検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

88サーフボードでもっと自由に波乗りを楽しもう。特徴や評判、取扱店をリサーチ!

88サーフボードは、自由に波乗りを楽しめることで人気を集めているサーフボードブランドです。そこで、本記事では88サーフボードを特集します。88サーフボードの特徴や口コミの評判、取扱店など、知っておくと便利な情報を集めましたので参考にしてみてください。
2022年9月7日
kon_w

目次

88サーフボードに注目!

オーストラリアで誕生したボードブランド

88サーフボードは、サーフィンの街として知られるオーストラリア・バイロンベイで誕生したサーフボードブランドです。主にソフトボードを取り扱っており、日本のサーフィン好きの間でも高い人気を集めています。


88サーフボードをチェックしよう

88サーフボードはメジャーなサーフショップではあまり見かけられないため、名前は聞いたことがあってもどのようなブランドなのか知らない方も多いでしょう。そこで、本記事では88サーフボードについて特集します。特徴や口コミ、取扱店などを紹介しますので、サーフボード選びに役立ててみてください。

ブランドの特徴

自由に波を楽しむスタイルがコンセプト


88サーフボードは、座る・膝立ち・寝る・立ち上がるなど、好みのスタイルで波を楽しむことをコンセプトとしています。サーフィンと言えば波に乗らなければならないというイメージがありますが、88サーフボードはそういった固定概念を崩し、ただ海の上でのんびり過ごすこともサーフィンの1つとして捉えているのが特徴です。

サーフィンにハードルを感じることなく、自由なスタイルで波乗りを楽しみたい方に最適なボードだと言えるでしょう。

フィンレスが基本のソフトボード

88サーフボードで主に取り扱っているのは、フィンレスのソフトボードです。ソフトボードとは、柔らかな発泡性素材を使用したサーフボードのことを指します。軽い素材を使用しているためハードボードと比べて浮力が高くなり、波を掴まえやすいところが魅力です。

また、フィンを用いないフィンレスタイプを基本としているのも88サーフボードの特徴です。小波から大波まで掴みやすい特性があり、海が混んでいる場合は他の人と違うピークを探す楽しみがあります。

レベルに合わせてフィンの取り付けも可能


フィンレスは波乗りの自由度を上げてくれる一方で、乗りこなすのが難しいスタイルとしても知られています。そのため、88サーフボードはフィンの取り付けも可能です。最初はフィン付きで挑戦し、慣れたらフィンレスで自由なサーフィンスタイルを楽しむのもよいでしょう。

3本のスリンガーで耐久性もバッチリ

88サーフボードの中には3本のストリンガーが入っています。ストリンガーとはサーフボードの強度を上げるための補強材で、木材が用いられることがほとんど。ストリンガーが3本も入っていれば耐久性の面では全く問題はなく、長く愛用することができるでしょう。

口コミの評判は?

リラックスして波を楽しめる

サーフボード選びでは、実際に乗ったことのある人の口コミを確認しておくことも大切です。88サーフボードを愛用している人の口コミでは、リラックスして波乗りができたという評判がありました。

88サーフボードは、波を乗りこなすだけでなく、ただサーフボードに寝そべりながらのんびり過ごすことも波乗りの楽しみの1つとしているため、普段より落ち着いた気分で海を楽しんでみてください。

寝そべりながら リラックスして波乗りするのは とても楽しく
ソフトボードだけに 周りや自分にヒットすることも あまり考えずに 乗れるし
そんなことを考えてデザインされているから 乗りやすい。

初心に戻れる

フィンレスの88サーフボードは、初めて乗る方にとっては乗りづらいと感じることがあるかもしれません。しかし、だからこそ初心に戻って海と向き合えるところが魅力であるという口コミもありました。

サーフボードに乗るだけでなく、座ったり、膝立ちしたり、バリエーション豊かな乗り方を楽しめば、サーフィンを始めた頃のワクワク感を取り戻せるでしょう。自分のサーフィンスタイルに行き詰まりを感じている方にもおすすめのボードです。

最初はなかなか上手く乗れなくて初心に戻ることができます。立ったり、膝立ちしたり、寝たり、座ったり、etc.. 様々な乗り方があるので、無限大の可能性を感じますね。

キッズの練習用にもおすすめ

ソフトボードは柔らかな素材で作られているため、他の人と1つの波に乗ってもクラッシュする心配がありません。当たると怪我の危険があるハードボードと比べて安全性が高く、子供の練習用にも最適です。

ソフトボードなので、一つの波に仲間と一緒に乗ってもクラッシュ問題なし、もちろんキッズの練習用として、スポンジなので安全です。

価格情報と日本の取扱店2選

価格は5〜8万円ほど

サイズや人気のカラーによって変わりますが、88サーフボードの平均価格は6万円〜8万円ほどです。一般的なソフトボードブランドと比べて少し高めの価格設定であるものの、日本での取扱いが少ない希少なボードということを考えれば、妥当な価格とも言えるでしょう。
 

日本の取扱店はごくわずか

88サーフボードは販路拡大を目的としておらず、地元バイロンベイでは手売りで購入するのが一般的です。日本での取扱店も少ないため、自宅近くのサーフショップで見つけるのは難しい可能性があります。ただし、遠方のサーフショップでも通販サイトで88サーフボードを販売している場合もありますので、チェックしてみてください。

①:SOLDIERBLUE SURF(京都)

SOLDIERBLUE SURFは、88サーフボードの正規取扱店の1つです。通販サイトでもボードの販売を行なっており、フィン付きタイプも取り扱っています。ノーフィンに高いハードルを感じている方も、フィン付きなら安心して使えるでしょう。

SOLDIERBLUE SURFの基本情報

SOLDIERBLUE SURF

  • 住所
    〒629-3104
    京都府京丹後市網野町浅茂川377-10
  • 電話番号
    080-6115-0101
  • 営業時間
    12:00~19:00
  • 定休日
    不定休

通販ページはこちら

SOLDIERBLUE SURF Online Store

②:Wind&Sea Board SHOP(高知県)

Wind&Sea Board SHOPも88サーフボードの正規代理店であり、通販サイトの取り扱いもあります。ブランドと直接交渉の上、確かなルートで仕入れているため安心して購入できるのが嬉しいポイントです。

Wind&Sea Board SHOPの基本情報

Wind&Sea Board SHOP

  • 住所
    〒787-0017
    高知県四万十市不破1746-3
  • 電話番号
    0880-35-6166
  • 営業時間
    13:00~20:00
  • 定休日
    火曜日

通販ページはこちら

Wind&Sea Board SHOP

中古品はフリマアプリなどで

中古で88サーフボードを手に入れたい場合は、フリマアプリやオークションサイトを利用するのがおすすめです。88サーフボードは希少性が高いため、最寄りのリサイクルショップや中古サーフボードショップで手に入れるのは難しいでしょう。

また、中古品は新品より価格が安くなるのも嬉しいポイントです。サーフボードの購入費用を抑えたい場合は、中古品も視野に入れておくとよいかもしれません。

ボードの選び方

サイズを確認する

88サーフボードは、6〜8ftサイズのラインナップが揃っています。ソフトボードは浮力が高いため、7〜8ftのミッドレングスサイズでもロングボードと同じような感覚で波をキャッチでき、初心者に最適です。

6〜7ftサイズもミッドレングスの範囲に入りますが、7〜8ftと比べて小回りが効くため、初心者からレベルアップしてショートボードに近い乗り心地を楽しみたい方におすすめです。

浮力はレベルに合わせて

88サーフボードを選ぶ時は、自分のレベルに合わせて最適な浮力を取り入れるのもポイントです。自分の体重に対して大きい浮力を備えたソフトボードは、パドルが楽になりますので初心者に最適ですが、コントロール性は落ちます。自分の体重より小さな浮力のボードは、テイクオフが難しい一方でコントロール性が高くなるため中上級者向きです。

88サーフボードで自由な波乗りを満喫!

88サーフボードは、立ち上がって波に乗るだけでなく、ボードの上に寝そべったり、座ったり、さまざまな乗り方で海を楽しむことをコンセプトとしているのが魅力です。波に乗らなければならないというプレッシャーから解放され、自由に海で遊ぶことを目的としています。

柔らかなソフトボードはクラッシュしにくく、子供の練習用として使えるのも嬉しいポイントです。ぜひ、88サーフボードを手に入れて自分だけの波乗りを満喫しませんか。

88サーフボードが気になる方はこちらもチェック!

88サーフボードに限らず、さまざまなブランドから特色豊かなサーフボードが出ています。関連記事ではおすすめのサーフボードを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。