バラナシの観光スポット8選!旅の魅力から体験すべき見どころをご紹介!のイメージ

バラナシの観光スポット8選!旅の魅力から体験すべき見どころをご紹介!

インドのバラナシの人気観光スポットをご紹介します。日常では味わえない魅力的な風景を眺められるおすすめな場所や、見どころたっぷりな寺院など、バラナシの人気観光スポットを紹介しますので、行きたい場所がありましたらインド旅行の観光プランに入れてみてください。

2019年06月11日更新

hanashin
hanashin
これからアウトドアを本格的に始める方やアウトドア上級者にも分かりやすい記事をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. バラナシを旅する魅力とは?
  2. バラナシの観光スポット①
  3. バラナシの観光スポット②
  4. バラナシの観光スポット③
  5. バラナシの観光スポット④
  6. バラナシの観光スポット⑤
  7. バラナシの観光スポット⑥
  8. バラナシの観光スポット⑦
  9. バラナシの観光スポット⑧
  10. バラナシの観光スポットのまとめ

バラナシを旅する魅力とは?

バラナシとはどんなところ?

バラナシはガンジス河の中流域の中で一番の都市で、大小1500以上のヒンズー教の寺院が建てられています。毎年100万人以上のヒンズー教徒が、ガートと呼ばれる階段を降りて沐浴をしたり、参拝の為に訪れる聖地でもあります。

治安面は大丈夫?

インド旅行に行ったら必ずと行っていいほど旅行者が行きたい場所として挙げられる”バラナシ”ですが、散策していると、たくさんのインド人が声掛けして来て物をねだるインド人も中にはいるようです。ただし基本的な注意を怠る事がなければ安全に観光できるとの口コミもあります。 

バラナシの魅力とは?

インド最大のヒンズー教の聖地"バラナシ"の魅力はなんといっても、数多くあるヒンズー教徒が参拝に足を運ぶ寺院や、子供から大人まで多数のインド人が沐浴する光景をみられる広大なガンジス河です。また命を失った人々を遺灰にする火葬場も見どころスポットとして挙げる方が多く、1日を通して炎が上がっていて、日本の日常では決してみる事の出来ない風景を眺められます。

バラナシの観光スポット①

考古学博物館

考古学博物館は、バラナシから約10km程の場所にあって、仏教の四大聖地の一つにも数えられるサールナートにある博物館で、インドのバラナシへの観光でお出かけするべき場所にも挙げられる事の多い魅力的な観光名所です。入り口に入っていくと身体が三体繋がっているライオン像がまず出迎えてくれます。サールナートで出土した品物を主に展示している博物館で、主にお釈迦様関連の作品が並べているのが特徴です。博物館一の見どころは仏教美術の最高傑作とされている"初転法輪仏像"とされています。気温の高いバラナシですが、館内は冷房が涼しいので、ゆっくりと展示物を鑑賞できるのも魅力の観光スポットです。

バラナシの観光スポット詳細

【住所】Sarnath Rd、Near Chaukhandi Stupa, Sarnath、Varanasi, Uttar Pradesh 221007
【アクセス】バラナシ空港から車で約45分、ゴードウリヤ交差点から車で約45分
【営業時間】9~17時
【定休日】金曜日

バラナシの観光スポット②

ヴィシュワナート寺院

バラナシにあるヴィシュワナート寺院は、ヒンズー教の代表的なお寺で、市内にあるヴィシュワナート寺院(ゴールデン・テンプル)は、ヒンズー教徒の方でしか入場する事は不可能ですが、こちらの寺院は誰でも自由に見学する事を許されています。広々としたバラナシ大学内にある寺院なので、学生を中心に多くの観光客や地元民で賑わっています。

寺院内にシヴァ神のリンガをはじめ、ヒンズー教の神様の像がいくつも立ち並んでおり、信者が参拝している姿を眺められます。建物内での撮影は他のヒンズー教の寺院と同様に禁止されているので注意が必要です。旧市街のヴィシュワナート寺院がムガール朝に破壊されてしまう以前の姿をモチーフにして建造されているのも特徴です。インド旅行で行きたいと挙げられる事の多い場所なので、検討してみてください。

バラナシの観光スポット詳細

【住所】Vishwanath Temple Banaras Hindu University, Varanasi
【アクセス】ダシャーシュワメード・ガート(Dashashwamedh Ghat)から車で20分
【営業時間】4~12時、13~21時
【定休日】なし

バラナシの観光スポット③

マニカルニカー・ガート

バラナシにあるマニカルニカー・ガートは、バラナシ最大の火葬場で、24時間焚き続けられている火の中へと遺体を入れて燃やしています。日本では考えられない非日常的で衝撃的な光景を眺められる場所です。また遺体を燃やした後に残った遺灰は大河へと放たれます。また小さなお子様の遺体は焼かれずにそのまま河へと流されていくのも特徴です。

遺体を燃やしているエリア内はとても神聖な場所なので、写真撮影は禁止されており、もし発見された場合にはトラブルになってしまう事もあるようなので、控えるようにするべきです。一度限りのインド旅で、日常では味わえない貴重な体験ができる場所なので、インド旅でバラナシに行くご予定がありましたらプランの中に含めてみてください。

バラナシの観光スポット詳細

【住所】Manikarinika Ghat, Varanasi
【アクセス】ダシャーシュワメード・ガート(Dashashwamedh Ghat)から徒歩10分
【営業時間】24時間
【定休日】なし

バラナシの観光スポット④

バーラト・マーター寺院

バラナシにあるバーラト・マーター寺院は、1932年にマハトマ・ガンジーによって建造されたヒンズー教の寺院で、インド旅で行きたいと挙げられる事の多い場所でもあります。ガンジス川付近にある旧市街地から、ちょっとだけ離れた場所にある寺院です。

中に入っていくと寺院一の見どころでもある白大理石を素材に使ったインドの大きな立体地図が飾られていて、その緻密さに訪れた観光客の方々を驚かせています。ヒマラヤなどの山脈も緻密に表現されており、パキスタンやスリランカやバングラディッシュなども分かりやすく表現されている地図です。また外には庭園もあってのんびりとした雰囲気が感じられます。

バラナシの観光スポット詳細

【アクセス】ベナレス駅から車で約5分、ゴードリヤー交差点から車で約20分
【営業時間】7:00~17:00
【定休日】なし
【料金】無料

バラナシの観光スポット⑤

ムルガンダクティ寺院

バラナシにあるムルガンダクティ寺院は、仏教の四大聖地"サールナート"内にある寺院で、釈迦が悟りを開いた後に初めて説法をといた場所とされています。寺院内部の壁面の一部分には、日本人画家の野生司香雪がお釈迦様の一生の物語を表現した淡い色合いの絵も含まれています。

素晴らしい壁画として現地に訪れた観光客の方々からも寺院のおすすめな見どころポイントとして挙げられていますので、現地まで足を運んだら鑑賞するべきです。寺院の横にはブッタガヤから枝分けされたとされる菩提樹もあります。入場料は無料で、寺院内での撮影はするべきではないとされているので、カメラを持っていても必ず控えるようにしましょう。

バラナシの観光スポット詳細

【住所】Dharmapala Rd、Singhpuri, Sarnath、Varanasi, Uttar Pradesh 221007
【アクセス】バラナシ空港から車で約45分、ゴードウリヤ交差点から車で約45分
【営業時間】日の出から日没にかけて
【定休日】なし

バラナシの観光スポット⑥

ガンジス河

ガンジス河は、全長約2510kmのインドの北部の位置にある大河です。現地名ではガンガーと呼ばれており、数多くある流域の中でバラナシの一帯が最も神聖な場所として崇められている魅力的な河です。インド旅を考える方がまず最初に行きたいと考える場所で、バラナシ周辺への観光を計画しているのであれば、現地まで行ってその眺めを鑑賞するべきとされています。

ガンジス河に流れている水は、罪を洗い流す効果があると信じられており、インド男性であればふんどし、インド女性であればサリーを身に付けて沐浴している非日常的な風景を眺める事ができます。実際に現地まで行って沐浴を体験してみたいという日本人観光客もいるようですが、河には生活排水や近くにある火葬場で燃やした遺灰も含まれているので不衛生です。また濁っていて深さが分かりにくいので、水位が少しでも高ければ沐浴するべきではないという口コミもあります。

バラナシの観光スポット詳細

【住所】The Ganges
【アクセス】ヴァラナシ・ジャンクション(Varanasi Junction)駅から車でゴードウリヤ交差点まで移動し10分、ゴードウリヤ交差点から徒歩10分
【定休日】なし
【料金】無料

バラナシの観光スポット⑦

ラームナガル城

バラナシにある"ラームナガル城"はマハラジャのお城の跡です。お城ですが、それほど城壁も高くないようで、館のような風合いも感じられる城でもあります。ガンジス川に面していて、川岸からは綺麗な風景を眺められる魅力的なスポットです。

城内の一部が博物館にもなっていて、中には装飾が施されている武器をはじめ、衣装や馬車など見どころな品物が数多く展示されています。博物館を出ると中庭へと繋がっており、お城の広大さをより深く感じる事ができます。日本に住む方であれば日常では観る事のできないお城風景を眺められる場所なので、インド旅行で行きたい場所として挙げられる事も多いです。

バラナシの観光スポット詳細

【住所】Ganges River Varanasi India 
【営業時間】10:00~17:00
【予算】Rs150(※館内での撮影は不可)

バラナシの観光スポット⑧

旧市街

インド旅でバラナシに行くのであれば、日本での日常では眺められない風景を観る事ができる"旧市街"に勇気を出して行く事をおすすめしている方も多くいます。バラナシの旧市街の中は、迷路のような小道が入り組んでいて、カレーのスパイスの独特な臭いだったり、糞尿の臭いなどが周囲を漂っています。

日本でいうと下町のような存在の街ですが、牛が寝そべっていたり小さな子供達が元気よく走り回る光景も観る事ができます。日常ではみられない光景が広がる見どころな場所なので、現地に実際に足を運んで散策してみてください。

バラナシの観光スポットのまとめ

いかがでしたでしょうか?インドのバラナシには、ガンジス河をはじめ大小様々なヒンズー教の寺院など、日本の日常では味わえない魅力的で見どころな観光スポットが多数あります。インド旅行をこれから計画している方で、少しでも行きたいと感じた観光場所がありましたら、現地まで足を運んでみてください。

アウトドア&サバゲーについて気になる方はこちらもチェック!

以下では、キャンプで用意するべき必要な物や、あるだけで役立つ便利な道具類を紹介している記事、秋の時期に行きたい静岡にあるおすすめな貸別荘やコテージをエリア別に紹介している記事、海外製のエアガンを暑かった事のない初心者の方に為になる記事になりますので、合わせて参考にしてみてください。

Thumbキャンプに必要なものリスト17!用意するべき必需品&あると便利な道具はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はキャンプに必要なものリストを見ていきます。必要なものリストの中には、用意するべき必需品...
Thumb静岡の秋に行きたいコテージ・貸別荘おすすめ13選!エリア別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋空の頃に富士が凛々しく映っている静岡は、おすすめされる名所をお供に、コテージや貸別荘で過ご...
Thumb海外製のエアガンの中にはまだまだ不安が!初心者が注意するべきデメリットは? | 暮らし~の[クラシーノ]
海外製のエアガンは安い物から高い物までピンキリですが、やはりどうしてもサバゲーを始めるときは...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ