尚仁沢ってどんなところ?名水百選にも選ばれた尚仁沢湧水群の見どころを解説!のイメージ

尚仁沢ってどんなところ?名水百選にも選ばれた尚仁沢湧水群の見どころを解説!

尚仁沢湧水群で名水を堪能してみてはいかがでしょうか。きれいな水とそれが湧き出す不思議な光景は見る人の心と体の癒しになります。本記事では、尚仁沢湧水群の魅力や楽しみ方を徹底解説します。周辺の見どころ情報なども掲載しました。どうぞご覧ください。

2019年06月23日更新

iiyudana
iiyudana
トラベルやツーリング、キャンプなど観光やお出かけに役立つ記事を執筆しています。道の駅と日帰り温泉を渡り歩くのが大好きなトラベラーです。自分が実際に見て、聞いて、体験した情報もたくさん盛り込んでいきます。読めば必ず行ってみたくなる魅力的な記事作りに励みます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 尚仁沢湧水群とはどんな場所?
  2. 湧き水の湧き方は尚仁沢湧水群ならでは!
  3. 尚仁沢湧水群の水はどれほどきれい?
  4. 尚仁沢湧水群までの道のり
  5. 尚仁沢湧水群の湧き水を汲んで帰ろう!
  6. 尚仁沢ハートランドも見どころ!
  7. 尚仁沢周辺も見どころ満載!
  8. 尚仁沢周辺の見どころ①道の駅 湧水の郷しおや
  9. 尚仁沢周辺の見どころ②東古屋湖
  10. 尚仁沢周辺の見どころ③大滝
  11. 尚仁沢湧水群までの交通アクセス
  12. 尚仁沢湧水群で心と体の癒しを!

尚仁沢湧水群とはどんな場所?

尚仁沢湧水群は栃木県の北部に位置する塩谷町の山中にあります。塩谷町のシンボル的存在である「高原山」の中腹付近に位置しており、湧水群周辺は自然豊かな森の囲まれきれいな渓流が流れています。美しい渓流と自然の風景のコントラストが素晴らしく、その心の癒しとなるような風景に魅了されたいと多くの観光客がやってきています。湧き水というと通常は岩の間や木の根元などからきれいな水が湧き出す光景を思い浮かべますが、尚仁沢湧水群の湧き水の湧き方は他の場所の湧き水とは大きく異なっています。

湧き水の湧き方は尚仁沢湧水群ならでは!

渓流となって流れるきれいな湧き水は、湧水群一帯に広がっている樹齢数百年にも及ぶ広葉樹の原生林からもたらされるものです。森の中を流れるきれいな渓流を上流へとたどっていくと、何と原生林に覆われた山肌のあちらこちらからきれいな湧き水が湧き出しているのです。木立の間からこんこんと湧き出す水が渓流となって流れる光景は、心の癒しとなると同時に神秘を感じます。一度観光に訪れてみるとカメラマンが何度もこの名水の郷を訪れる理由がわかるに違いありません。

尚仁沢湧水群の水はどれほどきれい?

尚仁沢湧水群のきれいな湧き水は、昭和60年に水環境の保全状況が極めて優良であると環境庁から認められ、全国名水百選に認定されています。名水は一日に何と65,000tもの湧出量を誇り、水温は年間を通じて11度前後を保っていて、伏流水のため冬でも凍り付いてしまうことがなく、夏でも触るととても冷たく感じます。この名水が渓流となって流れる様子を「水あめ」のようだと表現する観光客もいますね。見ても飲んでもきれいなのが尚仁沢湧水群の名水の特徴となっています。

湧き水の水質は?

おいしい水の定義はさまざまですが、基本的に味を決めるのは水に含まれる成分で、水の味を良くする成分が悪くする成分を上回っているとおいしい水と言うことができます。尚仁沢の名水の水質ですが、pH値が7から8というやや高めのアルカリ性を示しており、適度な金属ミネラルも含んでいるためさっぱりと淡白で味の薄い癖のない水質となっています。ミネラル不足が指摘されている現代人にとってまさに体の癒しになる水質と言えるのです。この癖のないきれいな名水は、コーヒーを入れたりそばなどを打つのにも大変適しています。

尚仁沢湧水群までの道のり

塩谷町だけにとどまらず、栃木県では県をあげてこの名水の保護に力を入れており、多くの観光客にもこの自然の財産に親しんでもらおうと、「栃木の元気な森づくり県民税」を活用して、尚仁沢湧水群までアクセスする遊歩道を整備しています。車両は手前の駐車場にとめてから、湧水群まで30分ほどかけて徒歩で向かうことになります。アクセスの途中には急な階段や凸凹の坂道など歩きにくい場所が多くあるため、観光する場合には歩きやすい靴を持参して事故のないよう楽しまねばなりません。

遊歩道は冬でも歩けるの?

尚仁沢湧水群までの遊歩道は冬場でも徒歩で向かうことが可能です。冬枯れた尚仁沢湧水群もなかなか素敵で、場所によっては滴る水が凍っていてとてもきれいです。積雪が多い地域ではないものの冬場の冷え込みは強くなっています。遊歩道には急な坂道や階段が多くあるため、場所によっては凍結していることも考えられます。駐車場には雪がなくても遊歩道の奥には雪が残っているという場合もあるため、冬に訪れる場合には念のため滑り止めの付いた濡れてもいいシューズを準備していくことをおすすめします。

尚仁沢湧水群の湧き水を汲んで帰ろう!

せっかく名水の郷を訪れたのなら、全国名水百選の水をぜひ自宅に汲んで帰りたいと思います。嬉しいことに尚仁沢の駐車場の近くには「名水パーク」と呼ばれる名水を汲むことのできる場所が確保されています。塩谷町が尚仁沢の名水を湧水群から引っ張り取水所を設置したもので、観光客はそこにあるいくつものパイプから出てくるきれいな湧き水を好きなだけ飲んだり汲んだりすることができます。湧水群まで歩くのが難しい観光客であっても名水にありつけるチャンスがあります。

尚仁沢ハートランドも見どころ!

尚仁沢湧水群を楽しんだ後は駐車場の敷地内にある「尚仁沢ハートランド」という施設にも立ち寄りましょう。こちらには野菜の直売コーナーや軽食コーナー、お土産売り場などがあり、栃木県のお土産を購入したり、地元の新鮮野菜を購入したりできます。季節によってイベントも企画されますので、名水と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。また、尚仁沢ハートランドの隣には「東荒川ダム公園」もありブラブラと散歩するにも最適です。

おいしい名物グルメもあり!

尚仁沢ハートランドで味わってみたいグルメがあります。その一つが「東荒川ダムカレー」です。地元産の野菜を素揚げしたものがカレーの中に入っており、ダムの壁をイメージしたライスがお皿を2つに分けています。マイルドな味付けで誰の口にも合うでしょう。また、塩谷町特産の里芋を使った「里芋フライ」もおすすめで、外はサクサク、中は里芋独特のねっとり感がたまりません。どちらも地元色溢れたグルメですので、ぜひ名水と一緒に味わって帰りましょう。

尚仁沢周辺も見どころ満載!

尚仁沢湧水群のある塩谷町周辺には観光の見どころもたくさんあります。名水で心と体の癒しを体験した後は、塩谷町周辺の観光もあわせて楽しんでみてはいかがでしょうか。栃木県を代表する有名な観光スポットもあれば、知る人ぞ知る穴場の観光スポットもあります。そのいくつかをご紹介しましょう。

尚仁沢周辺の見どころ①道の駅 湧水の郷しおや

尚仁沢から車で30分ほどの場所にある道の駅で、栃木県内では20番目の道の駅となります。道の駅の駐車場からは西側に日光連山の山並みが見え、北側にはシンボルの高原山が見えます。道の駅内には塩谷町出身の著名人の作品を展示した交流館や、地元の野菜や花を販売する直売所、グルメが食べられる飲食館などが備わっており、ドライブの休憩やランチなどに利用すると大変便利です。

スポットのおすすめポイント

せっかく名水の郷を訪れたのなら、そのきれいな水で打ったそばを味わってみてはいかがでしょうか。飲食館にあるそば処「かみざくら」は、地元産のそば粉を尚仁沢湧水群の名水を使って打っており、塩谷町ならではのそばの味を堪能することができます。風味重視の方は黒っぽい色をした田舎そばを、爽やかでのど越しのよいそばがお好みなら石臼挽きの湧水そばをおすすめします。地元野菜の天ぷらが付いた天盛りそばをぜひオーダーしてみてください。

スポットの詳細情報

【場所】栃木県塩谷郡塩谷町船生3733-1
【TEL】0287-47-2551
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】火

尚仁沢周辺の見どころ②東古屋湖

尚仁沢から車で20分ほどの場所にある湖で、栃木県の人気釣り場の一つとなっています。イワナやヤマメ、ニジマスやブラウントラウトなど多くのマス類が放流されており、解禁日になると各地からアングラーたちがやってきて魚とのやり取りを楽しみます。4月と11月には釣り大会も開かれてびっくりするような大物が次々と釣り上げられます。湖の水もきれいですし周辺は緑が豊かですので、釣りをしなくても心の癒しになるスポットです。

スポットのおすすめポイント

東古屋湖には激安のキャンプ場があって、キャンプシーズンには多くのキャンパーがテントを張っています。1泊何と500円という安い料金でテント宿泊が可能です。区画もはっきりと分けられていないため好きな場所にテントを張ることができ、車も自由に乗り入れができて大変便利です。朝目覚めると目の前には湖が広がっているので、コーヒーなどいれてくつろいでいると心と体の癒しになります。尚仁沢の名水を汲んでから訪れればおいしい食事が楽しめるのではないでしょうか。

スポットの詳細情報

【場所】栃木県塩谷郡塩谷町上寺島東古屋
【TEL】0287-47-1150
【サイト利用料】500円/1泊

尚仁沢周辺の見どころ③大滝

尚仁沢から車で20分ほどの場所にある穴場の滝で、幅が約20m、落差約10mほどの大きさがあります。塩谷町を流れる西荒川の渓流にかかる滝で、きれいな水が岩盤の上を白いカーテンのようにして流れています。岩盤の出っ張りに水が当たって砕け散る美しい姿を見ると非常にさわやかな気分にさせられ、見ているだけでも心の癒しになりますね。夏場でも比較的水量が多く見ごたえのある観光スポットとなっています。

スポットのおすすめポイント

大滝周辺は広葉樹の森となっているため、夏は新緑が美しく秋はきれいな紅葉に包まれた滝の絶景を写真に収めることができます。季節を変えて訪れてみるのも楽しいでしょう。ただ、大滝までのアクセス路が未舗装で少々荒れ気味なため、尚仁沢方面からアクセスするよりも東古谷湖方面からアクセスするのがおすすめです。出かけるなら気象情報を確認して、悪天候の予報なら別の機会に回すのがベストな選択と言えます。

スポットの詳細情報

【場所】栃木県塩谷郡塩谷町上寺島
【TEL】0287-45-2211

尚仁沢湧水群までの交通アクセス

尚仁沢湧水群は不便な場所にあるため、アクセスは車を使用するのがベストです。東北自動車道の「矢板インターチェンジ」を降りてから、「県道30号線」、「県道74号線」と進み、「県道63号線」で尚仁沢湧水群の駐車場に到着します。電車でアクセスする場合には「JR矢板駅」からタクシーを利用することになりますが、周辺の見どころなども巡ることも考えて車でアクセスすることをおすすめします。冬場にアクセスする場合には車の冬装備を整えてから出かけるようにしましょう。

尚仁沢湧水群で心と体の癒しを!

ここまで、尚仁沢湧水群の魅力と楽しみ方について解説してきましたがいかがでしたか?地元塩谷町の町民は尚仁沢湧水群を町の宝として非常に大切にしています。きれいな湧き水と渓流が流れる水の郷に住めることを誇りにしていますので、観光客はゴミは持ち帰るなどマナーを守って観光を楽しむ責任があるでしょう。ぜひ一度尚仁沢湧水群を訪れて、きれいな水と美しい景色で心と体の癒しを体験してみましょう。

尚仁沢湧水群の情報が気になる方はこちらもチェック!

尚仁沢湧水群を訪れたならぜひ一緒に栃木県の他の観光sPotも立ち寄ってみてください。こちらの記事が参考になるでしょう。

Thumb【2019】栃木の観光スポット15選!エリア別に有名&穴場な名所を大公開! | 暮らし~の[クラシーノ]
栃木といえば日光や那須高原が有名ですが、2019年に行きたい観光スポットはどこでしょうか?世...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ