空飛ぶスポーツ「ウイングスーツ」!初心者でも体験できる?その価格は?のイメージ

空飛ぶスポーツ「ウイングスーツ」!初心者でも体験できる?その価格は?

「鳥のように自由に大空を飛びたい」そんな人類の願いを叶える最新の空飛ぶスポーツが登場しました。モモンガのようなスーツを着て体ひとつで高速で空を飛ぶその名も「ウイングスーツ」。危険そうなウイングスーツの魅力やリスク、また体験する方法や価格などをご紹介します。

2019年06月24日更新

豆飼
豆飼
B型の好奇心とチャレンジ精神旺盛さを活かして、DIYや旅行、ガーデニングなど色々なことに挑戦し続けています。その経験や失敗も含めて、ありきたりな目線ではなく誰にでもわかりやすいよう、「そこが知りたかった!」と思ってもらえる情報を発信できるよう心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 空を飛ぶスポーツの多様化
  2. モモンガのように空を飛ぶ「ウイングスーツ」とは?
  3. ウイングスーツで空を飛行できる仕組み
  4. ウイングスーツとスカイダイビングの違い
  5. ウイングスーツは安全?危険性は?
  6. ウイングスーツの醍醐味「ベースジャンプ」とは?
  7. ウイングスーツは初心者でも体験できる?
  8. ウイングスーツは日本でもできる?
  9. ウイングスーツを楽しむための価格は?
  10. 空中飛行を日本で体験できるスポーツ
  11. まとめ

空を飛ぶスポーツの多様化

人類の憧れのひとつ、「空を飛ぶ」こと。この空への飽くなき探求が近年激化し、空飛ぶスポーツはどんどん多様化しまた過激化してきています。美しく神秘的な大空は、一歩間違えれば命を落とす危険なもの。従来空飛ぶスポーツといえばスカイダイビングやハンググライダーなどのイメージでしたが、最近ではモモンガのように空中を舞う空飛ぶスポーツ「ウイングスーツ」というものが注目を集めています。さらにはベースジャンプという危険なジャンルもスリルを求める人達に果敢に挑まれています。

yetitalpoさんの投稿
33993401 1957346654578201 3074160959946752000 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

モモンガのように空を飛ぶ「ウイングスーツ」とは?

モモンガといえば、手足を繋ぐように広がった膜を使って飛行機のように舞う空飛ぶ動物ですが、そのモモンガのような形状のスーツを着て空を飛行するスポーツがウイングスーツです。スカイダイビングやパラグライダーでは背中にパラシュートを背負って、またパラグライダーでは飛行機の翼のようなグライダーに吊り下がって空を飛びますが、ウイングスーツはなんとこのスーツひとつで飛行するという聞くだけでも恐ろしい空飛ぶスポーツです。

timothykukkaさんの投稿
28432875 225310121376412 3738384300882526208 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ウイングスーツで空を飛行できる仕組み

ウイングスーツによるフライングの仕組みは、まさにモモンガと同じです。飛行時の空気抵抗を減らして速いスピードで滑空できる構造を研究した結果、モモンガと同じ形状に辿り着いたそう。両手両足を広げることで膜が広がって翼の役割をし、舵を取りながら高速でフライングすることができます。

_skyiscallingさんの投稿
34696452 1816588631720103 6069556957033791488 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ウイングスーツの素材や形状の秘密

ウイングスーツの素材は空気を全く通さない特殊なナイロン素材でできています。また羽の部分にはフライング時に空気が入って膨らむ「ラムエアー構造」というつくりになっており、パンパンに膨らむと固くなって飛行機の翼のようになります。最新の技術を用いて計算しつくされた構造の上、何度も試験を重ねて作られたスーツがモモンガのようなフライングを可能にしています。

inpowwetrustさんの投稿
34460650 940538259457469 273169029651234816 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ウイングスーツとスカイダイビングの違い

スカイダイビングの場合はパラシュートが開けば後は風に乗りながらゆったりと降下します。一方ウイングスーツの場合はモモンガのようま膜を広げて高速で風自在に飛ぶことができます。スカイダイビングは「落ちる」感覚ですが、ウイングスーツの場合まさに「飛ぶ」という感覚が味わえます。そのためウイングスーツで飛行する人は「ウイングスーツ・パイロット」「スカイフライヤー」などと呼ばれます。

ootsuka_hideo_nakamuraさんの投稿
28157564 191718088097588 3305144387024977920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フライングできる場所も違う

スカイダイビングは高度4000m程度とかなりの上空からダイブしますので、セスナやヘリからダイビングし、着陸地点が開けた土地である必要があります。ウイングスーツの場合もセスナからのフライングが主ですがそれほど高くない場所でも可能ですので、丘や崖、中には高層ビルや鉄塔など人工的な建造物からのフライングに挑むベースジャンパーもいます。

severin_ottさんの投稿
10979685 1412994405668648 59861347 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ウイングスーツは安全?危険性は?

ウイングスーツは最新技術を駆使して計算しつくされた構造になっており、安全試験も何度も行われた上で実用化されたものです。とはいえあまりにも無防備な空飛ぶスポーツ。しかも最高で時速200kmという猛スピードが出るため「ほぼ飛び降り自殺」「最も危険なエクストリームスポーツ」と呼ばれています。毎年多くのベースジャンパーが命を落としています。中にはライブ配信中に命を落としてしまった人もいる危険なスポーツです。

dimitris.kafasisさんの投稿
34478748 188423881810976 6953111152356229120 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ウイングスーツのリスク

高度から超高速で身ひとつでフライングするため、地面や木などの障害物に当たってしまうと即死します。また、ものすごい風圧の中体をフラットにしてバランスを保つにはかなりの筋力が必要となります。さらに、高度上空からのフライングの場合、酸素マスクが少しずれただけでも意識消失してしまいます。上空は気温もかなり低いため、寒さで手が思うように動かせないという危険性もあります。

ウイングスーツの醍醐味「ベースジャンプ」とは?

ベースジャンプの「BASE」とは、
B=Building(ビル、建物)
A=Antenna(鉄塔、タワーなど)
S=Span(橋桁)
E=Earth(自然の断崖などの環境)
の頭文字です。その名の通り断崖絶壁など自然の地形や高層ビルやタワーなど人工的な建造物などを活かした危険すぎる空飛ぶスポーツ形態がベースジャンプです。パラシュートのように絡まりにくく、比較的高度が低い場所からも飛べるウイングスーツはベースジャンプに適していますが、やはり障害物も多く危険ですので禁止されている所も多いです。

unlimitedwinguitさんの投稿
30078626 1989852441332328 5723187811914350592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ウイングスーツは初心者でも体験できる?

ウイングスーツはスカイダイビングのように熟練者と一緒に飛ぶタンデム飛行ができませんので、初心者は体験ができません。ウイングスーツは、スカイダイビングのライセンスを持ったダイバーで500回以上の通常のスカイダイビング経験があるか、最低200回以上のスカイダイビング経験とインストラクターの経験がなければ使用できないことになっています。ベースジャンプはもちろん、通常のフライングでもかなりのリスクを伴い技術も必要ですので、経験豊富なダイバーしか使用は認められていません。

ウイングスーツは日本でもできる?

残念ながら日本では公式にウイングスーツの体験やスクールなどを行っているところは見当たりませんでした。ウイングスーツを使用するにはかなりの回数のスカイダイビング経験が必要であり、気軽に体験はできません。熟練した者だけが体験できる本物に近い「空を飛ぶ」感覚。どうしてもという方はスカイダイビングの経験を積んで海外で挑戦しましょう。なお、日本国内の崖やビルからなどのベースジャンプは危険な上に違法となる場合もありますのでやめましょう。

ponpons1980さんの投稿
31474689 650586815296545 2868739056500473856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ウイングスーツを楽しむための価格は?

ウイングスーツは初心者や経験の浅い人が体験できるものではなくスクールなどもないようですので価格を出すことはできません。しかし、ウイングスーツ自体は日本国内の通販でも購入できます。フィンランドで創設されたBIRDMAN社の日本モデルで、その価格は10~20万円前後。なおBIRDMANは、日本で初めてのウイングスーツパイロットで三つの世界記録保持者でもある伊藤慎一さんがチーフインストラクターや開発エンジニアを務めています。

BIRDMAN NINJA ウイングスーツ

日本国内でBIRDMAN社が開発した、最新のオールランド ウイングスーツ

詳細はこちら

空中飛行を日本で体験できるスポーツ

モモンガのように空を高速で飛行できるのは楽しそうだけど、経験もないし予算もかけられないしちょっと怖い!という方、初心者でも体験できる空を飛ぶスポーツができるところは日本国内にもあります。しかも低予算で可能なものもありますので、ぜひ一生に一度は大空を飛んでみたいという人は体験してみてください。

nozomidiomさんの投稿
15043877 1839984322944225 4886307709097345024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スカイダイビング

スカイダイビングというと海外のイメージがありますが、実は日本国内でも体験できます。北海道と関西となんと、関東近郊で東京湾を見下ろせる場所でも楽しめる所もあります。価格は28000円~60000円程度。カメラを付けたりすると予算が上がる場合もあります。なお、飛行は単独ではなく経験豊富なダイバーが背中側について一緒に飛行する「タンデムダイビング」なので安心して体験することができます。

skydivingkansaiさんの投稿
22581779 124958658215453 8692176803877355520 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハンググライダー

エンジンのない飛行機または凧のような翼に吊り下がった状態で空中を飛行するハンググライダー。うつ伏せ状態で頭から滑空するため、空を飛ぶ鳥のような感覚を体験できるスポーツです。インストラクターと一緒に飛ぶタンデム飛行なら、初心者でも日本で体験できる場所はたくさんあります。初心者なら、数メートル足が浮く程度の体験から、300m以上の高さを飛行できるものまであります。価格は5000円台から10000円前後で体験できます。

hiroki05110さんの投稿
31909573 1529065070548838 7058410431760564224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

その他

その他、モーターパラグライダーやフライボード、パラセイリングなど主に海で楽しむことができる空飛ぶスポーツがあります。フライボードは聞き慣れないかもしれませんが、足元に装着した噴射装置からジェット噴射される水の水圧で水上を飛び回れるマリンスポーツです。体験するにはそれぞれ、モーターパラグライダーの価格は大体10000円前後、フライボードは3000円台から、パラセイリングは7000円から15000円程度で体験できます。

aki.rooty.rさんの投稿
32323980 1677757408986035 7763197200481386496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

まとめ

モモンガのような形状のスーツを着るだけで超高速で上空を滑空するスポーツ「ウイングスーツ」。数千mの上空からだけでなく、ビルや橋、断崖などの場所で飛ぶことでスリルを満喫できるベースジャンプとしても人気があります。しかし毎年多くの人が命を落としており、スカイダイビングの十分な経験がなければ飛べないプロフェッショナルなスポーツです。

ewakalisiewiczさんの投稿
28427386 228765467692790 3108569665236893696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

国内のスカイダイビングが気になる方はこちらもチェック!

Thumb日本国内でスカイダイビングが体験できる場所6選!料金や高さもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
日本国内でスカイダイビングが体験できる場所はどれくらいあるのでしょうか?また、スカイダイビン...
Thumb日本国内のスカイダイビングの料金はいくら?体験できる場所をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
高度3,000〜4,000メートルから飛行するスカイダイビング。一般の人も体験できるスポット...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ