【連載】秋本番!東京立川昭和記念公園秋の夜散歩2020を楽しむ

【連載】秋本番!東京立川昭和記念公園秋の夜散歩2020を楽しむ

東京都立川に位置する昭和記念公園は秋になると紅葉の名所となり多くの観光客が訪れます。今週の金曜連載トラベル情報では2020年11月3日から開催される紅葉ライトアップイベント秋の夜散歩をご紹介!夜の昭和記念公園で散歩を楽しんでみませんか。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.昭和記念公園秋の夜散歩詳細情報
  3. 3.昭和記念公園秋の夜散歩見どころ①かたらいの銀杏並木
  4. 4.昭和記念公園秋の夜散歩見どころ②散策路
  5. 5.昭和記念公園秋の夜散歩見どころ③日本庭園
  6. 6.昭和記念公園秋の夜散歩見どころ④和傘スポット
  7. 7.まとめ

はじめに

今週の金曜連載トラベル情報は、秋本番東京と立川市に位置する国営公園「昭和記念公園」の秋の限定イベント「秋の夜散歩」を訪れた際のおすすめの見どころを紹介していきましょう。黄金に輝く銀杏並木や赤や黄色の葉が水に写しだされる絶景が見られる日本庭園など今だから見られる昭和記念公園の秋限定の楽しみ方を満喫してみてください。(時間・料金等の情報は2020・11・3時点のものです)

昭和記念公園秋の夜散歩詳細情報

秋の昭和記念公園で開催される限定イベント「秋の夜散歩」は2020年11月3日(火曜日)から11月29日(日曜日)まで約1ヶ月間楽しむことができるイベントとなっており、11月7日には「紅葉と音楽の夕べ」11月7日8日には「ミュージックタペストリー」「もみじ風鈴プロジェクション」など期間限定イベントも開催されます。夜間の入場時間は16時30分から21時となっており消灯時間は20時30分となっています

紅葉シーズン夜散歩限定イベントは入り口も限定される

16時30分から21時まで開催される秋の夜散歩を楽しむ場合、入場できる入り口は西立川口1箇所に限定されます。入場料450円を支払い時間に合わせて入場しましょう。私が訪れたのは限定イベント初日ということもあり、多くの人で賑わっていました。11月6日までは日本庭園入場に別途料金は発生しませんが、7日から昭和記念公園入園券と別に1000円が必要なるので注意しましょう。

夜のイベントに合わせて西立川口からかたらいの銀杏並木までの散策路はライトが設置され明るく歩きやすくなっていました。

銀杏のライトアップが見られるかたらいの銀杏並木を目指す場合は上記の写真の動物のイラスト目印に左折するとすぐです。

昭和記念公秋の夜散歩注意点①

昭和記念公園で11月3日から開催される秋の夜散歩を楽しむ際注意しておきたいポイントを紹介しておきましょう。1つ目は車でアクセスする方への情報です。夜間駐車できる駐車場は「西立川口駐車場」だけです16時30分前に入ろうとすると満車の場合があるので、早めに車を停めておくことをおすすめします。駐車代金は昼夜共通で840円です。自転車でアクセスする方は「西立川自転車持込口臨時駐輪場」を利用し、サイクリングコースへの入場はできません。

昭和記念公園秋の夜散歩注意点②

秋の夜散歩を楽しむための注意点2つ目は、写真撮影に関する注意ポイントです。夜の撮影ということで三脚の利用を考える方が多いと思いますが、日本庭園で三脚を使うことができる場所は限定れており木橋の北側端のみです。他の場所では一脚を理利用して写真を撮影すると良いでしょう。そして日本庭園内では歩きながらの飲食も禁止です。マナーを守って秋の夜散歩を楽しみましょうね。

昭和記念公園秋の夜散歩見どころ①かたらいの銀杏並木

かたらいの銀杏並木へ到着すると、そこはライトアップによって銀杏並木が黄金に輝く絶景が広がっていました。秋の夜散歩を訪れる見物客は多いものかたらいの銀杏並木は全長300メートルあるので人が分散する事で窮屈感を感じることはありません。思い思いの写真を撮影することもかのいうです。

2019年に続き2回目の開催となった秋の夜散歩は、2020年の2回目になりライトアップが進化していました。2019年の秋の夜散歩のライトアップはオレンジ1色で銀杏が照らされていましたが2020年は10分のサイクルでライトアップが波を打つように移動していく演出がプラスされ幻想的な空間を作りだしています。

300メートル続く銀杏並木にはベンチが設置されており、ベンチに座って銀杏並木を照らすライトアップを楽しむことができる他、銀杏並木の出口付近には撮影スポットとしてスマフォを固定できる台が設置されているのでカップルも2人で記念写真を撮影することも可能です。

周囲に人が少ない写真を撮影したい場合は少々遅めの時間帯が狙い目です。多くの人がかたらいの銀杏並木を訪れた後に日本庭園を訪れるパターンなので先に日本庭園を訪れ最後にかたらいの銀杏並木を訪れると人も少ないのでおすすめですよ。

昭和記念公園秋の夜散歩見どころ②散策路

紅葉と幻想的なライトアップの中を散歩する

銀杏並木のライトアップが美しいかたらいの銀杏並木を後に日本庭園を目指します。かたらいの銀杏並木から日本庭園までは徒歩でアクセスする方法と、立川西口から園内を走るバスに乗車してアクセスする2通りが用意されています。2020年の秋の夜散歩ではアクセス路でもライトアップが楽しめると言う事なので夜散歩を楽しんでみまよう。

歩いていると木の妖精?が登場するエリアが現れます。ここからしばらくは木の妖精の世界を満喫することができます。

数十本の木が植えられている並木通りの木1本1本がアート作品となっており、怒った顔や笑った顔、悲しい顔など様々な表情をした木々が私たちを出迎えてくれます。

紅葉広がる子供の森も綺麗にライトアップ

日中は子供たちの元気いっぱい遊声が響きわたる子供の森も秋の夜散歩期間中は綺麗にライトアップされ見どころの1つとなっていました。こちらは何やら洞窟のような場所がライトアップ!中にはベンチが設置されているのでカップルや子連れのお気に入りの場所となっていました。

こちらも子供の森広場前!大きな気に取付けられたアート作品。インディアンの気分にさせてくれるカラフルな作品がライトアップされ夜の昭和記念公園に浮かび上がっていました。ここから昭和記念公園の見どころの1つ日本庭園まであと少し。

昭和記念公園秋の夜散歩見どころ③日本庭園

紅葉美しい昭和記念公園の人気スポットもライトアップを実施

かたらいの銀杏並木から歩くこと25分で日本庭園に到着します。入り口も秋の夜散歩の合わせて限定ライトアップされ昼間とは違った表情で私たちを出迎えてくれます。

秋の夜散歩期間中、夜の日本庭園に入場する場合11月6日以降は別途1000円必要になるので都合がつく方は6日以前に訪れることをおすすめします。

日本庭園に入るとライトアップされたもみじのい木が目に入ると共に渓流の流れにライトが反射しキラキラと水が反射する景色も楽しめます。

日本庭園でも幻想的な景色が広がる竹林

柔らかい灯りでライトアップされたエリアを過ぎると幻想的な竹林エリアが姿を現します。白色のライトで照らし出されると共に竹林の前に大きな松の木が植えられた絶景が広がります。

秋の夜散歩限定のスポット!紅葉風鈴

2020年の秋の夜散歩限定の見どころとなっているのが、日本庭園に植えられた300本のもみじをイメージして設置された「もみじ風鈴」夏の風鈴とは異なり温かみのある風鈴となっているのが特徴で上手く風鈴で秋を表現したおすすめスポットとなっています。

日本庭園唯一三脚の使用ができる紅葉撮影スポット

夜間の撮影に必須のアイテムと言えば三脚ですが、残念なことに秋の夜散歩日本庭園では三脚の使用が禁止され、一脚のみ使うことが許可されています。しかし1箇所三脚使用OKの場所が用意されているので紹介しておきましょう。三脚の使用ができるポイントには上記写真の表示がされているので参考にしてください。

三脚を使って撮影することで池に映り込むライトアップされた木々が美しく写真に収めることができます。三脚使用ポイントは限定されていますが、こちらのスポットのために持参することをおすすめします。

スマフォ用撮影スポットも用意

最近ではスマートフォンを使って撮影を楽しむ人が増加!そのため2020年昭和記念公園秋の夜散歩では、スマフォを設置できる台を備えた撮影スポットが複数用意されています。こちらのスポットでは日本庭園の見どころでもある大きな池を背景に美しい写真を撮影できますよ。

こちらも日本庭園に用意されたスマフォ利用者に人気の写真スポットです。こちらでは和傘と一緒に綺麗な写真を撮影することができますよ。

昭和記念公園秋の夜散歩見どころ④和傘スポット

日本庭園でおすすめのライトアップスポット

美しいライトアップで幻想的な空間が広がる秋の夜散歩おすすめスポットNO1がこちらの和傘エリアです。

日本庭園散策路もそろそろ終盤になると竹のキャンドルに照らされた小道が姿を現しました。入り口には和傘と表示され奥の方に目をやると鮮やかな色をした和傘が目に入ってきます。ウキウキしながら奥を目指しましょう。

普段は綺麗な芝生が敷かれた日本庭園芝生広場が、秋の夜散歩期間限定で和傘が並ぶ鮮やかで美しいスポットとなります。夜の日本庭園に浮かび上がる和傘はとても美しく思わずたくさん写真を撮影してしまいました。

和傘の近くまで行くことはできないので遠目で全景を楽しむのがおすすめです。

和傘エリアを過ぎると違った角度から和傘を眺めるにもおすすめです。正面から見た和傘と横から見た和傘、後ろから見た和傘を楽しんでみてください。

日本庭園出口でおすすめグルメ食べる

かたらいの銀杏並木並木から日本庭園まで夜散歩を楽しみ、日本庭園でもライトアップされた紅葉を楽しみながら散歩しお腹が空いたという方におすすめしたいのが団子やです。炭火焼きで焼かれた団子を販売しているので夜の紅葉散歩を楽しんだあと味見をしてみるのもおすすめですよ。

まとめ

2020年で2回目の開催となる昭和記念公園秋の限定イベント「秋の夜散歩」を楽しむ見どころ情報を紹介してきましてきました。2020年秋の夜散歩初日の様子を写真と共に紹介しているので、これから秋の夜散歩へ出かけようと考えている方はもちろん、昭和記念公園の秋のイベントを今知った方もお出かけの参考にしてみてください。行って損しないおすすめイベントとなっていますよ。

過去の金曜連載トラベル情報を紹介

下記リンクでは私が過去に掲載した金曜連載トラベル情報の中からおすすめの記事を貼り付けました。昭和記念公園夜の秋散歩情報を合わせてご覧ください。

【連載】プチ旅行!関東から日帰りで行けるお出かけスポットのイメージ
【連載】プチ旅行!関東から日帰りで行けるお出かけスポット
今週の金曜連載トラベル情報は、東京からでも日帰りでアクセスできるプチ旅行におすすめの観光スポットやグルメスポットを紹介していきます。豊かな自然の中でのんびりできる場所や都会の真ん中で絶景を満喫できる場所などデートでも使える場所も登場します。
【連載】江戸東京たてもの園でノスタルジックな世界を堪能しようのイメージ
【連載】江戸東京たてもの園でノスタルジックな世界を堪能しよう
今週の金曜連載トラベル情報は、東京都小金井市に位置する江戸東京たてもの園の見どころや周辺のおすすめランチスポットを紹介!子供から大人まで楽しめる小金井公園併設の江戸東京たてもの園を訪れる際、事前に見どころをチェックしてみてください。
【連載】今話題の南町田グランベリーパークの楽しみ方!のイメージ
【連載】今話題の南町田グランベリーパークの楽しみ方!
今週の金曜連載トラベル情報は、南町田に2019年11月に誕生した南町田グランベリーパークの楽しみ方をご紹介!大きな公園やアウトレットエリア、グルメスポットなどグランベリーパークで1日過ごせる楽しみ方を参考にしてみてくださいね。
クロタノブタカ
ライター

クロタノブタカ

旅行&アウトドアまでアクティブに活動し、旅先で綺麗な景色を撮影しています。おすすめ情報から綺麗な景色まで記事の中で紹介していきますよ。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking