車でのUVカット方法13選!窓ガラスの加工・フィルムなど紫外線カットのやり方は?のイメージ

車でのUVカット方法13選!窓ガラスの加工・フィルムなど紫外線カットのやり方は?

車に乗っていて、悩ましい問題が紫外線。そんな紫外線の問題を解決する方法として、UVカットがあります。車にUVカットをすれば、車内に侵入してくる紫外線を大幅に減らせます。窓ガラスの加工やフィルムなど、車のUVカットの方法について紹介していきます。

2020年05月26日更新

マロニエ
マロニエ
Webライターのマロニエです。キャンプやトラベルなどを中心に初心者の方にもわかりやすくて、ためになる記事を書いていきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 車のUVカット
  2. 車でのUVカット方法①:フロントガラスの後付け
  3. 車でのUVカット方法②:リアガラスの後付け
  4. 車でのUVカット方法③:ドアガラスの交換
  5. 車でのUVカット方法④:フロントガラスにフィルム
  6. 車でのUVカット方法⑤:リアガラスにフィルム
  7. 車でのUVカット方法⑥:ドアガラスにフィルム
  8. 車でのUVカット方法⑦:サンシェード
  9. 車でのUVカット方法⑧:リキッドをリアガラスに
  10. 車でのUVカット方法⑨:ドアガラスにリキッド
  11. 車でのUVカット方法⑩:すだれをリアガラスに
  12. 車でのUVカット方法⑪:ドアガラスにすだれ
  13. 車でのUVカット方法⑫:サンバイザー
  14. 車でのUVカット方法⑬:カーテン
  15. まとめ

車のUVカット

窓ガラスの紫外線を除去する効果

Photo by zenjiro

紫外線は屋外だけでなく、車内にも侵入してきます。車内に入る紫外線の量は、窓ガラスの種類や車を購入した年代によって変わってきます。車の前の座席にある窓ガラスの場合は、古い車でも紫外線のカット効果が高く、後ろや横に取り付けられている窓ガラスは、古い車種だと紫外線をカットする効果が低いガラスが使用されている場合もあります(この記事は2020年5月25日現在の情報に基づいています)。

窓ガラスの紫外線対策

紫外線の車内への侵入を放置すると、不快感が起きます。特に紫外線が強い時期は、不快感が強まります。紫外線の侵入を防ぐためには、UVカット率が低い窓ガラスを加工したり、フィルムを設置したりして、紫外線をカットする効果を高める必要があります。紫外線のカット方法には、さまざまな方法があり、状況や費用により適切な方法を選択します。

費用を考えるとDIYがおすすめ

Photo by272447

少し手間が掛かりますが、費用のことを考えると車の窓ガラスの後付けは業者に任せるよりも、DIYする方がおすすめです。窓ガラスの後付けを業者に頼んだ場合、窓ガラスの価格に加えて人件費も掛かるため、費用はDIYするときの5倍は掛かると言われています。DIYすればかかる費用は窓ガラスの値段だけで済むため、費用が大幅に節約できるのです。

車でのUVカット方法①:フロントガラスの後付け

車種にあったフロントガラス

フロントガラスはUVカット率が高いため、基本的には後付けする必要はありません。フロントガラスを後付けする必要があるのは、傷や老朽化などが進んでいる場合です。後付けするときには、車種に合ったフロントガラスを選ぶ必要があります。UVカット率の高さだけを見てフロントガラスを選ぶと、上手く設置できなくなる可能性があります。

フロントガラスの取外し

Photo by sayo-ts

後付けをする前に、バックミラーなど作業をする際に邪魔なものを取外しましょう。車の外側にある、ワイパーやボンネットも作業の妨げになるので取り外す必要があります。邪魔なものを取り外したら、いよいよフロントガラスを取り外す作業の始まりです。傷をつけないように、養生してから慎重に作業を行っていきます。

フロントガラスの取付け

Photo by darkensiva

フロントガラスは接着剤で止めますが、作業をする前に接着剤が内側に漏れるのを防ぐために、ダムラバーを設置しましょう。ダムラバーを設置したら、位置をしっかりと確認した後に接着剤を塗ってフロントガラスを後付けしていきます。フロントガラスを後付けすれば、紫外線のカット効果を高めるだけでなく、車の雰囲気も変わります。

車でのUVカット方法②:リアガラスの後付け

車種に合ったリアガラスを選ぶ

Photo byPexels

リアガラスは紫外線カット率が低い種類のものが多く、後付けが必要になることもあります。リアガラスを後付けする際には、車種に合ったものを選ぶ必要があります。フロントガラスと取外す際の手順は変わらないものの、フロントガラスよりも作業が簡単です。リアガラスの値段は高いため、加工の際の費用はフロントガラスよりも若干高めになります。

リアガラスの取外し

リアガラスを取外すときには、周囲にある作業に邪魔なものを外すしましょう。邪魔なものを外し終えたら、モールをはがしていきます。モールをはがし終えたら、ガイド装置を取り付けて、ワイヤーで切開していきます。ワイヤーで切開をするときは、作業中にリアガラスがずれることを防ぐために、テープで固定しておく必要があります。

リアガラスの取付け

Photo by casek

接着剤を付ける前に、古い接着剤をカッターではいでいきます。接着剤をはぎ終えたら、ダムラバーを貼りつけます。次に接着剤を周囲につけて、リアガラスを貼りつけていきます。最後にモールをリアガラスに、取りつけたら作業は終了です。UVカット率の高いリアガラスに加工すれば、車の中に入ってくる紫外線を減らせるため、おすすめの紫外線対策法です。

車でのUVカット方法③:ドアガラスの交換

ドアガラスの特徴

Photo by yousukezan

ドアガラスもリアガラスと同じように、紫外線カット率が低い種類のものが多くあるため、交換が必要になる可能性があります。ドアガラスの交換の方法は、リアガラスやフロントガラスと手順が違います。加工の難易度はフロントガラスよりも低くなりますが、取付けるときの作業には労力がかかるので、1人よりも複数での作業がおすすめです。

ドアガラスを外す

Photo byJayMantri

ドアガラスを外すためには、まずは内張りをはがす必要があります。内張りは内張りはがしを使えば、簡単に取り外せます。内張りを外したら次は、シーリングスクリーンをはがします。シーリングスクリーンを取り終えたら、ドアガラスを留めているネジを外してモールを取っていきます。最後にドアガラスをドアから外して作業は終了です。

ドアガラスを取付ける

Photo byFree-Photos

ドアガラスはドアにはめるだけで、簡単に取付けられます。ドアを取付けたら、外したモールを元に戻して、ネジをしっかりと留めて、ドアガラスを固定します。次に、シーリングスクリーンを貼っていきます。シーリングスクリーンを貼り終えたら、はがした内張りを取付けて完成です。ドアガラスの加工は、フロントガラスよりも安い値段でできるためおすすめです。

車でのUVカット方法④:フロントガラスにフィルム

フロントガラスのフィルムの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

フロントガラスにフィルムを貼って加工するのは、交換する場合よりも作業が簡単にできるためおすすめです。ほとんどのフロントガラスは、UVカット率が高い傾向にありますが、UVカット率が低い場合や、ガラスの劣化が進んでいる場合はフィルムを貼る必要があります。

フロントガラスのフィルムの選び方

出典: https://www.amazon.co.jp

フロントガラスのフィルムは、UVカット率の高いものを選びましょう。UVカット率の高いフィルムは、市場で多く出回っているため、簡単に入手できます。気を付けておきたい点として、可視光線透過率が70%以上のものを選ぶ必要があるということがあげられます。可視光線透過率が70%以上ないと、車検が通らなくなってしまいます。

フロントガラスのフィルムの貼り方

出典: https://www.amazon.co.jp

まずはガラスをヘラで拭いて綺麗にしていきましょう。綺麗にしたら、ガラスとフィルムの両方に水をかけた後、フィルムをガラスに貼り付けます。フィルムをガラスに貼り付けたら、ヘラでフィルムに掛かった水を抜いていきます。水を抜き終わったら、フィルムにまた水を掛けて水を抜きを行います。この作業を数回繰り返して作業は終わりです。

車でのUVカット方法⑤:リアガラスにフィルム

フィルムをリアガラスに貼る

出典: https://www.amazon.co.jp

リアガラスの紫外線対策としてフィルムで加工するのは、費用対効果が高くておすすめな方法です。リアガラスのフィルムの貼り方には、一枚のフィルムを切らずにそのまま貼り付ける一枚張りや、カットしたフィルムを重ね合わす合わせ貼り、数枚重ね合わせてカットする重ね貼りなどの方法があります。ここでは、合わせ貼りの方法について紹介します。

合わせ貼りの方法

Photo by kuzyoken

まずはフィルムを重ね合わせて、リアガラスに仮止めしていきます。次にペンで枠に合うように線を書いていきます。線を書き終わったら、書いた線に沿ってフィルムを切っていきます。切り終わったら、窓とフィルムを水で濡らして、フィルムを重ね合わせて貼り付けます。フィルムを熱線で重なるようにすることが、作業を成功させる秘訣です。

車でのUVカット方法⑥:ドアガラスにフィルム

フィルムをドアガラスに貼る

出典: https://www.amazon.co.jp

ドアガラスにフィルムを貼って加工するのは、紫外線を防ぐ上で効果があるおすすめな対策法です。ドアガラスのフィルムの貼り方のポイントは、内張りに水が掛からないようにすることです。車の中で作業をしていると、内張りに水が掛かりやすくなってしまいますが、きちんと対策を施しておくと、内張りを水で濡らさずに作業ができます。

フィルムの貼り方を解説

Photo by masato_photo

まずは内張りに養生シートをかけます。養生シートをかけ終わったら、ガラスの清掃を行います。清潔な布でガラスの表面を磨いていきます。次に水を切った後、ガラスに霧吹きで水を掛けます。貼り付けるフィルムにも霧吹きで水を掛けて、フィルムとガラスを貼り合わせていきます。ヘラでフィルムの水を切ったら作業は終了します。

車でのUVカット方法⑦:サンシェード

サンシェードのメリット

出典: https://www.amazon.co.jp

サンシェードは、手間をかけずにの車の紫外線対策ができるためおすすめです。車の室温の上昇を防ぐ効果もあるため、車の中が暑くなりやすい夏の時期は特に便利です。サンシェードは駐車中は、全ての窓ガラスに付けてよいものの、走行中は前の座席に付けることはできません。主に後部座席の紫外線対策として、サンシェードを使用します。

サンシェードの種類

出典: https://www.amazon.co.jp

サンシェードには吸盤で固定するタイプや、窓ガラスに固定するタイプなどさまざな種類のものがあります。値段も高いものから安いものまであり、一番安いものだと100円のものもあります。値段が安い種類のものでも、紫外線をカットする効果は充分にあります、予算を節約して、紫外線をカットするなら安いタイプのサンシェードがおすすめです。

車でのUVカット方法⑧:リキッドをリアガラスに

リアガラスにリキッドを塗る

出典: https://www.amazon.co.jp

UVカット用のリキッドは塗るだけで紫外線をカットできるため、リアガラスの加工におすすめです。リキッドは製品によって値段の幅や、耐久性が大きくことなります。リキッドを購入するときは、品質や予算のことを考えて選びましょう。

リキッドの塗り方

Photo by masato_photo

まずは作業の前に布で、リアガラスを綺麗に拭いて汚れを取り除きます。次にリキッドをリアガラスに直接掛けて、布で伸ばしていきます。伸ばし終わったら、15分ほど掛けて乾燥させます。乾燥させたリアガラスを布で拭いた後、水を掛けてリアガラスを綺麗にします。最後に水で濡れているリアガラスを、布で拭きとっていきます。

車でのUVカット方法⑨:ドアガラスにリキッド

ドアガラスにリキッドを塗る

Photo by darkensiva

ドアガラスにリキッドを塗る場合も、リアガラスにリキッドを塗る場合と作業に大きな違いはありません。リキッドを使えば、それほど労力を掛けずにドアガラスを加工できるため、手軽にドアガラスを加工したい場合におすすめの方法です。

リキッドの種類

出典: https://www.amazon.co.jp

ドアガラスの加工に使うリキッドはUVカット効果だけでなく、持続効果や匂いなども意識しましょう。リキッドの匂いは、車の嫌な臭い打ち消す効果があります。車の臭いが気になる人は、匂いが強いリキッドをおすすめします。匂いが強いリキッドは、匂いの持続効果が高く長期間、車に不快な臭いが発生するのを防いでくれます。

車でのUVカット方法⑩:すだれをリアガラスに

紫外線を遮断

出典: https://www.amazon.co.jp

リアガラスから紫外線が入ってくるのを防止するために、すだれを設置するのは有効な方法です。また熱を遮断してくれるため、暑さ対策にも使えます。すだれは100円ショップで入手できるものから、1000円以上の値段がするものまであります。必ずしも値段が高いものが優れているわけではないので、値段だけでなくデザインも意識して購入するすだれを選びましょう。

直射日光を防ぐ

リアガラスの傍にすだれを設置しなくても、直射日光を防げます。横向きにすだれを設置するだけで、紫外線の侵入を防げます。例えば後部座席に人がいない場合は、前の座席と後部座席の間にすだれを設置することで、直射日光が前の座席に侵入するのを防げます。すだれは設置場所を工夫することによって、リアガラスの紫外線を大幅に減らせます。

車でのUVカット方法⑪:ドアガラスにすだれ

紫外線をカットする効果

前の座席のドアガラスをすだれで覆うことは、走行中はできません。走行中にすだれで覆ってもよいのは、後部座席だけです。ドアガラスからは、強い紫外線が降り注いできますが、すだれはその紫外線の大部分をカットできます。また直射日光を防げるので、目を日光の光から保護でき、車での移動中もまぶしさを感じることはありません。

暑さ対策にもなる

すだれは日光から伝わってくる熱をカットできるので、車の暑さ対策として使えます。走行中よりも、冷房が効いていない駐車中に特に効果を発揮します。車の駐車中は、前の座席のドアガラスにもすだれの使用が可能ですので、後部座席のドアガラスだけではなくて、前の座席のドアガラスにもすだれを設置していきましょう。

車でのUVカット方法⑫:サンバイザー

サンバイザーの設置

出典: https://www.amazon.co.jp

フロントガラスにサンバイザーを設置すると、直射日光に悩まされずに運転することが可能になります。サンバイサーによって、紫外線がカットされるために、顔が紫外線を浴びて日焼けするのを予防してくれます。日差しがキツイ日でも安全に運転できるだけでなく、暑さ対策にもなります。また設置も簡単で、視界を遮ることもありません。

目を保護する

出典: https://www.amazon.co.jp

目に紫外線が侵入するのを防いでくれるため、運転中に目を保護したい場合におすすめです。視界を良好にする効果もあり、雨や雪が降っている日でも、サンバイザーを使えば綺麗に周囲を見渡せます。サンバイザーは設置したままにしておいてもよいのですが、普段は収納していて、紫外線がきつい日にだけ設置するような使い方もできます。

車でのUVカット方法⑬:カーテン

カーテンを設置

出典: https://www.amazon.co.jp

車の窓ガラスにカーテンを設置するのは、紫外線のカットや、暑さ対策の面において効果があります。前の座席の窓ガラスは、運転中にカーテンを掛けることを法律で禁じられているため、設置できるのは停車中のみですが、後部座席のカーテンは運転中も使用できます。またカーテンはデザインアイテムとしても使用可能です。

設置するのはリアガラスがおすすめ

Photo by hellosabrina

リアガラスは法律面の規制がないため、カーテンを設置しやすい場所です。リアガラスに設置するカーテンは、普通の素材のものでも紫外線をカットできますが、遮光カーテンの場合は紫外線のカット率がさらに高くなり、質の高いものだと紫外線を100%近くカットできます。断熱効果のあるものを選べば、暑さだけでなく寒さも防げます。

まとめ

車の紫外線対策をしよう

これまで車のUVカット方法について紹介していきました。いかがでしたでしょうか?車の紫外線の対策にはそれぞれ利点があります。カーテンの場合は、手間を掛けずに紫外線をカットできます。ドアガラスの交換をすれば、走行中に外を見ても紫外線に悩まされずに済みます。車の紫外線のカットには、さまざまな方法があるので、費用や手間などを考えて適した方法について考えてみてください。

紫外線が気になる方はこちらもチェック

暮らしーのでは、紫外線に関する記事が他にもございます。紫外線が気になる方は、こちらもチェックしてください。

Thumb【2020】窓ガラス用UVカットシートのおすすめは?高コスパ紫外線ならコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は紫外線をしっかりと遮断することのできるUVカット率の高い窓ガラス用のUVカットシートを...

あなたへのおすすめ