【2019】秋田の絶品名物グルメおすすめ12選!秋田観光で食べたいB級グルメも!

【2019】秋田の絶品名物グルメおすすめ12選!秋田観光で食べたいB級グルメも!

秋田県の絶品グルメをご紹介しましょう。秋田観光の際にぜひ食べてみたいおすすめの食べ物を12種類取り上げてみます。秋田グルメとして多くの人に知られている有名な食べ物や、まだメジャーではないもののこれから人気が高まりそうなグルメも登場します。ぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.秋田はグルメの宝庫!
  2. 2.秋田観光で食べたい名物グルメを大公開!
  3. 3.秋田観光で食べたい名物グルメ①
  4. 4.秋田観光で食べたい名物グルメ②
  5. 5.秋田観光で食べたい名物グルメ③
  6. 6.秋田観光で食べたい名物グルメ④
  7. 7.秋田観光で食べたい名物グルメ⑤
  8. 8.秋田観光で食べたい名物グルメ⑥
  9. 9.秋田観光で食べたい名物グルメ⑦
  10. 10.秋田観光で食べたい名物グルメ⑧
  11. 11.秋田観光で食べたい名物グルメ⑨
  12. 12.秋田観光で食べたい名物グルメ⑩
  13. 13.秋田観光で食べたい名物グルメ⑪
  14. 14.秋田観光で食べたい名物グルメ⑫
  15. 15.秋田ならではのグルメを堪能しよう!

秋田はグルメの宝庫!

せっかく秋田県を旅行するなら、ランチやディナーに秋田県ならではの食べ物を食べてみたくなりますね。秋田県は海にも山にも恵まれており、そこからとれるさまざまな食材はたくさんの美味しいグルメを生み出しています。今回の記事では秋田県の美味しい食べ物に注目します。秋田県の魅力を感じられる絶品グルメにはどのようなものがあるのでしょうか。

秋田観光で食べたい名物グルメを大公開!

それでは早速、秋田観光で食べてみたいおすすめの名物グルメをご紹介していきましょう。「秋田グルメといえばこれ!」という美味しい食べ物を12種類セレクトしてみました。それぞれの名物グルメの特徴や、グルメが食べられるおすすめのお店の情報も盛り込んであります。どうぞご覧ください(記事記載の情報は2019年8月4日現在のものです)。

秋田観光で食べたい名物グルメ①

横手やきそば

「横手やきそば暖簾会」なる組織を立ち上げて力を入れている秋田県横手市のB級グルメです。全国各地のB級グルメが集結する有名なB-1グランプリにも出店しており、グルメ好きの観光客の間でも秋田県のB級グルメの代表格として有名な食べ物になっています。横手やきそばはストレートな太麺を使用しており、ウスターソースをベースにしたタレで味付けをした後、麺の上に目玉焼きと福神漬けをトッピングするのがこの食べ物の大きな特徴です。

おすすめグルメはこの有名店で!

この秋田県を代表するB級グルメは「藤春食堂」でいただきましょう。藤春食堂といえば、暖簾会加盟店の中から四天王を決めるイベントで常にその名をとどろかせている有名店ですね。麺の上には定番の目玉焼きと福神漬けのほかに、ドーンと大きな豚の一枚肉がトッピングされているのが特徴です。お店オリジナルのソース味も絶品で、食事時には小さな店舗の前に大勢の人が押し寄せています。昼のみの営業ですので覚えておきましょう。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県横手市大屋新町堂ノ前22-3
【連絡先】0182-33-5687
【アクセス】秋田自動車道「横手IC」より4分

秋田観光で食べたい名物グルメ②

秋田かやき

この料理専用のタレも販売されている秋田県のB級グルメです。秋田かやきのルーツは、漁師たちが鍋の代わりに大きな貝の殻を使って野菜や魚介などを料理したのが始まりで、「貝焼き」という言葉がいつの間にか訛って「かやき」となったといわれています。本物の貝の殻を使用した鍋が現代風にアレンジされ、今では一人用の鍋を使った料理全般を秋田かやきと呼ぶようになり、フレンチやイタリアンなど料理のバリエーションがたくさん存在します。

おすすめグルメはこの有名店で

一人でも楽しめる鍋料理のB級グルメなら「料亭 濱ノ家」でいただきましょう。大正7年創業という老舗の料亭で、ノスタルジックな木造建築の店舗が特徴です。秋田県の郷土料理が食べられる少々高級なお店ですが、こちらで秋田かやきの料理を食べることができます。秋田県らしいしょっつる味の和風鍋で、春は山菜、秋はキノコなど四季折々の野菜を使った美味しい秋田かやきが味わえます。美味しい地酒と一緒にいただけばいうことないでしょう。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県秋田市大町4-2-11
【連絡先】018-862-6611
【アクセス】秋田自動車道「秋田中央IC」より15分

秋田観光で食べたい名物グルメ③

本庄ハムフライ

食事の際のおかずにもおやつにもぴったりな秋田県由利本荘市のB級グルメです。由利本荘市では昭和30年代から、学校給食のおかずや普段の家庭のおやつにハムのフライが食べられてきました。豚肉100%で作るプレスハムを卵と小麦粉、パン粉を付けて油で揚げた料理で、由利本荘市では「本庄ハム民の会」なるものを結成して、この美味しい食べ物を由利本荘市の名物グルメとして復刻させました。今でも地元で人気の食べ物に変わりありません。

おすすめグルメはこの有名店で!

このテイクアウトもできるお手軽なB級グルメを食べるなら「滝川精肉店」へ行ってみましょう。地元では「本庄ハムフライならここ!」という人も多く、多い時には一日100枚も売れたほどの売れ筋商品になっています。揚げたてサクサクのハムフライの味は絶品で、何も付けずにそのまま食べても十分美味しい食べ物に仕上がっています。カレーにトッピングしたり、パンにはさんで食べるのもこのグルメのおすすめの食べ方です。

人気グルメ店は秋田のココ!

【場所】秋田県由利本荘市花畑町4-45
【連絡先】0184-22-1706
【アクセス】日本海東北自動車道「本荘IC」より7分

秋田観光で食べたい名物グルメ④

ババヘラソフトクリーム

ババヘラソフトクリーム

食事メニューではありませんが、秋田観光でぜひ味わってみたいスイーツグルメです。秋田県内の国道沿いなどでは、春から秋まで秋田弁でババと呼ばれる中高年の女性たちが、パラソルを開いて路上アイスクリーム屋を営業しています。ユニークな名前とイチゴとバナナフレーバーの2色のアイスクリームが特徴で、観光の際にはぜひ一度食べたくなりますが、このスイーツグルメをソフトクリームにしてしまったのがババヘラソフトクリームです。

おすすめグルメはこの有名店で!

ここでしか食べられない名物スイーツグルメは「道の駅あきた港」でいただけます。道の駅あきた港といえば地上100mの高さの展望台が有名ですね。秋田県でも人気の高い道の駅ですが、こちらの屋外店舗でババヘラソフトクリームが販売されています。赤と黄色のツートンカラーはまさにババヘラアイスそのもの。しかし、滑らかな口どけはソフトクリームならではの美味しさです。道の駅あきた港限定グルメですので、これは味わってみるしかありません

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県秋田市土崎港西1-9-1
【連絡先】018-857-3381
【アクセス】秋田自動車道「秋田北IC」より15分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑤

きりたんぽ

秋田県の名物グルメといえば、やはりきりたんぽは外せないでしょう。特に秋田県大館市がきりたんぽ発祥の地とされており、炊いたご飯を半練りにして秋田杉で作った長めの串に刺して焼き上げた食べ物です。本来の呼び方は「たんぽ」が正確で、鍋料理に入れる際にたんぽを細かく切るときりたんぽという状態になるのです。ただ、現在ではきりたんぽという呼び方のほうが、より多くの人に親しまれているのではないでしょうか。

おすすめグルメはこの有名店で!

秋田県を代表する名物グルメを味わうなら「秋田きりたんぽ屋」に行ってみましょう。秋田きりたんぽ屋といえば、秋田県の郷土料理の数々が味わえることで有名ですが、その中でもきりたんぽ鍋はぜひおすすめしたい食べ物です。無添加無着色にこだわっており、秋田県の素材をふんだんに使用しているのが特徴ですね。小鍋も用意されているため一人でも安心して美味しいきりたんぽ鍋が味わえます。きりたんぽといえばやはり秋田きりたんぽ屋でしょう。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県秋田市中通2-7-6 緑屋ビル1F
【連絡先】018-801-2345
【アクセス】秋田自動車道「秋田中央IC」より15分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑥

石焼料理

漁師料理から生まれた豪快さに溢れた秋田県男鹿市の名物グルメです。昔の男鹿の漁師たちはとれた魚や海藻をネギなどと一緒に桶の中に入れ、船中の火鉢で熱く焼いた小石を放り込んでそれを一気に煮込み、味噌味を付けてから食べていました。男たちの豪快な食事メニューであったこの食べ物を、地元の宿泊施設などがアレンジして男鹿市の名物料理にしたのです。新鮮な食材だからこそ味わえる究極の料理法です。

おすすめグルメはこの有名店で!

新鮮な魚介類が美味しいこの豪快グルメは「秋田乃瀧」でいただきましょう。昭和55年創業の老舗の郷土料理居酒屋で、こちらではあらかじめ申し出ておけば石を投入する瞬間を目の前で見ることが可能です。味噌と酒のシンプルな味のスープでいただく魚介類や野菜の味は最高ですね。グツグツと桶の中が煮えたぎる様子を見るだけでも興奮します。秋田観光の食事といえばやはり石焼料理は外せないでしょう。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県秋田市大町3-1-15
【連絡先】018-824-1010
【アクセス】秋田自動車道「秋田中央IC」より15分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑦

西馬音内(にしもない)そば

シンプルながらも売り切れの必至の秋田県羽後町のB級グルメです。西馬音内地区と呼ばれる地域では、麺のつなぎにふのりを使用したそばが食されてきましたが、寒い地域であるにもかかわらず一年中冷たい出汁でそばをすすります。そばのスタイルはネギがのっただけのかけそばですが、コシがあって喉越しのいいふのりそばはいつ食べても飽きません。昼の食事にもおやつにも最適な食べ物ですね。

おすすめグルメはこの有名店で!

西馬音内そばといえばやはり「弥助そばや」でしょう。文政元年創業という老舗のそば店で、後継者がいないため存続が危ぶまれましたが、弥助の製法と味を守りながらフランチャイズ展開する新たな後継者が見つかって、引き続き美味しいそばが数か所で味わえることになりました。天ぷらを付けると食事メニューとしてバランスがいいので、ぜひそばと天ぷらのセットでいただきましょう。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県雄勝郡羽後町西馬音内本町90
【連絡先】0183-62-0669
【アクセス】湯沢横手道路「湯沢IC」より15分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑧

稲庭うどん

秋田県が誇る手延べ製法で作られる高級干しうどんです。稲庭うどんといえば「日本三大麺」の一つとして有名ですね。平べったい形の細うどんですが、手延べ製法のため麺の中に気泡が多く入り込んでいて、口に入れた時に感じるその何ともいえない滑らかさが、稲庭うどんの大きな特徴であり魅力にもなっています。秋田県内では現在約70社ほどが稲庭うどんを製造にかかわっています。

おすすめグルメはこの有名店で!

食事にもぴったりな高級名物グルメを味わうなら「佐藤養助 総本店」に行ってみましょう。このうどん店を営業するのは、一子相伝、門外不出であった稲庭うどんの製法を特別に伝授された佐藤養助が、江戸時代末期に創業した老舗の製麺会社「佐藤養助商店」です。稲庭うどんといえば佐藤養助というほど有名なお店で、高級感漂う店内でいただく美味しい贅沢な稲庭うどんは、大人の高級グルメといっても決して過言ではありません。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県湯沢市稲庭町稲庭80
【連絡先】0183-43-2911
【アクセス】湯沢横手道路「湯沢IC」より20分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑨

あいがけ神代カレー

B-1グランプリにも出店した秋田県仙北市のB級グルメです。農業の盛んな仙北市の神代地区で観光と農業を結び付けようと生み出されたのがこの食べ物です。昭和30年代に家庭で料理されていた小麦粉とカレー粉で作る昔ながらのカレーと、現代風の欧風カレー両方をあいがけしたユニークな食事メニューです。神代地区で収穫されるお米や野菜も使用しており、地元色豊かな名物グルメに仕上がっています。

おすすめグルメはこの有名店で!

2つの味が楽しめるこの欲張りな名物グルメは「ホテル フォルクローロ角館」でいただきましょう。こちらにあるレストランであいがけ神代カレーが食べられます。お皿の中央部にライスが盛られており、それを挟むようにして昔風カレーと現代風カレーが盛り付けられています。定番の目玉焼きと秋田県の有名な漬物「いぶりがっこ」も添えられています。どちらのカレーもそれぞれに特徴のある美味しい味がします。昼の食事にぜひどうぞ。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県仙北市角館町中菅沢14
【連絡先】0187-53-2070
【アクセス】秋田自動車道「山根IC」より35分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑩

十文字ラーメン

秋田県横手市といえば横手焼きそばが有名ですが、同じ横手市の十文字地区周辺にはもう一つのB級グルメがあります。それが十文字ラーメンです。おやつ代わりにも食べられてきたというこのラーメンは、魚介系のダシを使用した大変あっさりとしたスープが特徴で、麺はかんすいを使用しないためそばのような自然食の味わいがします。おつまみ片手にお酒をたらふく飲んだ後のしめの食事にも最適な食べ物です。

おすすめグルメはこの有名店で!

この秋田県の人気B級グルメを食べるなら「マルタマ」に行ってみましょう。マルタマは十文字ラーメン発祥の店として有名で、食事時には行列ができる人気店となっています。噛み応えのある細めの縮れ麺があっさりとしたスープとよく絡み、トッピングも具だくさんで満足感の高い食事メニューになっています。餃子などと合わせて注文してみるのもおすすめの食べ方です。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県横手市十文字町佐賀会上沖田37-8
【連絡先】0182-42-0243
【アクセス】湯沢横手道路「十文字IC」より4分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑪

あげそば

学校給食の食事メニューにもなっている秋田県にかほ市のB級グルメです。にかほ市の仁賀保地区では、あげそばといえばほとんどの人が一度は口にしたことのある食べ物になっていて、小・中学校の給食の献立の中には今でも、あげそばがしっかりと食事メニューとしてラインナップされています。この食べ物は角型の中華乾麺を油で揚げ、醤油ベースのスープに入れて野菜と一緒に煮込んだものです。

おすすめグルメはこの有名店で!

これからますます人気が高まりそうなこのB級グルメは「潮乃家」でいただきましょう。日本海が望める素敵な食事処で、秋田県の食材を使用したいろいろな食事メニューが食べられます。あげそばはキャベツがたっぷりと入っており、スープを口にするとシイタケの風味が感じられます。麺が切れやすいため備え付けのレンゲを使って汁物のようにいただくのがポイントですね。初めて食べる人は新食感が楽しめる美味しい麺グルメです。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県にかほ市平沢家ノ後1
【連絡先】0184-35-4087
【アクセス】日本海東北自動車道「仁賀保IC」より3分

秋田観光で食べたい名物グルメ⑫

比内地鶏料理

比内地鶏といえば「日本三大地鶏」にも数えられる秋田県の有名なニワトリですね。秋田県北部では大昔から「比内鶏」と呼ばれるニワトリが飼育され、その味が優れていたため藩政時代には年貢の代わりとして納められていました。その後、比内鶏が国の天然記念物に指定されると、畜産試験場が比内鶏の弱点を克服するために他の種類とのかけ合わせを行い、脂肪が少なくても淡白で美味しい比内地鶏が誕生しました。

おすすめグルメはこの有名店で!

この美味しい有名地鶏肉を堪能するなら「秋田比内地鶏や」に行ってみましょう。こちらでは比内地鶏を使用したさまざまなメニューを提供していて、特に親子丼は比内地鶏の卵と肉両方が味わえる究極の一品です。噛むとうま味が染み出してくる美味しい鶏肉と、とろけるような半熟卵のコラボレーションがたまりませんね。また、肉本来の味がよくわかる焼き鳥でいただくのも比内地鶏のおすすめの食べ方です。

人気グルメ店は秋田のココ!

【住所】秋田県秋田市中通7-1-2 JR秋田駅ビル トピコ3F
【連絡先】018-874-7282
【アクセス】秋田自動車道「秋田中央IC」より15分

秋田ならではのグルメを堪能しよう!

ここまで、秋田観光で食べたいおすすめ名物グルメをご紹介しましたがいかがでしたか?B級グルメから高級グルメまで、秋田県には美味しい食べ物がいっぱいです。秋田観光の際には本記事を参考にして、美味しい秋田グルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

秋田観光で食べたい名物グルメが気になる方はこちらもチェック!

観光のお楽しみであるグルメ探しにこちらの2つの記事は役に立つに違いありません。鹿児島県と佐賀県のグルメ情報をどうぞ。

鹿児島で一度は食べたいご当地グルメおすすめ13選!名物料理を堪能しよう! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
鹿児島で一度は食べたいご当地グルメおすすめ13選!名物料理を堪能しよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
鹿児島のグルメといえば黒豚やラーメンなどが思い浮かびますが、まだまだ沢山の美味しいグルメがあります。今回は鹿児島の一度は堪能したい人気の食べ物をご紹介します。観光で食べ歩きたいB級グルメから有名ご当地料理まで人気料理を厳選して案内いたします!
佐賀で一度は食べたいご当地グルメ12選!B級グルメなどの名物料理をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
佐賀で一度は食べたいご当地グルメ12選!B級グルメなどの名物料理をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
佐賀には美味しいグルメがたくさんあり、観光の際にはぜひ味わってみたくなります。本記事では、佐賀観光で食べたいおすすめご当地グルメを12種類ご紹介します。高級グルメから庶民派B級グルメまで美味しい食べ物が盛りだくさんです。おすすめのお店情報も一緒にご覧ください。
iiyudana
ライター

iiyudana

トラベルやキャンプ、ツーリングなど観光やお出かけに役立つ記事を執筆しています。マイカーで名所から穴場まであらゆるスポットを巡っており、一日400km以上のロングドライブも平気でこなします。旅先で実際に見て、聞いて、学んだことを盛り込みながら、読めばすぐにでも出かけてみたくなる魅力的な記事を作成していきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking