【2019】初心者におすすめの250ccバイク10選!最新&人気モデルを解説!のイメージ

【2019】初心者におすすめの250ccバイク10選!最新&人気モデルを解説!

初心者や女性に人気が高いおすすめの250ccバイクを紹介します。おすすめポイント、エンジン、車体サイズ、足回りなど、バイクの選び方で重要な注目点も記載しました。選ぶときの基準にしやすいスペックをまとめ、理論上の最高速度も計算しています。

2019年02月07日更新

hosokawa_taka
hosokawa_taka
キャンプツーリング暦24年。寺崎勉氏の影響を受けて野宿ツーリングを始めたのがきっかけです。当時はキャンプツーリングに関する情報が少なく、たくさんの苦い経験をしました。キャンプやツーリングに関する情報を正しく丁寧に伝えたいと存じます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 250cc最新&人気モデルを厳選!はじめに
  2. 中型250ccバイクの選び方:エンジン
  3. 中型250ccバイクの選び方:車体サイズ
  4. 中型250ccバイクの選び方:足回り
  5. おすすめ中型250ccバイク:Rebel 250
  6. おすすめ中型250ccバイク:CB250R
  7. おすすめ中型250ccバイク:GSX250R
  8. おすすめ中型250ccバイク:ヴェルシスX250 ツアラー
  9. おすすめ中型250ccバイク:Vストローム250
  10. おすすめ中型250ccバイク:YZF-R25
  11. おすすめ中型250ccバイク:ニンジャ250
  12. おすすめ中型250ccバイク:CBR250RR
  13. おすすめ中型250ccバイク:セロー250
  14. おすすめ中型250ccバイク:CRF250L
  15. 中型250cc最新&人気モデルを厳選!まとめ

250cc最新&人気モデルを厳選!はじめに

mura_cb250rさんの投稿
47690659 395922894513278 5391107378060751458 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

普通二輪免許を取得したばかりのバイク初心者にとって初めての1台はとても重要です。初めて乗ったバイクはあなたのバイク人生に大きな影響を与えますし、忘れられない1台になること間違いありません。だからこそ、バイクの選び方で失敗したくないというのが本音ではないでしょうか?

250ccバイクのおすすめポイントやスペックを紹介し、種類、ハンドリング特性もまとめました。理論上の最高速度も参考にしてください。

250ccバイクの傾向

yagi_riderさんの投稿
49312124 2158023301175850 33826539574217607 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

250ccのバイクはベテランライダーをも唸らせる楽しさがあります。250ccのバイクは限られた排気量で一般道から高速道路まで走行するスペックを備えていなければなりませんので、モデルによって特徴が大きく違い、バイクを操る楽しさを感じられるからです。

また、新車で購入できる最新の250ccバイクは乗りやすさが重視されていますので、初心者や女性にとって敷居が低いモデルが多いといえます。

中型250ccバイクの選び方:エンジン

os_gsx250rさんの投稿
49660312 2058804867528513 4313097311822695957 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

排気量250ccのバイクはエンジン特性に着目した選び方をすべきです。新車で購入できる250ccバイクは①一般道で扱いやすい低中回転時のトルクが豊かなバイクと②一般道から高速道路までバランスよくトルク配分されたバイク、この2種類に大別できます。

エンジンの選び方1:最高出力と最大トルク

250ccバイクのエンジン特性は最高出力と最大トルクを発生させるエンジン回転数で推測できます。最高出力を発生させるエンジン回転数が高いバイクは高速道路走行で少し余裕があるモデルが多いですね。また、最大トルクを発生させるエンジン回転数が低いバイクは一般道で扱いやすいモデルが多いといえます。

エンジンの選び方2:ユーザーレビューを確認する

suzuki.dr800sさんの投稿
42420377 489710874844249 4380383348064395414 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

250ccバイクのエンジン特性をスペックシートの数値だけで判断するのは間違いです。高速道路での余裕や一般道での扱いやすさを判断するためには、ユーザーのインプレやレビューを必ず参考にしましょう。

そのユーザーがこれまでどんなバイクに乗ってきたか、どんな使い方をしているか、そのあたりも踏まえながら参考にすべきです。参考になるユーザーのインプレやレビューが書き込まれたサイトを紹介します。

バイクカタログ・諸元表・スペック情報からバイクを探す-バイクのことならバイクブロス
価格.com
Webike!【ウェビック】

中型250ccバイクの選び方:車体サイズ

thida.familyさんの投稿
50234431 387964275271280 2471270459235339167 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

250ccバイクの車体サイズは車両重量も含めてコンパクトなモデルが多いといえます。しかし、それはあくまでも400ccバイク以上のモデルと比べての話です。50ccバイクと比較すると車体サイズは大きいですし、モデルによっては排気量以上に大きく感じるモデルもありますね。

車体サイズの選び方1:駐車場所も考慮して

yamaha__r25さんの投稿
30946568 456610041440690 7974190509734232064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

車体サイズは初心者や女性がもっとも気にするポイントではありますが、あなたが扱えるかどうかと合わせて、保管場所やよく駐車する場所も想定した選び方がベストです。全長、全幅、車両重量、シート高、この4点は必ずチェックしましょう。

車体サイズの選び方2:大きさは慣れれば大丈夫

コンパクトなモデルは小柄な体格の初心者や女性におすすめです。しかし、体格が標準以上であれば、車体サイズを気にする必要はありません。初めのうちは扱いにくさを感じても、慣れてくると気にならなくなります。むしろ、バイクに慣れた後に感じる窮屈さを意識した選び方をするほうがいいですね。

中型250ccバイクの選び方:足回り

t.tatsuhitoさんの投稿
50264411 1656578557975042 2576621248556905469 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フロントサスペンショは、倒立フォークは剛性感が高く、正立フォークは疲れにくいといえます。太いインナーチューブは剛性感が高いですね。リアサスペンションは、ツインショックはプリロード調整しやすく、リンク式サスペンションは路面追従性が高い傾向にあります。

しかし、バイクの足回り特性をスペックシートから推測するのは難しいのですね。ハンドリング(操舵性)や乗り心地に関する情報は、ユーザーレビューを参考にしたほうが確実だといえます。

足回りの選び方1:サスペンションセッティング

250ccバイクを選ぶときはサスペンションセッティングができるかどうかをチェックしましょう。バイクは乗り手の体重に合わせてサスペンションを調整すると乗りやすくなります。

自分でセッティングする方法もありますが、初心者はバイクショップに依頼するのがおすすめです。型通りの数値よりも、乗りやすいか乗りにくいかを判断基準にしましょう。

足回りの選び方2:セッティング方法

250ccバイクは価格との兼ね合いでフロントフォークのサスペンション調整ができないものが多いですね。ですので、リアサスペンションのプリロード調整だけで前後サスペンションのバランスをとる必要があります。リアサスペンションのプリロード調整をしながら、リアとフロントの沈み込み量が同じ割合になるようセッティングしましょう。

おすすめ中型250ccバイク:Rebel 250

レブル250のおすすめポイント

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ レブル250

マットアーマードシルバーメタリック

エンジンは低回転から高回転まで一定のトルク感が得られるタイプですが、意外と鼓動感が感じられるのがレブル250のおすすめポイントです。また、ハンドリングはアメリカンクルーザーとしては軽快だといえます。オールマイティなキャラクターですので、大学生の通学用バイクにもおすすめです。

レブル250のスペック

全長×全幅×全高:2,190×820×1,090mm
シート高:690mm
車両重量:168mm
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
排気量:249cc
最高出力:19kW[26PS]/9,500rpm
最大トルク:22N・m[2.2kgf・m]/7,750rpm
フロントサスペンション:正立フォーク インナーチューブ径Φ41mm
リアサスペンション:ツインショック プリロード調整5段
新車価格(税別):498,000円
2019年1月28日現在の数値

レブル250の評価とまとめ

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ レブル250

パールカデットグレー

ホンダのレブル250はスタイリッシュな外観に人気があります。アメリカンクルーザー独特の土臭い印象はなく、都会的で洗練されたシルエットが威力的です。デザインの完成度が高いので、外装をカスタムする人は少ないといえます。

種類 クルーザー
最高速度
(理論値)
155.5km/h
ハンドリング特性 ニュートラル
初心者の注目点
(選び方)
扱いやすいエンジンやハンドリングの特性。
女性の注目点
(選び方)
手強さを感じない車格やスタイリッシュなデザイン。

おすすめ中型250ccバイク:CB250R

CB250Rのおすすめポイント

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ CB250R

ブラック

低回転から高回転まで一定のトルク感を感じられるフラットなエンジン特性と、安定感が高いニュートラルなハンドリングがCB250Rのおすすめポイントです。

地面にフロントフォークを突き刺すような感覚に慣れればワインディングロードが楽しくなります。クオリティが高い足回りは、初心者の上達を手助けしてくれますよ。高速道路走行も得意です。

CB250Rのスペック

全長×全幅×全高:2,020×805×1,050mm
シート高:800mm
車両重量:142kg
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
排気量:249cc
最高出力:20kW[27PS]/9,000rpm
最大トルク:23N・m[2.3kgf・m]/8,000rpm
フロントサスペンション:倒立フォーク インナーチューブ径Φ41mm
リアサスペンション:モノサスペンション プリロード調整7段
新車価格(税別):466,000円
2019年1月29日現在の数値

CB250Rの評価とまとめ

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ CB250R

キャンディークロモスフィアレッド

種類 ネイキッドロードスポーツ
最高速度
(理論値)
138.5km/h
ハンドリング特性 ニュートラル
初心者の注目点
(選び方)
質感が高いバイクは上達しやすいといえます。
女性の注目点
(選び方)
オーソドックスなスタイルは服装を選びません。

ホンダのCB250Rは上質なネイキッドロードスポーツです。中性的でスタイリッシュなデザインにホンダらしさを感じますね。CB1000R、650R、250R、125Rの4兄弟中、CB250Rはもっともオールマイティなキャラクターです。お家芸であるプロリンクサスペンションを敢えて採用していないところにホンダの本気を感じます。

ThumbCB250Rのインプレ・レビューまとめ!ホンダイズムを引き継ぐ素質! | 暮らし~の[クラシーノ]
ストリートファイターとカフェレーサーを融合したかのようなホンダのCB250R。軽量でコンパク...

おすすめ中型250ccバイク:GSX250R

GSX250Rのおすすめポイント

出典: http://www1.suzuki.co.jp

スズキ GSX250R

クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト

低中回転域のトルクが豊かな扱いやすいトルク特性がGSX250Rのおすすめポイント!重厚で大らかなハンドリングは長距離ツーリングでも疲れにくいですね。

比較的に車体が重いのですが、重心が低いので心配するほど重さを感じません。高速道路走行は得意ではありませんが、法定速度内なら問題ないといえます。値段が安いのも魅力的ですね。

GSX250Rのスペック

全長×全幅×全高:2,085×740×1,110mm
シート高:790mm
車両重量:178kg
エンジン:水冷4ストロークSOHC2バルブ直列2気筒
排気量:248cc
最高出力:18 kW[24 PS]/8,000rpm
最大トルク:22 N・m[2.2 kgf・m]6,500rpm
フロントサスペンション:正立フォーク インナーチューブ径Φ37mm
リアサスペンション:モノサスペンション プリロード調整7段
新車価格(税別):488,000円
2019年1月29日現在の数値

GSX250Rの評価とまとめ

出典: http://www1.suzuki.co.jp

スズキ GSX250R

キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック

種類 スーパースポーツ/ツアラー
最高速度
(理論値)
約110km/h
ハンドリング特性 大らか
初心者の注目点
(選び方)
トルキーなエンジン特性は安定感が高い。
女性の注目点
(選び方)
レーシーなデザインは男性から一目置かれる。

スズキのGSX250Rは他社の250ccスーパースポーツと一線を画すキャラクターを持っています。外観デザインからはレーシーでスパルタンな印象を受けますが、アップライトなライディングポジションは交通の流れを把握しやすいので、初心者や女性の街乗りバイクにもおすすめです。

Thumbスズキ「GSX250R」のインプレ・レビューまとめ!ツーリングにも最適? | 暮らし~の[クラシーノ]
250ccロードスポーツ市場は大混戦。その中でも異端児のGSX250Rのスペック、キャラクタ...

おすすめ中型250ccバイク:ヴェルシスX250 ツアラー

ヴェルシスX250ツアラーのおすすめポイント

出典: http://www.kawasaki-motors.com

カワサキ ヴェルシスX250 ツアラー

メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック

高回転域までスムーズに回る紳士的なエンジンとゆったりとしたハンドリングがヴェルシスX250 ツアラーのおすすめポイントです。神経質な雰囲気がありませんので、大柄な車体さえクリアすれば初心者や女性でも扱いやすいですね。高速道路走行が得意で、ロングツーリングでも疲れにくいといえます。

ヴェルシスX250 ツアラーのスペック

全長×全幅×全高:2,170×940×1,390mm
シート高:815mm
車両重量:183kg
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒
排気量:248cc
最高出力:24kW[33PS]/11,500rpm
最大トルク:21N・m[2.1kgf・m]/10,000rpm
フロントサスペンション:正立フォーク インナーチューブ径Φ41mm
リアサスペンション:ユニトラック プリロード調整5段
新車価格(税別):638,000円
2019年1月29日現在の数値

ヴェルシスX250 ツアラーの評価とまとめ

出典: http://www.kawasaki-motors.com

カワサキ ヴェルシスX250 ツアラー

メタリックムーンダストグレー×メタリックフラットスパークブラック

種類 アドベンチャーツアラー
最高速度
(理論値)
約153km/h
ハンドリング特性 大らか
初心者の注目点
(選び方)
ロングツーリングでも疲労が少ない。
女性の注目点
(選び方)
手強さを感じる車格に慣れる必要がある。

カワサキのヴェルシスX250 ツアラーは大柄な車体に高回転域が伸びやかなエンジンを搭載したアドベンチャーツアラーです。オフロードバイクのような印象を受けますが、ダート走行を前提としたバイクではありません。パニアケースを標準装備していますのでお買い得だといえます。

おすすめ中型250ccバイク:Vストローム250

Vストローム250のおすすめポイント

出典: http://www1.suzuki.co.jp

スズキ Vストローム250

パールネブラーブラック/ ソリッドダズリンクールイエロー

GSX250Rと同じく、低中回転域で豊かなトルクを発生させるエンジン特性はとても評判がいいですね。ハンドリングは大らかですが、立ちが強い(バンクしにくい)印象はありません。乗り心地がいいソフトなサスペンションは路面追従性が高いですよ。旅バイク的な要素に250ccアドベンチャーツアラーの資質を感じます。

Vストローム250のスペック

全長×全幅×全高:2,150×880×1,295mm
シート高:800mm
車両重量:188kg
エンジン:水冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒
排気量:248cc
最高出力:18 kW[24 PS]/8,000rpm
最大トルク:22 N・m[2.2 kgf・m]6,500rpm
フロントサスペンション:正立フォーク インナーチューブ径Φ37mm 
リアサスペンション:モノサスペンション プリロード調整7段
新車価格(税別):528,000円
2019年1月29日現在の数値

Vストローム250の評価とまとめ

出典: http://www1.suzuki.co.jp

スズキ Vストローム250

ダイヤモンドレッドメタリック

種類 アドベンチャーツアラー
最高速度
(理論値)
約108km/h
ハンドリング特性 大らか
初心者の注目点
(選び方)
扱いやすさはアドベンチャー系バイク最強!
女性の注目点
(選び方)
車両重量は意外と気にならない。

スズキのVストローム250は先に紹介したGSX250Rの兄弟車で、エンジンやフレームを共用しています。オフロードバイク的な印象を受けますが、前後17インチキャストホイールは未舗装路を想定した装備ではありません。車両重量が重いのですが、キャラクターはフレンドリーですので初心者や女性にも人気があります。

おすすめ中型250ccバイク:YZF-R25

YZF-R25のおすすめポイント

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp

ヤマハ YZF-R25

ディープパープリッシュブルーメタリック C

高回転域が気持ちいいスポーティなエンジン特性ですが、オールマイティなキャラクターもYZF-R25のおすすめポイントです。ライディングポジションがアップライトですので、街乗りでも扱いやすいといえます。2018年10月にインドネシア仕様がフルモデルチェンジし、国内モデルも2019年春に導入される予定です。

YZF-R25のスペック

全長×全幅×全高:2,090×720×1,135mm
シート高:780mm
車両重量:167kg
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒
排気量:249cc
最高出力:26kW[35PS]/12,000rpm
最大トルク:23N・m[2.3kgf・m]/10,000rpm
フロントサスペンション:正立フォーク インナーチューブ径Φ41mm
リアサスペンション:モノクロス プリロード調整7段
新車価格(税別):525,000円
2019年1月29日現在の数値

YZF-R25の評価とまとめ

出典: https://www.yamaha-motor.co.id

ヤマハ YZF-R25

 インドネシア仕様 2019年モデル

種類 スーパースポーツ
最高速度
(理論値)
約165km/h
ハンドリング特性 ニュートラル
初心者の注目点
(選び方)
オールマイティなキャラクターはバイクに求めるものが変わっても使いづらさを感じない。
女性の注目点
(選び方)
250ccスーパースポーツでもっとも女性に似合うデザイン。

ヤマハのYZF-R25はバランスがいい250ccスーパースポーツバイクです。オールマイティなキャラクターや、ヤマハらしいシャープで美しいデザインに人気があります。カワサキのニンジャ250Rが火をつけた250ccフルカウルバイクの人気をスポーティな方向へと引っ張った張本人で、YZF-R25の登場以降、スポーティな250ccバイクが増えました。

おすすめ中型250ccバイク:ニンジャ250

ニンジャ250のおすすめポイント

出典: http://www.kawasaki-motors.com

カワサキ ニンジャ250

メタリックスパークブラック

高回転域までスムーズに回るエンジンとクイックなハンドリングがニンジャ250のおすすめポイントです。フルモデルチェンジしてシフトフィーリングなどの各部の動きがスムーズになりました。ライディングポジションの前傾はきつくないので、街乗りやツーリングでも使い勝手がいいですね。

ニンジャ250のスペック

全長×全幅×全高:1,990×710×1,125mm
シート高:795mm
車両重量:166kg
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒
排気量:248cc
最高出力:27kW[37PS]/12,500rpm
最大トルク:23N・m[2.3kgf・m]/10,000rpm
フロントサスペンション:正立フォーク インナーチューブ径Φ41調整不可
リアサスペンション:ユニトラック プリロード調整5段
新車価格(税別):583,000円
2019年1月29日現在の数値

ニンジャ250の評価とまとめ

出典: http://www.kawasaki-motors.com

カワサキ ニンジャ250

メタリックファントムシルバー×メタリックスパークブラック

10,000円高

種類 スーパースポーツ
最高速度
(理論値)
約176km/h
ハンドリング特性 クイック
初心者の注目点
(選び方)
250ccスーパースポーツでナンバーワンの人気。キャラクターは旧型とは別物。
女性の注目点
(選び方)
ハイスペックだが意外とフレンドリーなキャラクター。

カワサキのニンジャ250は2018年2月にフルモデルチェンジしています。旧型ニンジャ250はツアラー色が強かったのですが、新型ニンジャ250はコンパクトでスポーティですね。シャープでかっこいいライト周りのデザインに人気があります。

おすすめ中型250ccバイク:CBR250RR

ホンダ CBR250RRのおすすめポイント

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ CBR250RR

グランプリレッド(ストライプ)

スポーティなCBR250RRは初心者や女性におすすめできないモデルではありません。加速特性が緩やかなコンフォートモードを選択すれば、CBR250RRに慣れるまでの間からツーリングまで、快適に操縦することができます。

かっこいいデザインは初心者にとって重要な要素です。かっこいいと思えるバイクは乗りたくなりますよね?乗る回数が増え、距離を延ばすほどライディングスキルはアップします。

ホンダ CBR250RRのスペック

全長×全幅×全高:2,065×725×1,095mm
シート高:790mm
車両重量:165
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
排気量:249cc
最高出力:28kW[38PS]/12,500rpm
最大トルク:23N・m[2.3kgf・m]/11,000/rpm
フロントサスペンション:インナーチューブ径Φ37mm 調整不可
リアサスペンション:プロリンク プリロード調整5段
新車価格(税別):730,000円
2019年1月29日現在の数値

CBR250RRの評価とまとめ

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ CBR250RR ABS

グランプリレッド

17,000円高

種類 スーパースポーツ
最高速度
(理論値)
約170km/h
ハンドリング特性 クイック
初心者
(選び方)
ハイスペックなメカが好きな男子におすすめ。
女性
(選び方)
コンフォートモードはエンジンを切るたびにスポーツモードに戻されるのが面倒。

ホンダのCBR250RRは最新技術を投入した250ccスーパースポーツです。レーシーでスパルタンなデザイン、やや前傾姿勢となるライディングポジション、エンジンの加速特性を変更できる3つのライディングモード(エンジンコントロールユニットで燃料噴射特性を可変する)など、スポーティな走りを追求した250ccバイクだといえます。

Thumbホンダの新型「CBR250RR」インプレ!復活した名車のスペックと魅力とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
2017年5月12日、新型CBR250RRが発売されました。ベテランライダーには懐かしい車名...

おすすめ中型250ccバイク:セロー250

ヤマハ セロー250のおすすめポイント

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp

ヤマハ セロー250

パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)


中低回転域で粘り強いエンジン特性がセロー250のおすすめポイントで、極低速でも安定感が高いですね。ベテランオフローダーのアタックツーリングや荷物を満載するキャンプツーリングだけでなく、手強さを感じさせない車格は初心者や女性からの評価が高いといえます。

ヤマハ セロー250のスペック

全長×全幅×全高:2,100×805×1,160mm
シート高:830mm
車両重量:133kg
エンジン:空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
排気量:249cc
最高出力:14kW[20PS]/7,500rpm
最大トルク:20N・m[2.1kgf・m]/6,000rpm
フロントサスペンション:正立フォーク インナーチューブ径Φ36mm
リアサスペンション:モノクロス プリロード調整無段
新車価格(税別):523,000円
2019年1月29日現在の数値

セロー250の評価とまとめ

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp

ヤマハ セロー250

パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)


種類 オフロード
最高速度
(理論値)
113km/h
ハンドリング特性 大らか
初心者
(選び方)
しなやかな足回りはアスファルト走行も楽しい。
女性
(選び方)
手強さを感じさせない車格と扱いやすいエンジン特性。

ヤマハのセロー250は軽量でコンパクトな車格が魅力的なオフロードバイクの名車です。足つき性がいいので街乗りで重宝しますし、しなやかなサスペンションは林道ツーリングで安定した路面追従性を発揮します。

一旦カタログ落ちしましたが、厳しい排気ガス規制をクリアして2018年8月に復活し、新車購入できるようになったことに狂喜乱舞したオフローダーは多かったですね。

おすすめ中型250ccバイク:CRF250L

ホンダ CRF250Lのおすすめポイント

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ CRF250L

エクストリームレッド

低中回転域のトルク特性を豊かにしながらも、高回転まで元気に回るエンジンがCRF250Lのおすすめポイントです。本気でダートを楽しむにはリアサスペンションの伸縮が追いつかないため、社外品に交換するオフローダーは多いのですが、ワインディングロードや舗装林道での旋回性は優れています。単気筒の250ccオフロードバイクながら、高速道路走行も得意ですよ。

CRF250Lのスペック

車体サイズ/全長×全幅×全高:1,195(1,150)×815×1,195(1,150)
シート高:875(830)mm
車両重量:144(143)kg
エンジン:水冷4ストローク4バルブ単気筒
排気量:249cc
最高出力:18kW[24PS]/8,500rpm
最大トルク:2N・m3[2.3kgf・m]/6,750rpm
フロントサスペンション:倒立フォーク インナーチューブ径Φ41mm 調整不可
リアサスペンション:プロリンク プリロード調整無段
新車価格(税別):461,000円
2019年1月29日現在の数値

CRF250Lの評価とまとめ

出典: https://www.honda.co.jp

ホンダ CRF250L Type LD

エクストリームレッド

種類 オフロード
最高速度
(理論値)
約134km
ハンドリング特性 大らか
初心者
(選び方)
転倒して傷だらけになったほうがかっこいい。ダート走行しないならCRF250Mもおすすめ。
女性
(選び方)
女性はセロー?そんな雰囲気に惑わされないこと。

ホンダのCRF250Lはオールマイティなオフロードバイクとして人気があります。アスファルトからダートまでバランスよくまとめたホンダの技術に拍手を贈りたいですね。車格はそれなりにありますが、ローダウン仕様なら初心者や女性が街乗りしても不安を感じさせません。

中型250cc最新&人気モデルを厳選!まとめ

r.kawakami118さんの投稿
42589351 468627126961327 944071359629986718 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

250ccのバイクはモデルごとの特徴が明確ですので、あなたに合ったバイクを見つけやすいといえます。少し前までは乗りやすいフレンドリーなモデルが多かったのですが、2017年あたりからスポーティなモデルが増えました。

しかし、人気が高い排気量ですので、もう少しラインナップが増えて欲しいところです。蹴り出し感が力強い単気筒エンジンが増えれば、ますます選択肢が増えると考えられます。

中型250ccバイクが気になる人はこちらをチェック!

今回登場したバイクについてまとめられた他の記事もチェックしてください。スペックを比較をすることでわかることはたくさんありますよ。

Thumb250ccスーパースポーツ徹底比較!街乗りやツーリングに適したバイクは? | 暮らし~の[クラシーノ]
250ccスーパースポーツをスペックを基準に徹底比較します。フルカウルを装着した250ccス...
Thumb250アドベンチャー対決!今話題のクオーター冒険バイクの魅力に迫る! | 暮らし~の[クラシーノ]
250ccのアドベンチャーバイクが今、人気です。軽量・コンパクトながら道を問わずに走れ、車検...
matsui_rs827さんの投稿
49813297 2348154322086809 6899218657399159459 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ