カヌーの魅力とは?初心者向けに必要な道具や乗り方などの始め方を徹底紹介!のイメージ

カヌーの魅力とは?初心者向けに必要な道具や乗り方などの始め方を徹底紹介!

カヌーというものを皆様はご存知でしょうか。カヌーとは多数の意味や定義を持つため定義的に断言はできませんが、小型舟に乗りパドルで水を掻いて水上を進んでいくスポーツです。カヌーをする場所は川や海といった自然のフィールドで、自分の力で進んでいくのは魅力深いです。

2019年08月07日更新

touki241
touki241
アウトドア、食事や体づくりを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. カヌーとはどういうものか
  2. カヌーの魅力
  3. カヌーと似たスポーツ
  4. カヌーに必要な道具
  5. カヌーにおすすめな服装
  6. カヌーの乗り方
  7. カヌーができる場所
  8. 海でカヌーをする場合
  9. 川でカヌーをする場合
  10. カヌーをする時の注意点
  11. カヌーは簡単に始められる
  12. カヌーの体験ツアーの存在
  13. カヌー体験ツアー1
  14. カヌー体験ツアー2
  15. カヌーの魅力まとめ

カヌーとはどういうものか

カヌーとは小型舟に一人から複数人で乗り込み、パドルで水を掻いて水上を進むアウトドアスポーツです。しかしカヌーと一言にいっても定義としては非常に数が多く多様ですので、レジャーなイメージなアウトドアスポーツから競技カヌーなどのスポーツ性の違いもあります。またカヌーは一般的なイメージとしてパドルで水を掻いて進むものですが、オセアニアなどではパドルを使用するのではなくヨットのような帆走カヌーというのも存在します。

出典: https://pixabay.com

カヌーの歴史

カヌーの魅力を初心者の方々でも楽しく知れるように入門の準備として、まずカヌーの歴史をご紹介いたします。カヌーの歴史は驚くほど古く、最古の記録では約6千年前のシュメール人の墓に埋葬されていたと言います。カヌーの起源となった土地はエジプトからアジア、そしてオセアニアと残されており、その後ヨーロッパの人々が移動用や輸送用としてカヌーを使用していました。そんなカヌーが小型化され、1850年代にはイギリスでスポーツやレジャーなどの娯楽として利用されていきました。

カヌーの魅力

カヌーの魅力は沢山あります。初心者の方々ならカヌー入門として乗り方や必要な道具などの始め方を知ることだけでも魅力を感じることができるかもしれません。そこからカヌーをやり続けることで新たな発見を導き出し、飽きることが無く深く魅力に引き込まれていきます。カヌーは始めるのは簡単ですが意味は複雑ですので、実際にカヌーをやっていくことやカヌーについて深く調べることによって更なる魅力を感じられます。

出典: https://pixabay.com

爽快で気持ちが良いアウトドアレジャー

カヌーというのは一般的に小型舟でパドルを人力で掻いて水上を進むアウトドアスポーツです。そんなカヌーの魅力は広く深く、初心者の方でも一度カヌーを漕ぎ出せば魅力にはまっていく方が多いです。魅力の一つとしては何といっても爽快感でしょう。暑い夏のような季節では水場は涼し気で意外とスピードが出るカヌーに驚くことでしょう。ただし夏場は日光が非常に熱いですので、気分的な爽快感の話です。カヌーはオールシーズン楽しめますので、自分に合った季節を見つけるのも一興です。

カヌーと似たスポーツ

カヌーは非常に多数で多様な定義を持っているアウトドアスポーツですので、初心者の方々がこれからカヌー入門をしようと始め方や必要な道具を揃えたりなどの準備をするさいに迷ってしまうことが多いです。その理由として、カヌーと似たアウトドアスポーツが多数存在するからです。カヌーと似ているアウトドアスポーツはカヤック、サーフスキーダッキーなどです。どれも海や川で行うアウトドアスポーツなため、初心者の方々が混乱します。

Photo byMabelAmber

カヌーとカヤックの違い

カヌーとカヤックは初心者の方々がもっとも混乱する違いです。理由は小型舟の形状が非常に似ており、どちらも海や川で行うスポーツだからです。しかし、カヌーとカヤックには決定的に違うものがあります。それは舟の構造と乗り方、そして必要な道具です。カヌーの構造は人が乗る部分が覆われておらず、オープンデッキとなっています。使うパドルも片方だけついているシングルパドルです。比較してカヤックはデッキが覆われているクローズデッキであり、パドルは双方についたダブルパドルです。

カヌーに必要な道具

初心者の方々がカヌー入門をする場合、始め方を調べるなどの準備をするかと思いますが、もっとも気になるのはカヌーをはじめるため必要な道具でしょう。カヌーに必要な道具はまずカヌーとパドルの2つ。しかしほとんどの方はレンタルしますので、一般的には必要ありません。今回は初心者の方がカヌー入門としての準備として必要であったり、おすすめしたい道具や装備の説明をさせていただきます。

出典: https://pixabay.com

命と身体を守るための道具

カヌーは海や川などの水上で行いますので、勿論転覆の危険性はゼロではありません。もしカヌーが転覆したら最悪の場合命にかかわりますので、命を守る準備は必要不可欠。ライフジャケットは必須装備になります。またカヌーをするさいに意外と重要な装備として帽子が挙げられます。川ならばまだましですが、海上の場合日光を防ぐことができませんので、初心者の方だけでなく熟練の方でも熱射病になる方がいます。

カヌーにおすすめな服装

初心者の方々だけではなく、経験をある程度積んだ中級者の方々でもカヌーをするさいの準備として服装については悩む問題です。カヌーの服装は特にきまった服装は存在しませんが、おすすめする服装としては動きやすくかさばらない服装です。その理由としては事故や川海上などでカヌーが転覆した場合に身動きがとりやすいからです。

出典: https://pixabay.com

川や海の場所や状態で判断する

カヌーの始め方や準備を調べるとよく目にするのが服装についての問題です。カヌーはしっかり必要最低限な道具の準備さえしていれば乗り方や服装には特に何も問題はありません。ただカヌーを行う川や海は場所によって環境がまるで違います。緩やかな流れで波もない所があれば激しい水流で流されたり波が高い場所もありますので、場所によって服装は変えるべきです。初心者の方々におすすめするのはどこでも間違いのないウェットスーツです。

カヌーの乗り方

道具の準備ができると、カヌーに入門したての初心者の方々が次に気になるのが、乗り方でしょう。カヌーの乗り方は人によって多種類あり、一つの乗り方に縛られる必要はありません。カヌーには一人でも乗れるし大きなカヌーの場合同時に三人という複数人で一緒に水上を進むことができますので、色々な乗り方によって楽しみ方も変わります。

出典: https://pixabay.com

カヌーの一般的な乗り方

カヌーの乗り方は多数の種類があるため、入門向けに基本的な乗り方を説明させていただきます。カヌーに乗り込んだ後はパドルを漕いで川や海などの水上を進むわけですが、初心者の方が初めてやると思ったより進まないことがあります。そんな時に基本的な乗り方としては、パドルで水を救い揚げるようにしてこぎます。またカヌーはシングルパドルのため、まっすぐに進むのが難しいです。曲がってしまいそうなときは逆側を同じようにこぎましょう。

カヌーができる場所

カヌーの始め方としてまず準備が必要ですが、重要なのがカヌーをできる場所を確認することです。カヌーが体験できる場所は主に海と川の2か所。個人でカヌーを行うのもツアー企画に参加してカヌーをするのも同じですが、初心者の方がカヌーをする際に注意をしなければいけないのが転覆などの危険性がない、安全な川や海などでカヌーを始めるということです。

出典: https://pixabay.com

激しい川や海は選ばない

カヌーは初心者の方に限らず、熟練の上級者であっても自分のレベルに合った川や海でカヌーをするべきです。カヌーとは川や海の場所次第では緩やかでとても優雅なアウトドアアクティビティでありますが、入門したばかりの初心者が場所選びに失敗した場合、場所次第では転覆などをして波にのまれ岩に当たり、命を落とすようなハードなアウトドアスポーツにもなるのです。

海でカヌーをする場合

川と海はどちらも美しく爽快ではありますが、それぞれのメリットデメリットなどの抑えるべきポイントが存在しますので、初心者の方々は始め方の準備として、上級者の方々は確認として一緒に確認していきましょう。

出典: https://pixabay.com

海には波が存在する

海でカヌーを漕ぎ出せば、肌を撫でる潮風と海の香り、そして壮大な景色に心を打たれることでしょう。コレは初心者の方々だけではなく、いくつもの経験を積んでいる上級者の方々も同じことで、海でのカヌーの魅力としては風景の美しさにあります。しかしメリットだけではなくデメリットもあり、個人でカヌーを操作するには全身も難しいのに加え波がありますので、波で流されてしまうことはよくあります。また大きな波が来た場合は転覆のリスクも高くなります。

川でカヌーをする場合

カヌーをする際は海だけではなく川でも楽しめます。川にも同様に魅力的なメリットや危険なデメリットが必ず存在しますので、カヌーを始める準備として一緒に確認していきましょう。

出典: https://pixabay.com

激しく険しい川は控えよう

川で行うカヌーも非常に風流でありながら楽しいアクティビティとして非常に人気です。場所にもよりますが、川は海と比べて涼しく快適に楽しめ、自然豊かな風景を観ることができるのが魅力でありメリットであります。しかし初心者の方々に特に注意していただきたいのが川の激しさです。絶対に川を選択する場合は激しい川は避けましょう。カヌーは緩やかな川でも楽しく魅力的です。激しい川でのカヌーの場合、流れが速く岩も出ていますので、転覆して流されて岩に当たれば最悪の場合死に至ります。緩やかな川にしましょう。

カヌーをする時の注意点

カヌーとは始め方は簡単で入門しやすいアウトドアではありますが、多種多様であり楽しみ方も様々な非常に魅力深いアウトドアスポーツです。入門しやすいからこそ、初心者の方々に注意をしていただきたいことがありますので一緒に確認していきましょう。

出典: https://pixabay.com

必要な情報と装備は入念にチェック

カヌーは体験ツアーという物が存在するため、くわしい始め方などを調べることなく手軽に入門できるアウトドアスポーツです。だからこそカヌーを入門するさいに気を付けなければいけないことが一つあります。それはカヌーを行う場所の環境や状態などの情報確認です。個人の場合は特にですが、ツアーの場合も適当な難易度の場所であるか確認しましょう。また川でカヌーを行う場合は岩から頭を守るためにヘルメットも必須ですので装備の確認をしておきましょう。

カヌーは簡単に始められる

カヌーは非常に始め方が簡単なアウトドアスポーツです。カヌーを行う場合は自分のカヌーを用意したりカヌーをレンタルする必要がありますが、装備や道具自体も複雑なものは少ないですので、基本的な知識を得られれば簡単に始められます。

出典: https://pixabay.com

カヌーに資格は必要ない

当たり前といえば当たり前ですが、個人でカヌーを行う場合は特に資格やライセンスは必要ありません。初心者の方にはライセンスなどの心配をされる方もいらっしゃいますが、特に必要はありません。ライセンスが必要なのは、一般人の安全を守り事故を防ぐガイドやインストラクターです。

カヌーの体験ツアーの存在

初心者の方でもカヌーを手軽に簡単に始められる方法として体験ツアーに参加するという方法が存在します。体験ツアーというのは殆どの場合必要な道具や装備を貸し出ししていますので、何も知らない状態でも料金さえ払えば熟練のインストラクターやガイドと共にカヌーの魅力を実際に経験して知ることができます。

出典: https://pixabay.com

日本国内でも多数のカヌー体験企画がある

初心者の方でもガイドやインストラクターと一緒であれば、仮にカヌーが転覆しても無事でいられますし、安全にカヌーの魅力に触れられることが非常に魅力的な企画です。この体験ツアーとは日本国内でも多数企画されていますので、道具や装備を揃えるのが面倒な場合や、転覆などの事故が恐い場合はカヌー体験の始め方としておすすめです。

カヌー体験ツアー1

東京都 奥多摩 白丸湖

カヌーは日本の首都である東京でも行うことができます。東京都の奥多摩、白丸湖ではカヌーとカヤックの体験ツアーが企画されており、コースにもよりますが半日コースと一日コースなどの日帰りで手軽に行えるのも魅力が深く、人気の秘密です。またこちらの川と湖は流れも緩やかですので、初心者の方や子供連れの家族にぴったりな体験ツアーです。

奥多摩 白丸湖 カヌー/ぼちぼちアドベンチャーすその|そとあそび

口コミを紹介

小学生以上であれば子供でも参加できますので、忙しい日々を過ごす方々でも週末に日帰りでツアーに参加し、子供との魅力的な素晴らしい体験ができます。比較的に価格も安価ですので参加しやすいのもこちらのカヌー体験ツアーの魅力です。

子供と初めてカヌーに乗りました。仕事の事を忘れて、のんびり過ごせましたね⤴️後半には気温差が出て霧が出現‼️神秘的な感じになりました‼️値段も手頃で良かったと思います‼️梅雨が明けたら混雑間違いなし‼️予約をするならお早めに‼️

カヌー体験ツアー2

沖縄県 西表島

日本本土から離れますが、沖縄県の西表島はカヌーやカヤックの名所とも呼ばれており、日本だけではなく海外からも人気な体験ツアーです。西表島は海が有名ですが、基本的にツアーで体験できるのは川や湖などの並みや流れが少なく転覆の恐れがない場所でのカヌーです。カヤックの場合は安定性があるため海が多いです。

西表島 マングローブカヌー/西表島カヌークラブ空風|そとあそび

口コミを紹介

西表島でのカヌー体験ツアーは非常になめらかで緩やかな優しい水上で行いますので、転覆の恐れは自然に起こることはありません。親切なガイドやインストラクターが付いていますので、安心してカヌーを体験することができます。またカヌーではなくカヤックのコースもありますが、カヤックのコースも西表島から島への横断など楽しい企画がありますのでおすすめです。

石垣島から船で移動し、友人と2人で参加させていただきました。こんなにがっつり大自然のなかでアクティビティをしたことがなかったので、はじめは不安でしたが、ガイドの洋ちゃんさんがとても優しく教えて下さり、とても楽しむことができました!!日本じゃないかのような大大大自然の中で、貴重な経験をすることができました。
一生の思い出です☆絶対西表島にいきたいと思えるツアーでした!

カヌーの魅力まとめ

カヌーの始め方や初心者の方々が気になる情報や基本的な知識をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。カヌーと一つに言っても多種多様ですので、非常に奥深いアウトドアアクティビティです。初心者の方々はカヌーの世界に入ったらもちろん楽しめますが、どれだけパドルを握った熟練者であってもカヌーという奥深いアクティビティには魅力が無くなることはありません。はまればはまるほど、経験すれば経験するほどカヌーの魅力に迫れますので、是非実際に体験してみましょう。

出典: https://pixabay.com

水上スポーツを知りたい場合はコチラをチェック!

海や川、そして湖で行うような水上スポーツはカヌーの他にも多数の種類が存在します。暑い季節にはもちろん、少し涼しい季節でも楽しめる魅力的な水上アウトドアスポーツが気になる方は下記の記事をご覧ください!

Thumbシーカヤックで釣りをしよう!必要な装備とカヤックの選び方やルールまで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
最近流行のシーカヤックフィッシング。釣りの可能性がグンと広がりました。各社からいろいろな種類...
Thumb【2019】 関東のラフティング体験ができる場所11選!電車でもいける! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は関東地方にあるおすすめのラフティング体験ができる場所を厳選して紹介していきます。迫力満...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ