旅行に持っていきたい!日焼け止めスプレーの飛行機での持ち込みについて解説!のイメージ

旅行に持っていきたい!日焼け止めスプレーの飛行機での持ち込みについて解説!

日焼け止めは日常の必須アイテムです。でも、飛行機で旅行する際、国内線、国際線にかかわらず、日焼け止めのスプレーは機内に持ち込みが可能なのか、スーツケースの中に入れて預け入れするべきかよくわかりません。今回は、飛行機に持ち込みできるスプレーについて検証します。

2020年01月18日更新

水木誠人
水木誠人
不便な田舎で元気に暮らしています。何でも手作りし、自力で何とかして生きています。おかげさまで、私史上、最高の体力がつき、最大の知恵を使って生きていけるようになりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 日焼け止めスプレーは飛行機内持ち込みできる?
  2. 日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの考え方
  3. 日焼け止めスプレーの飛行機内での扱い【国内線】
  4. 日焼け止めスプレーの飛行機内での扱い【国際線】
  5. 日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点①
  6. 日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点②
  7. 日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点③
  8. 日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点④
  9. 飛行機内に持ち込み禁止となるスプレー類
  10. 飛行機内に持ち込み禁止となるもの①ライター類
  11. 飛行機内に持ち込み禁止となるもの②電池類
  12. 飛行機内持ち込み可能な日焼け止めスプレー①
  13. 飛行機内持ち込み可能な日焼け止めスプレー②
  14. 飛行機内持ち込み可能な日焼け止めスプレー③
  15. 日焼け止めスプレーを持って快適な旅行へ!

日焼け止めスプレーは飛行機内持ち込みできる?

Photo byJESHOOTS-com

日焼け止めは、もはや日常に欠かせない存在です。旅行先にも持って行きたいアイテムのひとつですが、スプレーの日焼け止めなどは、飛行機で機内持ち込みできるのかどうか実はよくわからなくて、とりあえずスーツケースに入れて預け入れしているという方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。飛行機に手荷物として持ち込めるスプレー類は、国内線と国際線では条件が異なります。また、旅行先によっては持ち込みができないものもありますので、しっかりと知っておく必要があります。今回は、飛行機での旅行で日焼け止めなどのスプレー類を持ち込みできるかどうかなどについてご紹介します。なお、本稿は、2020年1月現在の情報をもとに執筆されております。

日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの考え方

機内持ち込みできるもの・できないものがある

Photo bychezbeate

スプレータイプの日焼け止めは、シュッとふきかけて手軽に使える便利な日焼け止めです。一度に広く使うことができる上、手を汚さずに使え、メイクの上からもふきかけることができるので、旅行中などに大活躍するアイテムですが、飛行機の機内持ち込みや手荷物の預け入れなどで制限されている場合があります。旅行用に日焼け止めスプレーなどを購入する際は、持ち込みや預け入れに問題のないタイプのものを選ぶようにしましょう。

化粧品の機内持ち込みは可能

Photo bystevepb

利用する航空会社の機内持ち込みや預け入れ手荷物に関する詳細は、個別に航空会社に確認する必要があります。ただし、一般的に、化粧品類は、機内持ち込みでも預け入れ手荷物でも、一定の条件を満たせば可能です。ガスタイプのものであっても、非放射性物質のもので、中味が漏れないようにキャップなどがしてあれば問題ありません。つまり、日焼け止めスプレーは機内持ち込みも預け入れ手荷物も可能ということになります。

日焼け止めスプレーの飛行機内での扱い【国内線】

国内線での機内持ち込みの条件とは

Photo bystux

日焼け止めスプレーなどを含む化粧品類、ネイルケア用品、入浴剤、香水、芳香スプレーなどは、国内線の飛行機の機内持ち込みも、預け入れ手荷物として預けることも可能です。ただし、容量に制限があります。1容器につき0.5リットルまたは0.5kg、ひとりあたり合計2リットルまたは2kgという条件の範囲内で可能となります。

機内に持ち込んだ際に気をつけたいことって?

Photo byFree-Photos

日焼け止めスプレーなどを国内線の飛行機の機内に持ち込んだ際、機内で利用する場合は、周囲への気遣いを忘れないようにしましょう。座席で利用するのは周りの人たちに迷惑がかかることも想定できますので、席を外してトイレで使うなど、ちょっとした心遣いが大切です。

日焼け止めスプレーの飛行機内での扱い【国際線】

国際線での機内持ち込みの条件とは

Photo byBru-nO

飛行機で海外旅行をする際、化粧品の機内持ち込みについては細かい制限があります。まず、クリームやローション、オイル、ジェルといった液体物の持ち込みは、100mlの容器に入れる必要があります。日焼け止めスプレーは、その中身が液体であることから、100mlの容器に入れ替えなければなりません。さらに、液体類を入れた容器を開閉可能な透明の袋ひとつに入れる必要があります。この袋のサイズも決まっていて、縦横の合計が40cm以内のものとなっています。液体類が入った袋は、ほかの機内持ち込み手荷物とは別にして、手荷物検査の係員に提示しなければなりません。

旅行先や乗り継ぎ先によって持ち込めない液体類も

Photo by smallkaa

液体物の取り扱いについては、それぞれの国によってルールが異なります。旅行で訪れる国では持ち込めない液体があるのかどうかを確認しておくようにしましょう。また、飛行機での移動中におみやげで液体類を購入した際、機内持ち込みできない場合もあります。乗り継ぎ空港での取り扱いについて確認をしておきましょう。密閉式のビニール袋に入っていて、開封されておらず、購入を証明するレシートが袋に入っていれば、機内持ち込みが可能な場合もあります。

日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点①

持ち込みができるかどうかを確認する

Photo bySkitterphoto

日焼け止めスプレーを旅行へ持っていく場合、旅行先や、旅行する飛行機の条件などから、実際に持ち込みができるかどうかをまず確認しましょう。とくに国際線に乗って海外旅行へ行く方は、旅行先や旅行で経由する乗り継ぎ先の持ち込みの条件も確認する必要があります。万が一、経由地の手荷物検査で持ち込めないと判断されてしまったら、没収されてしまいますので気をつけましょう。

国内線か国際線かで持ち込みできる量が変わる

Photo by keyaki

製品として持ち込みができることを確認したら、次は持ち込みのできる容量を確認しましょう。国内線か国際線かで持ち込みができる容量が大きくちがいます。国内線の飛行機の機内に日焼け止めスプレーを含む化粧品を持ち込む際、1容器あたり0.5Lまたは0.5kg、1人あたり2Lまたは2kgまで可能です。国際線の飛行機の場合、化粧品類を含む液体類の機内持ち込みが可能な容量は、100mlの容器に入ったものを縦横の合計40cm以内の透明なプラスチック袋にひとつに入る程度です。容量がだいぶちがいますので、注意しましょう。

日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点②

透明のプラスチックの袋に入れる

国際線を利用した旅行の場合、日焼け止めスプレーなどの液体類は、既定のサイズの透明のプラスチック袋に入れなければなりません。この袋は、ジップロック状の開閉できるタイプのもので、ひとりあたり1袋のみ機内持ち込みが可能です。袋にあふれんばかりに容器を入れた状態はNGで、余裕を持って入れた状態でなければなりません。機内に持ち込む必要がない化粧品類は、スーツケースの中に入れて預け入れればOKですので、機内持ち込みの液体類は厳選するようにしましょう。

国内線の機内持ち込みでも液体類はまとめておく

国内線の機内持ち込みでは、ジップロック状のプラスチックの袋に入れる義務などはありません。ただし、機内持ち込み用のバッグの中で液体が漏れてしまったり、においが強くてまわりの人に迷惑をかけたりすることも考えられます。義務ではないとはいえ、プラスチックなどの袋に分けて入れておいた方が安全ではないでしょうか。

日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点③

すぐに取り出せるようにしておく

Photo byjuliaorige

国内線の機内持ち込みで日焼け止めスプレーなどの液体類を手荷物に入れる場合、すぐに取り出せるようにしておくと手荷物検査がスムーズになります。通常、飛行機で旅行をする際は、時間に余裕を持って空港へ向かいますが、旅行シーズンなどは空港が混雑し、スーツケースなどの手荷物の預け入れなどに、想像以上に時間がかかることがあります。ようやく手荷物を預け入れ、急いで手荷物検査へ向かったら、そこでも長蛇の列ということもあります。旅行客も多く、ストレスになることもいろいろありますので、手荷物検査がスムーズに行くように準備しておいた方がいいです。

国際線ではとくに準備しておいた方がいい

Photo bySkitterphoto

海外旅行で日焼け止めスプレーなどの液体類を機内持ち込みする場合、液体類の持ち込みルールに従って、しっかりと準備しておくべきです。旅行先の国にも寄りますが、手荷物検査が厳しい場合もありますし、場合によっては持ち込み手荷物すべてを検査させられることもあります。不快な思いをすることもありますので、機内に持ち込もうと考えている液体類は制限されているとおりに準備し、いつでも取り出せるようにしておくようにしましょう。

日焼け止めスプレーの飛行機内持ち込みの注意点④

預け入れることも可能

Photo bytookapic

化粧品類は、機内持ち込みも預け入れも可能です。機内で特に使う必要のない化粧品類は、スーツケースなどに入れて預け入れしてしまったほうが楽な場合もあります。国内線の場合、機内持ち込みの場合と同じく、1容器あたり0.5Lまたは0.5kg、ひとりあたり2Lまたは2kgまで可能です。スーツケースなどの荷物を預けてから旅行先に到着して荷物を受け取るまでの間、とくに使う必要のない化粧品類は、スーツケースなどの荷物に預け入れしてしまうのも手です。

国際線の預け入れ手荷物に制限はあるのか

Photo byStelaDi

国際線の飛行機で旅行する際、預け入れるスーツケースや荷物に日焼け止めスプレーなどの化粧品類を入れることは可能です。この場合、国内線の制限と同じく、1容器あたり0.5Lまたは0.5kg、ひとりあたり2Lまたは2kgまで入れることができます。ただし、液体類をスーツケースなどの荷物に入れる際、内容物が漏れたりしないように注意する必要があります。色がつくもの、においがつよいものなどの場合は、念には念を入れてしっかりと梱包しておくことをおすすめします。

飛行機内に持ち込み禁止となるスプレー類

Photo by AMagill

日焼け止めなどの化粧品のスプレーは、非放射性のタイプは機内持ち込みも手荷物への預け入れも可能でした。ところが、同じスプレーであっても、機内持ち込みはもちろん、預け入れも禁止されているものがあります。それは、引火性ガスを使ったスプレーやスポーツ用品のメンテナンス剤やワックスなどのスプレー類です。また、潤滑油や塗料などのスプレーも機内持ち込みも預け入れも禁止されていますので、事前にしっかりと確認しましょう。

スプレー類はキャップなどで保護されてなければNG

Photo bychezbeate

機内持ち込みや荷物への預け入れが可能なスプレー類であっても、中身が漏れてしまったり、噴射してしまったりする可能性のあるものは禁止されています。キャップがちゃんとあるか、偶発的なトラブルが起こらないようにしっかりと保護されているのかも同時に確認しましょう。場合によっては、その場で没収されてしまうこともあります。

飛行機内に持ち込み禁止となるもの①ライター類

ライターは機内持ち込みできるけど

Photo byComfreak

ライター類には機内持ち込みができるライターとできないライターがあります。喫煙用の小型ライターやマッチなどはひとりひとつのみ機内持ち込みが可能です。吸収剤の入っていないオイルタンク式ライターや葉巻用のライター、ピストルの形をしたライター、ライター用の燃料など、機内への持ち込みもスーツケースなどの荷物に預け入れも禁止となっているものもあります。お気に入りのライターを旅行に持っていくはずが、禁止されていたということがないように。

リチウム電池で動くライターは要注意

Photo byJohanna84

リチウム電池で動くライターは一定の条件が満たされていれば、機内持ち込みが可能です。ただし、飛行機内で充電を行わない、熱が発生する部分が作動しないようにしておくなどの対応が必要です。こうした対応ができないリチウム電池で動くライターは、機内持ち込みもスーツケースなどの荷物に預け入れることも禁止ですので、ライターを旅行に持っていく際は禁止されていないかどうかを事前に確認しましょう。

飛行機内に持ち込み禁止となるもの②電池類

とくにリチウム電池類の扱いには注意が必要

手荷物の預け入れで、リチウム電池類を没収される様子を空港の手荷物カウンターでよく見かけます。リチウム電池とは、リチウム金属電池やリチウムイオン電池のことで、一般的な電子機器に使われるリチウム電池は機内持ち込みも荷物としての預け入れも可能です。ただ、細かい制限があり、禁止されているものもありますので、旅行前にしっかりと確認する必要があります。

予備の電池や充電器はWhをチェックすべし

スマホやタブレットなどの予備の電池や充電器は、旅行に必要なアイテムです。ところが、貨物室で発火したり爆発したりする可能性のある電池類は、とても危険なものでもあります。リチウム電池の扱いは、ワット時定格量(Wh)によって機内に持ち込めるかどうか、預け入れできるかどうかが異なります。電子機器の予備電池では、リチウム金属電池はリチウムの含有量が2g以下、リチウムイオン電池は100Wh以下のものは、預け入れはできませんが、機内持ち込みは可能です。禁止されていないかどうかをWhをチェックしてみましょう。

飛行機内持ち込み可能な日焼け止めスプレー①

LA ROCHE-POSAY UVイデア XL プロテクションミスト
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スプレータイプの日焼け止めで、SPF50・PA++++と高いUVカット力を誇ります。低刺激設定で軽い使用感なので、敏感肌の方もしっかりと旅行先の日差しをガードすることができます。べたつきせず、白くなりにくいので、メイクの上からも使えます。旅行に便利な日焼け止めスプレーです。

石けんで落とせるので旅行中に便利

こちらの日焼け止めスプレーは、しっかりとUVカットしてくれるのに、石けんでも落とすことができるので、旅行で重宝します。ただ、人によっては香りが少し強いという口コミがありますので、気になる方は購入前にチェックした方がいいです。

飛行機内持ち込み可能な日焼け止めスプレー②

パラソーラ フレグランス UVスプレー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ナリスアップのUVカットシリーズがこちらです。パッケージもかわいらしく、リーズナブルが嬉しい日焼け止めスプレーです。水や汗に強く、美容液成分がたっぷり10種類も配合されているため、スキンケアしながらUVカットもできてしまいます。SPF50・PA++++なので、旅行中の強い日差しも怖くありません。

口コミでの人気が高い日焼け止めスプレー

こちらの製品は、リーズナブルでしかもかわいらしいため、年齢を問わず人気の製品です。石けんでかんたんにオフできるため、旅行でも使い勝手がとてもよく、ピンクフローラrの香りが長持ちします。

飛行機内持ち込み可能な日焼け止めスプレー③

資生堂 アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブース
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

美容エッセンスが配合され、汗や水分でUV力が強くなるアクアブースターを搭載した顔にも体にも使える日焼け止めスプレーです。SPF50・PA++++とUV防御効果がとても高く、日焼けを気にせず旅行を楽しむことができます。

日焼けの心配せずに観光したい方におすすめ

旅行で携帯するのにちょうどいいサイズで、気になったらすぐにスプレーでつけ直しすることができるのでとても人気です。アウトドアでも活躍するので、さまざまな旅行に対応できます。さわやかなシトラスソープの香りも心地よく、石けんですぐに落とせるので肌にも安心です。

日焼け止めスプレーを持って快適な旅行へ!

Photo bySplitShire

日焼け止めスプレーは、旅行に持って行くにも便利な必須アイテムです。飛行機を利用して旅行する際、さまざまな制限がありますが、しっかりと確認して快適な旅へ出かけましょう。さっそくスーツケースに荷物をつめて、いざ空港へ!

飛行機へのスプレーの持ち込みについて気になる方はこちらもチェック!

日焼け止めスプレーをはじめとするスプレー類の飛行機への持ち込みについてもっと知りたいという方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください。きっとすばらしい旅行の助けとなるはずです。

Thumbヘアスプレーは飛行機に持ち込みできる?手荷物と預ける荷物の制限や注意を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
飛行機の手荷物の機内持ち込みは意外なものがひっかかりったりします。例えば髪を整えるのに使用す...
Thumb飛行機にスプレー缶は持ち込める?気になる条件や禁止事項をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
「飛行機に乗る時の荷物規定って?制汗スプレー缶や消臭デオドランドスプレー缶は持ち込みOK?エ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ