Twitter
Facebook
LINE

【2021】北海道で人気なグランピング施設おすすめ13選!ココで極上のひと時を!

fumiyama

【2021】北海道で人気なグランピング施設おすすめ13選!ココで極上のひと時を!

fumiyama

【2018】北海道でおすすめのグランピング施設大公開!

最近よく口コミなどでも話題になっている「グランピング(Glamping)」という言葉をよく聞きますが、これは「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」をかけ合わせ造語で、従来のキャンプではテントなどの装備を持って行って自分でセットするのも大変だし、夏は暑さや虫などに悩まされることがありましたが、グランピングはこれまでのキャンプの不便な点を取り除いて、気軽に豪華なキャンプができ自然をめいっぱい楽しみながら享受できるキャンプのことですが、要するにキャンプの設備があらかじめ整っている施設を提供するサービスのことのようです。
欧米では既に定着しつつあるこのグランピングは最近日本でも普及し始め、グランピングを楽しめる施設が増えてきています!
今回はそんなグランピングの北海道にある人気の施設を厳選して、ご紹介していきます。

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その1

日帰りもOK!:知床ヴィラ ホテル「フリーズ」

知床ヴィラ ホテル「フリーズ(FREEZE)」は、世界自然遺産にも登録されている「知床」の玄関口、百名山指定の「斜里岳」山麓の雄大なロケーションに静かにと佇む6棟のヴィラです。
それぞれがバンガロータイプの広々としたヴィラは、オーナー夫婦のこだわり設計で北海道産の木材が使われ、大自然を感じるリラクゼーションな室内には天蓋付きベッドが横たわり、全棟にそばを流れる渓流が眺められる口コミでも評判の小さな露天風呂まで付いています。

降るような満天の星にため息!

遠くにオホーツク海を望む小高い丘の上に建つこのヴィラの周辺は豊かな自然に包まれ、たくさんの野生動物達が暮らしているとても静かな雰囲気の中にあり、夜なると一軒宿ということもあり周辺には光が無く、頭上の漆黒の闇の空間の中に満天の星が降るように広がり、じーっと見ていると夏の空に流れ星も見えることもあり、その美しさに思わずため息が漏れます。



北海道産の食材を満喫!

ここでは食材が部屋にデリバリーされ、オホーツク海で水揚げされた新鮮な海幸や、北海道産のジャガイモなど新鮮な野菜、豚肉など地元の食材をふんだんに使った炭火焼バーベキューが隣接したウッドデッキの上でできて、北海道の味覚を満喫できると口コミでも評判になっています。また火おこしや後片付けもオーナーがサポートとしてくれますので、気軽に贅沢にキャンプの雰囲気が楽しめますよ。

グランピングの基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町字豊里63-27 
【予約などの電話】0152-23-5490
【キャンプなどの設備】露天風呂、内バス、温水シャワートイレ、冷蔵庫、石油ストーブ、ロッキングチェアー、座椅子など
【アクセス】
 ・道々1000号富士川上線を「富士」方面へ出て、「富士1km」の青い看板の先300m右側です。



宿泊地のHP:知床ヴィラ ホテル「フリーズ」
グランピング施設の地図:知床ヴィラ ホテル「フリーズ」

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その2

日帰りもOK!:中札内(なかさつない)農村休暇村「フェーリエンドルフ」


中札内農村休暇村「フェーリエンドルフ」は、帯広から南へ25kmほど下った十勝平野のほぼ中央に位置しており、宿泊はグランピングスタイルのコテージと5~10月の夏、秋の季節にオープンのグランピング・テントの2種類から選べます。
さらにコテージは3っの異なるタイプから選べ、いずれにしてもキッチンや暖炉が付いており、自炊もできるようになっており、また部屋の外のテラスには、広いウッドデッキにバーベキュースペースや焚き火台がセットされています。

自然の中で貴重な思い出作りができる!


屋外のグランピングテントヴィレッヂには本場ベルギー製のコットンテントが張られ、昼はそよ風が吹き抜けるテントの下で寛ぎ、夜は用意されているバーベキューセットで自家栽培の食材で調理をして夕食を楽しみ、食後は満天の星の輝きの下で夜空を見上げながら家族や仲間との会話も弾み、他ではできない貴重な思い出作りができるでしょう。

 

グランピングの基本情報

【住所】北海道河西郡中札内村南常盤東4線
【予約などの電話】0155-68-3301
【キャンプなどの設備】ベッド、冷蔵庫、バーベキューセットなど。
【宿泊地へのアクセス】
 *車:国道236の「道の駅 なかさつない」を右に見ながら広尾方面に約3km、交差点に「中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ」の看板を右折してから約2km先の左手の森中に入って100m。

グランピングのHP::中札内農村休暇村「フェーリエンドルフ」
グランピング施設の地図:中札内農村休暇村「フェーリエンドルフ」

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その3

日帰りもOK!:MEMU EARTH HOTEL

MEMU EARTH HOTELは十勝平野の南部の太平洋に面した大樹町にある「環境技術研究施設メムメドウズ」内の広大な牧草地に建っています。
宿泊のタイプは下記の3つがあります。
①グランピングテントで家族や友人と楽しく過ごすベーシックプランが6棟。
②最高級のシモンズベッドやこだわりのインテリアが揃うペア専用のPremiumプランが1棟。
③そして牧草地の中にベッドだけが置かれた天井のないホテルプランが1棟あり、天井や壁もないベッドだけが置かれた屋外で満天の星を眺めながら眠る体験ができます。

自ら作った食事を堪能!


このHOTELのディナーも特別で、スタッフからブリーフィングを受けて宿泊者自身が調理します。食材は北海道産の海や山の幸を使い前菜、スープ、メインディッシュ、デザートなど自分で作った料理は格別の美味しさと口コミでも評判になっています。
夕食後は「焚火バー」がオープンし、焚火を見ながらシャンパンやワイン、子供は焼きマシュマロなどを楽しみ、家族や友人と一緒にくつろぎながら星空の下での貴重な体験の時間が流れていきます。

グランピングの基本情報

【住所】北海道広尾郡大樹町芽武158-1
【予約などの電話】01558-7-7777
【キャンプなどの設備】ベッド、ソファ、食器、バーベキューセットなど
【宿泊地へのアクセス】
 ・とかち帯広空港より車で約50分(約40km)。
 ・釧路空港より車で約120分(約110km)。
 ・新千歳空港より車で約180分(約200km)。

グランピングのHP: MEMU EARTH HOTEL
グランピング施設の地図:MEMU EARTH HOTEL

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その4

日帰りもOK!:UNWIND HOTEL&BAR

UNWIND HOTEL&BARは札幌市内にありますが、ホテル内に一歩入ればそこは郊外のロッジの雰囲気が漂っています。ロビーには暖かい炎が心と体を暖めてくれる薪ストーブがあり、壁はレンガで覆われ、山小屋のロッジに来たような感覚だと口コミでも話題になっており、それがこのホテルのコンセプトである徹底的にロッジにこだわり、アウトドアで感じる不便さを排除しながら、その暖かさや楽しさを追求した雰囲気を都会で味わえる最先端のグランピングモデルなのです。
 

炎を囲みながら話も弾む!

上階にある「BAR IGNIS」は、珍しいルーフトップテラスを併設しており、夜には満点の星空を見上げながら、飲み物を片手に焚火の場で暖かく燃える炎を囲みながら話が弾む特別な時間が過ぎていきます。
また夕方には宿泊者限定のフリーワインサービスがあるのもうれしいですね!

グランピングの基本情報

【住所】北海道札幌市中央区南8条西5丁目289-111
【予約などの電話】011-530-6050
【キャンプなどの設備】冷蔵庫、ミニキッチンなど、朝食は部屋にデリバリー
【宿泊地へのアクセス】地下鉄南北線 中島公園駅下車、徒歩4分。

グランピングのHP:UNWIND HOTEL&BAR
グランピング施設の地図:UNWIND HOTEL&BAR

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その5

日帰りもOK!:Youtei Outdoor

Youtei Outdoorは、名前が示すようにすぐ前にある羊蹄山を眺めながらアウトドアのアクティビティが楽しめるのプライベートグランピングサイトです。夏のキャンプに慣れていない場合や、キャンプの初心者にはキャンプの必需品がすべてパックになってテントの設営や、バーベキューの準備までスタッフがサポートしてくれる「キャンプ手ぶらパック」もあり、またレンタル用品も揃っているので気軽に行ってキャンプやアウトドアの雰囲気が味わえると、口コミでも評判になっています。

湧水の池でラフティングやカヌーを楽しむ!

ここには水深3mの底まで見えるほどの透明度の高い湧水の池があるのでラフティングやカヌー、2~3人乗りのタブルカヤックなどの水上散歩を思う存分楽しめます。
ここでのラフティングは激しい川を下ったりするのではなく、大きなゴムボートにみんなで乗り、力を合わせて池の中を漕いでいくので子供と一緒に家族皆で楽しめます。
ここは冬のスキーのメッカ、ニセコスキー場や温泉も近いので、冬にはスキーと温泉も満喫できます。

グランピングの基本情報

【住所】北海道虻田郡倶知安町字富士見466-6
【予約などの電話】080-6075-9466
【キャンプなどの設備】テント、バーベキューセット、カヌー、ゴムボートなど
【宿泊地へのアクセス】
 ・ニセコ道の駅ビュープラザから約20分。
 ・JR倶知安駅から約10分。

グランピングのHP:Youtei Outdoor
グランピング施設の地図:Youtei Outdoor

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その6

日帰りもOK!:しのつ公園キャンプ場


しのつ公園キャンプ場は、札幌から30kmで車で約1時間の距離にある石狩川沿いの自然が溢れるキャンプ場で比較的気軽にグランピングが楽しめます。
食事タイムのバーベキューも焼くだけで食べられるようにセットしてくれますし、後片付けまで全てお任せですので、キャンプの良いとこ取りができ、まさにグランピングが楽しめまると口コミでも評判になっています。

ゴルフや温泉も楽しめる!

キャンプ場には自然が豊かな「しのつ湖」がありボートや釣りができ、またすぐ隣には源泉かけ流しの天然温泉もあり、心身共に温め癒してくれます。さらに石狩川沿いには18ホールフルコースのゴルフ場などもあり、キャンプやスポーツなどのアクティビティそして温泉が付いて、夏や冬共に様々なことがここ一か所で楽しめるキャンプ場です。

グランピングの基本情報

【住所】北海道石狩郡新篠津村第45線北2番地
【予約などの電話】0126-58-3166
【キャンプなどの設備】テント、冷蔵庫(テント内電気あり)、バーベキューセット、温泉、ゴルフ場など
【宿泊地へのアクセス】札幌駅から車で約50分

グランピングのHP:しのつ公園キャンプ場
グランピング施設の地図:しのつ公園キャンプ場

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その7

日帰りもOK!:ペンション クライスデール

クライスデールは洞爺湖の近くルスツ高原に建っているこじんまりとした居心地のよい部屋と北海道産の美味な食材を使ったフルコースディナーの美味しい料理が自慢の家庭的なペンションで、田園地帯ののんびりとしたグランピング気分が味わると口コミでも話題になっています

夏、冬共に楽しめる好立地!

このペンションから「ルスツスキーリゾート」まで車で3分で、無料シャトルサービスも利用でき冬にはスキーが満喫でき、夏には熱気球乗りも楽しめます。また近くにのニセコマウンテンリゾートや洞爺湖まで車で30分という近場にあり、夏、冬とも北海道の自然が満喫できる好立地にあります。

グランピングの基本情報

【住所】北海道虻田郡留寿都村泉川55-15
【予約などの電話】136-47-2001
【キャンプなどの設備】庭、冷蔵庫、Wi-Fi、無料シャトル、暖房、ファミリールームなど
【宿泊地へのアクセス】
 ・札幌駅<->ルスツ間の直行バスあり
 ・車:札幌より定山渓経由で中山峠を越えて喜茂別町へ。そこから洞爺湖方面へ約10分。

グランピング施設の地図:ペンション クライスデール
グランピング施設の地図:ペンション クライスデール

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その8

日帰りもOK!:びらとり温泉「ゆから」 グランピング

このグランピングエリアは「びらとり温泉ゆから」に隣接して2018年に6月にオープンしたばかりの施設ですが、テント内にはベッド2つ、エアーベッド2つを完備しており、周辺には未だに自然が色濃く残り、そこでのグランピングは自然との一体感に包まれ、夜には遮るものがない満天の星を見上げながら、静かに流れ行く時の中で貴重な思い出作りができます。

自然と温泉の良さをダブルで享受!

また隣接の「びらとり温泉ゆから」の温泉も入湯税のみの安い料金で利用ができ、ここの泉質は「高張性弱アルカリ性冷鉱泉」で神経痛や筋肉痛、疲労回復などの効能があり、自然と親しむグランピングと共に温泉も楽しめるので夏は汗を流し、冬は温めるという心身共にダブルでリフレッシュします。
また周辺は食材の宝庫で、ぴらとり和牛や鮮度の高い海の幸もバーベキューで調理し楽しめてしかも美味であると口コミでも話題となっています。

グランピングの基本情報

【住所】北海道沙流郡平取町字二風谷92番6
【予約などの電話】(01457)2-3280
【キャンプなどの設備】ベッド、エアーベッド、バーベキューセットなど
【宿泊地へのアクセス】
・札幌から道央自動車動→日高自動車道→国道237号線で車で約1時間30分。

グランピングのHP:びらとり温泉 ゆから グランピング
グランピング施設の地図:びらとり温泉 ゆから

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その9

日帰りもOK!:オートリゾート滝野

オートリゾート滝野は、平成6年に全国の国営公園で最初のオートキャンプ場としてオープンし、現在では北海道にあるオートキャンプ場のネットワーク計画の中核的な施設となっており、全国的にも施設の水準が高いとして「日本オートキャンプ協会」から、最高位の五つ星の認定を受けており、高級なグランピングが魅力のオートキャンプ場となっています。

五つ星を誇るオートキャンプ場でグランピング!

この施設では、自然やキャンパーとの触れ合いを大事にし、さらに誰もが快適に過ごせるように「安全」や「清潔」そして「静粛」を優先する宿泊施設を目指しており、 グランピングのキャンプ場を核としたアウトドアアクティビティの総合拠点となっています。

グランピングの基本情報

【住所】北海道札幌市 南区滝野247番地
【予約などの電話】011-594-2121
【キャンプなどの設備】炊事場、売店、コインランドリー(有料)、シャワー(無料)、多目的ホール、自動販売機など
【宿泊地へのアクセス】
 ・道央自動車道「札幌南IC」から道道341号を国道36号方面へ、札幌ふれあいの森から約4km先で左折。

グランピングのHP:オートリゾート滝野
グランピング施設の地図:オートリゾート滝野

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その10

日帰りもOK!:グランピングボンゴ余市

グランピングボンゴ余市は、テレビドラマ「マッサン」などの舞台となったニッカウヰスキーの蒸溜所のある余市の町にあり、そこにできた「余市エコビレッジ」の中にある1組限定のグランピングキャンプ場です。

現代社会から少し距離を置いたグランピング!

ここのエコビレッジでのグランピング体験は、便利さと合理性を追求し続けている現代社会から少し距離をおいて、自然を体一杯に受け止めることを目指しており、周りは果樹園と林に囲まれたプライベート感のある場所で、夜は明るさも抑えてあるので感じるのは月や星、風の音だけでそんな環境の中で作るバーベキューの味は忘れられない思い出となるでしょう。

グランピングの基本情報

【住所】北海道余市郡余市町登町1863エコビッレジ
【予約などの電話】09091471081
【キャンプなどの設備】テント、ベッド、照明、テーブル、バーベキューコンロなど
【宿泊地へのアクセス】
 ・札幌から車で約2時間。
 ・JR余市駅からバスで10分。

グランピングのHP:グランピングボンゴ余市
グランピング施設の地図:グランピングボンゴ余市

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その11

日帰りもOK!:プライベートヒル。時遊が丘

プライベートヒル 時遊が丘は、周囲に畑や丘陵地帯が広がる美瑛の町にあり、遥か遠くには雄大な大雪山連峰が連なり周りには自然があるのみです。そして夜には灯りのない漆黒の天空の中には降るような満天の星が広がり、きっとあなたのため息を誘うでしょう。

大自然に抱かれてくつろぐ!


ここでのグランピングは1日1組限定となっていますので、大自然の中で他人を気にすることなく家族や友人、グループの人たちだけの自由でくつろいだ時間を過ごすことができます。

グランピングの基本情報

【住所】北海道上川郡美瑛町瑠辺蘂栄進1981-1
【予約などの電話】090-8898-5040
【キャンプなどの設備】テント、ベッド、食器、調理器具、バーベキューセット、他にレンタル用品もあり
【宿泊地へのアクセス】
 ・JR富良野線「美馬牛駅」から車で約15分。

グランピングのHP:時遊が丘
グランピング施設の地図:時遊が丘

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その12

日帰りもOK!:グランピング「海と空」

グランピング「海と空」は、海に面したウイングベイ小樽の一画にできたグランピング施設で、目の前には小樽マリ―ナのヨットハーバーが広がり、海風が吹き抜けるテラスの上にできたウッドデッキの上に張られたテントでキャンプの楽しさを味わうことができます。

出典: http://umi-sora.com/images/pic_main3.jpg

ここは手ぶらで行ってもキャンプの用具が揃っていますので気軽に宿泊が可能で、食事は併設のバーベキューエリアで、北海道特産のミートやシーフードを調理して飲み物を片手に楽しむことができます。

グランピングの基本情報

【住所】北海道小樽市築港11-2 ウイングベイ小樽ベイテラス
【予約などの電話】134-21-5000
【キャンプなどの設備】ベッド、テーブル、クッション、冷蔵庫、グリル・テーブルなど
【宿泊地へのアクセス】
 ・JR小樽駅~JR小樽築港駅間(ウイングベイ小樽直結)で約10分。
 ・高速道路札樽道「小樽IC」から右折してすぐ。

グランピングのHP:ウイングベイ小樽 「海と空」
グランピング施設の地図:ウイングベイ小樽 「海と空」

北海道で人気のおすすめグランピング施設 その13

日帰りもOK!:ニセココテージ ボンゴ広場

ニセココテージ ボンゴ広場は、冬はパウダースノーで有名なスキーリゾートとして国際的にも知られているニセコスキー場のそばにあるグランピング施設で、周りにはのどかな草原とコーン畑がどこまでも広がり、その先の遥か彼方にはニセコ連峰が聳え立ち、羊蹄山が眺められるとう自然に抱かれたエリアにあります。

自然と同化する体験ができる!

夏はキャンプ、冬はスキーなどさまざまのアクティビティやアウトドアイベントの体験ができるニセコの滞在の拠点にボンゴ広場のグランピングステイがピッタリです。
この広場には手作り感溢れるログハウスや、静かな環境に包まれて建つコテージのほか、自然の中に身を置き、自然と同化する体験ができるグランピングスタイルのテント宿泊も人気となっており、またテントの横に置かれたバーベキューセットで調理した食事は格別の味がするでしょう。

グランピングの基本情報

【住所】北海道虻田郡ニセコ町字曽我863-12
【予約などの電話】0136-44-209
【キャンプなどの設備】大型コットンテント、タープ、ベッド、コンポストトイレ、バーベキューコーナー、シャワー室
【宿泊地へのアクセス】ニセコ駅下車。乗り合い「にこっとバス」が200円で送迎してくれます。

グランピングのHP:ニセココテージ ボンゴ広場
グランピング施設の地図:ニセココテージ ボンゴ広場

まとめ

こうして見てくると北海道のグランピングの施設は、豊かな大自然の中に抱かれた所にあるケースや市街地にあるエリアもあり口コミでも評判となっている所も多いですね。
またキャンプと言っても夏ばかりはなく冬のスキー場の近くなど冬でも人気のところもあり、また温泉が利用できる施設などは夏、冬共に口コミでも話題になりそうですね。
ぜひ今年は、キャンプには慣れていない初心者の方でも是非グランピングを体験してみて下さい。

北海道の他の情報が気になる方はこちらもチェック!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

過去イチ使いやすいおすすめタックルボックスが決定しました。

提供:GAMAKATSU PTE LTD ★今回紹介した製品はコチラ★ 【がまかつ(Gamakatsu) LUXXE タックルバック ハードRH シアンxグレー LE-401】 https://www...

【棒針編み】初心者の方向け!棒針編みの作り目の方法を解説✨How to make knitting needles

今回は「棒針の作り目」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 糸のかけ方 作品の時は出来上がり寸法の3倍の長さに糸を引き出しておきます。 (ここ...

【かぎ針編み】初心者の方向け!鎖編みで円・輪の作り目を作る方法を解説✨How to knit a circle with crochet chains

今回は「鎖編みの円形の作り目(カギ針)」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 鎖編みの動画はこちら↓ https://youtu.be/lqs...

グランデージ アトラス100HH【開封の儀】

新型グランデージアトラス先行実釣インプレッション!【4K】 https://youtu.be/nRc29B9tL0A 詳細情報解禁!新作グランデージアトラス試投インプレッション! https://y...

【2021年釣具大セール!】コルトスナイパーが激安!いや、安すぎる!

★ナチュラム祭 公式ページ★ https://www.naturum.co.jp/sale/top/211203_nfes/?ref=topcarousel_d_pc ・20ソルティガ 14000-...