TIMEX(タイメックス)の腕時計用ベルトの交換・調整方法と選び方をご紹介!

TIMEX(タイメックス)の腕時計用ベルトの交換・調整方法と選び方をご紹介!

TIMEX(タイメックス)の腕時計は腕時計のデザインだけでなく、ベルトの交換が簡単で雰囲気をガラッと変えられることも魅力ですね。TIMEX(タイメックス)とはどんなブランドでどんな時計を作っているか?ベルトの交換方法と調整方法についてまとめました。

記事の目次

  1. 1.TIMEX(タイメックス)とは?
  2. 2.TIMEXの歴史
  3. 3.TIMEXの腕時計の種類①
  4. 4.TIMEXの腕時計の種類②
  5. 5.TIMEXに合う腕時計のベルトの種類
  6. 6.TIMEXのベルトの選び方
  7. 7.腕時計のベルト交換の基本
  8. 8.TIMEXのベルト交換①
  9. 9.TIMEXのベルト交換②
  10. 10.TIMEXのベルト交換③
  11. 11.TIMEXのベルト調整①
  12. 12.TIMEXのベルト調整②
  13. 13.TIMEXのベルト調整③
  14. 14.TIMEXのメンテナンス
  15. 15.まとめ

TIMEX(タイメックス)とは?

TIMEX(タイメックス)はアメリカ発の腕時計ブランド

TIMEX(タイメックス)の創業は1845年です、創業時は「ウォーターベリークロックカンパニー」という名前でした。当時は腕時計というものがなく、懐中時計を主に製造していました。タイメックスの中でも「ヤンキー」という懐中時計は1ドルで買える手軽さで20年間で400万本も売上て、ドルを有名にした時計とも言われています。ちなみに創業時の1845年の日本はまだ江戸時代で黒船すらも来ていない頃です。

TIMEX(タイメックス)の軍用時計

「ヤンキー」という懐中時計が大成功したタイメックス社でしたが、世界は第一次世界大戦へと突入していきます。そこで安価で頑丈な時計を作るタイメックスへ米軍から軍用時計の依頼が来ます、タイメックスは自社の技術を生かして作ったのが軍用時計で、これが現在のミリタリーウォッチの原型になっていますね。以後タイメックス社は高級な時計からリーズナブルな時計まで扱い、ユニークなアイデアで時計作りをしています。

TIMEXの歴史

クオーツの登場

日本の時計メーカーであるセイコーが開発したクオーツという電池式の時計の駆動方式があります。現在では電池式や機械式を選ぶことができますが、当時は機械式時計しかありませんでした。そこへ出てきた電池式のクオーツは画期的な技術で、信頼性の高いセイコーの時計は大ヒットしました、これによってアメリカに拠点を置いていたメーカーは廃業に追い込まれてしまったほどです。

TIMEXはアメリカ唯一の腕時計ブランド

クォーツの登場で次々に廃業していったアメリカの腕時計メーカーですが、唯一残ったのがTIMEX(タイメックス)です。現在ではアメリカに拠点を置く腕時計ブランドとして残っていますね。アメリカのオバマ元大統領などの著名人が愛用していることも有名ですね。それでいて一般的な人でも手の届きやすい価格でしっかりとした時計作りをしているのがタイメックスの魅力です。

TIMEXはベルトの付け替えが簡単

タイメックスの腕時計には本体とベルトの組み合わせでたくさんのモデルがあります。ベルトの種類はナイロン、レザー、メタルベルトなど種類も豊富ですね。ベルトを交換することで腕時計の雰囲気を変えることができますよ。またベルトの交換が簡単なのもタイメックスの特徴です。

TIMEXの腕時計の種類①

TIMEX キャンパー

[タイメックス]TIMEX オリジナルベトナムキャンパー36mm ブラックダイアルカーキナイロンストラップ TW2P88400 【正規輸入品】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天10,400円

タイメックスの軍用時計の歴史を感じるキャンパーはシンプルで無骨なデザインが魅力です。元々は軍用時計でしたから時間が一目で見やすいように文字が大きいのが特徴です、またカレンダーやストップウォッチ機能も付いていません。タイメックスのキャンパーは街中ではカジュアルに、アウトドアでは軽くつけられる腕時計ですね。

TIMEX ウィークエンダー

TIMEX 【国内正規品】ウィークエンダー セントラルパーク タイメックス ファッショングッズ【送料無料】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

タイメックスがキャンパーより新しくより都会的なファッション性を追加してデザインしたのがウィークエンダーです。キャンパーとウィークエンダーの違いはケースが真鍮(しんちゅう)などの金属製になっていることです。またキャンパー同様ナイロンベルトを採用してカジュアルでモダンな腕時計になっています。

インディグロナイトライトを搭載

タイメックスにはインディグロナイトライトという機能があり、暗闇でも見えるように文字盤全体が光る機能のことです。これはタイメックスが世界初で開発した機能で、腕時計のリューズを押すことで文字盤が光るようになっています。非常に便利な機能なのでインディグロナイトライトが付いているかどうかは買う前にチェックしておきましょう。

TIMEX サファリ

【腕時計】 TIMEX タイメックス サファリ Safari 復刻版 TW2P88300 【542】【ラッキーシール対応】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

タイメックスのサファリといえば「7月4日に生まれて」という映画で主演のトム・クルーズが付けていたことで大ヒットしたモデルです。サファリの特徴はゴールドの回転ベゼルとレザーの編み込みベルトですね。サファリは残念ながら絶版でしたが、現在は復刻版サファリを手に入れることができます。

TIMEXの腕時計の種類②

TIMEX イージーリーダー

[タイメックス]TIMEX [タイメックス]TIMEX モダンイージーリーダー ホワイトブラック T2N338 【正規輸入品】 T2N338 【正規輸入品】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

非常にシンプルな腕時計でどんな服装にも合わせやすいのがタイメックスのイージーリーダーです。しかもインディグロナイトライトがついているので夜でも時間が分かります。ケースが42mmほどのモデルになっていてシンプルながら存在感のあるモデルですね。大き目なケースはウィークエンダーに似ていますが、文字盤はキャンパーよりもシンプルで文字が大きいですね。

TIMEX ウォーターベリーコレクション

タイメックス(TIMEX) メンズ時計(ウォーターベリーコレクション【型番:TW2P64700】)【ブラック/タン/**】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

タイメックスの前身である「ウォーターベリー」の名前が付いたモデルで、正統派でクラシックなデザインになっています。カジュアルなイメージはなくビジネスでも使える腕時計ですね。レザーベルトにはブーツのレッドウイングと同じレザーを使っています。

TIMEX フェアフィールド

【アウトレット】国内正規品 タイメックス 時計 メンズ レディース 腕時計 ウィークエンダーフェアフィールド ネイビー文字盤 ライトブラウンレザーベルト 37mm TW2P98300 ビジネス 男性 ブランド 誕生日 お祝い プレゼント ギフト お洒落

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

2016年から発売されたタイメックスの中でも新しいモデルです。ウィークエンダーのデザインを変更したモデルでパッとみるとウィークエンダーに似ていますが、ウィークエンダーと比べると文字盤のデザインと3針が細くなっていますね。フェアフィールドもウィークエンダーと同様にカラーバリエーションが豊富でカジュアルに腕時計を楽しめて、ベルト交換もしやすいモデルになっています。

TIMEXに合う腕時計のベルトの種類

レザーベルト

[タイメックス]TIMEX ウィークエンダー 20mm ブラウンレザー ストラップ T2P495-STP

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

腕時計と言えばレザーベルトではないでしょうか?レザーベルトの高級感や光沢のある質感が好きな方も多いですね、またレザーは経年変化が楽しめてだんだん自分の体の形にフィットしてくることも楽しみの一つです。レザーベルトの色を変えるだけでも腕時計の印象がガラッと変わります。欠点は洗えないことと汗が浸み込んでしまうことですね。夏場には何日も連続でレザーベルトの腕時計をつけない方がいいと言われています。

ナイロンベルト

[タイメックス]TIMEX ウィークエンダー 20mm NATO ナイロンストラップ ネイビーxレッドxイエロー T2P234-STP

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天2,160円

タイメックスの腕時計にはナイロンベルトが採用されているものが多いですね。ナイロンベルトの特徴はデザインが豊富なことですね、カラフルなナイロンベルトは個性を出しやすいアイテムです。またベルトの付け替えも簡単で工具がいりません。その日のコーディネイトやTPOに合わせたデザインのベルトに替えてお出かけできますよ。汗が浸み込んでも丸洗いできるのもナイロンベルトの魅力です。

NATOベルトとは?

NATOベルトとはナイロンベルトの種類の一つです。元々はNATO軍で使われていたベルトですが、今では腕時計の本体を通して使う種類のベルトをNATOベルトと呼んでいますね。付け替えが簡単なのが特徴で、工具がなくてもベルト交換ができます。また軍用であったために服の上からでも巻きやすいようになっています、自転車やバイクに乗る方にはうれしいところですね。

メタルバンド

Timex腕時計バンドq7b865gz 16 mmメタルステンレススチールシルバー腕時計ストラップ

出典: Amazon
Amazon
楽天

腕時計のベルトの種類の中では一番重くなります、アウトドアで身軽さを求める方には合わないかもしれません。ですがメタルバンドの魅力は頑丈さにあります、レザーベルトのように定期的な付け替えは必要ありません。また耐水性もあり、汗が付きやすい腕時計にはぴったりです。メタルバンドはビジネス用のイメージがありますが、合わせ方によってはカジュアルだったりスポーティな印象にすることができますよ。

TIMEXのベルトの選び方

TPOに合わせて選ぶ

腕時計のデザインはTPOに合わせることがまず大事ですね。フォーマルな場にカジュアルな腕時計は合いません、逆にカジュアルな服装に合わない腕時計もありますね。好みのこだわりのある腕時計を付けることはいいことですが、まずはTPOにあっているか気を付けましょう。タイメックスの腕時計はカジュアル、フォーマルどちらもラインナップされていますね。

デザインで選ぶ

カジュアルな場であればどんな腕時計でもいいと言えます、好みのデザインを選んでいきましょう。タイメックスに好みのナイロンベルトを合わせていきましょう。カラフルなナイロンベルトは好きな色やコーディネートに合わせていけますね。レザーやメタルバンドでももちろん構いません。

ベルト幅に注意

タイメックスに画技らず腕時計には付け替えられるベルトの幅が決まっています。ラグ幅といってベルトと取り付ける部分の幅があります、少し小さい分には付け替えできますが大きいと入りません、ベルトを購入する際には注意しましょう。ラグ幅は腕時計のスペックに必ず書いてるのでチェックしておきましょう。

ジェームズ・ボンドのNATOベルト

TIMEXに関係ない少しマニアックな話ですが、映画007シリーズのジェームズ・ボンド愛用の時計といえばロレックスです。「ゴールデンアイ」という映画の中でロレックスにナイロンのNATOベルトを合わせているシーンがありました。少し細めのNATOベルトがスポーティでカッコいい印象が残っています。TPOに合わせてこういったベルトの付け替えもいいですね。

腕時計のベルト交換の基本

ベルトの外し方

TIMEXに限らず腕時計のベルトを付け替えるには今のベルトを外さないといけません。腕時計のベルトはラグの部分にバネ棒という部品で止まっていますので、このバネ棒を外してバンドを交換します。そしてバネ棒を外すにはバネ棒という工具が必要です、バネ棒は金属棒の両端がバネ式になっていてラグ穴にバネ棒が収まっていることで固定されています。そこでバネ棒はずしを使ってバネを押してバネ棒を外してやると簡単にベルトが外せます。

ベルトの付け方

ベルトを付けるときは外す時の逆の手順で進めましょう。バネ棒をベルトに通して、ラグ穴へバネ棒の片側をはめておきます。バネ外しを使ってバネ棒を押し込んだら、バネ棒の反対側をラグ穴へはめて完了です。しっかりバネ棒がラグ穴へはまっているか動かして確認しておきましょう、うまくはまっていないと時計が落下してしまいます。

TIMEXのベルト交換①

TIMEX ウィークエンダーの場合

TIMEX ウィークエンダーのベルトはナイロンのNATOベルトが多いです。ウィークエンダーのNATOベルトの付け替えは非常に簡単で、動画のように1分程度でできます。ベルトのつけ方は長い方のベルトをバネ棒へ通します、この時に向きに注意しましょう。次に長い方のベルトを短い方のベルトに通して完了です。非常に簡単で、付け替えも同じ手順でできますね。季節や服装に合わせてベルトを変えるのも楽にできますよ。

TIMEXのベルト交換②

TIMEX キャンパーの場合

TIMEX キャンパーもNATOベルトを採用しているので付け替え方は同じです。キャンパーはもともと安価なミリタリーウォッチですからナイロンベルトがよく合いますね、ナイロンベルトの色を変えて気分を変えて使っていけます。一方でキャンパーにはレザーベルトにもよく合います、レザーベルトに付け替える場合はバネ棒へレザーベルトを通して付け替えるか、NATOベルトのレザーを選びましょう。

TIMEXのベルト交換③

TIMEX サファリの場合

TIMEX サファリの特徴は編み込みのレザーベルトです。このレザーベルトは時計のバネ棒に通して固定されています。ですのでサファリのベルト交換はバネ棒を外すやり方で付け替えていきましょう。サファリの魅力でもある編み込みのレザーベルトを交換するなんてもったいないと思うかもしれませんが、いつかベルトが劣化して交換せざるを得ない時にやり方だけでも覚えておくといいですね。また夏場にはサファリでもナイロンベルトにすると快適ですよ。

TIMEXのベルト調整①

ナイロンベルトの場合

ナイロンのNATOベルトは余った部分は折り返してしまっておきます。ベルト全体の長さは調整できないので、ベルトの締め具合でフィット感を調整します。ですが腕の細い方だとかなりベルトが余ってしまいますね、外側へ向けて折り返せばいいんですが気になる方はカットする方法もあります。

ナイロンベルトをカットする方法

ナイロンベルトはカットすることで余る部分を少なくできます。またナイロンは末端をライターであぶってやれば溶けてきれいに処理しることができますよ。逆に伸ばしたい場合はNATOベルトを2つ連結させることもできます、これは服の上に巻きたいときに使えますね。2つのベルトの色の種類を変えることで変化をつけることもできますよ。

TIMEXのベルト調整②

レザーベルトの場合

レザーベルトも全体の長さを変えることはできません。止め穴を増やすことで好みのフィット感に調整することはできます。穴のあけ方は穴あけポンチを使います、穴を開けたいところへ穴あけポンチを叩いて穴を空ければ完了です。これでより細くしたり太くしたり、任意の場所へ微妙な調整もできますよ。もっと太くしたいというときは長い種類のベルトに交換するのがいいですね。タイメックスではサファリがこのやり方になります。

TIMEXのベルト調整③

メタルバンドの場合

メタルバンドの調整方法はコマの数で調整します。メタルバンドも何種類かあるので細かくはやり方が違いますが、メタルバンドの長さがコマの数によるところは同じです。メタルバンドの調整には専用の工具が必要です、これは100均でも売っているので安く手に入れることができますよ。時計屋さんできないようなイメージですが、メンテナンスや掃除のときに役立つので自分でやってみましょう。

メタルバンド調整のやり方

メタルバンドの調整はまず作業台に腕時計を乗せます。そしてピンにピン抜きを合わせてハンマーで少しずつ叩いてピンを抜きます。コマを抜きたい分だけピンを抜いて、最後につなぎ合わせたらメタルバンドの調整は完了です。季節によって長さを変えたることもできるので、抜いたコマとピンはなくさないようにしておきましょう。

TIMEXのメンテナンス

ベルトのメンテナンス

腕時計のベルトは肌に直接触れる部分なので汚れも付きやすいですし、清潔にしておきたいですね。カジュアル・フォーマルに限らず腕時計が汚れているのはみっともないです。ナイロンのNATOベルトの場合は簡単に外せるの定期的に丸洗いできます、これもナイロンベルトのメリットですね。レザーベルトは洗えませんね、汚れをふき取り、オイルを足してやることで長持ちします。メタルバンドは外して洗うことができますよ。

定期的な掃除で長持ち

腕時計のベルトを外して洗うときは一緒に本体も綺麗にしましょう。なかなか普段できない部分の綺麗にすることができますよ、特に肌に触れている部分には汚れが溜まっているはずです。掃除していると思わぬところに傷が見つかったりします、故障してしまう前にトラブルを見つけて早めに対処するのも掃除する目的の一つですよ。

まとめ

TIMEX(タイメックス)の腕時計はシンプルながらも歴史を感じるいい時計ばかりです、シンプルかつ個性のあるキャンパー、カジュアルでバンドの付け替えで楽しめるウィークエンダー、タイメックスの歴史を感じるサファリなど個性的な腕時計が揃っています。バンドとも組み合わせの種類も無限にあり、自分だけのスタイルにすることができますよ。バンド交換は難しくないので、ぜひTIMEX(タイメックス)のバンド交換に挑戦してみましょう!

TIMEX(タイメックス)について気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のの記事の中には腕時計に関する記事もたくさんあります。その中でもTIMEX(タイメックス)について役立つ記事と腕時計選びに役立つ記事をご紹介しますね。どちらも丁寧に解説してあるので、腕時計やバンド選びの参考になるはずです。

タイメックスのベルト選びは?種類やサイズなど交換時に役立つ情報をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
タイメックスのベルト選びは?種類やサイズなど交換時に役立つ情報をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
幕末の1854年にアメリカコネチカット州に誕生し、いまや潤沢な種類と見た目のおしゃれで日本で人気のタイメックス。ベルトは交換しやすいタイプが多々あり、純正や非純正の替えベルトが使えます。タイメックスのベルトの種類や、どう交換するかなどの基本情報をまとめました。
シンプルなデザインの腕時計おすすめ11選!人気ブランドから厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
シンプルなデザインの腕時計おすすめ11選!人気ブランドから厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
おしゃれでファッションアイテムとしても活用する事が出来るおすすめのシンプル腕時計をご紹介します!視認性が高く一目で時間を確認する事ができ、おしゃれで機能性も充実しているおすすめのシンプル腕時計ばかりを厳選してご紹介しますので是非ご参考にしてみてくださいね!
ロッキー
ライター

ロッキー

キャンプが好きです。家庭菜園を自宅でやっているので必要なものをDIYで作ったりしています。キャンプやDIYで得た経験を活かして記事を書いています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking