関東でキャニオニング体験ができる場おすすめ10選!子供も楽しめるレベルも!のイメージ

関東でキャニオニング体験ができる場おすすめ10選!子供も楽しめるレベルも!

関東のキャニオニングは群馬県水上市利根川上流域を起源とし、日本のキャニオニングの発祥地です。キャニオニングはラフティングのように機材は使わず、体1つで、様々なアトラクションを行います。急流と豪快に遊ぶリバースポーツです。関東には多くのスポットがあります。

2019年09月07日更新

糟谷 護
糟谷 護
フリーランスとして記事制作に携わってから既に3年を経過しました。これまでに投稿した記事は300本を超えるかと思います。記事のジャンルも多岐に亘りますが、特に、登山、アウトドア、旅、観光、絵画、財務、経理、求人、保険、などの記事が多いです。最近は画像添付も多くなってきましたので写真で記事の流れを構成する場合もあります。もともとは機械エンジニアですが、記事を書く、調べてまとめる、は好きですので今後も頑張りたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャニオニング体験
  2. シャワークライミングとキャニオニング
  3. 関東のキャニオニング
  4. 関東でキャニオニングができる場所①
  5. 関東でキャニオニングができる場所②
  6. 関東でキャニオニングができる場所③
  7. 関東でキャニオニングができる場所④
  8. 関東でキャニオニングができる場所⑤
  9. 関東でキャニオニングができる場所⑥
  10. 関東でキャニオニングができる場所⑦
  11. 関東でキャニオニングができる場所⑧
  12. 関東でキャニオニングができる場所⑨
  13. 関東でキャニオニングができる場所⑩
  14. 関東でキャニオニングができる場所⑪
  15. まとめ

キャニオニング体験

キャニオニングとは

キャニオニングとは、アメリカではキャニオニアリング(Canyoneering)と言い、アウトドアスポーツのトレッキング、クライニング、懸垂下降、カヌー、水泳、飛び込みなどの動き(要素)を取り入れて、渓谷の中を目的のポイントまで下っていくスポーツのことです。キャニオニングを行うエリアは本来容易に入ることができないため、登山、トレッキングのように地図、コンパスを使うナビゲーションのスキルや野外活動のためのスキルが必要な時もあります。(本記事は2019年9月1日時点の情報をもとに作成されています)

キャニオニングの安全確保

キャニオニングは、ラフティングや沢登りと同様にアドベンチャースポーツと言われ、常に危険を伴うスポーツです。水量の多い渓谷や増水時に反転流(エディ)、ホワイトウオータによる浮力不足で水難事故になる場合があります。そのため実際のツアーでは、専門的に訓練を受け、権威のある資格を取得したガイドがツアーに同行し安全を確保します。反転流とは流れが岩にぶつかってその背後に渦ができ、流れる方向とは反対方向に水が移動する現象。ホワイトウオータとは激流で白い波が立つような場所のことです。

シャワークライミングとキャニオニング

実際のツアーではキャニオニングとシャワークライミングをセットにしてツアーを行っている場合があります。キャニオニングは渓谷の沢などを下ることを主としていますが、シャワークライミングは逆に沢登りや滝登りのように沢を登ることを主としています。基本的に異なったスポーツですが、日本ではシャワークライミングの動きの要素をキャニオニングの動きの中に取り入れて、これを一体としてキャニオニングと呼んでいる場合もあります。

関東のキャニオニング

関東でキャニオニングの体験ができる有名な場所は、日本のキャニオニング発祥の地、群馬県利根川のみなかみ町をはじめ、利根川の支流、四万エリア、奥多摩川エリア、鬼怒川エリア、尾瀬エリア、那須高原エリア、伊豆エリアなどでツアーが行われていますがツアーを実施するクラブは利根川の水上、四万エリアに集中していることが特徴です。各エリアの代表的なクラブとそのツアーの内容をいくつかご紹介します。子供も楽しめるレベルのツアーもいろいろあります。

関東でキャニオニングができる場所①

利根川・みなかみエリア トップ水上カンパニー

日本のキャニオニングスポーツのリーディングカンパニーでキャニオニングをはじめ、ラフティングやSUB、カヌーなど多くのリバースポーツを企画、運営を行っていることで有名です。利根川水上エリアを拠点として半日コースや1日コース、他のリバースポーツと組み合わせたコースなど選択肢が色々あります。また小さい子供さんでも参加できるレベルのコースもあります。お出かけの際は持ち物を忘れないよう気をつけてください。

ツアーの内容

【半日プラン】期間限定秋にの紅葉キャニオニング(9/1-11/10)費用5,900円
【半日コース】4/1-11/30 費用7,500円
【1日プラン】キャニオニング+ラフティング(4/1-11/30)費用12,000円
【BBQプラン】キャニオニング+ラフティング+BBQ費用14,000円
(子供さんのレベルでも楽しめます)

基本情報

【名称】トップ水上カンパニー
【秋の住所】群馬県利根郡みなかみ町網子170-1
【連絡先】0278-72-5086
【期間】4/1-11/30
【年齢制限】5才ー70才
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】関越自動車道水上ICより15分、JR水上駅、上越新幹線上毛高原駅送迎あり

関東でキャニオニングができる場所②

利根川・みなかみエリア カッパクラブ

子供にも人気のおすすめの体験ツアーが豊富に揃っています。子供さんの参加が多いため安全装備も充実していて、ウエットスーツ、ウエットグローブ、キャニオニングブーツ、ライフジャケット、ヘルメットなど子供サイズが豊富に揃えてあります。半日コースはキャニオニング+シャワークライミングの混合形です。行きは徒歩で森の中を歩き、滝の下をくぐり、有名な一枚岩の巨大なハナゲの滝を目指し、下りはこれも有名な滑床岩を滑り降り、水遊びしながら渓谷を下っていきます。

ツアーの内容

【半日コース】7/1-9/30 キャニオニング+シャワークライミング 小学生以上 費用8,000円(子供さんも楽しめるレベルです)
【1日コース】7/1-10/25 キャニオニング、ハイドロスピード、ラフティングの中から2つ選ぶ。特製ランチ、デザート付、費用平日13,000円(祝祭日15,000円)

基本情報

【名称】カッパクラブ
【住所】群馬県利根郡みなかみ町寺間18
【問合せ先】0278-72-1372
【期間】7/1-10/25
【年齢制限】キャニオニング+シャワークライミングは小学生以上、その他は中学生以上
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】関越自動車道水上ICより1分、JR水上駅、新幹線上毛高原駅送迎あり
 

関東でキャニオニングができる場所③

利根川・みなかみエリア フォレスト&ウオーター

自然の渓谷の滝や沢をウオータースライダーで滑り降りる、滝つぼに飛び込む、爽快な気分になれるおすすめのリバースポーツで、病みつきになるほど楽しいアクティビティーです。キャニオニング体験は誰でもできます。上手下手は関係ありません。大人は童心に帰って精一杯遊びましょう。

ツアーの内容

【半日コース】6/8-9/1 中学生以上 費用7,000円
【ファミリーキャニオニング】キャニオニングを家族で楽しもうというツアーです。小学4年生以上、7/6-9/1 費用大人7,000円 子供6,500円
【Wアドベンチャーコース】キャニオニング+カヌーセット小学4年以上 6/上ー10/上 費用13,000円、キャニオニング+ラフティングセット小学4年以上 6/上ー10/上 費用13,500円(子供でも楽しめるレベルのコースです)

基本情報

【名称】フォレスト&ウオーター
【住所】】群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽191-12
【連絡先】0278-72-8017
【期間】コースにより異なる
【年齢制限】小学4年生以上
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】JR上越線湯檜曽駅下車徒歩15分

関東でキャニオニングができる場所④

利根川・四万エリア グリーンディスカバリー

コバルトブルーの有名な四万湖から流れるコバルトブルーの四万川、この渓谷でキャニオニング体験が行われています。渓谷を流れる急流は青のキャニオニングと呼ばれ四万川一の透明度を保っています。コースは途中大小の7つの滝や天然のウオータースライダーとして滑り降り、5mの崖から飛び込み、8mを超える滝でスイム、豪快に遊びます。渓谷の冒険とスリルのおすすめのツアーです。

ツアーの内容

【半日コース】期間6/1から9/末まで、所要時間2時間30分、年齢制限13才以上、費用5,000円
他に、カヌーツアー半日コース費用5,000円、1日コース費用10,000円があります。

基本情報

【名称】グリーンディスカバリー
【住所】群馬県吾妻郡中之条大字四万4063
【連絡先】0279-56-3999
【期間】6/1-9/末
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】関越自動車道渋谷伊香保ICから60分

関東でキャニオニングができる場所⑤

多摩川・奥多摩エリア グランデックス

東京都奥多摩でキャニオニングを開催しているグランデックスです。東京ではありますが緑濃い大自然が残る多摩川の上流域でのおすすめのリバースポーツです。非日常がたっぷり味わえます。コースの渓谷には数多くの天然スライダーや飛び込みポイントが点在し目玉はロープを使って滝つぼまで有名なZIPラインで一気に滑り降ります。

ツアーの内容

【半日コース】期間4/27-10/14、所要時間3時間、年齢制限中学生以上、費用6,000円~8,500円(季節によって異なる)
【1日コース】キャニオニング+ラフティング 費用12,000円~13,000円、キャニオニング+レイクSUP費用11,000円~12,000円、ラフティング+レイクSUP、費用11,000円~12,000円 いずれも中学生以上です。

基本情報

【名称】グランデックス
【住所】東京都西多摩郡多摩町川井156-1
【問合せ先】0428-74-9061
【期間】4/末ー10/中
【年齢制限】中学生以上
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】JR青梅線川井駅より徒歩3分、圏央道青梅IC又は日の出ICより50分

関東でキャニオニングができる場所⑥

多摩川・奥多摩エリア スプラッシュ

奥多摩の美しい渓谷の流れを使った多くのおすすめツアープランが自慢です。キャニオニングのパイオニアスプラッシュでは参加者1人1人の体力、経験に応じて様々な難易度、自然度を体験できるコースが用意されています。又、奥多摩エリアではキャニオニング、ラフティングの旬な時期が1年の内3ヶ月しかありません。その為期間を有効使用しています。特にツアーの安全性、価格、満足度の3点を追求したツアーシステムで運営されています。

ツアーの内容

【半日キャニオニングツアー】初心者におすすめ、期間4/27-11/4、年齢制限11才以上、費用6,500円
【コンプリート半日プラン】体力に自信がある人におすすめ、期間4/27-11/4、年齢制限16才以上、費用8,000円
【ファミリー専用プラン】家族単位で遊ぶおすすめの体験ツアー、期間4/27-8/31、年齢制限6才以上(子供でも楽しめるレベル)、費用3,800円

【キャニオニングツインパック】体力に自信がある人向け、レベルが少し高いホーリーともののけコース 期間4/27-11/5 年齢制限16才以上 費用13,000円
【キャニオニングコンボ】キャニオニング+ラフティング、期間4/27-11/4 年齢制限11才以上、費用12,000円
【ゴリラフト1時間多摩川コース】多摩川を使ったラフティングツアー、期間7/13-11/5、年齢制限6才以上、費用3,500円

基本情報

【名称】スプラッシュ
【住所】東京都西多摩郡奥多摩町小丹波803-3
【連絡先】0278-21-1337
【期間】4/27-11/5
【年齢制限】コースにより異なる
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】JR青梅線古里駅送迎あり

関東でキャニオニングができる場所⑦

鬼怒川・日光エリア 日光ジャンボ

国際的な観光地、日光国立公園、内外から多くの観光客を集める有名な日光ですが、ここに華厳の滝、霧降の滝とともに日光の三名瀑の1つ、裏見滝がありここを拠点とするキャニオニングを日光ジャンボが運営しています。落差20mの高さから飛び込んだり渓流をウオータースライダーしたりロープで滝と戯れたり、様々なアおすすめのトラクションがあります。非日常の感動体験ができます。

ツアーの内容

【ハミングバードキャニオニング半日コース】期間4/下ー10/中、所要時間3時間、年齢制限中学生以上、費用8,500円

基本情報

【名称】日光ジャンボ
【住所】栃木県日光市久次良町1790-1
【連絡先】090-9295-0248
【期間】上記
【年齢制限】上記(中学生レベル)
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】日光宇都宮有料道路日光ICより10分、JR日光線日光駅から車10分、東武日光線東武日光駅から車10分

関東でキャニオニングができる場所⑧

鬼怒川・日光エリア ナオック

緑多い大自然の中、透明度抜群の有名な鬼怒川でのキャニオニングです。自然の流れと一体感になれる爽快さは感動ものです。ウオータースライダーや滝つぼに飛び込んだり、泳いだり、次々と現れるアクティビティーアイテムの体験でスリルと興奮が味わえます。子供さんも楽しめるレベルのおすすめコースもあります。

ツアーの内容

【半日コース】アクティブ派におすすめ、所要時間3時間、年齢制限中学生以上、費用7,500円
【ちびっこだってアドベンチャー】幼児のいるご家庭向き、期間7/13ー9/1、年齢制限5才以上、費用7,000円
【ファミリーキャニオニング半日】本格的なキャニオニング、期間7/13-9/1、年齢制限小学生以上、費用7,500円
【ハッピー1日ツア】本格的なツアーキャニオニング+ラフティング、7/20-8/31、所要時間7時間、年齢制限小学生以上、費用12,500円

基本情報

【名称】ナオックNAOC
【住所】栃木県日光市鬼怒川温泉滝871
【連絡先】0288-70-1181
【期間】6/1-10/上
【年齢制限】コースにより異なる
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】日光宇都宮有料道路今市ICより40分、東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅送迎あり

関東でキャニオニングができる場所⑨

尾瀬・尾瀬エリア フィールドアース

関東のキャニオニングの穴場的なおすすめのフィールド、標高1000mの尾瀬はまだ開発の手がそれほど入っていません。そのため水の透明度が保たれており非常に綺麗で冷たいです。天然プールへ飛び込む、ロープを使ってダイブ、ウオータースライダーで岩から滑り下りる、泳ぐ、滝の裏側に入って、水浴びなど非常に多くのアクティビティーがセットされていることが特徴です。ガイドが参加者の状況、レベルに応じて遊び方を紹介してくれますから子供さんでも初心者の方でも安心です。

ツアーの内容

半日コース】所要時間3時間30分、年齢制限小学生以上、費用6,000円
レディスプラン】所要時間3時間30分、年齢制限小学生以上、費用6,500円(土日祝7,500円)
ファミリープラン】4人家族以上、所要時間3時間30分、年齢制限小学生以上、費用6,500円(土日祝7,500円)
団体プラン】8人以上、所要時間3時間30分、年齢制限小学生以上、費用6,500円(土日祝7,500円)
BBQプラン】費用9,000円(土日祝10,000円)

基本情報

【名称】フィールドアース
【住所】群馬県利根郡片品村戸倉319スノーパーク尾瀬戸倉スキー場内
【連絡先】0278-25-4432
【期間】確認願います
【年齢制限】小学生以上
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】関越自動車道沼田ICより40分

関東でキャニオニングができる場所⑩

那珂川・那須塩原エリア ZACK

ベース拠点のおすすめの塩原温泉は全国的に有名な温泉地で那須連山と日光連山との狭間の渓谷にあります。渓谷には沢や岩、山など自然がいっぱいです。そのため各種のアウトドアスポーツの愛好家が多く集まる場所です。2015年から塩原を流れる箒川の本流那珂川でリバーツーリングを開始、源流域から中流域までを使ってキャニオニングやカヌーなどの体験型リバーアクティビティーを行っています。

ツアーの内容

【スタンダードプラン】期間6/16-9/7、所要時間3時間、年齢制限中学生以上、費用8,500円
【アドベンチャープラン】期間9/1-9/17、所要時間3時間、年齢制限中学生以上、費用10,500円
【ファミリーツアー】期間7/14-8/31、所要時間3時間、年齢制限中学生以上、費用7,500円
【シャワークライミング】期間9/16、1日コース、年齢制限中学生以上、費用15,000円

基本情報

【名称】ZACK
【住所】栃木県那須塩原市塩原2196-13
【連絡先】0287-47-5439
【期間】コースにより異なる
【年齢制限】中学生以上
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】東北自動車道西那須野・塩原ICより約17km、JRバス塩原温泉行西那須野駅より40分

関東でキャニオニングができる場所⑪

河津七滝・伊豆エリア スプラッシュ

伊豆の有名な河津七滝のキャニオニングは関東地域に入っていませんが、関東地区の方々に人気上昇中のおすすめのリバースポーツです。エリア外ですが、参考までに河津七滝だけを1つご紹介します。御存じのように河津七滝は有名な景勝地、眺めて楽しむ観光地です。眺めるだけでなく、実際に滝の中に入って、滝の流れと遊ぶのがキャニオニング体験です。河津七滝は多くの大小様々な滝があります。その内4つの滝(エビ滝、蛇滝、なめ滝、初景滝)を攻略するツアーとなっています。

ツアー内容

【キャニオニング半日コース】期間6/上ー10/下、所要時間3時間、年齢制限16才以上、費用8,500円

基本情報

【名称】スプラッシュ
【住所】静岡県賀茂郡河津町梨本1112
【問合せ先】】0278-21-1337
【期間】4/末ー10/末
【年齢制限】16才以上
【持ち物】水着、タオル、スイムゴーグル、メガネバンド、化繊衣類
【アクセス】JR伊東線河津駅送迎あり

まとめ

群馬県みなかみ町を発祥とする日本のキャニオニングは2010年、有名なテレビ番組「ガイヤの夜明け」で取り上げられてから、日本国中に一気に広がりました。現在もなお、人気は衰えず愛好家は増加の傾向にあります。車の両輪のようにラフティングも人気が高く、ラフティングのアクティビティの1部をキャニオニングに取り入れ、これをキャニオニングとしているツアーもあります。

どこか危険なイメージがありましたが、安全面で案内するガイドの安全教育が徹底され、かなりレベルの高い指導者となっています。今後も安全施行の意識を下げることなく続けて行って欲しいものです。

関東のキャニオニングについて気になる方はこちらもチェック!

キャニオニングの人気が上がってきていますが、キャニオニングの魅力って何だろうか、関東地区以外の場所でのキャニオニングはどんな風なのか、を紹介します。

Thumbキャニオニングとは?世界的に人気な渓谷下りの魅力やスポーツ概要をご紹介!
キャニオニングは今や世界でだけ有名なアウトドアスポーツではなく、日本でも非常に人気なアウトド...
日本全国のキャニオニングの体験場所12選!初心者が気になる内容や難易度も解説!
今回は日本全国のキャニオニングの体験場所を紹介します。日本にも多くのキャニオニングの体験場所...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ