オーバーオールの着こなし方!サイズ選びや合わせ方などのコーデ術をご紹介!のイメージ

オーバーオールの着こなし方!サイズ選びや合わせ方などのコーデ術をご紹介!

今シーズンもっとも注目するファッションアイテム”オーバーオール”。ここではオーバー折るの選び方やサイズ感、着こなし方はもちろん、街のおしゃれさん達の着こなし例をご紹介します。また人気ブランド別におすすめのオーバーオールをたっぷりとご紹介しますよ。

2020年06月07日更新

山口 徳成
山口 徳成
キャンプや登山、自転車にフィッシングなどのアウトドアギア・ファッション関連が得意分野。実践経験と最新情報の調査によって商品の比較やリアルな口コミまで、商品の魅力を読者にわかりやすく届けられるようにライティングを行なっています。少しでもアウトドアライフの役に立つ情報を発信できれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. オーバーオールとは
  2. オーバーオールの着こなし方:1
  3. オーバーオールの着こなし方:2
  4. オーバーオールの着こなし方:3
  5. オーバーオールの着こなし方:4
  6. オーバーオールの着こなし方:5
  7. オーバーオールの着こなし例:1
  8. オーバーオールの着こなし例:2
  9. オーバーオールの着こなし例:3
  10. オーバーオールの着こなし例:4
  11. オーバーオールの着こなし例:5
  12. オーバーオールの着こなし例:6
  13. オーバーオールの着こなし例:7
  14. オーバーオールの着こなし例:8
  15. オーバーオールの着こなし例:9
  16. オーバーオールの着こなし例:10
  17. オーバーオールの着こなし例:11
  18. オーバーオールの着こなし例:12
  19. オーバーオールの着こなし例:13
  20. オーバーオールの着こなし例:14
  21. おすすめオーバーオール:1
  22. おすすめオーバーオール:2
  23. おすすめオーバーオール:3
  24. おすすめオーバーオール:4
  25. おすすめオーバーオール:5
  26. おすすめオーバーオール:6
  27. おすすめオーバーオール:7
  28. おすすめオーバーオール:8
  29. おすすめオーバーオール:9
  30. おすすめオーバーオール:10
  31. おすすめオーバーオール:11
  32. おすすめオーバーオール:12
  33. おすすめオーバーオール:13
  34. 最後に

オーバーオールとは

オーバーオールは全身を覆う作業着の種類です。シャツなどトップスが汚れないように、上半身をすっぽりと覆い、サスペンダーで吊り下げ式のボトムスになっているものを思い浮かべます。現在では作業機としてはもちろんですが、ファッションアイテムとしても、メンズレディース問わず人気のあるボトムスになっています。
 

オーバーオールとサロペット、そしツナギ

オーバーオールは英語で表すと、胸当てがあら。サスペンダー付きのボトムスの事だけでなく、日本で言うツナギも当てはまります。またサロペットはフランス語で、吊り紐が背中で交差した洋服を意味し、日本ではサロペットもオーバーオールも同じものを表しています。
 

オーバーオールの着こなし方:1

もともとは作業着として始まったオーバーオール。着こなし方や合わせる洋服を間違えると子供っぽい印象を与えてしまいますが、ちょっとした着こなしのポイントを抑えれば、上手に着こなすことが可能です。ここではオーバーオールの着こなしのポイントをご紹介します。
 

素材選び

もともとは作業着であったオーバーオールは、デニム素材のものから、ヒッコリー柄やコーデュロイ、ダック地で出来たアースカラーのものなど素材は様々です。デニム素材でできたオーバーオールは、最も合わせやすく春夏秋冬季節を問わず使え、羽織るもの、似合う服を選ばない使い勝手の良さがあります。
 

ヒッコリー柄のオーバーオールも定番です。色使いに注意すれば、大人が着てもかっこよく着こなすことが可能です。春夏秋冬、季節を問わず使える定番柄で、ワークスタイルにぴったりはまる柄です。
 

ダック地もワークウェア定番の素材です。アースカラーのものが多いため、秋冬のコーデにぴったりです。素材が持つ良さを活かしながら、オーバーオールを上手にコーデに取り入れましょう。
 

オーバーオールの着こなし方:2

オーバーオールを着こなす際、難しいのがサイズ感。オーバーオールを上手に着こなすにはどのようなサイズ感で着こなせば良いのでしょうか。ここではオーバーオールのサイズ感についてご説明します。
 

オーバーオールのサイズ感

オーバーオールの着こなしのポイントとして、ややゆったりめで着こなすとうまくいきます。そのためちょっとゆったりめのサイズ感が重要です。オーバーオールのサイズもジーンズと同じく、インチ表示で販売しているものがほとんどです。通常よりも、1サイズもしくは2サイズほどアップしたものを着てみましょう。サイズアップした方がゆったりとした、ワークコーデにまとまります。
 

オーバーオールの着こなし方:3

オーバーオールに合う服とは

オーバーオールはジーンズと同じく何にでも合わせやすいのが特徴です。春夏はオーバーオールとTシャツや、薄手のカットソーなど秋冬は、パーカーやニットなど何にでも合わせやすいのが特徴です。組み合わせは、メンズレディース問わず使えるので、とても簡単です。合わせる靴も、スニーカーからブーツまで、ジーンズに合うものはオーバーオールにも合う服と言えるでしょう。
 

オーバーオールの着こなし方:4

色のあわせ方が大事なオーバーオール

オーバーオールに合う服は、どのような服でも似合うのですが、大切なのは色使いです。しかしながらこのポイントはとても簡単。シャツやパーカー、ジャケットなど羽織るものと、足元の靴の色味を合わせることが重要です。羽織るものと靴の色合わせるだけでコーデがまとまった印象与えます。
 

オーバーオールの着こなし方:5

古着で”こなれ感”を出す

前述した通りオーバーオールはもともと作業着、ワークウェアであるという事は説明しました。オーバーオールの持つ雰囲気を壊さずに着こなす候補の1つに、古着を選ぶと言う方法があります。もちろん新品でも良いのですが、古着が持つくたびれた感じ、いわゆるヤレ感が普段からオーバーオールを着用しているという、肩肘をはらない着こなしができます。特にアメカジスタイルやワークスタイル楽しみたい場合は、古着を選ぶという方法も選択肢の1つとして頭の中に入れておいてくださいね。
それではここからは街のおしゃれさん達が実際にどのようにオーバーオールを着こなしているのか、メンズ・レディースコーデ例を参考にご説明します。
 

オーバーオールの着こなし例:1

デニムのオーバーオールの上に羽織るものはネイビーのパーカー、インナーは定番のTシャツを使ったコーデ例です。オーバーオールの肩紐をたらした着こなし方です。シンプルなアイテムを選び、大人っぽい着こなしができています。パーカーもオーバーオールに似合う服。大人のラフな休日スタイルにぴったりです。
 

オーバーオールの着こなし例:2

秋のアメカジファッション定番スタイル。チェックシャツと足元の靴の色味を合わせているのがコーデのポイント。オーバーオールはワークブーツとの相性もぴったりです。ゆったりとしたサイズ感がアメカジファッションの、ワークスタイルのポイントです。
 

オーバーオールの着こなし例:3

デニム素材のオーバーオールに似合う服の定番である、白いTシャツを着用したコーデ例。こちらも足元はレッドウィングのワークブーツです。こちらもややゆったりめのサイズ感がポイント。着こなしも簡単でアメカジファッションが楽しめますよ。
 

オーバーオールの着こなし例:4

オーバーオールのうえに羽織るものは、革ジャンでもGOOD!上に羽織るものはライダースジャケットでもちろん、オーバーオールに似合う服です。無骨になりがちなライダーススタイルですが、ヴィンテージのダック地オーバーオールのインナーに、チェックのシャツを合わせ、さらにミリタリー系のデニムハットをアクセントにしており、おしゃれ上級者のコーデ例です。
 

オーバーオールの着こなし例:5

ヒッコリー柄のオーバーオールにマウンテンパーカーを合わせた、秋冬のアメカジスタイル。オーバーオールの上に羽織るものは、マウンテンパーカーなどのアウトドア系ジャケットもよく似合う服です。やや無骨になりがちなオーバーオールを、インナーのシャンブレーシャツで、上品に仕上げています。大人のオーバーオールスタイルに参考にしたいコーデ例です。

オーバーオールの着こなし例:6

オーバーオールの上に羽織るものと、靴の色味を合わせたコーデ例。この着こなしのポイントを押さえておけば、オーバーオールの着こなしがすっきりとまとまります。もちろんオーバーオールのサイズ感も重要で、ややゆったりめのサイズ感が上手くまとまるポイントです。
 

オーバーオールの着こなし例:7

ウォバッシュ生地のオーバーオールのコーデ例です。靴はREDWINGのワークブーツ、上に羽織るものは、薄手のシャンブレーシャツ。ゆったりとしたサイズ感のオーバーオールの上に、ざっくりと羽織るだけで様になり、足元のワークブーツがアメカジファッションの気分を盛り上げます。オーバーオールを使った定番のワークスタイルです。
 

オーバーオールの着こなし例:8

レディースのオーバーオールのコーデ例。上に羽織るものはネイビーのロングカーディガンです。靴はローファーを合わせ女性らしいオーバーオールの着こなしになっています。こちらも上に羽織るものと靴の色味を合わせた着こなしで、オーバーオールのサイズ感もややゆったりめになっています。
 

オーバーオールの着こなし例:9

レディースオーバーオールの着こなし例。ほどよく色落ちしたデニム生地のオーバーオールに、トップスは白のトレーナー、靴は白いスニーカーとトップスと靴の色味を揃えた定番のコーデ例です。ロールアップがこのコーデのポイントですね。
 

オーバーオールの着こなし例:10

こちらもトップスと靴の色味を揃えた定番のオーバーオールコーデ例。グレーのニットキャップに、グレーのカーディガンとオーバーオールの上に羽織るものが秋らしくニットになっています。ニットもオーバーオールに似合う服。秋冬のコーデ例の参考にしたいですね。

オーバーオールの着こなし例:11

レディースアメカジコーデ。TCBジーンズのオーバーオールに、フェローズのシャンブレーシャツが決まっているかっこいいアメカジファッション。王道のワークスタイルです。秋冬のオーバーオールコーデの参考にしたいですね。
 

オーバーオールの着こなし例:12

こちらはジャケットとオーバーオールを合わせたコーデ例。ジャケットにオーバーオールという意外な組み合わせですが、ジャケットも似合う服です。オーバーオールの上に羽織るものは、ジャケットでも決まるという秋冬のコーデ例ですね。
 

オーバーオールの着こなし例:13

パーカーとオーバーオールの定番コーデ例。メンズ・レディース問わずパーカーとオーバーオールの組み合わせは鉄板と言えるでしょう。オーバーオールの上に羽織るもので悩んだら、パーカーにしておけば間違いはありません。
 

オーバーオールの着こなし例:14

オーバーオールの肩紐を半分外した着こなし方です。上に羽織るものは、スウェットやパーカーなどアメカジ定番アイテム。肩紐をちょっと外すとルーズな雰囲気と、パーカーやスウェットの柄などが、はっきりと見せることができます。
 

おすすめオーバーオール:1

フリーホイラーズ

FREEWHEELERS フリーホイーラーズ SILVER HAMMER BIB OVERALLS LATE 1890s STYLE WORK CLOTHING UNION SPECIAL OVERALLS INDIGO STAR STRIPE
詳細はこちら

アメカジファッションブランドのフリーホイーラーズから、星柄のストライプのオーバーオールです。生地は、ウォバッシュと同じく抜き染めしてあり、1890年代のレイルウエイマンスタイル。シルバーハンマーとは、1869年5月10日に、アメリカ大陸横断鉄道の開通式の際使用されたシルバーハンマーのことを指します。本物志向のワークスタイルに合う服をお探しなら、フリーホイーラーズのオーバーオール。価格は60,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:2

TCBジーンズ

【TCBジーンズ】 1940's デニム ビブオーバーオール TCB JEANS Tabby's Overall 日本製
詳細はこちら

アメカジファッションブランドTCBジーンズからは、1940年代を彷彿とさせるアメカジファッションにぴったりなデニム生地のオーバーオール。1920年代に開発されたセルビッチデニムを再現しており、色落ちが楽しめるオーバーオールです。アメカジスタイルに合う服をお探しなら、TCBジーンズのビブオーバーオールをおすすめします。価格は28,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:3

シュガーケーン

】DRUM MAJORドラムメジャー BLUE DENIM OVERALLオーバーオール「DM41747」シュガーケーン
詳細はこちら

人気アメカジファッションブランド、シュガーケーンのオーバーオールは、1940年代のドラムメジャーの実名復刻モデルです。当時の細かなディティールも完全再現。やや太めのシルエットで、アメカジスタイル定番のアイテムとして活躍してくれること間違いありません。王道のワークスタイルに合う服をお探しなら、シュガーケーンのオーバーオールをおすすめします。価格は20,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:4

フラットヘッド

FLATHEAD(フラットヘッド)12oz OVERALL(12オンスオーバーオール)F-DO001!
詳細はこちら

アメカジファッションブランドのフラットヘッドからは、ヴィンテージワークスタイルの細かなディティールが満載のオーバーオール。2018年の秋冬コレクションモデルで、旧式のシャトル織機でおられた12オンスデニムは、経年変化が楽しめるオーバーオールになっています。王道のアメカジワークスタイルに合う服をお探しなら、フラットヘッドのオーバーオールをおすすめします。価格は40,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:5

エイトジー

オーバーオール エイトジー サロペット【811-OV】ガーデニングパンツ EIGHT-G ジーンズ デニム 男デニム メンズオーバーオール ヴィンテージ ビンテージ
詳細はこちら

アメカジファッションブランドであるエイトジーからは、ヘビーオンスのデニムオーバーオール。旧式の織り機で織られた17オンスのデニム生地を使用し、経年変化による色落ちが楽しめる1着に仕上がっています。ダブルニーやオレンジのステッチなど細かな部分までこだわって作られており、王道ワークスタイルが似合う服に。サイズ感は普通程度なので、若干のサイズUPがおすすめ。価格は30,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:6

リー

Lee AR Dungarees オーバーオール LM4254
詳細はこちら

ジーンズ3大ブランドであるリーのオーバーオールは、選べる3色展開。着回し力の高い濃淡の異なるインディゴブルーと、ワークスタイルにピッタリなヒッコリー柄です。ヴィンテージ感あふれるディティールも満載。春夏秋冬、季節を問わず使える定番アイテムです。メンズレディース問わず人気のオーバーオールで、価格は12,000円程度です。

おすすめオーバーオール:7

アイアンハート

アイアンハート オーバーオール 12オンス ブラックウォバッシュストライプ IRON HEART 819
詳細はこちら

アメカジファッション定番のワークスタイルを楽しむなら、やはり人気のウォバッシュストライプを取り入れたいですね。アイアンハートのオーバーオールは12オンスのウォバッシュ生地を使用し、オレンジステッチや、ダブルニーなどディティール満載のオーバーオールです。ワークスタイルに似合う服をお探しなら、アイアンハートのオーバーオールがおすすめです。価格は34,000円程度です。

おすすめオーバーオール:8

オアスロウ

2018秋冬新作 orSlow オアスロウ KANGALOO SKIRT カンガルースカート サロペット オーバーオール ・00-9503-81
詳細はこちら

人気デニムブランド、オアスロウからは2018年秋冬新作モデルのオーバーオール。レディースモデルで、スカートタイプのオーバーオールになります。マタニティウェアとしても着用できウェスト部分はゴムにやっていて、締め付けもゆるく、スカートの裾部分にはスリットが入っていて動きやすいのが特徴です。スウェットやパーカーなどとも相性が良く、カジュアルコーデにぴったりです。体型を隠したい方にもぴったりで、価格は27,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:9

ディッキーズ

【社名刺繍無料】ディッキーズ Dickies 723 ストライプオーバーオール つなぎ 作業服 作業着 ワークウェア 【S-3L】
詳細はこちら

人気ワークウェアブランド、ディッキーズのオーバーオールです。おしゃれなストライプ柄で、カラーリングも選べる4色展開。春から夏のコーデにぴったりなネイビーブルーとシルバーグレー、秋冬のコーデに合わせたいブラウンとブラック。色違いで揃えておきたくなるオーバーオールです。サイズ展開も豊富でメンズレディース問わず着こなすことができます。価格も8000円程度と、お求めやすい価格も魅力的ですね。
 

おすすめオーバーオール:10

オシュコシュ

OSH KOSH オシュコシュ OVER ALL オーバーオール 839-1100 COL 09(リンスウォッシュ)クラッシック
詳細はこちら

こちらも人気ワークウェアブランドのオシュコシュ。1895年創業の老舗ワークウェアブランドです。ややゆったりめのサイズ感のデニムオーバーオール。春夏秋冬シーズン問わず、普段のカジュアルコーデに使えます。シンプルでオーバーオールならこの形、といったデザインですので着用する人を選びません。価格は10,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:11

カーハート

カーハート【carhartt】R01 DUCK  BIB OVERALL ダック ブラウン ブラック ネイビー オーバーオール サロペット ユニフォーム 大工 作業着 つなぎ
詳細はこちら

丈夫なダック地で作られたカーハートのオーバーオール。人気のワークウェアブランドらしい質実剛健な作りが魅力的です。サイズ感はレギュラーシルエットなので、サイズアップがおすすめ。カラーリングは、3色展開。秋冬のオーバーオールのコーデにぴったりなカラーリングです。サイズ展開も豊富なのでメンズだけでなくレディースにも。価格は12,000円程度です。
 

おすすめオーバーオール:12

フェローズ

Pherrow's(フェローズ) 】 2710A-W ウォバッシュオーバーオール [ Low Back Style Overall ] 
詳細はこちら

アメカジワークスタイル定番のウォバッシュストライプ。人気アメカジファッションブランドフェローズからは、ウォバッシュストライプが美しいオーバーオールです。サイズ感はすっきりとしたシルエットなので、こちらもサイズアップがおすすめ。1940年代のオーバーオールをモチーフとし、外付けタイプのポケットやリベットなど細かなディティールまでこだわって作られています。ワークスタイルに似合う服をお探しなら、アイアンハートのオーバーオールがおすすめです。価格は40,000円程度です。

おすすめオーバーオール:13

桃太郎ジーンズ

【桃太郎ジーンズ】 インディゴストライプ ダブルニー オーバーオール MOMOTARO JEANS 01-027 日本製
詳細はこちら

一見ウォバッシュストライプのようですが、抜き染めではなく、織りによって打ち出された美しいストライプ柄。人気アメカジファッションブランドの桃太郎ジーンズのオーバーオールは、ワークスタイルに似合う服をお探しの方におすすめです。9オンスと軽い生地を使用し、ダブルニー仕様になっています。ややゆったりめのシルエット。もちろん経年変化による色落ちが楽しめる1着に仕上がっています。価格は30,000円程度です。

最後に

いかがでしたでしょうか。今トレンドのオーバーオールの着こなし方や、街のおしゃれさん達のコーデ例をたっぷりとご紹介しました。オーバーオールは着こなし方が難しいとお考えだったかもしれませんが、ここでそれほど難しくない!と思っていただけたら嬉しく思います。またここで紹介した様々なブランドのオーバーオールは、すべておすすめのオーバーオールです。流行に左右されにくい定番のオーバーオールばかりなので、ぜひここでご紹介したオーバーオールを着て、おしゃれを楽しんでくださいね。
 

着こなしが気になる方はコチラもチェック

Thumbドットショットジャケットの評価と着こなし集!気になるサイズ感も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ノースフェイスの人気ジャケットと言えばドットショットジャケット。ここでは気になるサイズ感や、...
Thumbダナーライトの着こなし術&手入れ方法!正しいメンテで経年変化を楽しもう! | 暮らし~の[クラシーノ]
登山だけでなく普段遣いでも人気のブーツ、ダナーライト。ここではダナーライトのメンテナンス方法...
Thumbダウンの最高峰「ウールリッチ」!大人ダウンで人気の理由と着こなし術! | 暮らし~の[クラシーノ]
海外セレブも愛用しているウールリッチのアイコンであるアークティックダウン。アウトドアでの機能...
関連するまとめ
おすすめの記事