マラソンにおすすめの服装を解説!初心者も失敗しないウェアを気温別にご紹介!

マラソンにおすすめの服装を解説!初心者も失敗しないウェアを気温別にご紹介!

マラソンは気温や天候や季節に左右されるスポーツです。夏は20度を超える猛暑の日もあるので練習の時は通気性や機能性に優れた服装で冬は15度や10度を下回る気温の日は保温性に優れた格好がおすすめです。マラソン大会では気温に応じた服装を心かけましょう。

記事の目次

  1. 1.マラソン初心者のための服装とは?
  2. 2.マラソンにおすすめの服装1:夏の格好
  3. 3.マラソンにおすすめの服装2:冬の格好
  4. 4.マラソンにおすすめの服装3:気温別の格好
  5. 5.マラソンにおすすめの服装4:大会の格好
  6. 6.マラソンにおすすめの服装5:高機能のランニングウェア
  7. 7.マラソンにおすすめの服装6:インナー
  8. 8.マラソンにおすすめの服装7:男性の格好
  9. 9.マラソンランナーにおすすめの服装8:女性の格好
  10. 10.まとめ

マラソン初心者のための服装とは?

Photo bycomposita

マラソン初心者の人でランニングの服装をどう選べばよいかわからないという人は多いと思います。マラソンの時はその状況に応じて格好が変わってきます。20度以上の気温が高い日、15度や10度など気温が低い日の格好、レースの日の格好、真夏の日の格好、5㎞の大会の格好、ハーフマラソンの大会の格好、フルマラソンの大会の格好などその時のシーンでだいぶ格好が変化します。特に季節によって気温は違ってくるのでインナーなど機能性に優れた服装を着用することをおすすめします。

気象条件

夏も冬もマラソンを行う時は気象条件によって記録や完走率が大きく変化します。その原因の一つにマラソンの時の服装があげられます。真冬の寒い日に薄着で走った結果低血糖や冷えで血行が悪くなり怪我に繋がったり体調不良になったりします。冬はしっかり防寒をすることが大切です。また、真夏のマラソン大会に参加した結果熱中症になってしまったというケースも多くあるので、夏の服装は通気性に優れた格好がおすすめです。

マラソン大会当日の雨対策

マラソン大会で晴れる場合と雨の日の服装や持ち物はだいぶ変わってきます。雨の日はレース前から体が冷えやすく、ウオーミングアップをおこなってもスタートまえまでには体がひえきってしまいレース中に体が動かなく思うような結果がでないことや筋肉が硬直して怪我をしてしまっうこともあります。そうしたことを防ぐために、防寒対策は徹底しましょう。スタート前に冷えないように帽子やビニールのポンチョや防水した手袋など装備することをおすすめします。

マラソンにおすすめの服装1:夏の格好

Photo byPexels

初夏の20度を超える日や真夏のマラソンの練習の時やマラソンのレースの時のマラソン初心者の人の服装には特に注意が必要です。初心者の人は夏の服装がわからず、汗をそのまま吸収する素材の格好をしてしまい、ランニングウェアが重くなったり発汗性が悪いと熱が服にこもり熱中症になる危険性もあります。気温が15度くらいなら別ですが、初夏の20度以上の気温の場合は初心者の人は得に服装に注意するようにしましょう。20度以上の気温の高い日は発汗性優れたウェアなど機能性重視のランニングウェアがおすすめです。

ランニングソックス

Photo bytookapic

マラソンの時の服装はランニングソックスも大切になります。ランニングソックスは滑り止めがついているタイプや着圧ソックスや五本指ソックスなど様々なタイプのソックスが販売されています。滑り止めが付いているタイプのランニングソックスは走っている時に靴の中で脚が滑りにくいのでしっかりと地面を捉えたい方におすすめです。着圧ソックスは走っている時に脚が浮腫みにくいことや脚が軽くなり快適に走ることができます。五本指ソックスは指で地面を捉えることができるので推進力が増します。

ランニングシューズ

Photo by5598375

ランニングソックスやランニングウェア同様にランニングシューズはマラソンにとってとても重要な役割を担っています。マラソン初心者の人はどういったランニングシューズを選べばいいかわからない人も多いと思います。購入はインターネットの販売よりも店頭で購入することをおすすめします。初心者の人の場合は自分に合うシューズがわからないため店員さんにサイズを測ってもらううなど相談しましょう。初心者の人のシューズは怪我をしないために厚めのクッション性に優れたシューズをおすすめします。

マラソンにおすすめの服装2:冬の格好

Photo byarembowski

気温が15度以上の初夏や20度を超える真夏と同じでマラソン初心者の人は15度や10度を下回る真冬の時の格好にも注意が必要です。初心者の人はマラソンの練習でもマラソンのレースでも真冬はインナーを着たり保温性に優れたジャージの着用をおすすめします。マラソンの練習でもレースでも冬の15度や10度を下回る時は風がとても冷たく筋肉が硬直しやすくなります。筋肉が冷えるとケガの原因にもなるので、ジャージを着込みインナーなどで保温を保ちながら練習やレースへの出場をおすすめします。

マラソンの服装でモチベーションアップ

Photo by HIRAOKA,Yasunobu

今時のランニングウェアは各メーカーともに非常にお洒落でかっこいいランニングウェアを販売しています。マラソンは練習を継続することで大会で自己ベストを更新できたりマラソン初心者の人はフルマラソンを完走することができます。マラソンの練習は楽なものではありませんが、ランニングウェアなどでお洒落を楽しむと継続できるポイントになります。ナイキやミズノやアディダスやアンダーアーマーなど高機能でかつお洒落でかっこいいランニングウェアが販売されているのでおすすめです。

ランニンググッズ

マラソンでは服装だけではなくランニンググッズも身に付けて走るとさらに快適に走ることができます。自分の顔にフィットする日差しや雨から目を守るランニングサングラスやマラソンの練習やレースお時に小銭や飲み物や飴などをいれておくウェストポーチやタイムや距離や心拍数を測ることができるランニングウオッチなど多くのグッズがあります。特にマラソンは長い時間動き続けるのでエネルギーを消費します。ウェストポーチに飴やエネルギーゼリーなどを入れておくことで最後まで走れるのでおすすめです。

マラソンにおすすめの服装3:気温別の格好

Photo byskeeze

マラソンの時の服装は気温別の配慮が必要です。15度や10度を下回る気温の日は保温性に優れた高機能のインナーなどジャージの格好を、20度を超える初夏や30度を超える真夏の日は通気性や発汗性に優れた熱を内側にこもらせない格好が望ましいといえます。また、15度くらいの気温がマラソンの練習やレースにはちょうど良い気温と言われています。15度くらいの気温の日はロングTシャツやインナー、ロングタイツの上にハーフパンツを着たりするとマラソンのレースでゴールする頃まで快適に走ることができます。

雨の日のマラソン

雨の日のマラソン練習やマラソンのレースは体が冷え込み血行が悪くなります。特に冬場のマラソンは血行不良で筋肉が硬直して怪我をする危険性や雨で全身が濡れてたいちょう不良を引き起こす可能性もあります。雨の日は撥水加工の防水の服装や帽子や手袋など防寒をしっかり行う必要があります。マラソンレースの時はインナー、ロングTシャツの上に防水のジャージやポンチョ、下はランニングタイツに短パンなど走る時にあまり重くなりすぎないように動きやすい格好がおすすめです。

雨の日は要注意

マラソンは長い時間をかけて体を動かすスポーツです。長い時間でも雨の日のマラソンの場合は体力を奪われてしまったり低体温症で呼吸困難に陥る場合もあるので注意が必要です。体が震える、体温が奪われている、頭がぼーっとしてきたという症状が出る場合は無理をせずにマラソン練習やマラソンのレースは中断して危険することをおすすめします。

マラソンにおすすめの服装4:大会の格好

Photo byFree-Photos

マラソンの練習はもちろん、マラソン大会の時の格好はなるべく自分がストレスにならない服装やモチベーションを上げるためにお洒落なかっこいい自分のお気に入りの服装を着用するといつもよりも集中できてタイム良く走れたりするものです。15度を下回る冬のマラソン大会は保温性に優れたジャージやインナー、ロングタイツの着用をおすすめしますが、あまり重くなるとランニングフォームが悪くなるので初心者の人は注意しましょう。20度以上の気温の日は発汗性に優れて熱をこもらせないウェアがおすすめです。

怪我なくマラソンレースを迎えよう

マラソンレースへ向けて完走を目標にする人や自己ベストを更新したい人など様々な目標を持って練習をすると思います。マラソン練習は初心者の人でも一度は練習の時に20㎞以上の距離を走っておくことをおすすめします。しかし、大会本番を想定してつい、多くの距離を走り過ぎてしまう人も少なくありません。マラソン初心者の人は筋力があまりついていない状況なのに多く走りこんでしまうと膝や腰などを痛めるので注意が必要です。自分の今の力に見合うトレーニングを心掛けましょう。

マラソンにおすすめの服装5:高機能のランニングウェア

Photo bymaxmann

マラソンの高機能のランニングウェアとは、15度や10度を下回る真冬の練習やレースの日や20度を上回る時の練習やレースなど変化する気温に対応できるランニングウェアのことを言います。15度を下回る冬の日は保温性に優れたインナーやジャージなどの防寒対策に最適な服装がおすすめです。15度や20度を上回る初夏や夏の日は発汗性や通気性に優れたランニングウェアがおすすめです。30度以上の猛暑の日の服装はランニグシャツに短パンなど女性のランナーでもなるべく風通しの良い格好をしましょう。

マラソン初心者のトレーニング方法

マラソン初心者の人は多くの場合筋力が備わっていないことが多くあります。体の中心部の体幹が弱いと全身のバランスがとりずらくランニングフォームのバランスを崩す恐れがあります。バランスを崩すと脚や腰に負担がきて怪我をして、またランニングフォームのバランスが悪くなるといった悪循環が起こります。そうしたことを防ぐためにも普段から筋トレを行うことが大切です。忙しい方は日常生活でも十分筋トレになります。通勤の時一駅歩いてみることや階段を使用するなど工夫しましょう。

マラソンにおすすめの服装6:インナー

Photo bycomposita

マラソンのレースや練習の時の服装ではインナーも重要な役割を担っています。15度を下回る冬の寒い日の練習や大会の時は長時間風を切り走っているため底冷えして筋肉が硬直したり冷え切ります。そのため、怪我の恐れや体調を崩すケースもあります。インナーはそうしたリスクを回避してくれます。気温が15度を下回る時はジャージやロングTシャツの下にインナーを着用すると保温性が保たれて真冬でも筋肉が冷えにくいまま走ることができます。夏にインナーを着る場合は通気性に優れたインナーをおすすめします。

継続は力なり

マラソン大会に向けて一番大切なことは練習や筋トレを継続することです。マラソンは長距離を走るため、つい練習をさぼりたくなったり妥協することも多くあります。また、初心者の人は最初のうちはモチベーションを高く保てますが途中からトレーニングに飽きて続かないという人も多いと思います。マラソン大会に出場を決めたら一年や半年などの期間を設けて気持ちを切らさないようにじっくりと練習していくことが大切です。マラソンは初心者の人でも継続さえしていけば目標を達成することができやすいスポーツです。

マラソンにおすすめの服装7:男性の格好

Photo bycocoparisienne

マラソン大会やマラソンの練習の時の男性の格好は初心者の人でもかっこよく決めたいと思っている人は多いと思います。自分のお気に入りの自分に合ったお洒落でカッコよい服装は初心者の人でもモチベーションが上がって練習の時でも長時間走れたり大会では自己ベストを更新したり初心者の人はマラソン完走ができるなど期待できます。20度を上回る気温の時は短パンにTシャツ、サングラスに帽子で15度を下回る冬の大会や練習の時はジャージ、ロングTシャツ、インナー、ロングタイツのスタイルがおすすめです。

マラソン練習のコツ

マラソン練習は初心者の人はどんな内容の練習をしたらいいかわからない人も多いと思います。初心者の人はまず、ウォーキングから始めることをおすすめします。ウォーキングでは正しい姿勢を意識してなるべく早めの歩調であるくことがポイントです。マラソンは全身持久力のスポーツなので、ウォーキングでまずは持久力を高めるために1時間から1時間半くらいを目安に歩いてみましょう。ウォーキングは衝撃がないのでケガをしにくく、また、脂肪を効率よく燃やしてくれるのでダイエットにもおすすめです。

マラソンランナーにおすすめの服装8:女性の格好

Photo byskeeze

女性のマラソン大会やマラソン練習の時は男性同様にお洒落をすることでモチベーションがアップします。今は女性だけの華やかなレースも数多くあります。そんな時こそお洒落なランニングウェアやランニンググッズを身に付けていると気分が上がって練習もレースも楽しくなること間違いありません。20度を上回る日はランニングTシャツに日焼け防止のアームウォーマーや短パンやランニングスカートといったウェアもおすすめです。気温に応じて綺麗にお洒落に着飾ればランニングがもっと楽しくなります。

マラソンを完走するコツ

マラソン初心者の人は多くの人が大会でマラソンを完走したいという目標をもっていると思います。マラソンを完走するためにはまず、練習を継続することが大切です。ただし、やみくもに練習を行っても力が備わらなかったり適切なトレーニングでないため怪我に繋がることもあります。まずはウォーキングから入り、筋トレを週1回から2回程度入れて体を慣らして体力をつけましょう。走る練習は始めは15分くらい継続して走り慣れてきたら30分に伸ばすを週に2回くらい練習することをおすすめします。

まとめ

Photo byskeeze

マラソンの練習やマラソン大会での服装は初心者の人であれば完走することや自己ベストを更新したいなどの目標があると思います。目標を達成するための一つとしてマラソンの服装はモチベーションの一つになります。練習や大会の時の気温によって服装はだいぶ変化します。20度以上の暑い日や15度以下の寒い日や雨の日の服装などしっかりその日の気温や天気を把握しておくことがマラソンで自分の目標を達成するコツになります。マラソンの服装を覚えて楽しくマラソン大会へ参加しましょう。

マラソンの情報が気になる方はこちらもチェック!

マラソン初心者の人は服装だけではなく、食事方法や筋トレの方法やランニンググッズなど情報をしっかり把握しておくことが大切です。マラソンの情報をご紹介するので気になる記事をぜひピックアップしてみてください。

【ランニング初心者必見】呼吸法をレッスン!呼吸の型を覚えて爽快&楽に走ろう!のイメージ
【ランニング初心者必見】呼吸法をレッスン!呼吸の型を覚えて爽快&楽に走ろう!
ランニング初心者の人はランニング中の呼吸が気になる、どう呼吸したらよいかわからないという人も多いと思います。ジョギング中は腹式呼吸のリズムの方法や走り方のちょっとしたコツで楽に走り方をマスターできます。ゆっくりのペースで楽に呼吸ができるように意識しましょう。
マラソンに効果的な筋トレメニュー14選!怪我防止や筋肉などメリットも解説!のイメージ
マラソンに効果的な筋トレメニュー14選!怪我防止や筋肉などメリットも解説!
マラソンはただ走るだけよりも適切に筋トレを取り入れるとより効率的に走ることができマラソンを完走することができます。筋トレは適切な頻度や回数を行えば怪我防止にもなり効率的にマラソンを完走することができるようになりマラソンの魅力を感じて楽しめます。
初心者も安心!失敗しないランニングウェアの選び方をご紹介!おすすめの服装も!のイメージ
初心者も安心!失敗しないランニングウェアの選び方をご紹介!おすすめの服装も!
マラソン初心者の人はランニング ウェアの選び方も慎重になると思います。季節ごとやメンズ、レディースによっても選び方が異なります。サイズや素材感など自分に合ったランニング ウェアの選び方やおすすめの人気のランニングウェアをご紹介していきます。
大久保絵里
ライター

大久保絵里

マラソンランナーの大久保絵里と申します。マラソンの自己記録は2時間26分08秒です。2019年にアスリートとして第一線を退きましたが、また新たな形でマラソンという競技に向き合っています。 ランニングやマラソンの魅力や情報、私の日々のトレーニングなど読者の皆様に楽しんでいただけるよう発信いたします。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking