検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【連載】10月が旬のお花とは?今買える切り花の種類を花屋目線で紹介!

日曜連載恒例・毎月の旬の切り花をご紹介。実際にお花屋さんで今買える10月が旬の切り花たちをピックアップしています。定番から10月にしか出会えないまさに旬の花まで、日持ちの度合いやおすすめの飾り方に加え、誕生花や花言葉も併せてご紹介します。
2020年10月12日
しまうま花屋

10月が旬の切り花たち

切り花にとっても過ごしやすい季節

出典: https://unsplash.com/photos/kMGZLGlkxSI

朝晩が冷え込む季節になってきました。バラなど定番の切り花たちにとって過ごしやすい最適な温度は10℃前後で、秋になると切り花たちも日持ちしやすくなります。夏の間はこまめに替えなければいけなかった花瓶の水も、少しゆとりが出てくる季節です。


実ものやハロウィンにぴったりな花も

出典: https://unsplash.com/photos/l8NLXBhWbW0

切り花の管理がぐっと楽になってくる秋は、お花を咲かせる植物も増えてきます。同じく旬の花が多い春とはまた雰囲気が違って、深いシックな色合いの花が多い10月。またみのりの季節でもあり、実もの切り花が増えるのも特徴です。ハロウィンに合う花材もよく出回ります。

10月に花屋で買える旬の切り花1

バラ


出典: https://unsplash.com/photos/KucJwqfKt4c

お花屋さんには必ずあるバラも、秋が旬の切り花です。バラは春と秋が旬で、切り花も春と秋に出回る品種や量が増えます。エアコンも使わない10月の室温はバラにとっても快適な環境なので、夏や暖房を使う冬に比べ日持ちしやすいのもおすすめポイント。

10月7日の誕生花

バラの花言葉は「愛情」「幸福」など。バラは分類や色、香りや本数などそれぞれに細かく花言葉や誕生花がつけられています。出回る品種が多くなるこの時期だからこそ買いたい、おすすめの香りのよいバラについて以前まとめていますので、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。


10月に花屋で買える旬の切り花2

カラー

Photo byMarjonBesteman

カラーは、日本では6〜7月が開花時期の球根植物です。くるんと巻いたような花姿が特徴的。すっと伸びる茎とお花のラインが美しく、いけばなやウェディングなどにも人気の切り花です。白や黄色が定番ですが、秋には紫やボルドーなどの深い色合いの品種が旬です。

10月22日の誕生花

花言葉は「素敵な美しさ」「乙女のしとやかさ」「夢のように美しい」「愛情」など。ウェディングには白系が人気ですが、くすんだピンクやオレンジ色など色の種類も豊富です。少ししなる曲線のラインが美しいので、長めの花瓶に2、3本流すように生けるのがおすすめ。

10月に花屋で買える旬の切り花3

チョコレートコスモス

Photo by kanonn

チョコレートコスモスとは、チョコレート色がかわいいコスモスの仲間です。色だけでなく、チョコレートのような香りもするのが魅力。ほんのりと甘くうっとりする香りがする不思議なお花です。よく見かけるコスモスより小ぶりで、直径3〜4cmほどの小さめのお花がつきます。

10月27日の誕生花

花言葉は「恋の思い出」「移り変わらぬ気持ち」など。園芸種として人気があり、5月頃から11月頃までお花を楽しめる初心者にもおすすめのお花です。切り花は秋になるとよく出回り、繊細な見た目ながら意外と日持ちするのも嬉しいポイント。

10月に花屋で買える旬の切り花4

ネリネ

Photo by Rictor Norton & David Allen

ヒガンバナ科のネリネは、ヒガンバナよりお花が大きめで、ピンクや白色などの品種が代表的です。表面がラメをふりかけたようにキラキラしているダイヤモンドリリーの切り花も人気があります。園芸種ではネリネとダイヤモンドリリーを同じ種類にされますが、切り花では名称が分けられる傾向があります。

10月13日の誕生花

花言葉は「華やか」「また会う日を楽しみに」「幸せな思い出」「輝き」など。まっすぐに伸びた茎を生かして飾るとかわいいお花です。数本をリボンで束ねてブーケのようにして花瓶に斜めに生けるのもおすすめ。日持ちは1週間前後です。

10月に花屋で買える旬の切り花5

グロリオサ

Photo by ai3310X

不思議な形のお花が特徴的なグロリオサも、秋が旬のお花のひとつです。代表的な赤に黄色の差し色が入った品種のほか、黄色の品種も出回ります。枝振りが大きく1本でボリューム感があるので、大きな花束やアレンジ、フラワースタンドなどにもよく使われます。

10月19日の誕生花

花言葉は「天分」「華麗」「頑強」「おしゃれな心」「栄光に満ちた世界」など。グロリオサの切り花は基本的には年中出回っています。気温が高い時期でも日持ちしやすいのが特徴。葉っぱの先がくるんと巻きひげ状で、切り花でもほかのお花に絡みつくことがあるので注意しましょう。
 

10月に花屋で買える旬の切り花6

パンパスグラス

出典: https://unsplash.com/photos/jbvgqnqP_r0

ボタニカルな雰囲気が近年人気の切り花・パンパスグラス。ススキのような銀色の穂が魅力的で、ススキよりも大きくボリュームがあります。水に入れておかなくても萎れず、そのままドライフラワーになって日持ちする花材です。

10月1日の誕生花

花言葉は「光輝」「人気」「雄大な愛」「風格」など。パンパスグラスは1本あるだけで存在感があり、秋のインテリアにおすすめの切り花です。南米原産でほかのワイルドフラワーやネイティブフラワーと相性がよく、ドライフラワーのスワッグなどにもおすすめです。

10月に花屋で買える旬の切り花7

ピンクッション

Photo byChesna

南アフリカが原産のネイティブフラワーのひとつで、針刺しのような不思議な形のお花が人気の切り花です。10月頃が旬のお花ですが切り花では輸入が多く年中出回り、置いているお花屋さんも多い定番のお花です。赤やオレンジ、黄色などの品種があります。

10月29日の誕生花

花言葉は「艶やかな人」「共栄」「どこでも成功する」など。暑い時期にも日持ちし、ドライフラワーとしても楽しめます。最近人気のネイティブフラワーたちの中でも比較的お求めやすく、手軽に手に入りやすいお花です。1、2本花瓶に投げ入れておくだけで素敵なインテリアに仕上がります。

10月に花屋で買える旬の切り花8

オモチャカボチャ

出典: https://unsplash.com/photos/l8NLXBhWbW0

日本でも定番イベントになった10月31日のハロウィン。ハロウィン飾りの主役といえばカボチャです。お花屋さんでは、9月頃からオモチャカボチャと呼ばれる観賞用のかわいいカボチャが出回ります。ハロウィンまでのわずかな季節にしか出会えない、旬ものです。

花言葉は「広い心」

カボチャは10月の誕生花ではありません。花言葉は「広い心」「大きさ」「広大」など。オモチャカボチャは、マンションの玄関でも飾りやすいようなてのひらサイズのものから、本格的な直径30cmもあるようなものまで出回ります。色も形もさまざまで、ついつい手にとりたくなるかわいいカボチャです。

10月に花屋で買える旬の切り花9

ヒメリンゴ

お花屋さんでは、秋になると小さなヒメリンゴの赤色も人気です。ヒメリンゴはりんご飴のサイズのリンゴで、お花屋さんでは実だけを販売しています。お尻に楊枝や竹串を差して、アレンジメントなどで使います。お花の中にリンゴが入るとアクセントになる上に季節感も出て、この時期おすすめです。

10月11日の誕生花

花言葉は「名声」「誘惑」「選ばれた恋」「永久の幸せ」。ヒメリンゴは年中お花屋さんに出回りますが、秋からクリスマスにかけてが大きさも色もきれいで旬の季節です。春から初夏には緑色のヒメリンゴが並びます。そのままの状態で、2週間ほど日持ちします。

10月に花屋で買える旬の切り花10

フォックスフェイス

Photo by kanonn

「キツネの顔」という名前がついたフォックスフェイスは、ナス科のツノナスとも呼ばれる植物です。キツネの顔のように見える黄色い実がユニークで、とても個性的な花材です。太めの枝から直径10cm以上の実がなっている姿はとてもおもしろく、いけばなや生け込みなどで使われます。

10月10日の誕生花

花言葉は「私の想い」「偽り」「真実」「悪友」など。中国では黄色が縁起がいいことから、正月飾りにも使われています。枝も実も重く枝も太いので、しっかりした花瓶に生けるか、お花屋さんで手持ちの花瓶のサイズに合わせて短めに切り分けてもらうのがおすすめ。実にキツネの顔を描いて遊ぶのも人気のようです。

10月に花屋で買える旬の切り花11

グリーンネックレス

Photo by blumenbiene

緑色した真珠のネックレスのような見た目のグリーンネックレス。観葉植物としても切り花としても人気の花材です。緑色の玉は球状の葉っぱで、垂れ下がるように伸びるツル性の茎に鈴なりにつけるのが特徴。秋は開花時期でお花は甘い香りがしますが、切り花では花付きのものはほぼ出回りません。

10月27日の誕生花

花言葉は「健やかな成長」「青春の思い出」「豊富」など。アレンジメントや花束に絡ませるように使ったり、ウェディングブーケなどにも人気があります。多肉植物なので日持ちもしますが、水に浸かると葉っぱが腐りやすいのでしっかり取り除きます。花瓶から垂らすように飾るのがおすすめ。

10月に花屋で買える旬の切り花12

ムラサキシキブ

Photo by tamakisono

10月頃になると各地の山林で淡い紫の小さな実をつけるムラサキシキブも、10月が旬のお花です。園芸種としても人気があります。切り花のムラサキシキブはコムラサキと呼ばれる別の品種であることが多く、実がぎっしりついているのが特徴です。切り花としては、実をつける10月頃にしかほとんど出回りません。

10月8日の誕生花

花言葉は「上品」「聡明」「知性」「愛され上手」など。10月8日のほかに16日・17日・18日・20日・21日の誕生花でもあります。葉っぱは特に水下がりしやすいので、葉っぱを取り除いて使うと日持ちしやすくなります。枝物は、切り口に縦の切れ目を入れるか叩き割ると水揚げがよくなります。

10月に花屋で買える旬の切り花13

ニューサイラン

まっすぐに鋭く伸びる葉が魅力的なニューサイラン。緑色と赤色の品種があり、ガーデニングでも人気の植物です。光沢のある葉っぱと直線のラインがかっこいい印象ですが、割いたり丸めたりと使い勝手がよく、いろんな表情が作れる葉ものです。

10月14日の誕生花

花言葉は「素直」。年中出回る花材ですが、時期や気候によって色の乗り方に違いがあります。秋には濃い赤色のニューサイランが季節感が出ておすすめ。花瓶にそのまま生けておいても高さが出てかっこよく、花瓶の下に敷いたり編んだり、多様な使い方ができます。とてもよく日持ちするのもポイントです。

さいごに

管理しやすい季節に

出典: https://unsplash.com/photos/MggCzqIYp-4

涼しくなる10月は、暑い時期には日持ちしにくいと避けてた少し繊細なお花たちも管理しやすくなる季節。暖房をつける季節がやってくるとまた置き場所に悩まされるので、ぜひこの過ごしやすい季節にお気に入りのお花をお部屋に取り入れてみて。

過去の連載はこちらから

この日曜連載では、実際にお花屋さんで買えるお花を中心にいろんなテーマでまとめてお送りしています。バラの項で紹介した香りのバラ特集のほか、秋に買えるおすすめの実もの特集や、秋色アジサイやダリアについても記事にしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。