夏キャンプを10倍楽しむ!初心者が揃える必需品&快適に過ごすコツを徹底紹介!のイメージ

夏キャンプを10倍楽しむ!初心者が揃える必需品&快適に過ごすコツを徹底紹介!

夏のキャンプは照り付ける直射日光や蒸し暑さとの戦いです。しかし、快適に過ごすコツや注意点を把握しておけば、快適な夏キャンプになります。敢えて具体的な商品を挙げず、必需品をそろえる方向性だけを記載しました。その理由は…最後まで読んでのお楽しみです。

2019年06月05日更新

hosokawa_taka
hosokawa_taka
キャンプツーリング歴26年。ツーリング先で野宿やキャンプを楽しんでいます。バイクでのソロキャンプも楽しいですが、家族旅行で宿代わりにするファミリーキャンプも別の楽しみがありますね。ツーリングやキャンプの情報を正しく丁寧に伝えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 夏のキャンプを楽しもう!はじめに
  2. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品①
  3. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品②
  4. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品③
  5. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品④
  6. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑤
  7. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑥
  8. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑦
  9. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑧
  10. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑨
  11. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑩
  12. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑪
  13. 夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑫
  14. 夏のキャンプは天候の急変に注意する
  15. 夏のキャンプで暑さを吹き飛ばす方法
  16. 夏のキャンプを楽しもう!まとめ

夏のキャンプを楽しもう!はじめに

夏はファミリーキャンプのトップシーズンです。しかし、夏の暑さで家族が体調を崩す可能性があります。また、暑さで機嫌を悪くした家族は二度と夏のキャンプに行こうとしません。

ここでは日程を追いながら夏のキャンプを成功させるコツを紹介します。注意点をもとに快適な装備や便利なキャンプ道具などを提案し、最後に補足的な注意点と夏のキャンプを充実させるコツを加えます。

暑い夏にキャンプに行く必要性はあるのか?

わざわざ暑い夏にキャンプに行く必要はあるのでしょうか?答えはイエスです。夏は多くのキャンパーがキャンプ場に集まってきますので、快適な装備や便利なキャンプ道具の情報を集めやすいのです。

キャンプに慣れた人たちは思いのほか社交的ですので、声をかけるとノウハウをたくさん教えてくれます。キャンプ場を散歩しながらアイデアを盗み見るのも楽しいですよ。

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品①

初心者必見!目的と計画のコツと注意点

まずは夏のキャンプに向けて目的を決め、計画を立てましょう。目的は単純化させ、計画は大ざっぱにするといいですね。

目的は「楽しい海水浴」や「のんびりと自然観察」など、10字以内で文字化できる程度、計画は3時間単位で区切るのがおすすめです。目的を複数にすると、楽しさがぼやけます。夏は暑さで体力を消耗しますので、計画には体を休められる余裕が必要です。

目的や計画に合わせたキャンプの装備

キャンプの基本的な装備や道具は目的や計画に影響されませんので、手持ちのキャンプ道具を工夫して使いましょう。これからキャンプ道具をそろえる人は、普段の生活で使っている必需品に当てはめて考えましょう。

①リビングダイニングとなるタープ・テーブル・イス③キッチンで使うコンロ・調理道具・クーラーバッグ②寝室で使うテント・シュラフ・マット、④照明となるランタンやヘッドライト、これらはキャンプの必需品です。

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品②

初心者必見!キャンプ場選びのコツと注意点

夏のキャンプでは涼しく過ごすことができるキャンプ場を選びましょう。暑い夏は木陰が多い林間のキャンプ場が快適です。標高が高い地点にあるキャンプ場も涼しく過ごせます。しかし、条件がいいキャンプ場は人気が高いので、予約を取りにくいですね。

余談:予約を取りやすい穴場キャンプ場をねらえ!

初心者にはハードルが高くなりますが、夏の穴場キャンプ場も視野に入れましょう。木陰がない、入浴が困難など、夏のキャンプに不向きな条件をねらいます。また、トイレが古く、車の乗り入れができないキャンプ場もねらい目です。

キャンプ場の予約で困ったら、フリーサイトがあるキャンプ場も視野に入れましょう。忘れ物や足りない道具を入手しやすいように、初心者は近くにスーパーなどがある買い出しがしやすいキャンプ場を選ぶべきです。

キャンプ場に合わせて装備を調整

キャンプ場の条件に合わせて装備や道具を調整しましょう。基本的なキャンプ道具に快適で便利なものを追加するといいですね。残念ながら、トイレの古さは妥協するしかありません。

木陰がないキャンプ場なら、日差しを遮るための道具を充実させます。蒸し暑いキャンプ場なら、テント内の換気を促すために、乾電池で動く扇風機が人気です。車の乗り入れができないキャンプ場でも、キャリーカートがあれば問題ありません。

KEYNICE usb扇風機 卓上扇風機 クリップ usb充電式
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品③

初心者必見!準備のコツと注意点

夏キャンプの目的が決まり、キャンプ場を予約したら、具体的にキャンプ道具をそろえます。キャンプ道具は足りないと不便ですし、多すぎると無駄に荷物を増やしてしまいます。

準備物リストを書き出して、過不足がないようにチェックするのがおすすめです。準備物リストは必ず文字化しましょう。文字化した準備物リストは、あなただけの貴重な資料となり、いずれは楽しい思い出にかわります。

便利で快適なキャンプの装備を準備する

基本的なキャンプ道具と同じように、日常生活での必需品を思い浮かべながら準備物リストを書き出します。3時間ごとに区切った計画を追っていくと、必需品を思い浮かべやすいですね。

夏は暑さで体調を崩しやすいので、医薬品を必ず持っていきましょう。風邪薬や胃腸薬、体温計があると安心です。外傷薬や日焼けの肌薬も持っていきましょう。

【第(2)類医薬品】ベンザブロックL錠 45錠
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
【第2類医薬品】大正漢方胃腸薬(48包)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
【第3類医薬品】イソジン軟膏5g
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品④

初心者必見!服装選びのコツと注意点

夏のキャンプで利用するには条件が悪いキャンプ場でも、服装を充実させると涼しく過ごすことができます。日焼けや外傷から肌を守り、涼しさを感じられるウエアを準備するといいですね。

ウエアには色や柄で精神的な疲れを支える効果がありますので、お気に入りのウエアを見つけて着用しましょう。キャンプでは汚れるからと着古したものを着ていくと、疲れをため込みやすくなります。汚れるからと着古したものを着ていくと、疲れをため込みがちになります。

夏のキャンプで快適な服装

暑い夏のキャンプでは、こまめに脱ぎ着できる上着を持っていきましょう。タープの外では肌が露出しないようにし、タープの下では脱いで体を冷やせるようにするためです。

首筋を焼かないようにジップアップタイプのパーカーがあると快適です。帽子はハットタイプをおすすめします。汗をかいたり汚れたりしたら、こまめに着替えるようにしましょう。清潔なウエアに着替えると暑さを軽減できますので、着替えは多めに持っていくべきです。

フルジップアップ フード パーカー メンズ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑤

初心者必見!タープ設営のコツと注意点

夏のキャンプで涼しく過ごすために、タープやの設営にひと工夫しましょう。夏のキャンプではタープの下で過ごす時間が長いので、タープを中心にテントサイトをレイアウトします。

方位磁石で太陽の軌道を把握し、タープの方向を決めるといいですね。太陽の角度が変わっても直射日光を遮れるように設営します。

タープは装備の中でもっとも便利

夏は遅い時刻まで明るいですし、太陽の動きが大きいので、タープだけでは直射日光を避けられないことが多いですね。タープとは別にレジャーシートや作業用シートを用意して、こまめに調整しましょう。

スクリーンタープなら露出したフレームにロープを結んで簡単にシートを追加できます。シートの大きさは2.7×2.7mや2.7×3.6mが使いやすいですね。ロープは何かと便利に使えますので必需品だと捉えましょう。ペグは多めに準備します。ペグハンマーも必要ですね。

【Bears Rock】 ひとりで組み立てられる ワンタッチ スクリーンタープ フルクローズ 2.7m×2.7m メッシュ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
スノーピーク 金属ハンマー ペグハンマー PRO.C N-001
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
ペグ スチール ソリッド 20cm 16本セット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
Thumb【ガイライン】テントのマストアイテムの種類と正しい使い方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ガイラインの素材や種類についてまとめ、結び方も多めに記載しました。登山用テントに使うガイライ...

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑥

初心者必見!ティータイムのコツと注意点

タープを設営し終わったら、ティータイムで一息つきましょう。うまく設営できているか?タープ内のレイアウトが適切か?を確認するためのティータイムです。

実際に料理をすることで気づくことは多いので、パンケーキなどの簡単なお菓子を調理するのをおすすめします。暗くなってからレイアウトをし直すのは面倒ですよ。今後の予定を話し合うと盛り上がります。

ティータイムでキャンプの装備をチェック!

ティータイムの料理では気軽に使える道具がおすすめです。昼間からバーベキューコンロに火を入れるのもありですが、家庭用のカセットコンロなら便利に使えます。カセットガス(CB缶)は熱の影響を受けやすいので、注意して管理しましょう。

余談:家庭用品は思いのほか使いやすい!

キャンプ用として販売されている料理の道具は持ち運びしやすいのですが、使い勝手はよくありません。家庭用を準備する方が使いやすいですね。

小さめのフライパンは夕食でも活躍しますので、必需品だといえます。食器などをつり下げて干すネットも便利です。

フライパン 20cm ih対応 フッ素 オール熱源 20センチ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑦

初心者必見!テント設営のコツと注意点

テントはもっとも大きなキャンプ道具ですが、夏のキャンプでは就寝時にしか使いませんので、夕食の準備をする前に設営します。気温が高い時間帯に設営すると、インナーテント内に熱気や湿気をためてしまうからです。

夏は夕方に天候が悪化する可能性がありますので、雲行きや天気予報を確かめてから設営し始めましょう。暗くなるとテントの設営がしにくくなりますので、日没時間から逆算してタイミングを見計らいます。

コールマン タフスクリーン2ルームハウス (2000031571)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏は寝るときにしか使わないテント

テントはロープとペグで確実にペグダウンしなければなりません。耐風性が低いとうわさされるFRPフレームのテントでも、確実にペグダウンすれば想像以上の性能を発揮します。

ペグは地面の状況に応じて使い分ける必要があります。万能なピンペグ、砂地に強いプラスティックペグ、石や木の根も平気は鍛造ペグが代表的です。キャンプ場が決まったら、地面の状態を確認して用意しましょう。

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑧

初心者必見!夕食のコツと注意点

夕食は夕方の明るいうちから準備するのがおすすめです。慣れないキャンプ場で暗くなってから料理するのは面倒です。夏のキャンプでは、夕方ごろになるとクーラーボックスの保冷力が落ちはじめます。早めに手早く準備したいですね。

一泊だけなら自宅で食材をカットしておくのもありです。包装されたカット野菜は傷みにくいので、大いに活用しましょう。朝食分も作っておきたいところですが、クーラーボックスの保冷力を考えるとあまりおすすめできません。

クーラーボックス イグルー 大型 大容量 58L キャスター付き
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャンプでの夕食を便利にする装備

バーベキューをキャンプの夕食にするキャンパーは多いですね。食材を用意するだけですので、比較的に手間がかかりません。

何度も炊事場を往復するのは面倒ですので、ウォータータンクがあれば便利です。夕食が終わるころには暗くなりますので、ランタンやヘッドライトも準備しておきましょう。

ウォータータンク Nタイプ 20L コック付き
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
LEDランタン 63灯 USB 手回し ソーラー 電池 充電式
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

余談:効率よく料理をしよう!

食事をするテーブルと調理をするテーブルを使い分けると作業効率が上がります。キャンプ用のキッチンテーブルも使いやすいのでおすすめです。料理の時間を短縮するために、電源付きサイトに炊飯器を持ち込むキャンパーもいます。

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑨

初心者必見!就寝環境を整えるコツと注意点

夏のキャンプで最大の難関は、蒸し暑くて寝苦しいテント泊です。テントに入った直後はそれほど蒸し暑さを感じませんが、人の体温でインナーテント内の温度が上昇します。最悪の場合、夜中に目が覚めてしまいます。

インナーテント内を積極的に換気すると、蒸し暑くて寝苦しい状況を改善できます。涼しい夜の空気を取り込み、熱気を外へ出す工夫するといいですね。枕はシュラフの収納袋に衣類を詰めて代用します。

余談:食事のあとはくつろぐ前に後片付けする

夕食が終わったら、そのままくつろぎたいところです。しかし、朝食の準備をしやすいように、あらかたでいいので、夕食が終わったらすぐに後片付けをしましょう。

後片付けを後回しにすると、眠い目をこすりながら作業をしなければなりません。食材を野外に放置すると野生動物を呼び寄せてしまいますので、クーラーボックスやテント内に入れてから就寝するべきです。

寝るときに快適で便利なキャンプの装備

乾電池で駆動する扇風機について先述しましたが、電源付きサイトなら家庭で使っている扇風機を持ち込む方法もあります。高価ですが、小型のスポットクーラーも快適です。

真夏はホームセンターで入手できるシュラフで十分です。家庭で使っているタオルケットも活躍します。胴体にだけ掛けて寝入り、朝方に冷えたら全身に掛けましょう。タオル地のインナーシュラフを併用すれば快適です。

どこにでも置ける移動式エアコン リモコン付き 排熱ダクト付き キャスター付き
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
【Bears Rock】 寝袋 インナーシュラフ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑩

初心者必見!朝食のコツと注意点

起床後30分以内に朝食を食べるのがベストですが、キャンプ場ではなかなか難しいですね。何かを少し口にして、頭を起こしてから朝食準備をはじめましょう。

夕食の残りでポトフ、カット野菜とスクランブルエッグでサンドイッチなど、手早くできる料理ですませましょう。会話を楽しみながら持ってきた食材を食べつくすのもありです。

朝食まで食材を保存できる装備とは?

クーラーボックスは開けるたびに保冷効果が低くなります。朝食の食材をクーラーボックスに入れてから相当な時間がたっていますので、朝食まで傷まないように工夫しなければなりません。

大型のクーラーボックスにすべての食材を入れるよりも、中型と小型のクーラーボックスに分けるのがおすすめです。一日目の食材、二日目の食材、飲み物などで分けると効果的に保冷できます。

余談:食材の傷みに注意!

二日目の食材はレトルト食品や缶詰などの、常温で保存できる食品を活用するのもありです。あえて半日分だけキャンプ場に持ち込んでこまめに買い出しをしたり、自動販売機を利用したりする方法もあります。夏は食材が傷みやすいので、特に注意が必要です。

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑪

初心者必見!テント撤収のコツと注意点

テントの撤収は朝食後すぐでOKです。チェックアウト間近になってから慌ただしく撤収しなくていいように、使わなくなったものから片づけます。テントは早めに撤収するのがベストです。チェックアウトの時間が迫ってから慌ただしく撤収しなくていいように、使わなくなったものから片づけます。

テントを撤収する前に、テントにシュラフなどをのせて乾燥させるといいですね。テントの出入り口を全開にして、テント内部も乾燥させましょう。最後にテントをひっくり返して、フロアシートも乾燥させます。雨天時は自宅に持ち帰ってから乾燥させるしかありません。

余談:テントを収納するときの注意点

ペグは穴や曲げ部分にあまりのペグを差し込んで引き抜きます。ペグを抜くための道具もありますが、使う機会は少ないですね。つかったペグは汚れをふき取ってから収納します。

ロープはテントから外し、自在金具も外して束ねます。テントの生地を傷めないようにするためです。テントやペグの汚れをふき取るために、必ず雑巾を用意しましょう。

作業用シートはテントの撤収でも便利な装備

テントの撤収で必要な道具は作業用のシートくらいです。片づけたキャンプ道具は地面に敷いた作業用シートに集めていくと車への積み込みがしやすいですね。収納したものから車に積み込むと煩雑になり、荷崩れする可能性があります。

撤収時の天気が雨の可能性もあります。傘を持ってテントを撤収するのは困難ですので、レインウエアを準備しておきましょう。

(厚手#3000)ブルーシート 3.6mx5.4m実寸約3.5mx5.3m ハトメ数20
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
ミズノ 日本正規品メンズ多機能レインスーツ(上下セット)「52MG6A01」
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策と必需品⑫

初心者必見!撤収のコツと注意点

タープは最後に撤収すると快適です。タープを早い段階で撤収すると、直射日光を浴びながらその他のキャンプ道具を片付けなければならないからです。雨天時も同様で、ぬれずに撤収作業ができます。

タープを撤収したら、テントサイトのゴミ拾いを兼ねて、忘れ物がないかをチェックしましょう。ペグやカラトリーを回収し忘れるキャンパーは思いのほか多いですね。

撤収時のほうがキャンプの装備が増える?

キャンプ道具の撤収作業をすると、小さなキャンプ道具が出てきて、収納に困ることも多々あります。裸のまま車に積み込むと紛失しやすいので、とりあえず収納して持ち帰るためのギアバッグを準備しておきましょう。

ごみを持ち帰らなければならないキャンプ場もあります。ごみが出た時点で分別できるよう、居住地が指定するごみ袋を持っていきたいですね。

キャッチャーギアバッグ ハタケヤマ BA-15 HATAKEYAMA
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプは天候の急変に注意する

夏は天候の急変や集中豪雨に注意しなければなりません。土や草のにおいが濃くなり、生温かい風が吹いた後、大粒の雨が降ってきます。

強風がともなう雨になりそうなら、テントやスクリーンタープのロープを再チェックしましょう。ポール2本で設営するヘキサタープやレクタ(スクエア)タープは、逆にロープを緩めたりポールを倒したりしたほうがいいですね。

テントの耐水圧について

夏のキャンプでは快適さを重視するために、あえて耐水圧が低いテントを選択してもOKです。しかし、耐水圧が低いテントは強い雨が長く続くと浸水します。作業シートなどをかぶせて浸水するのを防ぎましょう。

テントの耐水圧は1,500mmが基準です。耐水圧が1,500mmであれば、かなりの雨でない限り浸水しません。耐水圧が1,000mmのテントは要注意です。耐水圧が3,000mmのテントは夏のキャンプに不向きですが、ベンチレーション機能が優れているコールマンのウェザーマスターシリーズは別格です。

コールマン ウェザーマスター テント 6人用 スクリーンルーム
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏のキャンプで暑さを吹き飛ばす方法

夏の暑さは体力を奪い、気力をなえさせていきます。ですので、気持ちを高める要素を追加して、暑さを吹き飛ばすのがおすすめです。暑さに耐え忍ぶには限界があります。

服装の項でも述べましたが、お気に入りのウエアを追加したり、好物の食材を用意したりするといいですね。ただし、体調を崩さないように健康を管理し、必ず熱中症の予防をしましょう。

「楽しい」を生み出す方法

「楽しい」という気持ちは少し工夫をすることで生み出せます。新鮮さ、達成感、連帯感を体感すると、楽しいという感情は自然と湧くものです。キャンプ場で過ごす新鮮さと、朝を迎えた達成感、これらは簡単に得られます。

しかし、連帯感は意識しないと得られませんので、ともにキャンプ場で過ごせるよう演出しましょう。設営や食事の準備などを一緒にするのは効果的。小さな子供は着火剤代わりになる松ぼっくり拾いが得意です。ともにたたえ合いながら、楽しさを勝ち取りましょう。

夏のキャンプを楽しもう!まとめ

この記事を最後まで読んで残念に思う人もいるでしょう。なぜなら、具体的なキャンプ道具を極力挙げていないからです。初心者向けの記事ですので、リストにしてキャンプ道具を紹介すべきですが、ここでは、方向性だけを記載しました。

キャンプは情報の通りに準備や行動をしても充実しません。工夫せずキャンプをすると、上達までの道のりは遠くなります。失敗しても大丈夫!失敗談はいずれ武勇伝に昇華します。命にかかわるような事故が起きないよう、注意するといいでしょう。

夏のキャンプが気になる人はこちらをチェック!

夏のキャンプに快適な道具や暑さ対策を紹介した記事をチェックしてください。具体的な商品を紹介しながら解説しています。

また、おいしいキャンプ飯で体力をつけると夏キャンプは充実します。キャンプ飯の定番レシピ記事と、夏のキャンプ飯にも応用できるレシピ記事をチェックしてくださいね。

Thumb夏キャンプを快適に!暑い夏を涼しく過ごす暑さ対策&最新道具13選をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏のキャンプで涼しく過ごす暑さ対策や、効果的な道具を紹介します。夏はファミリーキャンプのハイ...
Thumbキャンプで作る定番料理11選!初心者でも簡単なアウトドアレシピをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
定番の簡単キャンプ料理の作り方をご紹介していきます。キャンプで最も重要なイベントである外での...
Thumb夏にぴったりな簡単レシピおすすめ12選!暑い時期も食べやすい人気料理はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏に食べるのにおすすめの料理のレシピをご紹介していきます。夏は食欲が落ちてしまって料理作りが...

あなたへのおすすめ