検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【連載】プチ旅行!関東から日帰りで行けるお出かけスポット

今週の金曜連載トラベル情報は、東京からでも日帰りでアクセスできるプチ旅行におすすめの観光スポットやグルメスポットを紹介していきます。豊かな自然の中でのんびりできる場所や都会の真ん中で絶景を満喫できる場所などデートでも使える場所も登場します。
2020年11月2日
クロタノブタカ

はじめに

今週の金曜連載トラベル情報は、東京から日帰りでプチ旅行を楽しみたいと言う方におすすめしたいアクセス良好な観光スポットを紹介していきます。秋の紅葉が綺麗な場所から、美味しいグルメを味わえる場所、都会のど真ん中で綺麗な夜景を楽しめるデートにおすすめの場所も登場します。気軽に旅行を楽しみたいという方は参考にしてみてください(料金・時間等は2020・10・29時点のものです)

関東おすすめお出かけスポット①諏訪湖間欠泉センター


東京からのアクセス良好!自然の力を感じるスポット

東京から日帰りで遊びに行く事ができる観光スポットの中でも人気のエリアが長野県諏訪湖!スカッとした青空が広がる中、諏訪湖の湖畔に位置する「諏訪湖間欠泉センター」へ遊びに行ってきました。諏訪湖を一望できる展望台を備える建物は大きく1階には売店や休憩施設、2階にはドラマやCMのロケ地として使われた場所を紹介した展示スペース、3階には綺麗な景色を楽しめる展望台があります。

間欠泉が吹き出す時間帯をチェック!


諏訪湖間欠泉センターを訪れたらいつでも間欠泉を見る事ができるわけではなく、1日5回間欠泉が吹き出す光景を見られるチャンスが訪れます。時間帯を紹介しておきましょう。9時30分・11時00分・12時30分・14時00分・15時30分・17時00分(4月~9月のみ)で間欠泉は約5メートルの高さまで吹き上がり迫力のある光景を観光客に見せてくれます。

無料の足湯が楽しめる観光スポット

諏訪湖間欠泉センターを訪れたら横に併設された足湯に浸かることをおすすめします。上記の写真が足湯スポットとなっており、誰でも気軽に温泉を楽しめる無料の施設となっています。施設も綺麗で広々している他、ベンチに座って足をつけると目の前には諏訪湖の絶景が広がります。秋から冬にかけが透き通った空気の中で足湯に使って周辺の絶景を楽しむのもおすすめですね。


諏訪湖観光で立ち寄りたいおすすめグルメ店【とんかつ山ぼたん】

諏訪湖間欠泉センターで迫力のある間欠泉を楽しみ、無料で楽しめる足湯を思う存分満喫したらお腹も空いたのでランチスポットを探すことに!諏訪湖湖畔を走りながら見つけた店がこちらの「とんかつ山ぼたん」です。人気店のグルメ店の様で売り切れ次第終了の張り紙が掲示してありました。店の前には数人の入店待ちの人も居たのですが、残り1組受け入れできるとのことで入店。

大人気のロースカツ定食&ソーツカツ丼

とんかつ山ぼたんで人気のメニューがこちらのロースカツ定食とのこと、150gで1800円で提供しており、岩手県産の岩中豚を使用し、パン粉にもこだわり、パンの美味しい部分のみをパン粉にし米油でじっくりと揚げています。低温でじっくり揚げていることもあり肉の柔らかさが最高のとんかつでした。

こちらは肉厚で濃厚なソースがしっかり絡んだソースカツ丼です。150gから300gまで用意されており、1500円から3100円となっています。ボリュームも十分で男性でも満足できる味と量です。このソースカツ丼は私をもう一度山ボタンのソースカツ丼を食べたいと思わせた食べ物でした。

諏訪湖間欠泉センター

  • 住所
    諏訪市湖岸通り2-208-338諏訪湖湖畔公園内
  • 公式サイトURL
    https://www.suwa-tourism.jp/archives/002385.php
  • 電話番号
    0266-52-8282
  • アクセス
    JR中央線上諏訪駅下車、徒歩13分中央道諏訪ICより車で18分
  • 営業時間
    (4月~9月)9:00~18:00 (10月~3月)9:00~17:00 

関東おすすめお出かけスポット②かねよ食堂

東京からアクセス良好ランチに訪れた絶景グルメスポット

東京からアクセスしやすく気軽にランチを楽しみに訪れる事ができるグルメスポットが神奈川県横須賀市観音崎エリアに位置する「かねよ食堂」です。食堂と名前がついていますが、おしゃれなカフェと言った雰囲気で、カップルがデートで訪れるのにもおすすめですが、私が訪れた日曜日のランチタイム時間には、小さな子供を連れた家族連れや女子会を楽しむ利用客で店は賑わっていました。

かねよ食堂は完全予約制となっているので事前に予約をおこなう必要があります。当日の予約も受け付けている他、予約なしで現地を訪れた際、空席があれば席を案内してくれる場合もあります。ただし人気の食堂なので空きがあるのは稀な事!必ずかねよ食堂でランチを楽しみたいのであれば事前に予約を行っておくことをおすすめします。ちなみに私は当日の開店時間合わせて電話をしたのですが、残り1席用意できるとの事でした。

店内はおしゃれな雰囲気!沖縄に居る気分にさせてくれました。席は室内とテラス、ビーチを選択することができるので、涼しく過ごしやすい秋の時期はテラス席を選ぶと良いでしょう。

こちらが海を見渡す事ができるテラス席。海に面したテラス席に座ると波の音が聞こえ、海から心地よい風が吹き込んできます。雨の日は少々心配な屋根でしたが晴れた日は最高のロケーションです。

私はランチタイムに利用したので、ランチメニューをチョイス!カレーセットは、柔らかい肉とクリーミーなカレールーの相性が抜群でサラダ付きです。

海側から見たかねよ食堂の様子です。広いビーチにもテーブルが設置してあるので、希望をすると案内してくれますよ。最後に予約を行う際の時間帯を紹介しておきましょう。ランチは2つの時間帯に分かれており11時30分~13時00分と13時30分~15時00分、カフェタイムが予約空席であれば、17時まで利用可能です。カフェタイムは15時30分~17時でディナーは17時~21時、バーベキューを楽しみたい方は11時~16時の時間帯を予約する事ができます。

関東おすすめお出かけスポット③ビーナスライン

春から秋にかけておすすめドライブスポット

東京から日帰りでドライブを楽しみたいという方におすすめしたいスポットが、長野県に位置する絶景ドライブコース「ビーナスライン」です。春から夏の時期、そして紅葉広がる秋のまで綺麗な景色の中を気持ちよくドライブする事ができるドライブデートにもおすすめの場所です。

今回私がビーナスラインをドライブする際のスタート地点としたのが、白樺湖です。白樺湖は贅沢な湖畔時間を楽しむ事ができるスポットとして年間を通して多くの観光客が足を運びます。温泉やサイクリング、カヌー、オートキャンプ場や焚き火を楽しめるスポットなどアイとドアなどアクティビティを満喫する事ができます。

白樺湖湖畔を散策した後はいよいよビーナスラインでドライブを楽しみます。まず初めに立ち寄った場所が白樺湖展望台駐車場です。ここから見える白樺湖の景色は息を飲む美しさ!緑と白樺湖の青さ、空に浮かぶ白い雲のコントラストが最高でした。秋の時期になるとこの景色も赤や黄色、オレンジが濃くなる紅葉の時期を迎えます。

関東おすすめお出かけスポット④那須卯三郎

東京から日帰りで行ける那須のグルメスポット

東京から日帰りで訪れる観光客が多いグルメスポットとして人気がある那須卯三郎は週末を中心に混雑するおこわや餅のメニューを中心に展開しています。那須卯三郎で使われる米は契約農家の水田で収穫される白鳥米を使っており、建物は都市部から訪れた観光客が田舎感を味わえる様に工夫されています。

那須卯三郎の入り口がこちら!腰を屈めなければ入れない潜り戸となっており、入り口から田舎感満載です。潜り戸を抜けるとお土産や那須の特産品が並びその奥には囲炉裏が設置されたすてきな雰囲気の店内となっています。

那須卯三郎のメニュー

こちらが那須卯三郎のメニューです。観光客に人気ナンバーワンのグルメがぽこぺん膳!けんちんうどんとおこわ、あんころもちなど卯三郎の人気グルメがセットになっています。

店内の様子はこちら!私が訪れたのは秋の時期ということもあり、縁側からは紅葉が赤く染まった紅葉を眺めることもできのんびりとした時間が流れていました。

人気グルメぽこぺん膳を注文

那須卯三郎に来たので人気ナンバーワンのメニューを注文!ボリューム感のあるけんちんうどんをはじめおでん並みの大きさの煮物、突き立ての持ちに餡子をかけたあんころ餅、どれもとても美味しくいただけます。

関東おすすめお出かけスポット⑤渋谷スカイ

渋谷のど真ん中で体験できる絶景観光スポット

東京都渋谷区のど真ん中に2019年11月に誕生した高さ230メートルの渋谷スクランブルスクエアの屋上には東京を一望する事ができる展望施設「渋谷スカイ」があり東京を訪れた観光客に人気のスポットとなっています。光の演出がされたエレベーターに乗車すると一気に渋谷スカイ展望施設へ到着です。

他の展望施設では体験できない開放感溢れた空間が広がるのが渋谷スカイの1番の魅力と言ってもいいでしょう。エレベーターホールを抜けると目の前に現れた景色がこちら!足元までガラス張りの空間が広がります。

さらにエスカレーターの乗り最上階を目指します。そこからは西の空に沈む太陽を見る事ができ、デートを楽しむカップルの姿も多く見られました。

日がくれると渋谷スカイにはおしゃれなトップルーフバーが営業を開始し夜の雰囲気を盛り上げます。こちらのトップルーフバーを利用すると一般客は入る事ができないエリアへ入場することも可能で目の前に東京タワーのライトアップが現れます。
 

決まった時間になると光と音の演出が始まり、青い光が空をテラス幻想的ば幻想的な空間が姿を表します。

関東おすすめお出かけスポット⑥バラギ湖

日帰りキャンプ&湖畔での釣りを楽しめる観光スポット

東京からアクセス良好な自然豊かな高原といえば群馬県に位置するバラギ高原エリア!バラギ湖を中心に温泉やキャンプ場などアウトドアやアクティビティを楽しめるスポットが点在しています。湖畔に沿って散策路が整備されており秋の時期は紅葉が美しエリアとしても有名です。

私が訪れたのは夏の終わり。バラギ湖の湖面にはハスの花が綺麗に咲いていましたよ。

キャンプを楽しみたい方におすすめ!無印良品キャンプ場

バラギ湖から歩いてアクセスできる距離にあるのが無印良品が運営するカンパーニャ・嬬恋キャンプ場です。広大な敷地には牧場サイトや林間サイトなど様々な種類のサイトが用意されキャンプ好きの間で話題のキャンプ場です。

テント泊が苦手という方には、無印良品の小屋がおすすめ!四角い箱型の小屋の中には無印良品のベッドが設置され、小屋の前の広いデッキではバーベキューを楽しむこともできます。

まとめ

東京からのアクセスも良好なプチ旅行スポットを紹介してきました。気軽に旅行を楽しむ際のポイントはアクセスにかかる時間です。日帰りで観光地を訪れる際には早め早めの行動に心がけると共に旅行の計画をしっかり立てておくことで効率よく多くのスポットを巡る事ができるでしょう。

過去の金曜連載トラベル情報はこちら!

過去の金曜連載トラベル情報で紹介してきた記事を下記リンクで紹介しておきましょう。