検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022最新】冬キャンプ向けファミリーテント5選。選び方や防寒対策についても!

冬のファミリーキャンプのテント泊は寒いので尻込みされる方が多いのですが、夏には味わえない魅力がたくさんあります。冬のファミリーキャンプの魅力と楽しみ方、冬向けのファミリーテントの選び方や防寒対策とおすすめのテントを5つ選んで紹介します。
2022年12月7日
eiji0601

キャンプの魅力は夏だけじゃない!

ファミリーキャンプは冬でも魅力がいっぱい

寒さが厳しい冬キャンプは小さな子供には向かないのでは?と思うのは、大人の勝手な思い込みです。「子供は風の子」と言われるように防寒対策さえしっかりすれば、冬のファミリーキャンプは夏では味わえない魅力や楽しみ方がたくさんあります。

またテント設営や暖をとる焚き火の準備は、ファミリーが団結して協力し合わなければなりません。そのことが家族の絆を深めキャンプをより楽しいものにしてくれます。


冬キャンプはテント選びが大切

冬キャンプの夜はかなり冷え込見ます。そのためファミリー全員が快適に過ごせるテントサイズ(居住スペース)と寒さをしのぐテントの素材や仕様が大切です。さらに設営を初心者や子供でも手伝えることと、テント内で薪ストーブなどの暖房器具が使えることも考慮しましょう。

今回は冬のファミリーキャンプの魅力と楽しみ方、テントの選び方のポイントや、おすすめのファミリー向けテントを5つ選んで紹介します。

冬のファミリーキャンプの魅力と楽しみ方

①冬の澄んだ空気と天体観測


寒い冬シーズンは湿度が低いので空気が澄み切っています。さらにキャンプ場の周りには夜空を遮るビルや照明の明かりがないので、空いっぱいに満天の星や月がくっきりと輝くのです。そんな壮大な宇宙の大パノラマをファミリーで観察する感動は、冬のファミリーキャンプならではの貴重な体験になることでしょう。

②ファミリーで囲む焚き火の感動

キャンプの醍醐味の焚き火ですが、冬にファミリーで囲む焚き火の感動は夏とは一味も二味も違います。寒さの中で炎を囲み暖をとる感動は、焚き火本来が持つ寒さをしのぐ方法であることを再認識させてくれます。また、その準備を家族で一緒にすることで焚き火の暖かさのありがたさと楽しさが倍増するのです。

③冬の寒さで味わう温かい料理


冬キャンプで冷えた体にしみ渡る温かい鍋やスープ料理の美味しさは、夏とは比べ物になりません。温かい料理がこれほど美味しいものかと感じられるひとときです。その感動をファミリーで一緒に共有できるのが冬キャンプの楽しさではないでしょうか。

④冬ならではの雪遊び

冬のファミリーキャンプでなければ体験できない楽しみの一つが、大人も子供も最高にテンションが上がる雪遊びです。雪合戦や雪だるまにソリ滑りに思わず夢中になってしまいます。またキャンプ場の近くにスキー場があればスキーやスノボなど雪遊びの種類が増えさらに楽しさが膨らむことでしょう。

⑤眠りを悩ます虫がいない

冬のファミリーキャンプのもう一つの魅力は、眠りを悩ます蚊やブヨなどの虫がいないことです。耳元をプーンと飛び回る蚊の羽音が一切なく安心して眠ることができます。また冬はキャンプ場を利用する人が少なくテントもまばらなので、互いに邪魔にならず家族でゆったり過ごせるのも魅力です。

冬向けのファミリーテントの選び方

①人数に対応するサイズとデザイン・仕様

冬キャンプでは就寝時だけでなくテント内で過ごすことが多くなります。そのためには家族全員の居住空間を確保できるテントのサイズと快適に過ごせるデザイン・仕様がポイントになります。居住性を重視するならリビングと寝室が分けられる2ルームテント、設営と換気性を考慮するならワンポール仕様の大型テントなどがおすすめです。

②寒さに対応するテント

冬の寒さに対応するためにはスカート付きのテントが必須です。スカートとはテントの裾についているヒラヒラしたパーツで、下から吹き込む隙間風や雨の侵入を防ぎテント内を温かく保ってくれます。オールシーズンで併用したいのであればスカートが着脱式になっている種類のタイプを選びましょう。

③テント素材の難燃性

冬のファミリーキャンプでは暖をとる焚き火や、テント内で薪ストーブなどの暖房器具を使うことが多くなります。火の粉でテントに穴が開かないようにコットンやTC(ポリコットン)・難燃性ポリエステルなどを使った火に強い種類のテントを選びましょう。またコットンやTC素材は通気性がよいので、結露ができにくのでおすすめします。

④換気機能(ベンチチレーション)

薪ストーブは冬のファミリーキャンプ憧れのアイテムですが、テント内で使用する場合に最も怖いのが一酸化炭素中毒です。一酸化炭素中毒とは、火の不完全燃焼で発生する非常に毒性の強い一酸化炭素が引き起こす中毒症状です。

無臭なので気付かずに吸うと頭痛や吐き気を起こし、重症になると死に至ることさえあり非常に危険なので、しっかりした換気機能があり煙突が設置できるるテントを選びましょう。

居住性抜群の2ルームファミリーテント3選

①コールマン トンネル2ルームハウスLDX

出典:amazon.co.jp

米国のアウトドアトップブランドのコールマンのトンネル型のテントです。4〜5人の家族がゆったりと過ごせる広いリビングに寝室がついた2ルームタイプで、スカートも装備され冬の防寒対策も万全です。さらにポールが少なく設営が簡単で、価格もリーズナブルなのでファミリーキャンプに最適なテントと言えます。

コールマンとは

コールマンは120年の歴史を誇る世界で最も有名なアウトドアブランドと言っても過言ではありません。キャンプ用品ならコールマンで全てが揃うと言われるほど商品の種類が豊富です。しかも高機能の商品を手ごろな価格で販売しているので世界中の多くの人の信頼と人気を集めています。

コールマン トンネル2ルームハウスLDX

出典:Amazon
形状タイプ2ルーム トンネル型
サイズ使用時:約660×330×200cm /収納時:約72×31×31cm
重量約16kg
材質フライ&インナー:ポリエステル、メインポール:アルミ合金
耐水圧フライ:2000mg、フロア:2000mg
対応人数/シーズン5人用/4シーズン

②ロゴス エアマジック PANELドーム

出典:amazon.co.jp

このテントの最大の魅力は何と言っても初心者でも簡単に設営できるスピードの速さです。ポンプに接続して数回プッシュするだけで約5分の間に立ち上がるので、子供達も大喜びするまさにエアマジックテントです。金属素材のフレームをほとんど使用していないので、お子様のいるファミリーキャンプでも安心して利用できます。

国内ブランド唯一のエアフレームテント

テントにエアフレームを採用しているのは国内で唯一ロゴスだけです。カナダの象徴・メイプルリーフをロゴマークにしているので日本企業であることを知らない方が多いのではないでしょうか。また海抜5mから標高800mのエリア内でファミリーで楽しめることを企業理念にしているので、ロゴスの製品は子供や女性に優しく安心・安全なのです。

ロゴス エアマジック PANELドーム

出典:Amazon
形状タイプ2ルーム円筒形
サイズ使用時:(約)475×310×210cm/収納時:(約)66×44×34cm
重量約15.4kg
材質フライ:難燃性68Dポリエステル(UV-CUT加工)、インナー:ポリエステル(撥水加工)/フレーム:ジュラルミン
耐水圧フライ:2000mm、フロア:3000mm
対応人数/シーズン4人/4シーズン

③スノーピーク ランドロック

出典;amazon.co.jp

6m×4mのビッグサイズで、大人数のファミリーでも快適な居住空間を実現する冬キャンプにぴったりのテントです。耐久性があり天井高も高く、大型のベンチレーションで換気効率を上げ結露がほとんどできません。

また便利なポケットや積み下ろしが楽なように本体とフレームが別々に収納できるなど細やかな配慮が施され、さらに季節や人数に合わせてさまざまな空間アレンジができるのも魅力です。

スノーピークとは

スノーピークは世界的な金属加工品の名産地として知られる新潟・燕三条市で1958年に生まれたアウトドア用品メーカーです。燕三条の金属加工の技術と日本の精巧な物作りの精神がスノーピークのテントに生かされていると言っても過言ではありません。

スノーピーク ランドロック

出典:Amazon
形状タイプ2ルーム
サイズ使用時:625x405x205(h)cm/収納時:本体75×33×36(h)cm、フレーム72×17×22(h)cm
重量22.0kg(付属品含む)
材質本体:ポリエステル(PUコーティング、UVカット、撥水加工)/フレーム:A6061(φ19mm)
耐水圧本体:3000mm、インナー:1800mm
対応人数/シーズン6人/4シーズン

薪ストーブ対応のワンポール型テント2選

①ローベンス Klondike(クロンダイク)6人用

出典:amazon.co.jp

6人収容のスペースがあり暴風雨や雪に強いベル型ワンポールのテントで、上部に煙突ポートが装備されているので冬キャンプ憧れの薪ストーブ設置が可能です。

テント素材には自社開発したHydroTexポリコットンを使用し通気性と耐久性に優れ、耐水圧は10000mmを実現し最大風速47m/秒にも耐える強靭な構造は、さすが雪国デンマーク製と言わざるを得ません。

ローべンスブランドとは

ローべンスは北欧デンマーク発のアウトドアブランドで、個性的でおしゃれなデザインが特徴です。防寒機能だけでなく人と被りにくい脱定番テントが欲しいこだわりキャンパーの方には絶対狙い目になるブランドです。

ローベンス Klondike(クロンダイク)6人用

出典:Amazon
形状タイプベル型ワンポール
サイズ使用時:390×390×高さ270cm/収納時:/収納時:80×27cm
重量16.7kg
材質本体:ハイドロテックス ポリコットン/ポール:アルミ
耐水圧10000mm(グラウンドシート)
対応人数/シーズン6人/4シーズン

②オガワテント ワンポール ピルツ15T/C

出典:amazon.co.jp

高さと広さがある開放的な空間を実現した八角錐のワンポールテントで、薪ストーブ用の煙突穴があり大人数のファミリーやグループの冬キャンプに最適です。難燃性のT/C素材を使用し、肌触りがよく通気性・吸湿性・耐久性にも優れています。日本の気候とキャンプ場を知り尽くしているオガワテントの製品なので品質は折り紙付きです。

オガワテントとは

100年以上にわたり日本のテント業界を牽引してきた老舗の中の老舗です。軍用のテントやザック作りから始まり、テント一筋に培ってきた技術力は群を抜いています。クラシカルな特徴的なデザインと新しいセンスを融合させ老舗の殻に閉じこもらず進化しているので、若い層にも人気があり幅広い世代から愛されるブランドです。

オガワテント ワンポール ピルツ15T/C

出典:楽天
形状タイプ八角錐ワンポール
サイズ使用時:幅430×高さ310×床面対角線470cm/収納時:90×40×35cm
重量幕体/約13.4kg、ポール/約4.2kg
材質フライ:T/C(ポリエステルとコットン混紡)、グランドシート:ポリエステル/ポール:スチール
耐水圧フライ:350mm/グランドシート:1800mm
対応人数/シーズン8人/4シーズン

最適の居住空間で寒さを吹き飛ばそう!

ここまで冬のファミリーキャンプの魅力と楽しみ方や、テントの選び方やおすすめのテントを5つ選んで紹介してきました。これらを参考にして家族の構成やスタイルに合う最適のテントで冬の寒さを吹き飛ばしてください。

冬キャンプの情報やアイテムが気になる方はこちらをチェック!

当サイトでは冬キャンプに関する記事をたくさん掲載しています。おすすめのストーブや服装と寒さ対策、冬に最適な美味しい料理などに興味がある方はぜひ参考にしてください。