暑い夏キャンプを乗り切る6つの暑さ対策&便利グッズ14選!冷房ってある? のイメージ

暑い夏キャンプを乗り切る6つの暑さ対策&便利グッズ14選!冷房ってある?

夏キャンプは暑いと諦めていませんか?対策法を知っていればグンと涼しい夏キャンプをエンジョイできます。寝具を見直し便利グッズを活用することでさらに暑い夏でも快適にアウトドアライフが楽しめます。6つの対策法と14の便利グッズをご紹介します。

2019年03月28日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 暑い夏キャンプの暑さ対策①
  3. 暑い夏キャンプの暑さ対策②
  4. 暑い夏キャンプの暑さ対策③
  5. 暑い夏キャンプの暑さ対策④
  6. 暑い夏キャンプの暑さ対策⑤
  7. 暑い夏キャンプの暑さ対策⑥
  8. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめテント
  9. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめタープ2選
  10. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめ寝具3選
  11. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめコット3選
  12. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ①
  13. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ②
  14. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ③
  15. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ④
  16. 暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ⑤
  17. 【おまけ】現地でも作れる冷房装置
  18. まとめ

はじめに

夏キャンプは暑いと諦めないで

涼を求めてでかける山や海へのキャンプ。確かに高原や海辺のキャンプ場は都会の屋外よりは涼しいですが、中途半端な場所を選んでしまうと逆に冷房がないので暑いということもあります。アウトドアだから仕方ないと諦めていませんか?何もしない人は損しています。

対策法と便利グッズで涼しい夏キャンプ

暑い夏のアウトドアも対策することで今よりもっと涼しく過ごすことができます。場所選びやテントの張り方などお金を掛けずにできる対策もあります。これからキャンプギアを揃える予定の方には、暑さ対策できるグッズの選び方も伝授していきます。少しの工夫でもっとアウトドアを快適に過ごしましょう。

暑い夏キャンプの暑さ対策①

暑さ対策:キャンプ場

人が快適に住むための整備がされていない場所。アウトドアでは自然の力で気温が低くなる場所を探すのが一番です。昔から人は夏の暑さ対策に何をしたでしょうか。それは、避暑です。関東でいえば軽井沢などが有名な避暑地ですね。高地で涼しい場所を選ぶことにより、暑い夏のキャンプも快適に過ごすことができるでしょう。

涼しいキャンプ場選びは

涼しいキャンプ場とはズバリ!高い場所にあるそれです。高ければ高いほど夏といえど気温はグンと下がります。夏になると標高1200m以上のキャンプ場特集などがありますね。それはその涼しさを狙ったものなのです。気をつけるのは高さだけでなく、さらに水がそばにあればそこで涼をとることもできますし、水が蒸発することで風が起こりやすくなり体感温度が下がります。

夏の涼しいキャンプ場選びの注意点

山の上にある高原は朝と昼の温度差が激しいものです。温度調節ができる羽織るものを持っていくなど服装を持参しないと今度は涼しすぎて具合が悪くなることもあるでしょう。そのほか、水辺のキャンプサイトでは水難事故に注意するのはいうまでもありませんね。お子さん連れのファミリーキャンプでは特に注意してください。

Thumbキャンプサイトの種類とは?キャンプ場選びで大切なサイトの特徴と違いを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプ場には種類が実はたくさんあります。例えばオートキャンプ場とキャンプ場の違いや区画サイ...

暑い夏キャンプの暑さ対策②

暑さ対策:テント

涼しいキャンプ場が見つかったら、早速テントを設営して楽しい時間のはじまりです。このテントの設営方法でも主に夜の寝苦しさを対策することができるのをご存知ですか?少しの工夫でできることですが、その効果は絶大です。

涼しいテントの選び方

インナーテントだけで眠ることができるテントが夏の暑いキャンプではおすすめです。そのため、あまりメッシュが多いのは外で寝ているようなものでプライベートなどありません。それでもいいよという方には、おすすめはしませんがそれでも構いませんがほとんどの方は気になってしまうでしょう。入り口から風が抜ける窓的なものはあった方がいいですが、あまりスケスケなテントは避けましょう。

テントの涼しい張り方

フライテントを外すというだけでなく、テントの張り方でも暑さ対策になります。それは、風の位置に入り口を向けるということ。テントの中を風が抜けると涼しくて過ごしやすさがあがります。横風になるような設置の仕方は避けて、風が入って抜けていくことを意識してテントを張りましょう。

Thumb【2019年最新】タイプ別人気テント12選!今年の注目のテントを比較解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ツーリングやソロキャンプ用、ファミリーキャンプなどのキャンプのスタイルに合ったタイプ別のテン...

暑い夏キャンプの暑さ対策③

暑さ対策:タープ

暑い季節のキャンプは気温だけでなく直射日光にも注意したいですね。いくら気温が涼しい場所でも太陽は夏のそれです。ジリジリと照りつけてそんな中で動き回っていると熱中症にかかる危険性も出てきます。夏こそタープが大活躍してくれる季節です。

夏のおすすめグッズ「タープ」

アウトドアでは寝る時以外はテントの中には入らないという人も多いでしょう。帽子を被るなど衣服で調整をするのも良いですが、大きな日陰ができる場所を作っておくことが大切です。それだけでなく、ターブは天候が変わりやすい山の天気にも対応できます。小型のテントならフライシートを外してタープの下に設営してしまうという荒業も可能です。これで涼しさと雨の両方の心配から開放されます。

タープの種類と選び方

タープの種類は大まかに分けて一枚布のウィングタープなどと、まわりにある程度の壁ができるスクリーンシェードになります。どちらが良いのかはタープの使い方によります。その特徴としてウイングタープはより風通しが良い。スクリーンシェードはいざとなればテント代わりとしてその下に寝具を置いて寝ることも可能というところでしょう。

Thumbキャンプにタープは必要?タープを使う意味と人気のおすすめタープをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
もはやドコでも珍しくもないタープですが、場面により必要かどうか検討するアイテムです。テント歴...

暑い夏キャンプの暑さ対策④

暑さ対策:水

水の流れる音は聞いているだけでも涼しげでさわやかな印象を受けます。雰囲気だけでなく、テントまわりに水があること、水を利用することで快適なアウトドア生活を送ることができます。

キャンプでもまき水で涼しく

夕立のあとには涼しく感じたという体験をした人も多いでしょう。水は気温を下げてくれるのに効果的です。上手に使うことで過ごしやすさを上げてくれます。キャンプ場の選び方で水場の近くが良いという話をしましたが、そんな場所ではないときはテントサイトにまき水をすることで気化熱により周りの気温を下げてくれます。

暑い夏キャンプは水を上手に使う

混んだキャンプ場などまき水するのがはばかられる場合は、大きなバケツを置いておくだけでもその効果を実感できます。テントのそばに水を置くのはお金もかからず誰でも試せる暑さ対策ですので、ぜひとも試してみてはいかがでしょう。

Thumb雨キャンプを楽しむための11つの対策!雨の日の必需品や浸水対策までご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
普段はキャンプをしないような雨の日でもちゃんと対策をしてキャンプをすると意外と楽しめます。今...

暑い夏キャンプの暑さ対策⑤

暑さ対策:寝具

アウトドアでは部屋でベッドなどの寝具の上で寝ているときとは大きく状況が変わってきます。自然界の暑さや寒さが体の大部分にダイレクトに伝わってくる就寝時も、しっかり暑さ対策していきましょう。

暑い夏キャンプの体力を奪う寝苦しさ対策

夜の寝苦しさは気温もありますが、湿度管理が大切。十分に眠れないと疲れも取れず次の日の活動力に響きます。それだけでなく、逆に眠れなくて疲れたという場合も。コットがある人は地面から高さをつけることでジメジメを直接体に感じずに済みます。

キャンプの必需品寝具も夏仕様に

コットがない人でもエアーマットを使う、ゴザを敷いた上で寝るという工夫をしましょう。キャンプの夜の寝苦しさが大幅に軽減されます。ゴザはコンパクトなものなら100均でも手にはいります。それほどお金をかけずにできるキャンプ用の寝具としておすすめです。

ThumbDODで買いたいキャンプ用寝具おすすめ9選!こんな製品が欲しかった! | 暮らし~の[クラシーノ]
ワンタッチテントやトンネル型のドームテントで人気のアウトドアブランドDODには他のブランドに...

暑い夏キャンプの暑さ対策⑥

暑さ対策:便利グッズ

ゴザを買い求めるときに100均でもというお話をしましたが、100均にはたくさんの便利グッズアイデア商品がありますね。その中には涼しくしてくれる道具もたくさんあります。特にひんやりとついている系の商品は即効性もあるものが多くすぐに暑さを何とかしたい人におすすめです。

涼しい便利グッズを選ぶ

一例として冷やして空気を入れて使う枕。首元は太い血管やリンバが通っているので冷やすことで全身がスーッと涼しくなってきます。エアー枕の他にも濡らして首に巻くタイプのひんやりシリーズもあります。服の上からシュッとひとふきで涼しくなるミント系のスプレーなども即効性があっておすすめ。

暑い夏キャンプに便利グッズは必需品!

エアー枕などは空気を抜けばコンパクトになりますので荷物にならずに良いですね。100均商品は小さいものが多くてと普段は思うでしょうが、アウトドアでは逆に小さいのが便利なこともあります。何か使えるものがないか時々覗いて見てはいかがでしょう。

Thumbサーキュレーターの置き場所は?暖房/冷房別に効率よく効果が出る場所を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
冷暖房により部屋の温度を上手にコントロールできないときありますよね。そんなときに大活躍するの...

暑い夏キャンプの涼しいおすすめテント

暑い夏のキャンプ対策をお届けしたところで、ここからはおすすめグッズ紹介になります。対策のお話と対応している部分もありますので、両方見て自分のキャンプに役立つアイテムを探していただければと思います。

暑い夏キャンプの必需品・テント

テントは安い買い物ではないので、これから買おうとしている人は慎重に選ぶ必要があるでしょう。オールシーズンキャンプをしたいと思っているなら、どの季節にも対応できるものであるのが重要です。インナーテントが独立して使えるものを選ぶのがおすすめです。

暑い夏キャンプに便利なテント

スノーピーク アメニティドームM
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

涼しいテント選びでも見てきたフライシートとインナーテントが分離するタイプでおすすめがこちらです。スノーピークはアウトドア用品では大きなブランド。日本中あちこちに店舗もあって手にはいり安い商品でしょう。メッシュ部分も多いので夏も快適です。冬にも使えますので夏専用ではないところもポイントです。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめタープ2選

暑い夏キャンプの必需品・タープ

日陰づくりに、突然の雨の対策にと使えるタープ。タープをテント代わりにしたり、その下にテントを張ったりと夏のキャンプを涼しくするには欠かせないアイテムです。

暑い夏キャンプに便利なタープ①

設営するには時間がかかるけれど、風にも強く開放感もあり広く使えるのがこのタイプの良いところです。広く快適な日陰は夏にはありがたい。

暑い夏キャンプに便利なタープ②

QUICKCAMP ワイドスクリーンタープ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

設営が簡単だけれど、風には少し弱いタイプ。テント代わりにすることもできます。ソロキャンプで比較的静かな日であれば、これひとつでもOK。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめ寝具3選

暑い夏キャンプの必需品・寝具

夏の寝具選びは慎重に。おすすめしたいのはエアーを入れてふくらませるタイプのマットです。地面から距離ができることで暑さや湿気、虫もある程度防いでくれます。夏に多い就寝時のストレスを一気に解消してくれるでしょう。

暑い夏キャンプに便利な寝具①

送料無料 コールマン Coleman アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド ダブル アウトドア キャンプ エアベッド エアマット ベッド マット レジャー 車中泊 国内正規代理店品 2000032620
楽天で詳細を見る

空気の逆流を防ぐダブルロック機構で空気入れもらくらく。パンクにも強い仕様なので少しくらい地面のコンディションが悪い場所でも安心して使えます。畳んでしまえばとてもコンパクト。

暑い夏キャンプに便利な寝具②

CAPTAINSTAG エアマット エアーベット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

空気を入れるだけで、本物のマットレスのような寝心地のエアーマットです。エアーポンプ内蔵式とそうでないものがあるので、余裕があれば電動ポンプ付きのものを買うのがおすすめ。大きなマットなので空気を足踏みポンプだけで入れようとすると手間がかかります。

暑い夏キャンプに便利な寝具③

コールマン 封筒型シュラフ フリースイージーキャリースリーピングバッグ C5 デザート サンド 2000033803 Coleman
楽天で詳細を見る

真冬以外なら3シーズン使える寝袋です。夏専用のものもありますが、コスパを考えるとこのタイプがおすすめ!夏ならファスナーをオープンにして敷ふとんとして使うといいでしょう。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめコット3選

暑い夏キャンプの必需品・コット

地面からほんの少しだけ高い位置に寝るだけで、感じる涼しさもずいぶん変化があります。虫も多い夏のアウトドア泊では、コットを使って高い位置で眠ることをおすすめします。

暑い夏キャンプに便利なコット①

コールマン Coleman トレイルヘッドコット 2000031295 [スチール ゆったりサイズ 防災]
楽天で詳細を見る

高さ40センチでベッドとして使わない時は数人がけのソファとしても使用できる便利グッズ。ソファ時の耐荷重は70kg(ベッド時は80kg)。がっちりとした作りで、しっかり就寝中の体をホールドしてくれます。

暑い夏キャンプに便利なコット②

HELINOX コットワン コンバーチブル
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

小さく収納できて、シートの強度や張りも十分。大人が普通に寝てもきしみも少ないと人気のロータイプな商品です。別売りの足を取り付けることで高さをもっと付けることも可能です。コットにもいろいろありますが、夏だけに限らず何年も長く使うつもりなら丈夫で品質の良いこちらの商品がおすすめです。

暑い夏キャンプに便利なコット③

Byer of Maine折りたたみ式ベッド トライライト コット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アメリカのアウトドアブランドであるバイヤーオブメインのコット。とてもコンパクトに収納可能で、商品画像の上に乗っているものがそれ。これなら電車移動でキャンプ場に向かう人でもギリギリ持ち運べるサイズ。アメリカ製とあって耐荷重も110kgまで対応と大柄な男性でも就寝可能なところも良い。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ①

暑い夏キャンプの必需品・シャワー

アウトドアで必要な水タンク。シャワーとして使えるオプションがついていると、テントやタープの屋根の気温を下げることができるのでとても便利です。テントまわりのまき水に使うのにも。

暑い夏キャンプに便利なシャワー

手動式シャワーとポリタンクセット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

テントやタープの天井から暑さがジリジリしてくるときには、この簡易シャワーで水撒きすると一気に涼しさがやってきます。シャワーや温泉がないキャンプ場でのシャワーとしても、もちろん使用可能です。タンクとのセットなので、これから水タンクを買う予定の人はこちらも視野に入れてみては。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ②

暑い夏キャンプの必需品・簡易冷房グッズ

電源などのエネルギー不要でひんやり涼むことができる簡易的な冷房グッズとしてネックゲーターをおすすめします。他の人が暑そうにしていても、自分は平気な顔で動けるのは、少し得した気分。持ち運びもコンパクトなので持っていて邪魔になりません。

暑い夏キャンプに便利な簡易冷房グッズ

ネックゲーター クールマックス
楽天で詳細を見る

首元をおしゃれに冷やして冷房効果。首のほか、ヘアバンドとして使ったり手首に巻いたり。顔がほてる時は鼻の上まで持ち上げてフェイスマスクのようにも使えます。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ③

暑い夏キャンプの必需品・電動冷房グッズ

寝苦しい夜には、風を送ってくれる機会があるといいなと思いませんか。ランタンとして持ち歩いていたものが、送風機にも使えるなら余分な道具を持ち歩かなくて済むのでありがたいですね。黒いカラーのごつめのデザインもかっこよくておすすめです。

暑い夏キャンプに便利な電動冷房グッズ

送風機とランタンの2ウェイ商品です。テントの中の空気を移動させて涼しくするだけでなく、ライトにも使えるのは荷物を少なくしたいキャンプ用品としては優秀。普段は照明に使って、就寝時明かりが必要なくなったら風を送ってくれます。使用電源は単一電池を2個(別売り)。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ④

暑い夏キャンプの必需品・アイデア冷房グッズ

キャンプやアウトドアに限らず夏の暑さを解消してくれるグッズを探すといろいろと見つかります。ランニングコストがかからず、手間要らず。方法は原始的ですが決して古いわけではなく、新しい技術でさらに涼しい感じをアップした物と思うとよいでしょう。そんなアイデアグッズの中から話題のひんやりタオルをご紹介します。

暑い夏キャンプに便利なアイデア冷房グッズ

久光製薬 アイスタオル 5枚入り
楽天で詳細を見る

タオルよりも少し薄手の大判サイズの布製品。テレビでも紹介されて省エネで涼しくなれるアイデア商品としてご存知の方も多いでしょう。気化熱を利用して涼しくなれるので、簡単にお金もエネルギーもかけずに涼しくなりたい人におすすめ。

暑い夏キャンプの涼しいおすすめ冷房グッズ⑤

暑い夏キャンプの必需品・クーラーボックス

痛みやすいものや、飲み物などを冷やすのに使うクーラーボックス。アウトドア用品として持っている人も多いでしょう。キャンプだけでなく釣りにも活躍してくれます。誰もが持っているようなこんなアイテムも、使い方を少し変えればテント内を冷やすことができるのをご存知ですか?

暑い夏キャンプに便利な冷房代わり

Coleman(コールマン) エクストリームRクーラー/28QT アイスブルー 2000031629
楽天で詳細を見る

容量は26リットル。大きすぎずちょうどよい大きさのクーラーボックスです。もちろん、中に入れたものを冷やすのが目的のアイテムです。中に入れて冷やすものがなくなったときには、蓋を開けておけば簡易的な冷房装置としても使えます。

【おまけ】現地でも作れる冷房装置

発泡スチロールのクーラーボックスと凍った保冷剤、送風機があれば、現地でも作れる冷房装置の作り方があります。風を送る部分と、冷やされた空気を出す穴をあけ中に凍らせたアイテムを入れてスイッチオン!涼しく冷やされた空気が出てくるという仕組みです。ただの風では涼しくないというひどい暑さのときは作ってみてください。

まとめ

夏のキャンプを快適に楽しもう!

出典: https://pixabay.com

学生も社会人もまとまったお休みがとれる夏。キャンプの予定も立てやすい時期ですね。暑い季節を快適にアウトドアで過ごす対策やグッズを紹介してきましたが、いかがだったでしょう。ちょっとした工夫でお金をかけずにできる対策や100均を利用してコスパよく涼を得るのも良いですが、専用のグッズを持っていると長く使えてこれもまた便利です。予算やあなたのニーズに合わせて快適にキャンプできる工夫をしていきましょう。

夏キャンプが気になるならこちらもチェック

2019年の新作テント情報からアウトドアで涼しく過ごすためのグッズ紹介まで。暮らし~のはアウトドアライフを応援しています。気になる記事は今すぐチェックを!

Thumb2019新作テント12選!注目の人気ブランドから最新テントを厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
日本でも人気キャンプ用品メーカーから新作のテントを12種類選んでみました。発売が早いメーカー...
Thumb冷却スプレーおすすめ14選!正しく使って怪我の時や暑い時に大活躍! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏の暑い季節に便利なのが冷却スプレーです。瞬間的に身体を冷やし熱中症対策にも便利。スポーツ時...
Thumb夏キャンプの暑さ対策に扇風機?!キャンプ場で使える扇風機おすすめ10選! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は夏キャンプにおすすめな扇風機を様々なブランドからご紹介していきます!暑さの厳しい夏キャ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ