ラフティングの服装は?季節ごとの格好や準備で気になる持ち物もご紹介!のイメージ

ラフティングの服装は?季節ごとの格好や準備で気になる持ち物もご紹介!

人気急上昇中のラフティングですが、まだ体験したことのない方のために、どの様な服装でラフティング体験を行うと良いのか紹介していきます。自然が相手のラフティング、季節ごとの服装や最適な時期を参考にラフティングに挑戦してみてください。

2019年06月17日更新

クロタノブタカ
クロタノブタカ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. ラフティングとは
  3. ラフティング体験をする前準備
  4. ラフティング体験ができる季節は
  5. 春の時期ラフティングの服装
  6. 夏の時期ラフティングの服装
  7. 秋の時期ラフティングの服装
  8. ラフティングで必要な持ち物
  9. レンタルが充実ラフティング体験
  10. ラフティング体験ができる場所
  11. まとめ

はじめに

ラフティングと呼ばれる人気のスポーツが近年人気となり、国内の急流を利用し、川下りを楽しむスポットが紹介されるようになってきました。しかし、ラフティングに興味はあるけど、どの様に楽しむ、どの様な準備物や服装で行うのが好ましいのかここで紹介していきます。気軽に楽しむことのできるラフティングの格好や準備の方法を紹介していきましょう。

ラフティングとは

近年男性・女性問わず、誰でも川下りを楽しむことのできるスポーツとして人気が出てきたラフティングですが、まだ体験したことのない方にはどの様なスポーツでどの様な魅力があるのか気になるところですね。ラフティングはどの様なスポーツで川下りと違いはあるのか説明しておきましょう。

ラフティングの魅力は

ラフティングの魅力は自然の中で体験できるアトラクション!自然が作り出す川の流れを利用してボートの乗り込んで川下りを楽しみます。それぞれのボートにはガイドが乗車しボートの操作をリードしてくれるので、初心者でも気軽に楽しむことができる点も人気の1つとなっています。また子供でも参加できる安全なスポーツでもあり、同じボートに乗り込んだ仲間と息を合わせながら川下りを楽しむことでチームワークが生まれ、仲間意識を持つこともできます。

ラフティング体験をする前準備

ラフティングを体験するにあたり事前に行わなければいけないことがあります。それがラフティングを楽しむ場所選びと予約です。日本国内には激流で有名なラフティングスポットがいくつかあり、それぞれのラフティングスポットではラフティング体験を開催している会社がいくつもあります。ラフティングのスポットが決まれば自分に合った会社を選び、事前の予約を行いましょう。予約はインターネットで行うことが可能ですので、ホームページをチェックしてみると良いでしょう。

Photo byskeeze

ラフティングの会社選びのポイントは

ラフティングスポットにある会社の中でどの会社を選択したら良いか悩むところですが、そこで参考にしたいのが口コミです。口コミは実施にラフティングを体験した人の生の声が掲載されているのでとても参考になります。そしてラフティングの料金と、サービスも選ぶポイントになります。ラフティング会社の中には、写真撮影やバーベキューなどを行う会社もあり、人気となっています。

ラフティング体験ができる季節は

ラフティングと聞いて夏の季節に楽しむスポーツをイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、ラフティングは夏の季節だけ楽しむスポーツではないことを紹介していきましょう。

Photo byskeeze

春の季節に楽しむラフティング

ラフティングを楽しむ際、川の水量が激流を作り出し迫力のある川下りを楽しむことができるわけですが、春の季節には、雪解けの水などが川へ流れ込み、川の水量が増し安定した水量になります。国内にあるラフティングスポットでは3月から4月にかけてラフティングシーズンが幕を開ける場所が多く、安定した水量で刺激てきなラフティングを楽しめます。

夏の季節に楽しむラフティング

暑さが本格して夏の季節になると激流の中で楽しむラフティングを楽しもうと男性、女性問わず多くの体験者がラフティングスポットを訪れる季節になります。特に6月は梅雨と重なり川に水量が豊富になる時期であり、1年の中でも激しい流れのラフティングを楽しむことができるおすすめの時期でもあります。そして梅雨が終わると30度を超える夏日が続く夏本番に突入し、川の中はとても気持ちいい場所となり、水着などを着用しおもいきりラフティングを楽しむことができます。

秋の季節に楽しむラフティング

Photo by Kentaro Ohno

夏が終わり秋に突入しても気温が高い日が続くと共に、ラフティングスポットの多くが紅葉の見頃の時期に突入します。川沿いに広がる赤や黄色の木々を眺めながらのラフティングは秋の時期だからこそ味わえる景色です。ラフティングとセットでバーべキューを楽しむことのできる場所が多く、食欲の秋に合わせた楽しみ方ができるのも秋のラフティングの楽しみ方になります。思いっきり体を動かした後のバーベキューは最高ですよ。

冬の季節のラフティングは

冬に突入すると多くのラフティングスポットでは雪が降り始め、雪に覆われてしまいます。そのため、冬の時期はラフティングの営業は休業時期に入りラフティングを楽しむことはできなくなるため、暖かくなる春を待つ必要があります。

春の時期ラフティングの服装

Photo byKeithJJ

春の時期は雪解けの水が川へ流れ込み、川の水は冷たくなります。春の季節のラフティングに最適な格好の基本は、水着・Tシャツ、ウエットスーツ、濡れても良い靴と言った服装です。なぜこの様な格好が好ましいのか適切な服装を紹介していきましょう。

冷たい水から体を守る為の服装

サーフィンなどと同様水の中で楽しむスポーツに欠かせない服装の1つにウェットスーツがあります。春のラフティング体験ではウエットスーツを着ることが必須となり、ウェットスーツを着用した格好でラフティングを楽しむ男性・女性の姿が見られます。ウェットスーツは冷たい水から体を守ってくれます。ラフティングスポットでは冷たい水に対応したウェットスーツの貸し出しを行なっているので、ウェットスーツなどの服装を持っていない方でも安心です。

ウェットスーツを一緒に着る服装

ウェットスーツの中は下着やラッシュガードなどの服装を着ると良いでしょう。その際気をつけたいポイントが綿製の服装をしてしまうと体が冷えてしまうの注意しましょう。

夏の時期ラフティングの服装

Photo byskeeze

暑さが厳しくなる夏の時期になるとラフティングを楽しむ際の格好は春と比べ服装が軽装になります。春や秋に必須になるウェットスーツなどの服装は必要なくなり、水着などの服装でラフティングを楽しむことが可能です。ただし海水浴やプールの様に水着1枚で体験するのではなく、男性・女性とも、水着の上にTシャツやラッシュガードなどの服装を着ることをおすすめします。水着だけでは守れない夏の強い紫外線から体を守ることも大切ですよ。特に女性には必須の服装となりますね。

夏だからこそ必須の服装&持ち物

夏のラフティングは強い日差しが降り注ぐ為、日焼け止めクリームの用意をおすすめします。そして、川の中で楽しむラフティングですが、想像以上に体を動かし体力を所望します。その為、水分補給は必須となっているので、水分の準備もしておくと良いでしょう。

おもいきり川で楽しむなら欠かせない服装!靴

Photo by5598375

夏になると開放的な気分になり、他の季節より思いき川に飛び込んだり、泳いだりする機会が増えます。その際、必須となる格好に靴の存在があります。川底に足をつくこともあるので、濡れても良い靴を履いてラフティングを行います。サンダルなどを着用すると足元が不安定になるので、必ず靴を着用しましょう。メッシュ素材になっている靴などがおすすめですよ。

秋の時期ラフティングの服装

秋の時期はまだまだ残暑が厳しい時期です。春と比較して川の水が冷たい日が少なく、水着だと少し寒いけど、ウェットスートだと暑さを感じることもあります。そこでウェットスーツの様に全身を守る服装ではなく、上半身はウェットジャケット、下半身は水着と言った服装をすると良いでしょう。

ウエットジャケットの中の服装

ウェットジャケットの中の服装は男性、女性とも水着プラスTシャツを着用すると良いでしょう。その際綿製品は保温性に優れている反面、濡れてしまうと乾くまでに時間がかかり、体温を奪われてしまいます。秋の時期は風に当たると体が冷えてしまうため、男性・女性共に化学製品が使われているTシャツなどの服装を着用する様にしましょう。

ラフティングで必要な持ち物

ラフティングを体験する際、手ぶらで参加することは出来ません。ラフティングを体験する際の持ち物を紹介しておきましょう。

最低限準備をしておきたい持ち物

ラフティングを楽しむ際最低限準備をしておきたい持ち物が、水着、濡れても良い靴、メガネ使用の際はメガ目バンド、濡れたものを入れるビニール袋、タオルです。上記でラフティングを楽しむ際にウェットスーツの下は下着等を着用するもの可能という話をしましたが、濡れて重くなることを考えると水着を着用することをおすすめします。また裸足で参加することは出来ない為、濡れても良い靴は必ず用意する必要があります。そしてメガ目を使用する方は、メガネの紛失を防ぐためにもバンドで固定する様にしましょう。

レンタルが充実ラフティング体験

ラフティングを体験する際の準備物について紹介しましたが、ウェットスーツなどを個人で持っている人は少ない為、ラフティング体験ができるスポットでは、必要な道具のレンタルを行なっています。では、どの様な道具をレンタルすることができるのか紹介しておきましょう。

頭を守る道具ヘルメット!

ラフティングは激しい川の流れを利用して川下りを楽しむスポーツです。その為、川に落ちたりする場合も考えられる為、頭を守る道具、ヘルメットを貸し出しています。ヘルメットを装着する場合は、はヘルメットが外れない様にベルトでヘルメットを固定して使用する様にしましょう。

体を守る道具ウェットスーツ!

ラフティングを提供する会社ではウェットスーツの貸し出しを行っています。男性・女性用が用意されているので、自分に合ったサイズのウェットスーツをレンタルする様にしましょう。

ライフジャケット

Photo byOpenIcons

ラフティングを体験する際必ず装着しておく必要がある物にライフジャケットがあります。ライフジャケットは浮力を生み出すため、川の中で体が浮く手助けをしてくれ、川の中で楽しむスポーツでは必須のアイテムとなっています。装着のやり方をスタッフに聞き必ず正しい装着方法で着用するようにしましょう。

ラフティング体験ができる場所

ラフティングを行う為の服装や準備物などの用意ができたらラフティングが体験できる場所選びです。国内でラフティング体験ができるスポットを紹介しておきましょう。

群馬県みなかみ

関東からのアクセスが良好な群馬県みなかみは利根川の急流を利用した国内でも有名なラフティングスポットです。美しい渓谷の中でのラフティングを楽しむことができるおすすめスポット!ラフティングを提供する会社も多く自分のプランに合ったラフティングを楽しむことが可能です。

富山県黒部川

富山県黒部川でのラフティング体験の魅力といえば、川下りの総延長が長いことです。約15キロの急流を下る川下りが有名となっており、一気に海まで川下りを楽しむことのできる国内でも珍しいラフティングスポットとなっています。

埼玉県長瀞

都心から1時間弱でアクセス可能な長瀞は、美しい自然が広がる人気観光地となっています。長瀞を流れる荒川上流では畳岩が広がり、秋の時期には綺麗な紅葉が見られる場所となっており、美しい景色と共に川下りを楽しむことができる他、バーベキューなどの楽しみ方もおすすめな場所となっています。

まとめ

男性・女性問わず楽しむことのできるラフティング体験を行う際の格好や持ち物、ラフティングに適した季節などを紹介してきました。ラフティングを楽しむ前に必要な持ち物や服装の準備を行い楽しく安全なラフティングを楽しんでください。

山遊び情報が気になる方はこちらもチェック!

ラフティングを楽しむことのできるスポットを下記リンクで紹介しています。こちらで紹介した服装と合わせて参考にして出かけてみてください。

Thumbラフティングとは?川下りを楽しめるスポーツの魅力や体験場所まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
国内で人気が上昇中のスポーツラフティングとはどのようなスポーツで、どのような魅力があるのか紹...
Thumb日本三大急流とは?その定義から3つの河川の特徴や観光などの楽しみ方も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
日本三大急流は?と質問されたら、答えられる人は多いでしょう。しかし、さらに細かい事を聞かれる...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ