検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ECサイトでも購入できるAXESQUINと同社から派生した凌を紹介!

AXESQUINは、フィッシングブランドからから派生したアウトドア向きのウェアなどを手掛けているブランドです。また、AXESQUINから凌が新たに派生し風や雨を凌ぐさまざまなアウトドアギアを発売しています。今回はAXESQUINと凌を合わせて紹介しますね。
2022年8月23日
揚げ餅

目次

AXESQUINと凌を紹介

登山向けのブランド

Photo byzapCulture

アクシーズクインができたのは1988年。フィッシングブランドを展開する株式会社から派生した登山向けのウェアなどのブランドです。他のガレージブランド比べると歴史のあるブランドの一つになります。

姉妹ブランドとなる凌(しのぎ)はウェアだけではなく財布やテーブル、ハンモックなどを取り扱っているブランドです。もともとはアクシーズクインのHPで凌を取り扱っていましたが、2022年5月現在ではそれぞれ分かれています。

 


購入できる場所

アクシーズクイン、凌のアイテムは公式サイトからオンラインで購入できます。また、アクシーズクインは好日山荘やWILD-1などのアウトドアショップでも手に入ることもあり、非常に身近なアウトドアブランドです。

詳しい取り扱い店舗は各種公式HPから確認できますが、2つのブランドでそれぞれ取り扱い店舗が異なる点は注意しましょう。

 

ブランドの違いについて

アクシーズクインとは


現在アクシーズから発売されているアイテムは帽子やグローブなどのアクセサリーを中心に販売しています。シンプルなデザインの物が多く、キャンプでも登山でも使いやすいところが魅力です。また、他のガレージブランドと比べると販路が幅広く、Amazonや楽天などのECサイトでも購入できます。

ECサイトだけではなく、実店舗でも購入できる場所が多いところも魅力です。

凌とは

凌は、小型のバックパックや雨風などの天候から守ってくれるアイテムを発売しています。また、ユニークなアイテムも取り扱っており、ヘッドライトなどが行燈(あんどん)のようになるシェードや扇子など和を意識したアイテムも多くキャンプでも楽しめます。

ハイキングと凌を合わせた登山道を使わない自由な山遊びの「シノギング」の提唱もしており、ハンモックを使った自由な登山も楽しめるブランドです。

AXESQUINのおすすめアイテム3選


1:UV Mesh Finger Cut Glove

UV Mesh Finger Cut Glove

出典:Amazon

本品はメッシュ素材で作られているシンプルなフィンガーカットのグローブです。メッシュ素材は、速乾性や通気性とストレッチ性に優れている素材のため夏のアウトドアで使いやすい素材になります。しかし、メッシュ素材は滑りやすいという注意点があります。

本品は物を掴んだり握ったりする手の平部分には滑り止めが使われており、高いグリップがあるモデルです。また、フィンガーカットになっているためスマホも扱いやすいところが魅力になります。

豊富なカラーバリエーション

本品とフィンガーカットグローブのため夏期を中心に春から秋まで使える汎用性の高さと、豊富なカラーバリエーションも魅力です。グローブ自体はユニセックスとなっておりグレーやブラックなどのモノトーンやキャンプやアウトドアで人気のネイビーやオリーブグリーンなどがあります。

2:GORE-TEX スベラヌグリップ

GORE-TEX スベラヌグリップ

出典:Amazon

春~夏を中心に一年中使えるグローブとなっており雨の日でも、乾いているかのような極めて高いグリップ力が魅力です。そのため雨の日のキャンプの設営や登山などで使えるアイテムです。また、形状も握ることを考えて作られており立体裁断になっておりフィット感が高い特徴があります。

撥水性と透湿性

本品は表面に水を弾く撥水加工、中間には防水性と防風性、透湿性を備えているインサートが使われているため防水性も非常に高くなっています。雨の日は蒸れやすいため蒸れにくいように透湿性がある点もポイントです。また、裏面のライニングは滑りやすいメッシュ素材になっておりスムーズに手を入れられるようになっています。

3:Military Rain Hat

本品はバーベキューやキャンプなどのアウトドアに似合うミリタリーテイストの防水仕様のハットです。3層構造のの防水性と透湿性のあるナイロンが使われており、水が染み込みにくくなっています。さらに、幅が広いつばが雨から守ってくれるため外出時の急な雨に対応できます。

晴れの日でも使いやすいようにゴム紐が付属していますが、濡れた紐で不快にならないように着脱式になっている点も大きな魅力。どんなシーンでも使いやすい帽子です。

携帯のしやすい工夫

つばが広い帽子のため、行動中や携帯時につばがじゃまになることもあります。しかし、本品はつばを折り曲げてボタンで止められるようになっており携帯しやすいところも大きな魅力です。さらに、帽子を囲うようにループがあるためバックパックに吊るしたまま運搬できるなど携帯しやすいように細かな工夫が施されています。

凌のおすすめアイテム3選

1:ハンモックアンダーキルト240

ハンモックアンダーキルト240

本品は、寒さを凌ぐことをコンセプトにハンモックを保温するための装備。ダウンコートのような構造になっており本品の使い方は、ハンモックの下に吊るすだけです。

シンプルな使い方ですが、本品は隙間風が吹き込まないようにハンモックとのフィット感をショックコードで調節できます。そのため服装によりますが、0℃近くまで快適に使えるようになっており、秋~冬のキャンプや登山などさまざまなシーンで活用できます。

品質の高いダウン

本品に使われている中綿は上質なダウンです。有名メーカーのダウンシュラフにも匹敵する700FP(フィルパワー)のホワイトグースダウンが使われています。FPはダウンの性能を表しており、数値が高いほどふわふわとやわらかく空気のをたくさん抱え込める上質なダウンになります。

ダウンは軽量で携帯性に優れており、コンパクトになる点も大きな魅力です。ハンモック泊の手軽さを相殺しないように作られている点も大きなポイントになります。

2:行燈風シェード

本品は旅館や料亭、神社などで使われている行燈(あんどん)を模しており、小さなLEDランタンやヘッドライト中に入れるだけで雰囲気が非常によくなる照明になります。キャンプ用品、登山用品としては珍しい和の趣があるアイテムとなっており、凌の中でも売り切れになるほどの大人気商品です。

ポリエステルなどの化繊でできており、使わないときはコンパクトに収納できるます。そのため、携帯しやすパッキングしやすいです。

一石二鳥の作り

本品は袋状になっており、シェードとして使わないときは小型のスタッフバッグとしても活躍します。開口部分は巾着と同じ仕組みなっており紐を引くで絞れます。バックパックを小分けしたり、小さながキャンプギアを運ぶときに活用でき便利です。

また、巾着上の袋状になっているためシェードとして活用すると中に虫が入りにくくなっており、テントの外でも飾りやすくなっています。行燈の形状を活かすには暖色のライトがおすすめです。

アウトドアにおすすめブランド

Photo byTumisu

アクシーズクインは登山で使いやすい小物やウェアが充実しています。シンプルデザインで使い勝手のよく、なおかつ身近な通販サイトやアウトドアショップでも購入できるところも大きなポイントです。

また、同社から2021年11月頃に別HPへと変わった凌には和を意識した装具や雨や風を凌げる道具が豊富に揃っています。ハンモックに関するアイテムや防寒に使えるアイテムがあるため登山だけではなくキャンプにもおすすめです。

ガレージブランドが気になる方はこちらもチェック!

本サイトにはガレージブランド、アウトドアブランドに関するさまざまな記事があります。キャンプや登山などアウトドアブランドに興味がある方はチェックしてみてくださいね。