検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

焚き火用火バサミおすすめ4選!使いやすい商品からおしゃれなものまでご紹介!

焚き火をする際は、専用の火バサミ使うのが安全です。焚き火を安全に行なうことができ、後片付けにも役立ちます。今回は、おすすめの火バサミを4つピックアップしてみました!選び方のポイントもまとめているので、初めて買う方も参考にしてみてください。
2022年6月24日
mamma32

目次

焚き火はアウトドアの雰囲気をアップする

焚き火をするなら火バサミが必要

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暗い夜も暖かい炎で照らしてくる焚き火は、アウトドアの雰囲気をアップさせてくれます。そんな焚き火をする場合は、火バサミを用意しましょう。火バサミは、焚き火に使用する薪や炭を掴んで火力をコントロールしたり、ゴミを拾ったりなど幅広い用途に使えます。

薪をつかみやすいような構造になっており、なおかつ長い形状が特徴的です。トングと混同されやすいですが、トングは本来食品を扱うアイテムで正式名称も違うため、根本的に異なります。


自分に合った火バサミをセレクト

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

火バサミは形状によって2種類に分かれるので、自分合っている方を選びましょう。まずトングのような形をしているのが、V字形状と呼ばれる火バサミです。バネの力が働きやすく、初心者でも気軽に扱えます。また、安価な商品が多いのもこちらの火バサミの特徴です。

一方、文字通りハサミに似た形のハサミ形状は、てこの原理を利用してます。重たい薪を少量の力で扱えるため、ベテランキャンパーからの人気が高いです。ただし扱いに慣れるまでに時間がかかるので、注意しましょう。

火バサミの素材にも注目

火バサミを買う時は、素材にも注目してみてください。基本的にステンレスとスチールが使われており、それぞれ特徴が異なります。ステンレスは錆びにくい素材なので、メンテナンスをせずとも長く使い続けられる点が人気です。

一方スチールはステンレスよりも錆びやすいものの、耐久性に長けています。薪や重たい炭を扱っても問題なく、ハードな使い方にも対応できるのがステンレスの魅力です。どちらが自分に合っているのか、明確にしておくと商品選びがしやすくなります。


コンパクトさも大切

火バサミは焚き火中にも薪や炭をいじれるように、長めに作られています。しかし長すぎると持ち運びにくいため、気になる方はコンパクトタイプもチェックしてみてください。特にソロキャンプやツーリングなど、なるべく荷物をかさばらせたくない方におすすめです。

ただしコンパクトタイプは持ち手から先端までの長さが短く、火傷の危険性があります。キャンプグローブを併用するなど、最大限の注意をはらって使うようにしてください。

使いやすい火バサミ2選

①ファイヤーサイド ファイヤーバード

ファイヤーサイド ファイヤーバード

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

効率よく扱える火バサミが、「ファイヤーサイド ファイヤーバード」です。先端部分が鳥のくちばしのようになっており、薪を砕く・ならす・ひっくり返る・掴むといった動作が全てまかなえるようになっています。そのため状況を見ながら薪や炭を動かし、効率よく焚き火を楽しむことができます。

他の火バサミとは一風変わったデザインなので、今まで他のモデルを使っていたキャンパーにもおすすめです。ぜひ、独特な形状から得られる使いやすさを実感してみてください。

職人の手作り

「ファイヤーサイド ファイヤーバード」は、1つ1つ職人が手作りで製造しています。そのため、他のブランドの火バサミと比較すると値段は少々高めです。その分クオリティが高く、その使い心地のよさはベテランキャンパーからも支持されています。

品質のいい火バサミが欲しい方や、キャンプ好きな友達へのプレゼントとして選んでみてください。こちらのブランドは、他のキャンプ用品も手作りで作っているものが多いので、気になる方はリサーチしてみましょう。

②キャプテンスタッグ レスト 大型炭バサミ 450mm M-7638

レスト 大型炭バサミ 450mm M-7638

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

初めて扱う方や、女性でも使いやすい火バサミが「キャプテンスタッグ レスト 大型炭バサミ」です。重量は他の火バサミと比較しても軽量で、持ち運びやすいだけでなく使いやすい仕上がりになっています。なるべく荷物を軽くしたい方は、ぜひ使ってみてください。

取っ手部分にはビニール加工がされているので、滑りにくいだけでなく熱さも伝えにくいです。持ち手まで金属だと熱伝導ですぐ熱くなってくるので、心配な方は加工済みのものを選びましょう。

軽量なのに耐久性が高め

「キャプテンスタッグ レスト 大型炭バサミ」は軽量な火バサミであるにも関わらず、耐久性が高いです。亜鉛メッキ鋼板を主な素材に採用することで、従来の火バサミよりも頑丈に仕上げました。そのため長く使い続けることができて、ベテランキャンパーにも人気があります。

デザインもシンプルで、なおかつ価格が安いのでさまざまな層のキャンパーに向いています。気になった方は、ぜひその軽さと頑丈さを体感してみてください。

おしゃれな火バサミ2選

①snow peak火ばさみ

人気ブランドsnow peakの火ばさみは、おしゃれなデザインが魅力的です。持ち手部分には天然のブナ材を採用しており、温かみのあるデザインに仕上がっています。天然素材は使い込めば使い込む程手に馴染むので、経年劣化を楽しみたい方もチェックしてみてください。

構造自体はシンプルなV字タイプなので、初めて焚き火用火バサミを扱う方にもおすすめです。価格も安いので、ぜひその良さを味わってみてください。

ソロキャンプにもおすすめ

「snow peak火ばさみ」は、全体的にコンパクトでスタイリッシュなデザインになっています。他の火バサミの中には、しっかり薪をつかめるように先端が太い形状も多いですが、こちらの火バサミは細めの先端なので、1人用の焚き火に向いています。

最近はソロキャンプが人気となっており、1人で焚き火を楽しむ人も多いです。火バサミも、自分が行なうアウトドアのスタイルに合わせて選んでみてはいかがしょうか。

②LOGOS 薪ばさみ

LOGOS(ロゴス) 薪ばさみ

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon

ベテランキャンパーからの支持率も高いのが、「LOGOS薪バサミ」です。味のあるおしゃれなデザインが魅力的で、持ち手には木材を使っています。そのため高級感があり、思わず使いたくなるような見た目をしています。

人気ブランドのアイテムなので、キャンプ初心者にもおすすめ。同ブランドからは他にも焚き火バサミが販売されているので、気になった方は合わせてリサーチしてみてください。

慣れると使いやすい

「TEOGONIAファイヤープレーストング」は、ハサミのようにハンドルを挟むようにして使います。そのため、大きな薪でもしっかり掴めるので使いやすいです。ただし慣れるまで少々時間がかかることを、覚えておきましょう。

ベテランキャンパーの中では、より耐久性や長持ち具合をアップさせるために加工する人もいます。気になる方は購入後に支点部分や先端を加工して、自分好みにカスタムしてみてください。

焚き火を快適に楽しもう

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

焚き火を安全かつ効率よく進めるには、火バサミが必要です。今回は、初心者でも使いやすい火バサミと、デザインがおしゃれな火バサミに分けておすすめ商品をご紹介しました。今回ピックアップしたアイテム以外にも、さまざまな火バサミが販売されているので、気になった方は調べてみてください。

火バサミは目立ちにくいキャンプ用品なので、買わずに焚き火をする人も多いです。しかしあるのとないのとでは、焚き火のクオリティが変わってくるのでぜひ買い揃えてみてください。

火吹き棒が気になる方はこちらをチェック

今回は焚き火に必要な火バサミを紹介しましたが、合わせて火吹き棒もチェックしてみてはいかがでしょうか。火吹き棒があると、焚き火の火をコントロールしやすくなります。以下の記事では、おすすめの火吹き棒を9個紹介しているので参考にしてみてください。

また、火吹き棒の選び方や使い方についても記載しているので、初めて購入する方は押さえておきましょう。