【2019】北海道の夏イベント13選!有名な祭りやフェスなど見どころをご紹介!のイメージ

【2019】北海道の夏イベント13選!有名な祭りやフェスなど見どころをご紹介!

北海道は夏の期間が少し短めですが、その夏を充分楽しむように祭りやイベントもたくさん開催されます。土地も広い北海道ではそれぞれの地域でその土地柄を生かした独自の祭りや花火大会なども盛んです。今回は北海道の行ってみたい夏のイベントをご紹介していきます。

2019年05月19日更新

fumiyama
fumiyama
旅行が好きで時間を作って旅行をするようにしています。これまで南半球の国々やヨーロッパ、南北アメリカなど訪れており、観光地巡りも興味ありますが、地元の何気ない場所で思いがけない心に残る風景に出会った時に、旅行の本当の良さを感じています。 そんな旅行の良さを記事の執筆に反映して、各地の役立ち情報や穴場情報を発信していきたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント①
  3. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント②
  4. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント③
  5. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント④
  6. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑤
  7. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑥
  8. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑦
  9. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑧
  10. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑨
  11. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑩
  12. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑪
  13. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑫
  14. 【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑬
  15. まとめ

はじめに

北海道は日本の中でも夏の期間が少し短めですが、その短い夏を充分楽しむように祭りやイベントもたくさん開催され、土地も広い北海道では北から南までそれぞれの地域でその土地柄を生かした独自の祭りや花火大会などが盛んに行われます。今回は北海道の行ってみたい人気の祭りやフェスタなどのイベントをご紹介していきます。

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント①

見どころイベント:登別地獄まつり

登別地獄まつりは、毎年8月の最終土日に行われる登別温泉の祭りですが、登別の近くの山間部には温泉の湯元になっている地獄谷があり年中熱い蒸気を噴出していて、年に一度この地獄の釜のふたが開いて閻魔大王が赤鬼や青鬼たちを引き連れて登別温泉にやって来るという伝承話をもとにして行われる郷土色豊かな祭りです。

極楽を歩く地獄の閻魔大王のパレードは必見!

祭りの会場では勇壮な登別太鼓の演奏やダイナミックな鬼踊りなどのパフォーマンスが行われ、温泉街の極楽通りを閻魔大王の山車を先頭に地元の青年たちが担ぐ鬼みこしなどが練り歩く様子は見応えがあり、また夜には登別の8月の夜空に花火が打ち上げられ子供連れの家族など沢山訪れ祭りは最高潮に達します。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道登別市登別温泉町登別温泉一帯
【連絡先】0143-84-3311

北海道の夏イベントやフェス情報HP:登別地獄まつり
夏観光お出かけスポットの地図:登別地獄まつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント②

見どころイベント:石狩川フェスティバル

石狩川フェスティバルは、旭川市を流れる石狩川に架かる北旭川大橋の河岸の特設会場で、毎年7月の第一日曜日に開催され、自然の中での「川と人間のかかわりの大切さ」や自然との触れあいを大事にしていきたいというテーマで行われます。

フェスティバルでは、「永山屯山和太鼓」の演奏や「水祭YOSAKOI」と呼ばれるヨサコイ踊り、ちびっ子のやまめ釣りや水爆弾キャッチ、フラダンスなどのパフォーマンスが行われ、また会場ではフリーマーケットなどもの開かれ、夜には花火大会も行われ毎年約四万人が訪れる人気のイベントになっています。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道旭川市東鷹栖1線 北旭川大橋
【連絡先】0166-48-1651

北海道の夏イベントやフェス情報HP:石狩川フェスティバル
夏観光お出かけスポットの地図:石狩川フェスティバル

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント③

見どころイベント:北見ぼんちまつり

「北見ぼんちまつり」は、北見市で夏の盛りの7月中旬に開催されるまつりで、ゆかた姿の市民が会場に集まりメインストリートで「舞踊パレード」を繰り広げ、たくさんの屋台も並んで大勢の人で賑わいます。そしてまつりのメインイベントは、200メートルの長さの大綱を上半身裸でフンドシ姿の男衆が引き合う「屯田大綱引」で、引き手が縄に取り着き力を込めて綱を引き合うと大歓声が上がり、見ている方も力が入り盛り上がります。

短い夏を惜しむまつり!

また期間中は「子供のサンバカーニバル」や「市民コンサート」なども行われ、参加する方も見る方も楽しめるまつりで家族づれも多く最終日には市内を流れる常呂川(ところがわ)の河原で「納涼花火大会」が行われ、北見の夏の夜空に大輪の花が咲き、「北見ぼんちまつり」のフィナーレを飾ります。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道北見市北3条東1丁目
【連絡先】0157-23-4111

北海道の夏イベントやフェス情報HP:北見ぼんちまつり
夏観光お出かけスポットの地図:北見ぼんちまつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント④

見どころイベント:きこない咸臨丸まつり

木古内の町は、新幹線の北海道側のトンネル出口にある町で新幹線が止まる木古内駅もあります。そして夏8月にはこの町にゆかりのある「咸臨丸」を偲んで「きこない咸臨丸まつり」が開催されます。咸臨丸は江戸幕府の木造製3本マストの軍艦としてオランダで造られ、1860年に日米修好通商条約の締結の為に太平洋を横断して渡米するなど活躍しましたが、明治四年に旧幕臣を乗せて小樽港へ向け出航した際に暴風雨に遭遇しこの木古内の海で沈没してしまい、現在でも木古内の沖合に眠っています。

木古内の沖合に眠っている咸臨丸を偲ぶ!

「きこない咸臨丸まつり」は、この咸臨丸に由来するまつりで、咸臨丸にゆかりのある勝海舟や福沢諭吉に扮した人々が乗った山車や、色彩豊かな花で飾り付けられたオランダ花山車などが街をパレードしたり、盆おどりや歌謡ショーなどのイベントが行われ、屋台やビアホールの出店も並び、子供連れの家族やカップルなどで賑わう8月の夏祭りです。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道上磯郡木古内町字本町218番地
【連絡先】01392-2-3131

北海道の夏イベントやフェス情報HP:きこない咸臨丸まつり
夏観光お出かけスポットの地図:きこない咸臨丸まつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑤

見どころイベント:おびひろ平原まつり

おびひろ平原まつりは、毎年8月のお盆の時期に開催され、十勝の平原を開拓した先人たちを偲び、豊かな自然の恵みに感謝して豊年を願い、高さ3メートルにもなる男みこしが担がれ、また女みこしや多くの子供みこしが繰り出し、太鼓や笛に囃子に乗って踊り手も加わり町の平原通りを掛け声と共に練り歩き、十勝の恵みである小麦から作ったパンをみこしからまく「夢パンまき」も行われ、子供連れの家族などに人気となっています。

仮装盆踊りや太鼓の競演など盛り沢山!

また夜は仮装に身を包んだ多くの踊り手が踊る見ていても楽しい「おびひろ盆踊り」や、「平原・太鼓まつり」では地元のチームに加え全道から太鼓演奏チームが参加する迫力満点の太鼓の競演もあり、イベントが盛りだくさんの祭りで、たくさんの見物客が帯広以外からも訪れるいく夏を惜しむかのような8月の夏祭りです。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道帯広市西2条南
【連絡先】0155-22-8600

北海道の夏イベントやフェス情報HP:おびひろ平原まつり
夏観光お出かけスポットの地図:おびひろ平原まつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑥

見どころイベント:くしろ港まつり

くしろ港まつりは、1948年が丁度釧路港開港五十周年にあたり、それを記念して第一回の「釧路港開港五十年港まつり」が開催されて以降その後も引き継がれ、現在まで続く釧路の夏の風物詩となっている祭りで、2019年は8月2日(金)~8月4日(日)まで3日間「第71回の港まつり」が開催され、人気の「大漁囃子パレード」や「市民の踊りパレード」、「音楽パレード」などのパレードがメインで行われます。

港町ならではのイベントがたくさん!

その他にも「海上大漁旗パレード」や「舟漕ぎ大会」、「みなとコンサート」、「巡視船体験航海」などの港の町・釧路ならではイベントも盛りたくさんで、また若者中心の「よさこいソーラン」や釧路の吹奏楽団「リベルバンドコンサート」なども呼びモノの一つになっており、家族連れや老若男女など多くの人がこの8月の夏祭りを楽しんでいます。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道釧路市北大通ほか
【連絡先】0154-53-3371

北海道の夏イベントやフェス情報HP:くしろ港まつり
夏観光お出かけスポットの地図:くしろ港まつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑦

見どころイベント:新ひだか夏まつり

新ひだか夏まつりは、北海道の南にある日高の地域の静内町で7月中旬の週末に行われ、町のメインストリートを歩行者天国にして、本場さながらの「阿波踊り」パレードや日本古来の伝統芸能である和太鼓よるフェスティバルなど魅力あるイベントがたくさんあり、また屋台やビアガーデンなども並びまつりを盛り上げています。

日高の山々を背景にした花火が美しい!

さらに8月中旬のお盆の時期には町を流れる静内川で花火大会も開催され、遠くの連なる日高の山々を背景にして大自然の夏の夜空に打ち上げられる花火は豪快で、夕涼みがてら浴衣がけで訪れた子供連れの家族やカップルなどがうちわ片手に歓声を上げて、北海道の短い夏を楽しんでいます。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道静内川右岸緑地公園
【連絡先】0146-49-0294

北海道の夏イベントやフェス情報HP:新ひだか夏まつり
夏観光お出かけスポットの地図:新ひだか夏まつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑧

見どころイベント:尾岱沼(おだいとう)えびまつり

「尾岱沼えびまつり」は、沖合に張り出す野付半島の自然が作り出したの長い砂州が眺められる尾岱沼の港で7月の始めに行われるまつりで、この辺りに棲息するシマエビを打瀬舟による漁によリ捕獲して大漁を祝うまつりで、このシマエビは地元では赤い宝石とも呼ばれる貴重で人気の海の幸となっています。

北海の味覚を楽しむ!


祭りのメイン会場では郷土芸能やヒップホップダンス、歌謡ショーなどのアトラクションが行われて盛り上がり、また味覚広場ではシマエビの焼きものやホタテ焼き、あさりの酒蒸しなどさまざまなグルメの屋台が並び、地元の人に混じって観光客も北海の味を楽しんでいます。またシマエビの他にもあさりや海の幸即売会も行われ家族連れなどたくさんの人で賑わっています。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道野付郡別海町尾岱沼港町179-2
【連絡先】0153-75-2111

北海道の夏イベントやフェス情報HP:尾岱沼えびまつり
夏観光お出かけスポットの地図:尾岱沼えびまつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑨

見どころイベント:札幌まつり

札幌まつりは、札幌の街の青葉の色が濃くなる初夏に行われる北海道神宮の例祭で、明治五年に開始されてから現在まで営々と引き継がれている札幌の随一の祭りとなっており、大通りを神輿や神宮の大国魂神 (おおくにたまのかみ)など四柱(よはしら)のご祭神を乗せた四基の山車や各地区の山車などが大勢の人に曳かれて繰り出し、たくさんの観光客がお訪れる人気の祭りとなっています。

明治の時代から続く伝統の北国の祭り!

中でも「神輿渡御(みこしとぎょ)」と呼ばれる行事は、平安時代の絵巻物に描かれているような色とりどりの衣装に身を包んだたくさんの人々が神輿や山車と共に大通りを練り歩き見応えがあります。また中島公園には子供に好評のまつりグッズやグルメなどの屋台が並び、さらにお化け屋敷などの小屋もできて度胸試しの人や家族連れで賑わっています。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道札幌市中央区宮ケ丘474
【連絡先】011-611-0261

北海道の夏イベントやフェス情報HP:札幌まつり
夏観光お出かけスポットの地図:札幌まつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑩

見どころイベント:くっちゃんじゃが祭り

倶知安は北海道のジャガイモの産地として知られ、このジャガイモをテーマにして毎年8月初旬に開催されるのが「くっちゃんじゃが祭り」で、ジャガイモの豊作祈願と収穫への感謝を表わす北国の夏祭りとなっています。会場では勇壮な「百人太鼓」をはじめ「じゃが音頭」を伴奏に駅前通りを踊りながら練り歩くじゃが千人踊りなどが行われ家族連れなど多くの見物客で賑わいます。

ジャガイモ袋詰め競争が人気!

また祭りのイベントとして制限時間でのジャガイモ袋詰め放題の「じゃがジャンジャン取り」など盛りだくさんで、子供に人気のご当地キャラの「じゃが太くん」も参加し祭りを盛り上げます。また最終の夜には「じゃが納涼花火大会」が行われ、たくさんの花火が8月の夜空に打ち上げられ祭りのフィナーレを飾ります。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道虻田郡倶知安町北1条西1丁目
【連絡先】0136-56-8012

北海道の夏イベントやフェス情報HP:くっちゃんじゃが祭り
夏観光お出かけスポットの地図:くっちゃんじゃが祭り

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑪

見どころイベント:賽の河原祭(さいのかわらまつり)

北海道の南西の海に浮かぶ奥尻島の北端・稲穂岬の「賽の河原公園」は道南五霊場の一つにもなっており、ここの広い岬一帯には海で亡くなった人や幼なくして亡くなった子、家族や親戚の故人などの慰霊のための大小の石塔がたくさん立っています。

祭りを通して故人を偲ぶ!

ここで行われるのが「賽の河原祭」で奥尻で開催される三大祭の最初に行われる祭となっており、家族や親戚が集まり亡くなった人の冥福を祈る慰霊の法要や供養なども行われたくさんの灯篭が海に流され、祭りを通して故人を偲ぶことも大きな目的となっています。また地元小学生の「子ども相撲大会」など家族の声援で盛り上がり、また北海らしい「ホタテ貝積み上げ競争」や「のど自慢大会」などの楽しいイベントもたくさん用意されています。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道奥尻郡奥尻町稲穂
【連絡先】01397-2-3404

北海道の夏イベントやフェス情報HP:賽の河原祭
夏観光お出かけスポットの地図:賽の河原祭

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑫

見どころイベント:しままつ鳴子まつり

「しままつ鳴子まつり」は、恵庭市・島松地域の夏の一大イベントとなっている祭りで、毎年8月初めに開催されます。祭りのイベントとしては北海道らしい恵庭の郷土芸能「すずらん踊り」やよさこい踊りで上位入賞を果たした強豪チームが参加し競演する「YOSAKOI演舞」なども人気となっておりたくさんの人が見に訪れます。

個性的な絵が揃う子供提灯!

また地元の子供たちがそれぞれの思いで描かれた絵で飾られた提燈を並べて灯す「しままつ夢絵あかり」のイベントも行われ、子供たちの個性的な色彩と絵柄の提灯が8月の夜空に並んで浮かび上がり、見る人を癒やしています。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道恵庭市島松仲町1丁目1
【連絡先】090-5118-1067

北海道の夏イベントやフェス情報HP:しままつ鳴子まつり
夏観光お出かけスポットの地図:しままつ鳴子まつり

【2019】北海道の有名な夏祭りやイベント⑬

見どころイベント:北海ソーラン祭り

余市はかつてニシン漁で活気に沸いた町として知られていますが、北海での厳しい魚獲りの労働と、豊漁の喜びを力強く唄った「正調ソーラン節」が生まれた土地でもあり、そして7月の初めにこの余市で開催されるのが「北海ソーラン祭り」です。

郷愁を感じさせる正調ソーラン節!

この祭りでは、漁船団をイメージした山車のパレードや北海ソーラン太鼓の演奏、ソーラン踊りなどが行われ、また露店や屋台も並び盛り上がります。そして祭りのフィナーレを飾る花火大会が行われ、仕掛け花火や続けさまに打ち上げられる花火が夜空に大輪の花を咲かせ北国の夏を彩ります。

夏のイベント旅行基本情報

【住所】北海道余市郡余市町黒川町5
【連絡先】0135-21-2125

北海道の夏イベントやフェス情報HP:北海ソーラン祭り
夏観光お出かけスポットの地図:北海ソーラン祭り

まとめ

北海道の夏イベントのご紹介、いかがでしたか?北海道は日本の中でも夏の期間が短めで8月末には秋の気配を感じますが、そんな北海道ではいく夏を惜しむかのように、各所で夏祭りや花火大会などのイベントが盛りたくさんですので、是非今年の夏は訪れてみて下さい。

北海道の他の情報が気になる方はこちらもチェック!

北海道の絶景ツーリングスポットや人気なグランピング施設、土産にしたいお菓子ランキングなどの情報が気になる方はこちらもチェックしてみてください。

Thumb【夏/秋】北海道の日帰りでいける絶景ツーリングスポットランキング14選! | 暮らし~の[クラシーノ]
北海道の絶景ツーリングスポットは観光地としての北海道に多数点在しており、四季ごとに景観も変化...
Thumb【2018】北海道で人気なグランピング施設おすすめ13選!ココで極上のひと時を! | 暮らし~の[クラシーノ]
北海道は面積も広く豊かな自然が未だにたくさん残っており夏や冬の観光地として人気があり、最近口...
Thumb北海道でお土産にしたいお菓子ランキング12!絶対喜ばれる美味しい商品はこれ! | 暮らし~の[クラシーノ]
北海道土産ならお菓子を選んでみませんか?本記事では、北海道観光のお土産にしてみたいおすすめの...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ