【2019年最新】タイプ別人気テント12選!今年の注目のテントを比較解説!のイメージ

【2019年最新】タイプ別人気テント12選!今年の注目のテントを比較解説!

ツーリングやソロキャンプ用、ファミリーキャンプなどのキャンプのスタイルに合ったタイプ別のテントを選んでみました。発売が古くても長年愛用されているテントもありますが、中には注目の新しいテントまであります。キャンプの基本になるテント選びの参考にしてくださいね。

2019年02月01日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 初心者から上級者まで使えるテントを紹介
  2. テントの種類と比較
  3. キャンプスタイルとは
  4. タイプ別人気テント①:ソロキャンプ向けドーム1
  5. タイプ別人気テント②:ソロキャンプ向けドーム2
  6. タイプ別人気テント③:キャンプツーリング向けドーム1
  7. タイプ別人気テント④:キャンプツーリング向けドーム2
  8. タイプ別人気テント⑤:キャンプツーリング向けドーム3
  9. タイプ別人気テント⑥:ファミリーキャンプ向けドーム1
  10. タイプ別人気テント⑦:ソロキャンプ向けワンポール1
  11. タイプ別人気テント⑧:ソロキャンプ向けワンポール2
  12. タイプ別人気テント⑨:ファミリーキャンプ向けワンポール1
  13. タイプ別人気テント⑩:ファミリーキャンプ向けワンポール2
  14. タイプ別人気テント⑪:ファミリーキャンプ向けツールーム1
  15. タイプ別人気テント⑫:ファミリーキャンプ向けツールーム2
  16. キャンプ向けテントのまとめ

初心者から上級者まで使えるテントを紹介

小さなテントから大きなテントまで

yuu_kaa.4.6さんの投稿
32135687 412447039224261 8124087084567756800 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

4月末から5月は気温も冬から春、そして初夏に向かっていくことから初心者でも過ごしやすく、大型連休もあるためキャンプを始める方も多い季節です。そしてキャンプ用品を作っている人気メーカーも2019年の新型、新作を市場に投入しメーカー側も本格的に動き出すシーズンのため新しいテントなどのギアが店頭に並びだします。そんな新しいテントも含め2019年のさまざまなキャンプスタイルで初心者でも使えるテントを紹介します。

比較的新しいテントも含め紹介します

過去に発売して人気だったテントを新しく作り直したリニューアル版も含まれていて使い勝手も良くなっているので選び方とともに紹介していきます。春はテントなどのキャンプ用品を揃える機会なのでキャンプを始めたいと思った今がチャンスですよ。

テントの種類と比較

種類を紹介

テントの種類別に紹介するので簡単にですが、各テントの種類と特徴を紹介していきます。紹介したテント以外にも折り畳み傘のように簡単に設営できるワンタッチテントなどもあります。

初心者でも設営が簡単:ドームテント

yuka_yysnownetさんの投稿
37389847 513630282402473 8276876216795922432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

半球体状になるテントがドーム型テント、ドームテントと呼ばれるテントで最もオーソドックスな形と言えます。サイズやメーカーによりサブポール(リッジポール)を使い、荷物置き場となる前室をフライシートとインナーテントの間に作りますが、テント自体は2本のポールを対角線上に交差して設営する仕組みで他のテントと比較すると前室が小さいので日差しを遮るタープと呼ばれる生地を使って荷室、リビング作ります。

タープいらずの前室が広い:ツールームテント

yama_no_yoko_campさんの投稿
42834652 1905119996460043 3233154085622752638 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

基本的にはドームテントでフライシートが大きくタープを使わずとも荷室、リビングを確保したものがツールームテントと呼ばれるテントです。キャンプ場ではツールームテントの中でも更に新しいトンネル型のツールームテントが人気です。前室が広いためファミリーキャンプで人気ですが、他のテントと比較すると大きいので重たくなります。

非常に簡単な設営方法:ワンポールテント

noripuriさんの投稿
47691126 635896400160214 192474179825719325 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

角をペグで固定してからインナーテントの中から一本の丈夫なポールで持ち上げるようにして設営するため初心者でも簡単に扱えます。他のテントと比較するとキャンプ場では大丈夫ですが、ツーリングなどキャンプ場以外でもテント泊をする場合ペグが打てないと設営できないテントです。ペグが打てるキャンプ場で使う分には何も問題ないいいテントですよ。

テントの比較表

  ドームテント ツールームテント ワンポールテント
設営 普通 やや手間がかかる 簡単
前室 小さい 広く机や椅子をおいてくつろげる 小さいか半分ほどある
インナーのサイズによって変化する
サイズ 種類が豊富 小さいものは少ない ドームテントと同じように豊富
価格 比較的安い 他のテントより高め 普通

キャンプスタイルとは

目的地までの方法で変わる

nobu_wr250xさんの投稿
47691926 1195235007319241 9119610887376858958 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

どのようにキャンプに行くのかも重要です。例えば車で持ち運びするなら収納サイズ、重さはあまり気にしなくてもいいですが、バイクなら5キロを超えるような場合は車種によってはもう少し軽いテントを選ばないといけなくなりますし、自転車、徒歩(登山)だとできるだけ軽いテントに越したことはありません。ソロキャンプなら大人数向けのテントは不要でファミリーキャンプなら大きいテントが必要になりますよね。

キャンプツーリング

移動手段に主にバイクを用いたキャンプです。車と比較すると積載能力が大きく違うため道具を厳選したり総重量、積み方などを考えないといけないためキャンプ初心者よりも上級者が多いと言われています。自転車でのキャンプは2種類あり大きなバッグにキャンプ用品を入れるか、小さなバッグに小さなキャンプ用品をいれるかになります。後者の積み方だとキャリアなどを取り付けずに荷物を運べることから人気です。

タイプ別人気テント①:ソロキャンプ向けドーム1

ノースイーグル:イーグルツーリングドームII

North Eagle ノースイーグル イーグルツーリングドームII NE165 ツーリングテント 1人用 前室 バイク積載 防災グッズ
楽天で詳細を見る

1人用のシンプルなツーリングテントでキャンプ場についたら簡単に設営できるオーソドックスなタイプで、ポールを2本そのまま交差させるだけの仕様です。コストパフォーマンスもよく自転車キャンプでも使っている方がいるぐらいのテントですが少し重たく3.6kgあります。しかし、小さい前室もありメッシュも多用していて通気性もよく、とにかくキャンプの初期コストを抑えたいという方に紹介したいテントです。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

2019年新作テントではありませんが、ベストセラーのように発売し続けられているテントです。価格帯は1万円未満とやすいのですが、耐水圧は大雨でも耐えることができる1500mmの数値とUVカット加工も施されていてフライシートの性能は高いです。耐久性に関してはグラスファイバー製ポールなので数年使うのは難しいかもしれませんが、リーズナブルかつ大雨でも使えることからソロキャンプにも使えるテントです。

選び方の参考に

6年前の2013年から人気で2019年現在でも買えるベストセラーのテントです。

タイプ別人気テント②:ソロキャンプ向けドーム2

コールマン:ツーリングドームST

【送料無料】Coleman(コールマン) ツーリングドームST 170T16400J【あす楽対応】
楽天で詳細を見る

定番の小さなテントでソロキャンプで広めに使えるサイズです。前室も広めなので雨が降っても作業しやすく出入り口が2箇所あるので荷物を前室に収納しても出入りすく人気があります。耐水圧は1500mmでポールの材質はグラスファイバー製なので少し重たい4.4kgです。設営方法は2本のポールに前室ように1本追加させただけなので初心者でも簡単に組み立てられます。

おすすめの理由

moyappy1988さんの投稿
41408054 240184199997276 6317230051568254812 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

人気ブランドですが価格帯も飛び抜けて高いわけではなく手頃な価格で入門にちょうどいいテントです。ツーリングテントとなっているようにキャンプツーリングでよく使用されるテントですが、少し重たいのでソロキャンプ向けのテントとしました。UVカット加工、縫い目から染み込まないようにテープで加工されていたりと使いやすいテントです。

選び方の参考に

使いやすいですが、キャンプでコットを使いたい時は長さに気をつける必要があります。

タイプ別人気テント③:キャンプツーリング向けドーム1

モンベル:ムーンライトテント2型

mont-bell (モンベル) #1122286 ムーンライトテント1型/1〜2人用テント/グリーン/アイボリー/キャンプ/アウトドア/nsts
楽天で詳細を見る

昔から自転車を含むキャンプツーリングで人気のあるテントで特殊なAフレーム(ポール)を採用しているため数分で設営できます。他のメーカーのテントと比較しても圧倒的に簡単かつ高品質、そして比較的軽量なためツーリング用のテントで迷ったらおすすめです。古くから支持されている形状は半球体ではないですが、フライシートの間に小さい前室があるドームテントの一種で、背は小さいですが居住性も抜群です。

おすすめの理由

minaminaminami5563さんの投稿
18299059 1815829875411487 5958987370505175040 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

2019年でも根強い人気の理由は設営が簡単なことと発売しているブランドがモンベルということ、さらに総重量でも3kg以下と車以外での運搬に適しています。モンベルは普通のキャンプ用品だけではなく登山用品を作っているブランドで高品質です。選び方としては更に小型の1型もありますが、少し大きい2型が2人用で他のキャンプ用品を入れることを考えるとおすすめのサイズになります。

選び方の参考に

安いテントで軽量なものもありますが、耐久性などで大きく違ってくるでしょう。有名メーカーのテントならば保管状況がいいとキャンプで長く使えますよ。

タイプ別人気テント④:キャンプツーリング向けドーム2

バンドック:ソロドームテント ウルトラライト

【送料無料】BUNDOK ソロドーム ウルトラライト/BDK-08SIL/テント、ソロテント、ドーム型、1人、2人、前室、軽量、ソロキャンプ
楽天で詳細を見る

2019年の新作ではありませんが、近年新しく発売されたのバンドックより軽量なドームテントです。バンドックには従来から発売されている青い色が特徴的なドームテントもありますが、ツーリング用なら2kgを切るウルトラライトのほうがおすすめです。1人用のテントのため荷物を入れる事ができないですが、青い通常型とともにキャンプツーリングに重宝するテントにります。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

従来型の青いドームテントもツーリングで使用している方が多かったのですが、新しく耐水圧が3000mmに進化し重さも1.65kgと軽いことからキャンプツーリングには旧来の製品よりウルトラライトがおすすめになります。小さいですが前室、天井には小さな小物入れとなるハンモック、サイドには小物入れがありキャンプツーリング用のテントとしてフライシートにも通気口があり非の打ち所ないと言われていほどです。

選び方の参考に

従来型と比較するとやはりウルトラライトがおすすめになります。初心者でも簡単に設営できますよ。

タイプ別人気テント⑤:キャンプツーリング向けドーム3

DOD:ライダーズタンデムテント

大型ワンタッチテント DOD ライダーズタンデムテント T3-485 ブラック 送料無料【SP】
楽天で詳細を見る

3人で利用できる大型のキャンプツーリング向けのドームテントで設営が紐を引っ張るだけでの簡単仕様のワンタッチテントです。大きいですがバイクの荷台にスッキリ収まる直径20×長さ65cmで入口部分をキャノピーにする専用のポール、どんな地面でも使いやすいY字ペグ、グランドシートも付属するのでキャンプツーリングで使いやすく初心者におすすめです。ワンタッチテントの選び方は骨組みがしっかりしているかがポイントになります。

おすすめの理由

motoebiさんの投稿
18382343 149404955598794 6508534646551085056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

2019年現在ではあまりワンタッチテントを作っていないですが、DODは10年ほど前からワンタッチテントを作っているワンタッチ式の老舗ブランドです。そのため骨組みもしっかりしていて耐風性もありますし、なにより収納サイズがバイクで持ち運べる大きさです。インナーテントのサイズは210×210cmと広く複数で使えるところがおすすめの理由になります。他のテントと比較すると耐水圧も高いのでワンタッチとはいえ安心ですよ。

選び方の参考に

初心者でもらくらく設営、それだけではなくキャンプツーリングに特化しているわけではなく普通のキャンプでも使えるように換気用の大きな窓があったり、ランタンフックがったりとキャンプで使いやすいです。

タイプ別人気テント⑥:ファミリーキャンプ向けドーム1

スノーピーク:エントリーパックTT

【クーポン利用で4000円引 1/30 0:00〜2/5 23:59】 スノーピーク テント 大型テント エントリーパックTT SET-250 snow peak
楽天で詳細を見る

前面がツールームテントのように広いドームテントとタープが一緒になったキャンプ入門向けのおすすめセットです。ファミリーキャンプで子供と一緒に使える220×285cmの大人2人、子供2人で使えるサイズとフライシートのどこを測っても1800mmもある高めの耐水圧で突然雨が降ってきても問題ありません。タープの方も高品質なタープで雨や日差しを防いでくれて、それぞれ別々に買うより1万円ほど安いと言われています。

おすすめの理由

oohigataさんの投稿
47585084 595010727610599 325031406476881767 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

テントを買うとなると入門向けのセットがお買い得ということでおすすめです。2019年(2018年の末)に発売したエントリー向けツールームテントもありますが、タープを張って過ごすというオーソドックスなキャンプの楽しみ方をしたい方はエントリーパックTTのほうがいいでしょう。タープだけ別のテントで使うこともできますしファミリーキャンプだけではなくキャンプ入門にも品質がいいことからおすすめできます。

選び方の参考に

キャンプ初心者でもタープを簡単にかっこよく張れる工夫もあるので、小川張りと呼ばれるテントの出入り口とタープを連結させれる特殊な張り方が簡単にできますよ。

タイプ別人気テント⑦:ソロキャンプ向けワンポール1

バンドック:ソロティピー

【送料無料】BUNDOK ソロティピー 1人用/BDK-75/テント、ソロ、モノポールテント、ワンポール、ティピー型
楽天で詳細を見る

ソロキャンプで使いやすい小型のワンポールテントで大きなベンチレーションとフルメッシュで暖かな季節におすすめのテントです。前室もしっかりあるので荷物を収納することができ3000mmもの高い耐水圧が魅力です。ソロキャンプ用として紹介しましたが重さは2.2kgしかないので、60x17x17cmと少し大きい収納サイズが問題なければキャンプツーリングにも使用できます。

おすすめの理由

coo0107さんの投稿
18812402 476007532748465 4864157390225801216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ソロ用のワンポールテントは後述するテンマクデザインのパンダのほうが人気ですが寸法はあまり変わらずバンドックのほうが高い耐水圧で価格も安いため密かに人気です。どちらのテントもよく似ているので、カラーバリエーションの完全に好みで分かれると思いますが、どちらもいいテントなのでおすすめです。

選び方の参考に

前室が広いテントはソロでは特に扱いやすいです。

タイプ別人気テント⑧:ソロキャンプ向けワンポール2

テンマクデザイン:パンダもしくはパンダCT

CAMPANDA×tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) パンダ(PANDA)レッド 【テント ワンポール ツーリングバイク オートキャンプ 一人用】
楽天で詳細を見る

女子キャンプで使いやすいワンポールテントとして作られたテンマクデザインのパンダはペグでテントを固定してポールで立ち上げるだけで設営できるため人気です。パンダTCはテクニカルコットン(ポリコットン)を使用し結露に強くなっているほか、通常のパンダよりインナーテントが20センチ高くなっているため2019年5月下旬まで入荷待ち状態です。ソロキャンプにちょうどいい大きさのワンポールテントで前室もあるため使いやすいですよ。

おすすめの理由

nabecampさんの投稿
36653893 1080214555465841 6799103082639654912 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ソロキャンプ用のワンポールテントというのが有名ブランドでは少ないのと珍しい色合いで人気です。パンダは女子キャプの第一人者と言われているこいしゆうか氏とコラボして作られたテントで、女性でも簡単に扱えるシンプルな設営方法にキャンプで使いやすい耐水圧1500mm、総重量2.1kgです。2019年1月末の時点では価格も少し下がっているので購入するチャンスですよ。なお標準のインナーテントはフルメッシュになります。

選び方の参考に

収納サイズも小さいことからキャンプツーリングにも使えるワンポールテントです。

タイプ別人気テント⑨:ファミリーキャンプ向けワンポール1

キャプテンスタッグ:CSクラシックスワンポールテント オクタゴン460UV

【送料無料】ティピー型 テント ワンポールテント オクタゴン 460UV (インナーテント UVカット ベンチレーション機能 キャリーバッグ付)CSクラシックス CAPTAIN STAG 8角形 大型 テント パール金属 【RCP】【UA-35】【UA-0035】
楽天で詳細を見る

ファミリーキャンプで使える大きなワンポールテントで最大8人まで使えますが、前室がほぼないため荷物を中に入れることを考えると8人での利用は難しいです。大きいですが設営はワンポールテントなので中から押し上げるだけで、2箇所の出入り口と上部4箇所にベンチレーションがあり熱がこもりくくなっていてキャノピー用のポールも付属するので買い足す必要がありません。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

価格と性能のバランスがよく、他のテントと比較するとリーズナブルですが2000mmの高い耐水圧です。色も近年はやりの北欧風の白い色でキャンプ場で目印になりますよ。オプションのインナーのサイズが半分になるハーフインナーを使えば広い前室を作る事もできます。

選び方の参考に

安くても強度はしっかりしているので評価の高いテントです。

8月のキャンプ🏕でゲリラ豪雨に、耐えてくれました、周りのテントやタープは、飛ばされているのに、ワンポールテントは、大丈夫でした、ポールの強度がすごいです、折れてしまうか心配だったんですけど、大丈夫でした

タイプ別人気テント⑩:ファミリーキャンプ向けワンポール2

ニュートラルアウトドア:GEテント4.0

ワンポールテント 5〜8人用 ゲル型 テント UVカット 大型テント グランピング キャンプ 送料無料 Neutral Outdoor ニュートラルアウトドア GEテント4.0 NT-TE03
楽天で詳細を見る

ベルテントを発売している日本生まれの比較的新しいブランド、ニュートラルアウトドアのファミリーキャンプにおすすめの5人用のテントです。おしゃれでワンポールのように設営しますが壁が垂直になることでフロア全体を余すことなく使うことができます。ポリコットンではなく従来から使われているポリエステルを使用しているので北欧ブランドのベルテントと比較するとリーズナブルで、耐水圧は3000mmと高いです。

おすすめの理由

kosaku.10.4さんの投稿
43817567 926114864246512 740099969057577817 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

徐々に人気が出てきたニュートラルアウトドアのテントは人数に合わせて同じテントでもバリエーションが豊富にあるので何人にでキャンプに行く人数に応じたテントを選ぶことができます。材質や耐水圧はどのバリエーションも同じで、使い勝手が向上するハーフインナーもありますよ。

選び方の参考に

ポリエステルなのでどうしても結露しやすいデメリットもありますが、ベルテントを安く欲しい時やポリコットンのようにかさばりにくいので収納サイズを優先にしたいときにおすすめです。

設営は付属のペグを打って、センターポールと玄関ポールを立てるだけで簡単。
ペグの本数は多い。
ナイロン生地が薄く軽量で良い。
色合いもアイボリーで自然な感じで良い。
内部は高さもあり広々してて良い。
雨漏りはしないが、シングルウォールなので家族5人で寝ると内側に結露する。

タイプ別人気テント⑪:ファミリーキャンプ向けツールーム1

DOD:ワンタッチビッグダディ

DOD ドッペルギャンガー ワンタッチビッグダディ T5-527 【TENTARP】【TENT】 テント ONE TOUCH BIG DADDY キャンプ アウトドア 【highball】
楽天で詳細を見る

大型のツールームテントですが設営がしやすいワンタッチ式のテントで、簡単に組み立てれるのですが、床面は23.63平方メートルと大きく壁際もトンネル型のように立ち上がっているので広く使えます。トンネル型の弱点であるルーフシートも付属するので結露の防止もなりキャノピーポールで入口部分を跳ね上げることでリビングを拡大できるためファミリーキャンプ以外に大人数のキャンプにもおすすめです。

おすすめの理由

標準装備のインナーテントでは5人まで利用でき、反対側にオプションのインナーテントを使用することで最大10人まで利用できます。耐水圧は2000ミリと高いのでワンタッチ式で安心ですよ。そして一番のおすすめポイントは設営がとにかく簡単なことです。同社のトンネル型ドームテントも大人気ですが同時期に発売されたワンタッチ式のこのテントも人気です。

選び方の参考に

広々していて使いやすいテントですが細かなところで疑問が残るテントでもあるようですが、使い勝手もよく品質も悪くないようです。

タイプ別人気テント⑫:ファミリーキャンプ向けツールーム2

キャンパルジャパン:ティエラリンド

出典: https://www.store-campal.co.jp

2019年の新作で公式通販サイトで現在絶賛予約受付中のツールームテントです。ファミリーキャンプで使うには少し小さいですが、子供がまだ小さいなうちはファミリーキャンプ用のテントとしても使える175×225cmとなっていて比較的珍しいやや小型のツールームテントになります。耐水圧は1800ミリと雨が多い日本のキャンプで安心できる高めの耐水圧とフライシートにスカートがあるので虫や風の侵入を防いでくれますよ。

おすすめの理由

出典: https://www.store-campal.co.jp

ソロキャンプでも使えるような小型のツールームテントは数が少なく、子供が小さなうちはファミリーキャンプ向けのテントとしても使えることから紹介しました。キャンパルジャパンというブランドは評価も高く公式通販サイトで予約分は売り切れになるほどの人気テントとなっています。

選び方の参考に

小さな子ども1人ならファミリーキャンプでも使用可能と言われていますが、ファミリーキャンプをメインに考えると狭いので注意しましょう。逆に小さなツールームテントがほしい方にはおすすめですよ。

キャンプ向けテントのまとめ

スタイルに合ったテントを選ぼう

出典: https://www.photo-ac.com

紹介してきたそれぞれのテントは各スタイルに合わせて選んだのでソロキャンプにファミリーキャンプ向けの大きなテントを持っていてもスペースを余してしまいますし、キャンプツーリングなのに大きなテントを持っていくと持ち運びに苦労するのでキャンプのタイプに合わせてテントを選んでくださいね。

キャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには初心者にもおすすめのギアに関する記事がたくさんあるのでよかったらチェックしてみてくださいね。

Thumb初めてのソロキャンプ入門!最低限必要な道具一式と便利アイテムをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
のんびりと自然を堪能できることから、ソロキャンプに興味がある人は増えてきています。ですが、一...
Thumb初めてのキャンプ入門!初心者も楽しめるキャンプ場での流れ・過ごし方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
初めてのキャンプにチャレンジする初心者に向けて、最低限必要な道具や一連の流れについて解説しま...
Thumbアウトドア雑誌おすすめ13選!キャンプやファッションなど人気雑誌をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
自己流に身近な環境でアウトドアを極めることは難しいことです。しかし専門雑誌の力を借りたら、求...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ