夏といえば何を連想する?食べ物やイベント行事など夏の風物詩をご紹介!のイメージ

夏といえば何を連想する?食べ物やイベント行事など夏の風物詩をご紹介!

夏といえば何を連想しますか?夏はイベントに行事が盛りだくさんあるため個人の趣味や年齢で大きく変わるかもしれませんね。ただし年齢や趣味関係なく夏といえば「海」という方は多いでしょう。海やお盆などを含め夏の風物詩を紹介します。

2019年03月30日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 夏はイベントや行事が豊富
  2. 夏は遊び企画も豊富
  3. 夏といえば思い浮かぶイベント・企画1
  4. 夏といえば思い浮かぶイベント・企画2
  5. 夏といえば思い浮かぶイベント・企画3
  6. 夏といえば思い浮かぶイベント・企画4
  7. 夏といえば思い浮かぶ遊び1
  8. 夏といえば思い浮かぶ遊び2
  9. 夏といえば思い浮かぶ遊び3
  10. 夏といえば思い浮かぶ行事1
  11. 夏といえば思い浮かぶ行事2
  12. 夏といえば思い浮かぶ行事3
  13. 夏といえば思い浮かぶ食べ物1
  14. 夏といえば思い浮かぶ食べ物2
  15. 夏といえば思い浮かぶ食べ物3
  16. 夏に連想することのまとめ

夏はイベントや行事が豊富

祭りはイベントでもあり行事でもある

夏のといえば何を連想するかは趣味やなどで大きく変わるかもしれませんね。昔からある夏の行事では祭りやお盆になりますが、祭りはイベントとして捉えることもできます。他には野外フェスがたくさん開かれるようになり夏の風物詩になります。野外フェスといえばテントで寝ることが一般的ですね。テントで寝るといえば夏の遊び、キャンプが連想できます。このように他のイベントや行事からも夏はいろいろ連想できますよ。

お盆は特別な行事

夏の行事の中でもお盆は特に大切な行事になります。お盆とは祖先の霊を丁重に迎える風習です。この時期になると長期休みになることも多く帰省ラッシュなどで高速の大渋滞という嫌な夏の風物詩も生まれます。盆踊りというイベントもお盆の行事の1つで帰ってきた祖先の霊を再び向こうの世界に送るための踊りです。

夏は遊び企画も豊富

海と山が開かれる

夏といえば海水浴、もしくは山にハイキングということもよく連想されます。海での遊びも山での遊びもそれぞれ「海開き」、「山開き」があるからできるようになる遊びですね。海開きも山開きも行事やイベントに分類されますが、どちらか言えば遊びに関連します。遊びも何を連想するかは趣味で異なってきそうですね。釣りを好きな方はアジが釣れると連想するかもしれません、アウトドアが好きな方はキャンプを連想するかもしれません。

南国への旅行企画

夏になるとトラベルツアーなどではグアムやハワイなどの南国のリゾートに関する旅行企画がたくさん出てくるようになります。夏の風物詩としては微妙ですが旅行好きな方には夏が来たなと思わせる企画が多いです。

夏を連想する言葉

出典: https://www.irasutoya.com

何を連想するか年代や趣味で変わるのですが、夏で連想する言葉となると似た言葉が出てくることが多いです。SNSでも「夏を連想する言葉は?」などの質問や書き込みなどがたくさんありますよ。また単純な言葉だけではなく昔から夏は短歌や俳句として詠まれています。中には小中学生の頃に夏を連想する言葉を使って俳句を作るという宿題をしたことがある方もいるかもしれませんね。

夏といえば思い浮かぶイベント・企画1

衣替えと梅雨

初夏のイベントとして北海道以外は長い雨の梅雨がやってきます。そしてだいたい梅雨入りぐらいに衣替えの季節がやってきて学生の方は半袖になったり、カッターシャツだけでいいようになるので過ごしやすくなりますよね。梅雨といえば長く降り続ける雨ですが、実はいろいろな効果も期待できます。雨の音には集中力を高める効果があると言われていて雨の音が好きな方も多いのではないでしょうか。マイナスイオンも拡散やすいですよ。

梅雨明け

梅雨入りがあるとその逆の梅雨明けもあります。梅雨があけると一気に季節は夏になります。梅雨が開けて6月も終盤に近づくと夏らしいイベントが一気に増えてきますよ。学校では水泳の授業がはじまり子供たちの間では一大イベントですね。

夏といえば思い浮かぶイベント・企画2

フェス

夏といえば有名な野外フェス「フジロックフェスティバル」など大きな野外フェスもたくさん開催されるようになります。フェスとは前述したようにテントで泊まることが多いですが、音楽フェスだけの場合が多くその他のフェスは泊まるこは少ないです。フェスとはフェスティバルを省略した言葉でご当地グルメフェスやラーメンフェス、アニメフェスなどいろいろな企画がありますよ。フェス=音楽祭という意味ではないので注意しましょう。

夏の風物詩となった企画

フェスとは少し違うのですが、夏の風物詩となった企画が「コミックマーケット」です。夏と冬に行われ夏コミ、冬コミという言葉に略されます。実際どんな企画かと言うと有志が作った音楽、ゲーム、漫画の即売会が中心ですが、人形や手作りアクセサリーなどありとあらゆるポップカルチャーが集結する非常に大きな企画なので何を買うか迷ってします。50万人以上が参加するため夏といえばコミックマーケットというか方も多くいますよ。

夏といえば思い浮かぶイベント・企画3

肝試し・お化け屋敷

夏といえば肝試しやお化け屋敷も思い浮かぶ言葉ですね。両方共遊びに関係しますが、遊園地などでは期間限定の催し物として開催されていることから企画やイベントとして紹介しました。学校の文化祭でも人気のある出し物で、意外と身近な所で体験できるイベントかもしれませんよ。日本の古来からのイベントとも言える肝試しは平安時代には行われているようで由緒正しい古い歴史物語に起源となった事柄記されていますよ。

ハイテク化が進むお化け屋敷

近年はウェアラブル端末が進化したことでハイテク化が進んでいます。例えば心拍数から独自にビビり度などを設定した機器を装着してお化け屋敷から出た後にどれくらいびっくりしたか分かるお化け屋敷もあります。富士急ハイランドのリタイアする人が続出する「最恐」のお化け屋敷も夏の風物詩になりましたね。他にも浅草花やしきのお化け屋敷も有名です。肝試しは合宿における恒例行事として行われています。

夏といえば思い浮かぶイベント・企画4

夏休み

出典: https://www.irasutoya.com

子供たちの一大イベントである夏休みは何をしようか迷うほど長い休みです。遊ぶ場合も勉強をする場合も何をいつするのかしっかり予定を立てておかないと宿題の数も多いので大変です。北日本などの寒い地域では夏休みが短く冬休みが長い傾向にあります。こちらも何をするか予定を立てておきたいですね。子供たちがには嬉しい夏休みですが、大人は大変は意外と大変で昼食を作ったり遊びに連れて行ったりと大忙しです。

お盆休み

出典: https://www.irasutoya.com

大人の長期休暇といえばお盆休みです。ゆっくり休みたいところですが、帰省するチャンスだったり、子供とどこかにでかけたりとたくさん思い出を作ることができる時間になります。夏休みほどではないですが、何をするか予定を立てておくと無駄なく過ごせますよ。

夏といえば思い浮かぶ遊び1

海水浴・プール・川遊び

夏といえば水浴びや海水浴という言葉を連想する方も多いでしょう。夏の遊びとしてこれらは外せませんよね。しかし海水浴については、「海離れ」という言葉ができてしまうほど、利用者が減り閉鎖する海水浴場も多いです。理由としては海水は泳いだ後シャワーを浴びないとベタつくことや、日焼けをしてしまうことなどいろいろな理由があり敬遠されています。逆にプールはナイトプールとして夜も遊べるようにすることで人気が高まりました。

川遊びはアウトドアの一環

川は真水なので海のようにベタつくことはありません。また上流の川だと汚れも少なく木陰がたくさんあると日焼けすることも少ないでしょう。お盆の帰省で川遊びもするというのも夏の風物詩ですね。川遊びは単に泳ぐだけではなく、魚を観察したり、サワガニなどの動物を探したりといろいろな遊びができるので何をするか決めておくと楽しめますね。きゅうりや果物を冷やすこともできますよ。

夏といえば思い浮かぶ遊び2

花火・花火大会

夏といえば花火です。冬の花火大会もありますが、古くから日本の夏を彩るといえば花火大会になります。花火大会になるとイベントですが、手持ち花火を庭で遊ぶことも多いでしょう。線香花火を落とさないように上手に最後まで楽しんだり、二本同時に着火させて楽しんだ人も多いのではないでしょうか。このように夏のイメージがありますが、冬のほうが空気が澄んでいるので、よりきれいに見えると言われています。

玉屋と鍵屋

花火といえば「たまやー」という掛け声をするイメージ無いですか?実際している人はなかなかいないと思いますが、玉屋は江戸時代を代表する花火屋号のことです。そこから綺麗な花火に贈る硝酸の掛け声として「たまやー」という言葉が生まれました。江戸では玉屋のだけではなく鍵屋という花火も人気がありましたが、暖簾分けした玉屋のほうが人気でした。しかし江戸の町を焼く事故を起こしてしまい一代で姿を消してしまいます。

夏といえば思い浮かぶ遊び3

キャンプ・バーベキュー・アウトドア

川遊びのときに少し触れたキャンプやバーベキュー、トレッキングなどのアウトドアは夏の遊びですね。他の季節でもできますが、外遊びとなると夏をイメージしてしまいます。トレッキングといえば比較的簡単山登りですが装備はしっかり揃えておかないと夏でも山は危険ですよ。北海道の夏の山で低体温症による死亡事故も起きています。キャンプやバーベキューは蛇やアブなどの毒をもつ虫などに気をつけてくださいね。

昆虫採集

キャンプで自然豊かな所に出かけるのであれば昆虫採集を忘れてはなりません。夏といえば子供に大人気のカブトムシとクワガタが発生する時期で店頭に餌のゼリーが並ぶ様子はすっかり夏の風物詩になりましたね。夏休みの宿題に自由研究がある場合昆虫採集と観察をしてみるのもおすすめです。

夏といえば思い浮かぶ行事1

七夕

7月7日に願いを書いた短冊を飾る行事で、七夕祭りも開催れる場所もあります。七夕といえば織姫と彦星一年に一回だけ会えるという伝説が有名です。それぞれの星は天の川を挟んだ所にあるベガ(織姫)とアルタイル(彦星)で、どちらも大きく輝く一等星なので分かりやすいですよ。デネブを加えて夏の大三角とも言われています。七夕は日本にだけある行事ではなく、それぞれ若干伝説などが違いますがアジアに広く伝わっている夏の行事です。

七夕といえば短冊と飾り

願いが叶うとされている短冊の他にもいろいろな飾りを笹に付けますがそれぞれに意味があります。例えば巾着は金運アップの効果、網は魚の網をもしていて大漁を願う意味が込められていて鶴は鶴のように末永く健康でいきられるようにという願いが込められています。どの飾りも簡単に作ることができますよ。

Thumb七夕飾りの工作12選!簡単おしゃれな子供でも作れる飾りの作り方ご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
七夕は1年に1度の星のお祭りです。幼稚園や小学生の子どもさんがいるご家庭では、毎年飾り付けを...

夏といえば思い浮かぶ行事2

お盆

夏といえばお盆は必ず浮かぶでしょう。前述したように祖先の霊をまつるための行事です。専用の灯籠(とうろう)を使い祖先が迷わず帰ってこれるようにしたり、精霊棚(しょうりょうだな)と呼ばれる専用の棚を作ったりと普段しないことをします。他には宗派によってはきゅうりとナスを使って動物の形をつくり精霊棚にまります。他にもお盆はいろいろな行事を経て15日頃に終わります。

現在ではあまり行われていない行事

お盆のときに供えた食べ物などを海に流す灯籠流しは環境保護の観点からあまりしなくなったお盆の行事です。灯籠を流すことで再び祖先を向こうの世界に送り返しお盆は終了します。余談ですが夏に見かけるショウリョウバッタは漢字で書くと「精霊飛蝗」になり、お盆の時によく姿を見せ灯籠流しの一種の精霊流しの船の形に似ていることに由来します。

夏といえば思い浮かぶ行事3

お祭り

夏といえばお祭りという言葉を連想する方も多いのではないでしょうか。祭りはいろいろな屋台もあるため何を食べるか迷ってします。観光資源にもなっている全国的有名な夏祭りは青森県のねぶた祭り、京都府の祇園祭、徳島県の阿波おどりなど多種多様です。有名な祭り以外にも地方自治体で小さな祭りをすることも多いです。祭りといえば賑やかなイメージがありますが、静かな夏祭りも存在し一度見てみると祭りのイメージが変わりますよ。

越中八尾 おわら風の盆|気品高く唄い踊り継がれる、おわら風の盆。

夏祭りと秋祭り

祭りのといえば「夏祭り」と「秋祭り」が有名ですね。どちらも祭りとなっていますが意味が違います。主に夏祭りは七夕、お盆などに関連する祭りが多く、秋祭りは収穫に関する感謝に関係する祭りが多いです。そのため神輿を担いだり、神様をもてなす神事に近いのは秋祭りになります。

夏といえば思い浮かぶ食べ物1

スイカ・メロン

夏といえばスイカが有名ですがメロンも旬の食べ物です。どちらもウリの仲間で蔓性の植物になります。難しいようで栽培は比較的簡単でスイカ割りは夏の風物詩、メロンは高級フルーツとしてご進物用に購入することが多い食べ物です。同じウリ科のフルーツとしてはマクワウリというものがあります。味は甘みがあまりないスッキリとしたメロンという感じで市販されることは少ないのですが、田舎に行くと作られていることもあります。

何をかけて食べるか迷う

スイカは塩をかけて食べるのが一般的ですが、いろいろな食べ方ができますよ。例えば塩の代わりに粉チーズやレモン汁があります。ブランデーなどのお酒やドレッシングなどいろいろな食べ方があるようです。塩をかけて食べるのが夏の風物詩ですが、時には変わり種もいかがでしょうか。

夏といえば思い浮かぶ食べ物2

かき氷

夏といえばかき氷を忘れてはなりません。飲食店で食べるかき氷や祭りなどの屋台で食べるかき氷。どれも暑い夏にぴったりのかき氷ですが、近年では高級かき氷も出現してきました。カフェのようなおしゃれな場所で、ふわふわのかき氷が食べられるというこで人気です。かき氷は削った氷にシロップをかけるだけのシンプルな食べ物ですが、シロップを工夫したり削り方を工夫することで更に美味しくなる食べ物です。

ふわふわのかき氷の作り方

特殊な製氷機がなくてもふわふわのかき氷を家庭で作るこもできますよ。作り方は氷を作る時に真水ではなく砂糖水で氷を作るだけです。他にはレンジで短時間温め氷の表面が溶けてぬれたらかき氷にしていくだけです。好きなシロップさえ買っておけば自宅でふわふわのかき氷が食べられますよ。ただし食べ過ぎは体を冷やしてしまうので注意しましょう。

夏といえば思い浮かぶ食べ物3

そうめん・冷やし中華

どちらも麺類の食べ物で冷やして食べるので暑い季節に食べやすい料理ですね。薬味にしょうがなどを添えるとより爽やかな風味になります。そうめんといえば流しそうめんが夏の風物詩になり、冷やし中華といえば「冷やし中華始めました」が風物詩のようなものです。麺類だけでに限らず夏といえば冷たい料理も人気で冷やし茶漬け、冷やしうどんなどいろいろな食べ物があります。

温かいものも食べる

夏といえば辛いもの、温かいものを食べて汗だくなるという方もいるかもしれません。冷たいものばかりだと胃腸の働きが悪くなると言われています。そのため暑い日に熱いものを食べると夏バテ防止になるとまで言われていますが、冷たいものも、熱いものもどちらもほどほどが一番です。スタミナがつく食材といえば夏にニンニクが旬を迎えるのでおすすめですよ。

夏に連想することのまとめ

連想する言葉は豊富

出典: https://www.irasutoya.com

夏といえば海、山、川と自然と祭りやお盆などの行事やイベントがたくさんあるので連想する言葉は非常に多いです。例えば海といえばサーフィン、マリンスポーツなども夏の遊びですし、山といえばピクニック、ハイキングやお弁当などの食べ物に繋がり川といえばラフティングなどの川遊びなど豊富です。夏の花ではひまわりは絶対に浮かんでくる花でしょう。そして花といえば花火もありますね。考えれば考える程増えてきますよ。

季節が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには季節に関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumb春の花木といえば?日本で咲く代表的な季節の花木の開花時期や花言葉などをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
春の花木の開花は、それまでの寒い冬が終わることを知らせてくれるので待ちわびている人も多いでし...
Thumb美味しいホットワインの作り方をご紹介!寒い季節はこれで決まり! | 暮らし~の[クラシーノ]
ホットワインはヨーロッパを中心に親しまれているワインの飲み方です。ホットワインは作り方も簡単...
Thumb秋冬向けハイキングシューズおすすめ11選!季節に合わせた一足を選ぼう! | 暮らし~の[クラシーノ]
様々なブランドから秋冬におすすめな人気ハイキングシューズをご紹介します。軽量で長時間履き続け...

あなたへのおすすめ