプレー式の日焼け止め使用に向いている場面が分かりますよね。「スプレーは効果ない」と諦めてしまう前に、下記を参考にメリットとデメリットを理解した上でぜひライフスタイルに取り入れてみましょう。

短時間の外出のとき

近所へのお買い物などの短時間の外出時には、クリームよりもスプレーがおすすめです。ささっとスプレーして顔や体になじませるだけでOKなので、手軽に日焼け対策ができます。

素早く塗りたいとき

塗るタイプの日焼け止めの場合、クリームなどを手に取って塗るというように、少し時間がかかってしまいますね。急いでいるときなど素早く塗りたいときにはスプレーですと手軽に塗れるのとても便利です。

髪の毛も紫外線防止したいとき

髪の毛の日焼けを防げる点は、スプレーの大きなメリットです。髪の毛や頭皮も紫外線のダメージを受けてしまいますが、クリーム・ジェルを髪の毛に塗布するのは難しいですよね。髪の毛や頭皮の紫外線予防にはスプレーを活用しましょう。

外出時の塗りなおしに

外出先では、クリーム・ジェルよりも、ささっと吹きかけるだけなので、楽に塗りなおしができます。塗りなおす時間や場所に制限がある人におすすめです。

スプレータイプの日焼け止めの選び方

スプレー式の日焼け止めを選ぶポイントを項目ごとにご紹介します。ぜひ選ぶ際の参考にして、ご自身のライフスタイルに合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

ガスタイプかノンガスかで選ぶ

ガスタイプは、粒子が細かいので、体などの広範囲の塗布におすすめです。ただし、PA・SPF値が高いものが多く、肌への負担が大きいことがデメリットです。ノンガスタイプは、ガスタイプよりも肌への負担が軽い点がメリットです。ただし、デメリットとしては、持続力が弱いことがあげられます。こまめに塗りなおしができない時にはおすすめできません。

PA値・SPF値で選ぶ

PA・SPF値は数が増えるほど紫外線カット効果が高くなりますがお肌への負担も大きくなります。PAは、UV-Aを防止する効果のことをさし、「+」の数は1~4つまであります。SPFは2~50+まであります。UV-Bを防止する効果で、日常生活で使用するのであれば、SPF30 、PA+++がおすすめです。

ウォータープルーフ処方かで選ぶ

スプレー式は汗などの水分に弱い点がデメリットです。汗をかきやすい夏や、水に濡れる海水浴などに使用する際には、ウォータープルーフの処方がされていないと日焼け防止の効果ないと感じてしまいやすいです。また、より耐水性に優れたスーパーウォータープルーフなどを使用するのもおすすめです。

 

落としやすさで選ぶ

お肌への余計な摩擦を避けるため、普段使用しているボディソープや洗顔料・せっけんなどで落とせるかどうかも確認しましょう。普段使用しているもので落とせるのであれば、追加で洗浄剤を購入するコストも抑えられますし、使い分ける手間も省けますよね。

スプレータイプの日焼け止めの効果的な塗り方

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61UuQrPVwXL._AC_SL1000_.jpg

では、いよいよスプレー式の日焼け止めの正しい使い方をみていきましょう。正しい使い方を知らないと、せっかく塗っても塗りムラが生じ、日焼け防止をしたい部分が焼けてしまったり、日焼け防止の効果ないと感じてしまったりします。

パーツ別に塗り方があるって本当?

正しい塗り方といっても「ささっとスプレーするだけじゃないの?」という方もいらっしゃると思いますが、効果を発揮する塗り方にはコツがあります。スプレー式は顔や体などそれぞれにパーツ別の塗り方がありますので、前使用して「あまり効果ないと感じた」という方も、下記を参考にして効果的な正しい塗り方をマスターしましょう!

効果的な塗り方:顔・首

効果的な使用手順1

まずはスプレーをよく振ります。中身は液体なので、時間が経つと成分が分離してしまうので、使用する前によく振ることが大切です。ただし、製品によって振る必要がないものもあるので、製品の使用方法をよく読んで使用しましょう。

効果的な使用手順2

顔や首は直接吹きかけると吸引の可能性も高いので、一度手にスプレーしましょう。

効果的な使用手順3

両手を使用して肌に密着させ、顔や首に満遍なく馴染ませます。肌への密着度合が高まることで、塗りムラを防止し効果的に使用できます。

効果的な使用手順おまけ

顔・首のパーツで塗り忘れが生じやすいのが、耳や首の後ろです。特に首の後ろは、日焼け止めを塗らずに長時間紫外線を浴びると、熱を持ち、熱中症の症状を引き起こしやすくなります。熱中症対策のためにも忘れずに塗りこみましょう。

効果的な塗り方:体

効果的な使用手順1

スプレーをよく振りましょう。中身は液体なので、時間が経つと成分が分離してしまうので、使用する前によく振ることが大切です。ただし、製品によって振る必要がないものもあるので、製品の使用方法をよく読んで使用しましょう。

効果的な使用手順2

体には直接、15㎝ほど肌から離して円を描くようにスプレーしていきます。たっぷりとスプレーし、塗り残しやムラを防ぎ効果的に使用するようにしましょう。

効果的な使用手順3

スプレー後は、手のひら全体を使って大きく円を描くように広げながら肌になじませます。こうすることで、肌への密着度がUPし効果的に使用することができます。塗り残しのないように、細部まで忘れずに行いましょう。

効果的な使用手順補足

焼けやすいと言われている腕・肩・デコルテは入念に塗りこみましょう。また、塗り残しが生じやすい足の甲、ひざ・ひざ裏、体の側面も気を付けて塗るようにしてください。

効果的な塗り方:髪

効果的な使用手順1

まず髪の毛をよくブラッシングして、ほこりや髪の絡まりを取り除きます。

効果的な使用手順2

スプレーをよく振りましょう。中身は液体なので、時間が経つと成分が分離してしまうので、使用する前によく振ることが大切です。ただし、製品によって振る必要がないものもあるので、製品の使用方法をよく読んで使用しましょう。

効果的な使用手順3

髪から15㎝ほど離してスプレーします。髪全体に満遍なく吹きかけてください。

効果的な使用手順4

スプレーし終わったら、再度髪をよくブラッシングし、日焼け止めを馴染ませます。

効果的な使用手順補足

髪の毛は一度傷んでしまうと、自然に治癒することはありません。長時間紫外線を浴びる前などは、洗い流さないトリートメントを併用することをおすすめします。トリートメントは髪への栄養補給をすると同時に髪の毛の表面をコーティングし外部からのダメージを防いでくれます。

効果的な使用のための注意点

ここまでメリットおよびデメリットと、正しい塗り方をみてきました。次は、使用する上で注意すべき点をみていきましょう。

パッチテストをしましょう

数多くのメーカー・ブランドからスプレー式の日焼け止めがリリースされていますが、敏感肌の方や不安がある方はパッチテストを行ってから、本格的に使用をはじめましょう。

肌の保湿をしましょう

肌が乾燥していると、紫外線の影響を受けやすくなりますし、うまく塗りのばせない原因となります。特に夏場は汗で肌が湿っていて乾燥していないように感じてしまうかもしれませんが、塗りムラを防ぐために、日焼け止めを塗る前に肌の保湿をしっかり行いましょう。

ケチらず使用しましょう

勿体ないからといって量をケチって使用してしまったり、逆に大量に使用してしまったりというのも塗りムラにつながってしまいます。商品の説明をよく読み、適量をしっかりと使用しましょう。

メーカー推奨の用法・容量を確認しましょう

各商品には、顔用・体用といった文言や効果的な使用のための使用方法が記載されています。メーカーの使用方法もよく読み、用法・容量を守って使用しましょう。

こまめに塗りなおしましょう

日焼け止め効果をキープするには、塗りなおしがとても大切になってきます。汗をかいた後や、水にぬれた後は必ず塗りなおしましょう。商品にもよりますが、2~3時間に1度塗りなおすのが効果的です。

ダブル使いで徹底予防をしましょう

「絶対焼きたくない」という方には、クリーム・スプレーの両方を上手に使い分けるダブル使いがおすすめです。基本的には塗るタイプを使用し、手が届きにくい場所や外出先での塗りなおしにはスプレーを使用することで、全身隈なく日焼け防止ができます。日焼け防止には塗りなおしがかかせないので、持ち運びに便利なスプレーをカバンに常備しておくと便利ですね。

おすすめの日焼け止めスプレー:大人用

おすすめスプレー商品3選をご紹介いたします。それぞれのおすすめポイントも購入の際の参考にしてみてください。商品はAmazonや楽天でも購入できます。

おすすめの日焼け止めスプレー1

ANESSA(アネッサ) パーフェクトUV スキンケアスプレー a 日焼け止め シトラスソープの香り 60g

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

おすすめポイント

汗や水でUV膜が強くなるという技術が採用されています。耐水性チェック済みのスーパーウォータープルーフ商品です。顔や体にも使用でき、せっけんで落とせることもメリットの1つです!

おすすめの日焼け止めスプレー2

サンカットR パーフェクトUV スプレー スーパーウォータープルーフ(60g)

楽天

おすすめポイント

こすれに強く肌馴染みがよいので、UVカットの効果が持続します。さらっとした使用感で、石鹸でも落とせます。濡れた肌の上からでも使える点もメリット!また、お手頃なのでデイリー使いにおすすめです。

おすすめの日焼け止めスプレー3

スキンアクア サラフィットUV さらさらスプレー 無香料 (SPF50+ PA++++) 50g

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

おすすめポイント

速乾タイプなので塗った後がベタつかず、さらっと使用できます。オイルフリーなので、皮脂トラブルの多いオイリー肌の方におすすめです。

おすすめの日焼け止めスプレー:赤ちゃん~用

上記で紹介したものとは別に、赤ちゃんにも使用できるスプレータイプの日焼け止めをご紹介します。安全性を考えて作られているので、お子さんのいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの日焼け止めスプレー1

100%天然成分!【公式】アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml 送料無料 日焼け止め UV UVミスト UVスプレー 紫外線 アウトドア オーガニック ベビー 赤ちゃん キッズ 子供 オーガニック 国産 無添加 天然成分 ALOBABY alobaby baby

楽天

おすすめポイント

100%天然由来の成分で赤ちゃんの肌にもやさしく使えて安心です。お湯で落とせるミストスプレーです。また、虫よけ効果もあるので、お子さんとのアウトドアに最適な商品です。

おすすめの日焼け止めスプレー2

\水遊びキットプレゼント/【新発売】コピールミ 天然成分100% 日焼け止め&虫除けハーブ配合 アウトドアミスト スプレー play |ベビー専用 UVカット 虫除け 1本で2役 無添加 【メール便不可】 【あす楽】

楽天2,310円

おすすめポイント

安全性の高い米ぬか成分を使用しているので、万が一吸い込んでしまっても安心です。虫除け効果も赤ちゃんの汗疹予防もできる商品です。ミニボトルなので持ち運びにも大変便利。

スプレータイプの日焼け止めの正しい使い方まとめ

スプレータイプのメリットおよびデメリットおよび正しい使い方をご紹介してきました。「スプレーは効果ない」と思っていた方も、この記事を参考に効果的な使い方を取り入れてみてください。この夏はスプレー式の日焼け止めを上手に取り入れて色白肌を目指してみてはいかがでしょうか。

日焼け後のケアが気になった方はこちらもチェック!

うっかり日焼けをしてしまったという方には、日焼けした後のアフターケアの記事がおすすめです。日焼けした後は、なるべく早めに対処することでその後の肌の状態に大きく影響します。もし日焼けをしてしまった場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

これでダメなら諦めろ!真っ黒に日焼けした肌をより早く白く戻す10つの方法! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
これでダメなら諦めろ!真っ黒に日焼けした肌をより早く白く戻す10つの方法! | 暮らし~の[クラシーノ]
お外に出かける機会も増える春・夏は「うっかり日焼け」も多い季節です。ここでは、真っ黒に日焼けしてしまった顔や体の肌を早く白く戻す方法をお届けします。ターンオーバーを整える食べ物・サプリ、化粧品情報も記載しているので、白いお肌をとり戻すための参考にしてみては。
頭皮を日焼けした時の正しいアフターケアを解説!赤みやフケに効果的な対処法はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
頭皮を日焼けした時の正しいアフターケアを解説!赤みやフケに効果的な対処法はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
気づきにくいのですが、頭皮も日焼けしています。赤みなどの一般的な事柄に加えて、頭皮が日焼けすると長期的な影響がでる恐れもあります。そこで、化粧水などを使ってこれらの症状を治すアフターケアの方法や、普段からできる予防法をお伝えします。
yurikuma5115
ライター

yurikuma5115

国内外問わず旅行大が好きで、時間をみつけては旅行をしています。有名な観光地や現地ならではの食べ物やお酒を楽しむことはもちろん、現地の人との触れ合いも大事にしています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking