低木とは?庭木で人気な常緑低木や手間のかからないおすすめの種類15選をご紹介!のイメージ

低木とは?庭木で人気な常緑低木や手間のかからないおすすめの種類15選をご紹介!

自宅の庭をガーデニングするなら、まずは庭木や花があってこそ。低木だったらサイズが小さく、お手入れの時間も取らせず、お金も手間のかからないガーデニングが実現できます。いま低木で人気のある種類は一体何なのか、おすすめな代表種をご紹介します。

2018年10月18日更新

はぐれ猫
はぐれ猫
都会から離れた田舎で暮らす、はぐれ猫です。幼少時から地理が好きという特徴も活かしつつ、キャンプやトラベルスポットの紹介が得意分野です。しかし身近なDIY等含め、興味深い話題の紹介も怠りません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 低木は手間のかからない理由
  2. どんな低木を選ぶのか
  3. ガーデニングおすすめ低木①(常緑)
  4. ガーデニングおすすめ低木②(常緑)
  5. ガーデニングおすすめ低木③(常緑)
  6. ガーデニングおすすめ低木④(常緑)
  7. ガーデニングおすすめ低木⑤(常緑)
  8. ガーデニングおすすめ低木⑥(常緑)
  9. ガーデニングおすすめ低木⑦(常緑)
  10. ガーデニングおすすめ低木⑧(常緑)
  11. ガーデニングおすすめ低木⑨(常緑)
  12. ガーデニングおすすめ低木⑩(落葉)
  13. ガーデニングおすすめ低木⑪(落葉)
  14. ガーデニングおすすめ低木⑫(落葉)
  15. ガーデニングおすすめ低木⑬(落葉)
  16. ガーデニングおすすめ低木⑭(落葉)
  17. ガーデニングおすすめ低木⑮(落葉)
  18. 低木でガーデニングしよう

低木は手間のかからない理由

ガーデニングでは、どうして低木を選ぶのがおすすめなのか。その理由はこんなに色々あるのです。

低木の定義とは

hidetaka1031さんの投稿
29738386 1993028834348277 9170078729731309568 n

低木は別名を灌木ともいい、樹高が3メートルを超えない樹木の総称です。1メートルに満たない種類の樹木は、小低木と呼ばれています。逆に高木とは高さ5メートルを超えるものを言います。

低いから剪定が楽々

xharuxanxさんの投稿
17595861 1262635163833319 8087270517532262400 n

高さ3メートルを超えるような木は、脚立に上ったり高枝切り鋏で剪定したりと、とにかく腰も痛めて疲れる作業です。しかも危険を伴うことも。逆に1メートル程度の低木だったら、安全でお手入れが楽々過ぎて朝飯前です。

大きくなる速度が遅い

z.o.q.aさんの投稿
36621314 915818878603256 391713339656372224 n

低木は、成長の速度も比較的に遅いこともメリットになります。巨大にならないから、何年も何十年もずっと、手間のかからないお手入れが可能になります。

ガーデニングのバランスを崩さない

hanyuda.spatial_designerさんの投稿
30841709 2359327180749343 1247221248212074496 n

ガーデニングで大切なのは、素材と植物を活用した、全体の統一的なプランニングです。もし狭い庭で樹木が巨大化してしまうと、ガーデニングの場所が減ったり、景観が悪くなったり、良いことがありません。低木だから、ガーデニング全体のバランスを崩すことがないのです。

目隠しには十分

isaolinkさんの投稿
36124334 211505026146712 3609087398517932032 n

お隣さんの窓からいっつも自宅が丸見えで、ちょっと隠すことができたら良いなんて考えていませんか。それなら塀を立てるよりは低木です。1年中葉っぱの生い茂った2メートルの常緑樹なら、お金もかけず目隠しに十分です。

高額な業者の手入れは不要

庭に大きな樹木が何本もあると、年に1回業者に依頼するだけで、10万円以上も吸い取られて涙目になるのは当たり前な話です。もし自宅の庭が低木ばっかりならば、業者を頼む必要もないし、仮に頼んでも一回あたりのお手入れは激安で済むのです。

どんな低木を選ぶのか

低木は数えきれないほど種類が存在し、どんな低木を選ぶかによって、庭の印象もがらっと変わります。低木の代表種にはどんなものがあるのか、把握してみましょう。

常緑樹

atelier_n_flower_and_gardenさんの投稿
32507611 195476591094496 9077296608525156352 n

春夏秋冬、何時見ても緑が生い茂っている常緑樹は、庭のイメージを変えずに固定化するのに役立つ樹木です。落ち葉のお手入れも少なくて、手間のかからない掃除で済むのもメリットです。

コニファー

kutsurogurenさんの投稿
29414562 235188177042875 4718363355268513792 n

世界に数万種もの品種が存在する、針葉樹を総称してコニファーといいます。日本国内で栽培可能な代表種は、200種類ほども存在します。丸みを付けたり、複数を組み合わせ生け垣にしたり、日陰に強い種類もあったり。ガーデニングには欠かせない低木です。

落葉樹

chisa_122さんの投稿
10808477 752689608178834 1377405111 n

春には芽吹き、秋には紅葉を見せる落葉樹は、1年の季節の移り変わりを知らせてくれる庭の大切な存在です。だから落ち葉が気になるとしても、低木の落葉樹は選びたくなります。

鉢植え

chie74kさんの投稿
36644731 192976848225281 3278019744405389312 n

庭木を植える場所がどこにもなくても、鉢植えだからどこでも配置ができて人気です。しかも鉢植えだから成長速度が低下して、庭木が大きくなりにくい恩恵もあります。ただし種類と配置場所によっては、水やりを欠かすことが出来ません。

日陰にも適応する

植物は日あたりを好む種類と、日陰を好む種類とに大別できます。住宅地でガーデニングする時には、どうしても住宅の日陰になる場所があります。そんな日陰でも問題ない低木も、ぜひとも探しておきたいですね。

ガーデニングおすすめ低木①(常緑)

ヒイラギナンテン

happs_salonさんの投稿
18160949 814648445352113 5048318247779172352 n

中国の南部やヒマラヤ原産の、メギ科メギ属の低木で、南米など含めて世界に60種近くも存在しています。葉はトゲを持っていて、樹高は成長しても1メートルほどにしかなりません。常緑樹でありながら、寒い季節になると葉っぱが赤銅色となり、まるで紅葉のような見た目を楽しめます。

ヒイラギナンテンの花

shinyaizuwaさんの投稿
15534618 1821014498160760 178839938534473728 n

春先のヒイラギナンテンの花は、総状花序の形状で、木のてっぺんに伸びてきます。やがて咲く花は、黄色く小さな花の数々です。その後ブルーベリーに似た小さな実を付け、秋には完熟して赤くなります。実は苦くて酸っぱいので食用不能なのが難点です。

ヒイラギナンテンの手入れ

枝葉は年数を経過してもそれほど多くならず、日陰でよいので、手間のかからない種類です。しかし年数が経つに連れて、地中から分岐した幹が、次々に地上に伸びてきます。小さく保つには、上に伸びた枝葉を適度に落とすほか、じゃまになった新旧の幹を、根本から切断するのが良い手段です。

ガーデニングおすすめ低木②(常緑)

ツツジ

hitoshi2232さんの投稿
36540874 1323090371155182 4028350780124692480 n

アジアを中心とした世界に分布しているツツジ科の総称で、シャクナゲやサツキなども含めて全世界に80種以上が存在します。低木な種類と高木になる種類がありますが、日本の園芸店では主に低木を販売しています。種類によっては樹齢1,000年を超えるほど長生きです。

ツツジの花

moruma_さんの投稿
35274141 936752976531636 46736902107168768 n

ガーデニングの庭木に利用できる、人気のツツジの代表種といえば、クルメツツジ、ヒラドツツジ、サタツツジ、ヤマツツジなどです。ツツジの色は紫、赤、朱、ピンク、オレンジ、白など色とりどりで、複数のツツジを組み合わせた庭づくりができます。

ツツジの手入れ

低木のツツジは、自然の形状を活かすか、丸く形を整えるかを選択します。春先に枝を伸ばしますが、刈込ばさみなどで整えるだけなので、手間のかからない庭木になります。

ガーデニングおすすめ低木③(常緑)

マサキ

ganpoeさんの投稿
35328441 2099729000268628 1533010004175486976 n

日本を含む東アジア原産で、海岸の近くの林を好んで自生しています。マサキは樹高が大きくなっても1.5メートル程度で、緑の葉が密生するので、生け垣としても人気を集めています。春には小さい花を付け、秋にかけて赤い実を付けます。

班入りのマサキ

mitachannさんの投稿
26185598 410206416081909 500619133163929600 n

マサキの種類でも好まれているのが、葉っぱの色が違っているマサキです。通常の緑の縁の中に、黄色くなった班や縁取りがあり、おしゃれな庭を作るのに向いている代表種になります。

マサキの手入れ

比較的に古い葉も奥のほうに残っているので、伸びてきた葉の部分を剪定ばさみで切除するのみです。生け垣の場合は、伸びた所を刈込みばさみで大雑把に刈り込んでも構いません。

ガーデニングおすすめ低木④(常緑)

アオキ

funa_ken7さんの投稿
34354825 446134065815402 3597285876360544256 n

日本の本州原産のガリア科の常緑樹で、葉は長く大きくトゲトゲとした縁取りがあります。大きくなっても2メートルくらいの種類で、葉っぱに黄色い斑点が出る種類もあります。日陰を好んでいるので、日光の当たらない場所に植えるのもおすすめです。

アオキの花

kakiagedon1941さんの投稿
30589886 420487275041502 4716604192498647040 n

3月から5月にかけて、十字型の紫色の花を密集して咲かせます。その後にできる実は楕円形をして、秋の頃に赤く色づいています。

アオキの手入れ

somagreen_nsさんの投稿
36160977 196560204368755 1107960494167162880 n

庭木としては枝葉が少ないアオキなので、植えたばかりの頃は、ほとんど手を付けなくても問題なしです。大きくなったら邪魔な枝葉を鋏で切除するのみです。

ガーデニングおすすめ低木⑤(常緑)

マホニアコンフェーサ

gardener_ishikawaさんの投稿
27891557 155841038411830 4796210968948375552 n

マホニアコンフェーサは、別名をナリヒラヒイラギナンテンとも言うように、ヒイラギナンテンの一種です。成長しても1メートル程度で、トゲのない綺麗な緑色の細い葉は、寒冷期には紫色の姿になります。庭の日陰やちょっとしたスペースでも育てることができる、人気の低木です。

マホニアコンフェーサの花

mitachannさんの投稿
23164896 942960179188317 3818998234278264832 n

花についてもヒイラギナンテンと同じように、総状花序の花房を付け、小さく黄色い花が無数に並んでいます。花の後にできる実もそっくりで、こちらも食用にはできません。

マホニアコンフェーサの手入れ

poppo302さんの投稿
10979696 351102865078373 574810190 n

枝葉は、古い枝葉の上に重なっていくように増えていきます。大きくなり過ぎることはないので、手入れの手間のかからない種類です。地面からも幹と枝葉を出すため、伸びたら天辺を切除するか、幹ごと切断します。ずっと低木の良さを維持することができるでしょう。

ガーデニングおすすめ低木⑥(常緑)

アベリア

305rgraiさんの投稿
22159422 504472096586381 8259592847490023424 n

春から秋にかけて長い期間、花を咲かせることで人気の低木です。スイカズラ科ツクバネウツギ属の常緑樹で、中国のAbelia chinensisと、 Abelia unifloraの交雑種とされています。緑の葉が旺盛に茂るので、生け垣にもよく使われます。

アベリアの花

yama_kiyotakaさんの投稿
36581094 246418069490354 7886817049433866240 n

ラッパのように長く伸びて吊り下がり、白や赤など多様な色をしている花は特徴的です。花は春だけでなく夏の終わりまで見られます。1年のうち半分の期間も咲き続けるのは、植物の中でも珍しい種類といえます。

アベリアの手入れ

低木ではありますが、年を追うごとに多くの枝が長く伸びてくるので、大きくなれば手間のかからない木とは言えないかもしれません。特に生け垣にした場合には、刈り込みを行うのがベストです。

ガーデニングおすすめ低木⑦(常緑)

ヤツデ

nokaze1122さんの投稿
35617035 2163940790301302 4989902547910131712 n

名前が示すとおりに、葉っぱが8本指の手のように見えることからヤツデの名があり、天狗の団扇とも呼ばれます。葉1枚の大きさは20センチに達しています。しかし葉っぱをよく見れば、7つか8つに裂けており、8つに避けているのは稀なことだとか。日陰でも関係なく生育できます。

ヤツデの花

mishrunさんの投稿
25024385 547737548912661 5183722576458809344 n

花は晩秋の頃に咲き、ヤツデの中央部に花房を付けます。その形状は円錐花序と呼ばれて、打上げ花火のように幾つもの放射状の白い花が見られます。春に残った黒い果実は有毒なので、お子様がいる場合、花が散ったあとは除去しておいたほうが良いです。

ヤツデの手入れ

1枚の葉はボリューム感がある割に、葉の枚数が少ないので、手入れも楽です。邪魔な葉は手で折って除去ができます。

ヤツデの葉の効能

ヤツデの葉を乾燥させると、八角金盤と呼ばれる生薬になります。咳止め、痰止めの効能があるとして、古来より重宝されていました。しかしヤツデサポニンという毒を含むため、多量に服用すると溶血し、下痢や嘔吐を引き起こします。一昔前までは殺虫剤にも利用されていました。

ガーデニングおすすめ低木⑧(常緑)

コロラドビャクシン(ブルーアロー)

ao_yumiiiiさんの投稿
21910607 270883210097412 502625754769522688 n

北アメリカの西部、コロラド川の流れるロッキー山脈の森林や岩場によく見られる、ヒノキ科ビャクシン属の針葉樹。ブルーアローとも呼ばれ、近年人気になコニファーの代表種です。葉は青みがかった独特な色合いをしているので、ガーデニングでクールな庭を目指すには選びたい庭木です。

コロラドビャクシンの活用法

自然なままの姿なら、自宅のどこに配置しても、シンボルツリー的な役割を果たします。コニファーは総じて、好みの形状に整えやすいメリットがあります。

コロラドビャクシンの手入れ

年に数度の手入れをしていれば、1~2メートルの大きさに抑えることができます。しかし樹齢20年を超えてくると、かなり肥大化する傾向にあり、年数が経ったら邪魔な枝を落としてしまうか、植え替えを検討する必要があります。

ガーデニングおすすめ低木⑨(常緑)

ハイビャクシン

hidenobu1020さんの投稿
34759023 176660353000726 8898406504772665344 n

地面を這いながら成長することから、ハイ(這い)が付いている、日本原産の超低木型コニファーの代表種。ヒノキ科ビャクシン属イブキの変種であり、別名に岩垂杜松(イワダレネズ)や磯馴(ソナレ)があります。高さは40センチ程度にしかならないため、手間のかからない種類です。

ハイビャクシンの活用術

hanatohankoさんの投稿
12107528 1679847422261370 605762372 n

ハイビャクシンは、地面を這う性質を持っているために、庭の隙間を埋める形で植える場合が多くなります。例えば防草用や、猫の侵入防止用の庭木にも使えます。花壇の隙間や、玄関先のガーデニングの隙間に植えるのがおすすめです。

ハイビャクシンの手入れ

伸びてはみ出してきたハイビャクシンの枝葉や、若干上空に伸びすぎたところを、時々カットするのみです。

ガーデニングおすすめ低木⑩(落葉)

ドウダンツツジ

mato51621さんの投稿
22860352 362929187482002 8244526815180226560 n

別名を満天星とも呼ばれる人気の低木です。小さな葉の密生する落葉樹で、大きくなっても3メートル程度です。ドウダンツツジは灯台の脚部と枝分かれが似通っていることから、灯台ツツジの名が付いていたのが、いつしか転じた呼称です。秋に真っ赤な紅葉を見せることも、人気の理由です。

ドウダンツツジの花

atattoさんの投稿
35518580 2243400942545903 6959456081772806144 n

春のドウダンツツジの花は、葉が出て1週間後、裸電球のように釣り鐘型の真っ白い花が見られます。大きさは2センチほどですが、大きいものは5センチほどになります。

ドウダンツツジの手入れ

ドウダンツツジの小さい頃は手入れの必要はなく、手間のかからない代表種です。しかし年数が経てば当然ながら大きくなるので、枝の根本から剪定したりで、小さく保ちます。自然な形状でも綺麗ですが、丸く形を整えることも可能です。

ガーデニングおすすめ低木⑪(落葉)

ブルーベリー

yatsugatakenosanさんの投稿
34635986 210376219573131 5802454830681161728 n

北アメリカ原産の、ツツジ科スノキ属の低木です。合計で6種あり、ハイブッシュ、ローブッシュ、ラビットアイなどが代表種です。どれも高くなっても樹高1.5メートルから3メートル程度で、比較的に手間のかからないガーデニングが可能な上、美味しい果実も得られる代表種といえばこれです。

ブルーベリーの花と果実

masaki19620221さんの投稿
36036153 1846187272142880 1219545282115534848 n

春に垂れ下がった白い小さな花を咲かせます。樹高1メートルに満たない頃から、直径1センチほどの青紫色の実を何十個と付けます。ビタミンE、ビタミンCやアントシアニンなどの栄養素があり、抗酸化作用や免疫力向上にも良い効果があります。生でもジャムにしても、凍らせても美味しい実です。

ブルーベリーの手入れ

strayhoneybeeさんの投稿
35352635 252476485485114 4149626410157211648 n

北国ならば寒冷地に適したハイブッシュ系、温暖な土地ならラビットアイ系が最適だとされています。水はけの良い土地を好み、日陰よりは日向を好みます。乾燥には弱いために特に夏場は適度な水やりが必要です。枝は1年でそれほど伸びないので、植えた当初は剪定の必要もありません。

ガーデニングおすすめ低木⑫(落葉)

シモツケゴールドフレーム

eg_ge9さんの投稿
30603760 414620148964597 6146470462571413504 n

別名をスピラエア、黄金下野とも呼ばれる落葉樹の低木です。高さは1メートルほどになり、横に楕円形に広がります。春はオレンジ色の若芽を出し、夏にはライム色の葉となります。秋は赤く紅葉を見せるなど、お庭を綺麗に飾ってくれる人気の庭木です。

シモツケゴールドフレームの花

retrookanさんの投稿
11333767 1592509977704333 756564687 n

春から夏にかけ、アジサイのように、手まり状に濃いピンク色の花を咲かせます。ライム色の葉と組み合わさった様子は、とても可愛らしい姿です。

シモツケゴールドフレームの手入れ

シモツケゴールドフレームは枝が伸びてもそれほど高さが出ないため、大きくなったら剪定ばさみで、適度に伸びた枝を切るのみで整えます。

ガーデニングおすすめ低木⑬(落葉)

ナツハゼ

toshimasa55さんの投稿
34327488 204797960343483 1775357506697035776 n

日本を含む東アジアに自生している、山岳地帯を好む落葉樹。ツツジ科スノキ属で、秋にハゼノキと似た紅葉を見せることから、ナツハゼと呼ばれます。樹高は1.5~3メートルと低めで、葉は丸みを帯びて線毛という毛が生えている特徴があります。

ナツハゼの花と果実

toshimasa55さんの投稿
32531900 385776338589570 1779800723379191808 n

5月から6月にかけて、新芽の先端に、赤やピンク色をした花が吊り下がって咲きます。花は総状花序の形で咲く特徴があります。果実は8ミリほどの小さな赤黒い色で、食べると甘酸っぱくジャムにも適しています。

ナツハゼの手入れ

トラフシジミの幼虫が好んでいるため、ガーデニングで気になるようなら、農薬の散布が必要です。枝葉が密生するので、伸びたところの枝ごと落とすのが良いです。

ガーデニングおすすめ低木⑭(落葉)

アジサイ

nanchan03さんの投稿
33210151 2487808131236670 2195637030321389568 n

日本に自生したアジサイの種類はガクアジサイ、欧州で品種改良種をセイヨウアジサイといいます。アジサイの樹高は大きくなっても1~2メートルで、1枚づつの葉は大きめなのが特徴です。手入れがもっとも簡単な樹木の代表種となります。

アジサイの花

sotwf_ihさんの投稿
36995051 1482985155180117 6118892292880203776 n

5月から7月の頃、手まり咲きと呼ばれる、青、ピンク、白、紫と、虹色のような色とりどりの花を咲かせるのが魅力です。色は土壌の酸性度の違いによります。全国にアジサイ寺などが存在しているほど、日本で好まれてきた花です。

アジサイと文化

7世紀の奈良時代の和歌集「万葉集」にもアジサイが「安治佐為」として登場するなど、古くから花は人気を得ていました。俳句では夏の季語として紫陽花が使われます。

アジサイの手入れ

冬にボウズになった状態のアジサイの枝は少なく、芽の付いた部位を残せば、かなり短く詰めることが可能です。枝はかなり硬化する部分がありますが、大きさを調整しやすく手間のかからない庭木です。日陰でもそれなりに育てられます。

ガーデニングおすすめ低木⑮(落葉)

トサミズキ

guranma.akikoさんの投稿
36703740 243762199740199 86722553711689728 n

四国の土佐国(高知県)を原産地とすることから、トサミズキの名があります。マンサク科トサミズキ属の低木で、大きくなっても高さは2~4メートルほどです。枝がやや少なく、葉は丸みを帯びてスジがはっきりとしているのが特徴です。

トサミズキの花

nonkeys_gardenさんの投稿
30601760 1633315076745427 1617130774073442304 n

春に葉を広げる直前、3月から4月にかけてが開花の時期です。小さい釣り鐘型の黄白の花が、5~7個も連なって咲く様子が見られます。

トサミズキの手入れ

日陰は好まず、日光を好むけれど、乾燥には弱いので水やりが必要です。高知県では石灰岩の土地に自生しているから、石灰のアルカリの土がいいというわけでもなく、酸性の土でも育ちます。枝葉は少なめなので、気になったところを高枝切り鋏などで切除する程度です。

低木でガーデニングしよう

banana5369さんの投稿
35354819 2151357065148035 7173310483489882112 n

庭木として取り入れたい低木の代表種は、庭を綺麗に飾るだけじゃない、色んなメリットがありました。低木なら手間のかからないガーデニングは確実で、複数を組み合わせれば本格的な庭造りができます。お気に入りの低木1本を、まずは入手してみませんか。

ガーデニングが気になる方はこちらもチェック!

Thumb【季節の花図鑑】1~12月までガーデニングで人気&代表的な花をご紹介!
ガーデニングでは季節ごとの色とりどりの花を、低木と組み合わせると綺麗になります。...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ