キャニオニングとは?話題の渓流下りの魅力や楽しみ方を解説!体験場所は?のイメージ

キャニオニングとは?話題の渓流下りの魅力や楽しみ方を解説!体験場所は?

キャニオニングとはハードなアウトドアスポーツをいくつも兼ねた渓谷下りのことですが、爽快感や達成感も充実しているため非常に人気なアウトドアスポーツです。キャニオニングとはと調べてみると分かりますが、兼ねているアウトドアスポーツはクライミングなどがあげられます。

2019年07月02日更新

touki241
touki241
アウトドア、食事や体づくりを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャニオニングとはどういうものか
  2. キャニオニングとは複数のアウトドアスポーツ
  3. シャワークライミングとは
  4. キャニオニングに必要な持ち物とは
  5. キャニオニングとは安全な渓谷で行う
  6. キャニオニングとは体験しなければわからない
  7. キャニオニングをツアーで安全に体験
  8. キャニオニングの気になるレビューとは
  9. キャニオニングとはいつでも初心者であれ
  10. キャニオニングの魅力まとめ

キャニオニングとはどういうものか

皆様はキャニオニングというものをご存知でしょうか。一般にはあまり知られているスポーツではありませんが、アメリカでキャニオニアリングという名前で親しまれているスポーツで、日本でもキャニオニングという名前でアウトドアの1つのジャンルとして人気です。行う場所は渓流ですが、一般的に知られている沢登と違いキャニオニングは渓流を下っていくアウトドアスポーツになります。

出典: https://pixabay.com

スポーツとしては爽快だがハード

渓流のレベルにもよりますが、キャニオニングというアウトドアスポーツは日常で想像するスポーツと比較してみてもハードな部類に入ります。しかし自然の悪戯で複雑に形成されている渓流は川あり滝あり岩ありの非常にアクティビティーな環境ですので、その渓流を下りで降りていくスポーツとして最低限の装備と注意力を働かせれば楽しみ方は無限大で、非常に爽快で魅力の多いアウトドアスポーツです!

キャニオニングとは複数のアウトドアスポーツ

キャニオニングとは渓流を下るアウトドアスポーツというイメージができたことと思います。しかしただ渓流を下りで降りていくのがキャニオニングではなく、渓流を下りで降りていくには複数のアウトドアスポーツ要素をクリアする必要があります。では実際どの様なアウトドアスポーツが渓流を下るキャニオニングには含まれているのでしょうか。1つ1つのスポーツを意識すればそれぞれがハードですが、そういう心構えをしておくと初心者の方でも事故が減ります。

出典: https://pixabay.com

複数のスポーツ要素

キャニオニングに含まれる要素は非常に多く存在します。まず渓流を下りで降りていくためには上流に行かなければいけませんので、登山やトレッキングというアウトドア要素が生まれます。また渓流の地形にも左右されますが、実際にキャニオニングとして渓流を下りで降りていく際にはクライミング要素を基盤とし、渓流への飛び込みや懸垂下降などのロープワーク要素、そして渓流は川ですので水泳やカヌーといったアウトドア要素も含まれます。

シャワークライミングとは

キャニオニングとはと調べると頻度が高く表示されるのがシャワークライミングです。キャニオニングの特徴を知ればシャワークライミングというものも同じようなイメージが持たれますが、決定的に異なる点がキャニオニングとシャワークライミングには存在します。キャニオニングとは渓流を下りで降りていくスポーツと説明しましたが、シャワークライミングはその逆で渓流を上るアウトドアスポーツとなります。一般的に考えられる沢登似クライミング要素を付け加えたようなスポーツです。

出典: https://pixabay.com

よりハードな渓流アウトドアスポーツ

キャニオニングの楽しみ方としては渓流を下るスポーツとしての楽しみ方ですが、シャワークライミングの楽しみ方はその逆で渓流を登っていく楽しみ方で人気です。ただ渓流を下るキャニオニングと比較して渓流の中を登って行くわけですので、シャワークライミングはキャニオニングよりハードなアウトドアスポーツといわれています。体力や体温などをしっかりと計算し、休憩をする計画をしっかり練らなければシャワークライミングを楽しみ切れません。

キャニオニングに必要な持ち物とは

キャニオニングの楽しみ方として渓流の上流まで登り、渓流を下っていくあいだの複数のアウトドア要素を堪能するというのが最高の楽しみ方です。キャニオニングとは複数のアウトドアを兼ねたアウトドアスポーツですので、楽しみ方を充実させるには必要な持ち物を用意する必要があります。渓流の場所によっても難易度は異なりますが、注意力を欠かせてしまえば場所に関係なく非常に危険なスポーツですので、しっかりと持ち物を確認していきましょう!

出典: https://pixabay.com

命とマナーを守る装備と持ち物

キャニオニングは単純に渓流を下るというアウトドアスポーツですが、渓流という場所は水辺であり岩場ですので事故があれば命にかかわる場所であることは間違いありません。楽しみ方を満喫するにはまず命を守ることから始めます。必要な装備は頭を守るヘルメット、溺れないためのライフジャケット、岩で滑らないためのシューズとグローブ、そして体温低下から身を守るウェットスーツです。これらは必需品ですが、付け加えて渓流を守るためのマナーとしてゴミが出る心配がある場合は持ち帰れるようにビニール袋を持ち物に入れましょう。

キャニオニングとは安全な渓谷で行う

キャニオニングは渓流を下るアウトドアスポーツと1つにしてもキャニオニングを行う場所は考えなければいけません。まず一番最初に考えなければいけないことは、侵入していい場所であるか、キャニオニングを行ってもいい渓流の場所であるかの確認です。場所によっては保護区などがございますので、計画をする段階でご確認ください。また個人やグループの能力や経験を考慮して、そのレベルに合った場所を選ぶことも重要なことです。

出典: https://pixabay.com

心配であれば個人で行かない

現在キャニオニングはハードなアウトドアですので初心者の場合は特に渓流の場所で悩むことも多いです。初心者などの経験が浅い方におすすめするキャニオニングをする方法として、安全にツアー体験をすることをおすすめいたします。ツアー体験とは、アウトドア用品ブランドやアウトドア界のイベントで度々開催されているアウトドアスポーツのツアー体験イベントのことで、団体で安全に危険も少なくアウトドアを行えます。

キャニオニングとは体験しなければわからない

キャニオニングとはと調べて楽しみ方も調べて思うことは楽しそうなスポーツということでしょう。しかし実際にキャニオニングの楽しさを知るには実際にキャニオニングをやってみるしかありません。どれだけキャニオニングの楽しさや魅力を知識で得ても、必要な持ち物を熟知したとしても、実際にキャニオニングをしてみなければ本当の楽しさを知ることはありません。現在では初心者の方でもできる体験ツアーが存在していますので、一度渓流でずぶ濡れになることをおすすめします!

出典: https://pixabay.com

キャニオニングをツアーで安全に体験

実際にキャニオニングを簡単かつ安全に体験できる方法といえば、アウトドア用品ブランドなどが主催するキャニオニング体験ツアーに参加することです。体験ツアーでは最低限必要な持ち物は基本的にレンタルができますので、1から持ち物を揃える必要がありません。また体験ツアーでは保険加入を推奨している体験ツアーも存在しますので、キャニオニングの際に万が一何かあった時の保険も適用されますので安心です。

出典: https://pixabay.com

キャニオニングは上級者から初心者まで楽しめる

キャニオニングは世界的に人気なアウトドアスポーツ。難易度は上級者であるプロが未開拓ルートを開拓していくような超ハードなキャニオニングから、1度もアウトドアスポーツをしたことがない方でも体験ツアーであれば十分に達成できて楽しみ切れるほど上級者から初心者までが楽しめる幅の広いアウトドアスポーツです。一度キャニオニングをして渓流を降りて水中に飛び込めばもうキャニオニングのとりこになるかもしれません。

キャニオニングの気になるレビューとは

キャニオニングは日本でも1人の個人で行ったり複数人の個人グループで行ったり、体験ツアーの様な団体で行うというように色々なパターンで楽しむことができます。個人の場合は既に複数人でのキャニオニングを経験したりと場数を踏んでいる方々が殆どですので、初心者の方や経験の浅い方は体験ツアーのレビューなどを確認するとどういう物か少し想定できます。またレビューを確認することによって次回のキャニオニング場所を選定することもできますのでおすすめです。

出典: https://pixabay.com

天竜川でのキャニオニング

こちらの口コミを書いた方は長野県の諏訪湖を源にする天竜川上流でのキャニオニング体験ツアーに参加された方です。複数の家族でもプロフェッショナルなガイドさんがサポートしますので、お子様連れでも安心して楽しむことができます。また渓流の魅力ポイントとしては自然にあります。森と川がなす景色は幻想的な絵になりますので、大自然の中で楽しみながら感動することもできます。

昨日、参加させて頂きました!天竜川上流の美しい自然と綺麗な水に感動しました!小学生3年の子を含め2家族で参加しました。
ガイドのお2人が、とても気さくで優しく、安全に配慮して下さったので、安心して川遊びが楽しめました。有難うございました!
素晴らしい夏休みの思い出となりましたー
また、参加出来るのを楽しみにします

奥多摩でのキャニオニング

こちらの口コミを書いた方は東京都西部に位置する山岳地帯奥多摩でのキャニオニング体験ツアーに参加された方です。天候は天気予報で確認してもその日の天気次第でしかわからないほど山の天気は分からないものです。しかし幸いキャニオニングは水のアウトドアスポーツですので気になることはないようです。ただやはり自然の中で行うスポーツですのでトイレや更衣室などの質は妥協し、インストラクターに従いましょう。

高1、中3の子どもと参加。
あいにくの雨だったのですが、問題なく楽しめました。スタッフもインストラクターもたいへん親切で、満足です。
施設は屋根はありますが屋内はなく、トイレや更衣室が簡易的なものだったので、星4つとしました。

キャニオニングとはいつでも初心者であれ

キャニオニングは他のアウトドアスポーツを複数兼ねたハードなアウトドアスポーツです。初心者の方や経験の浅い方は必然的に自然に対して警戒して慎重にスポーツを行うのは大前提で絶対に必要な心構えです。しかし、ある程度数をこなしてきた方や上級者の方程実は初心心を忘れずに慎重に行わなければいけません。簡単に説明すればキャニオニングとは、アウトドアの中でも最上位にハードなクライミングに水流という物が加わった物ですので、考えれば大変危険なスポーツです。

出典: https://pixabay.com

第1に安全に第2に楽しもう

自然を相手にするアウトドアスポーツは共通して経験を重ねれば重ねる程次回の計画を慎重に考えます。またアウトドアでは装備の重量計算というものが重要ですので、いかに装備を軽くするかと考えます。この考えは正しく、装備重量が軽ければ軽いほど体力消耗が少なく、また重量が重い装備と比較して身軽になりますので事故を防ぐことができます。しかし、重量を減らすことを考えすぎて必要な持ち物を忘れてはいけません。自然に挑む前には計画と整理、持ち物確認をしましょう。

キャニオニングの魅力まとめ

キャニオニングの魅力や重要な説明をさせていただきましたが、皆様はどのように感じられましたでしょうか。ハードなアウトドアスポーツでありながら美しい大自然を観ながら体全体で楽しめる素敵なスポーツと思われたでしょうか。その通りです!しかし、世界で人気なキャニオニングがどれほど魅力があろうともいくつかの注意点を守らなければ命にかかわってしまいます。最後にキャニオニングの魅力と注意点をまとめさせていただきます。

出典: https://pixabay.com

大自然に挑むことを忘れずに楽しもう!

キャニオニングはトレッキングやクライミングといった山岳アウトドアの要素から、水泳やカヌーなどの河川アウトドアの要素も含まれる非常に奥の深いアウトドアスポーツです。そのため魅力はスカイダイビングのように人生観が変わるほど素晴らしいですが、同様に危険なスポーツでもあります。行うには命を守るための必要最低限の装備を用意する必要がありますので、安全面も考慮しつつ全力で楽しみましょう!

アウトドアが気になる方はこちらもチェック!

キャニオニングの他にも魅力的なアウトドアスポーツは数多く存在します。それぞれに魅力がたくさんありますので、是非下記の記事から確認してみてください!

Thumb沖縄のおすすめ人気マリンスポーツ!最新アクティビティや体験ツアーもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ここでは沖縄のおすすめのマリンスポーツを紹介します。沖縄にはホエールウォッチングやダイビング...
Thumb空飛ぶスポーツ「ウイングスーツ」!初心者でも体験できる?その価格は? | 暮らし~の[クラシーノ]
「鳥のように自由に大空を飛びたい」そんな人類の願いを叶える最新の空飛ぶスポーツが登場しました...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ