海外旅行でも安く行ける国おすすめ6選!物価も安いコスパ最強の旅行先はココ!

海外旅行でも安く行ける国おすすめ6選!物価も安いコスパ最強の旅行先はココ!

物価もコスパも安いお手頃予算で行ける人気の海外旅行先はたくさんあります。海外に旅行に行くのに、安い予算でコスパを上げてお得になって、人気もあってしかも安全に行きたい。そんな欲張りな人におすすめの6カ国と旅行の仕方を書きます。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.物価も安い人気の海外旅行にコスパよく行くには?
  3. 3.物価も安い人気の海外旅行にお手頃予算で行くにはコレ
  4. 4.春夏秋冬いつでもお得で安い旅行先はあります
  5. 5.海外旅行にコスパよく行くにはLCC
  6. 6.人気の海外旅行にお手頃予算で行くには宿は自分で見つける
  7. 7.物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外①タイ
  8. 8.物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外②バリ島
  9. 9.物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外③マレーシア
  10. 10.物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外④ヴェトナム
  11. 11.物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外⑤フィリピンのセブ島
  12. 12.物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外⑥台湾
  13. 13.海外旅行に行くときの便利グッズ
  14. 14.海外旅行先にでの安全対策
  15. 15.まとめ

はじめに

海外旅行でも安く行ける国おすすめ6選!物価も安いコスパ最強の旅行先はココ!を書くにあたって注意事項があります。この記事はおよそ2010年から2017年の間の旅行で記事を書いています。イメージを持ちやすいようにレート換算をし、およその円表記にしますので、実際の価格は現地の現在の価格とは異なることがあります。もう一点は法律です、各国の政治や宗教のとらえ方が変わると、時々変わります。この点も現在の現地の法律に従ってください。

物価も安い人気の海外旅行にコスパよく行くには?

低予算でお得に海外旅行に行きたい。物価の安い国へ行くだけでなくその渡航費も押さえたい。飛行機も安く乗りたいし食事も安く済ませたい。そのどれもがちょっとしたことに気を使うだけで、そしてほんの少しの知識を持っているだけで実現できます。安く行けるにはコスパを考えなくてはいけません。予算をおさえるそのやり方を書きます。

物価も安い人気の海外旅行にお手頃予算で行くにはコレ

旅行である以上いどうをしなくてはなりません。それも海外ともなると島国である日本から出国するには歩いては出れません。必ず飛行機または船を使うことになります。予算を抑えやすく行けるようにするには飛行機が一番です。お得な気のする船旅は実は贅沢でお金のかかる旅です。

夏でも冬でも、ひたすらやすい交通手段でお得に移動をしています。

物価も安い人気の海外旅行にお手頃予算で行くには近場へ

人気の旅行先にお得に安く行けるようにコスパを上げるには近場へ行くことです。遠く離れたところへ移動するには多額の費用がかかります。南米やアフリカは物価が安くお手頃な予算で過ごせますが、飛行機代が安く行けるところではありません。ヨーロッパや北米はホテルや食事にお金がかかり、お得とは言えません。結果、人気の海外の旅行先で、飛行機代も安いし、物価も安くお手頃な予算で行ける、コスパの良い場所は南アジア、東南アジアに絞られてきます。

いつでも夏で寒い冬のないタイでは壁もいらないのでしょうか。

物価も安い人気の海外旅行にお手頃予算で行くには長期滞在

お得に安く行ける場所は大体絞れてきましたが、さらにコスパを上げるには長期滞在が一番です。旅行先が物価の安い国ならば、一番お金のかかるのは日本からの飛行機代です。一旦日本から出国してしまえば旅行の日数がながければ長いほど実質コスパは上がります。そして長期の旅行をするのには冬よりも夏が向いています、荷物が少なくてすむからです。旅行先がほぼ常夏の国であっても日本を出るときに冬であれば着ているものは冬物です。常夏の国では必要のない冬服を移動の間中持たなくてもすむ、日本が夏の時期に旅立つことです。

春夏秋冬いつでもお得で安い旅行先はあります

近くの国で、日本が夏の季節に出かけても、旅行先が冬の場所もあります。それは高地です。標高が上がるたびに気温は比例して下がり日本が夏でもそこでは冬装備が必要になってきます。例えばヒマラヤです、こういった場所は春夏秋冬季節かかわらずコスパは非常に悪いです。安い旅行をするならばズバリこのような地域は避けましょう、それでもアジアは広いのです。たくさんの見どころのある国や地域があります。

海外旅行にコスパよく行くにはLCC

お得に行ける海外旅行、日本からわりと近所にある南アジアや東南アジアに飛行機で出かけることに決まりました。さらにコスパを上げてお得感を出すには飛行機会社もLCCがいいです。LCCははロー・コスト・キャリアー(Low Cost Carrier)の頭文字を獲ったものです。今ではだいぶ当たり前になりましたがLCCは人気のある海外にも安く行ける最大の武器です。

価格の安いお手頃でお得なツアー旅行はあまりない

そして、普通ならお得感のあるツアーですが、安い海外旅行を計画する上で、実はあまり安く行けるものは見かけません。それでもツアー旅行は、比較的旅行期間が短く、旅行中も1日に何箇所も有名観光ポイントをめぐり、ホテルも星付きに泊まり食事もレストランで食べたい、そういったサービスを旅行先で求めたい人にはとてもコスパの良い選択です。コスパはよいですが、海外に安く行ける方法としては向いていません。

人気の海外旅行にお手頃予算で行くには宿は自分で見つける

安い宿は自分で手間を掛けて見つける以外にありません。今はインターネットを駆使して安くて便利で都合の良い宿を探すのはそれほど難しくはありません。それでももし最高のコスパを求めてやすい旅行をするならば、旅行先で歩き回って見つける方法が一番です。必ず納得のいく宿が見つかるはずです。東南アジアの常夏の中で宿を探すのはたやすいことではないのですが、自分で見つけた宿はなにか親近感もわき楽しい気分にさせてくれます。そして次回の旅行でもきっと利用するようになります。宿の快適さは旅行に快適さの大部分をしめます。ぜひ良い宿を見つけてください。

物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外①タイ

東京からバンコクまでとてもたくさんの直行便が出ています。バンコクには世界中から旅行者が集まります。あまり英語は通じませが、とても旅行しやすい街であり国であります。さらにタイにはちょっと足を伸ばしただけでたくさんの夢のような島があります。日本の冬の季節にはタイのアンダマン海側の海はとても穏やかです。船で渡るにもあまり荒れていないので島に渡りやすいです。

タイでおすすめの食べ物

1、タイへ行ったならばぜひ食べてほしいのが「チムチム」です。いわゆるタイスキですがチェーン店にあるようなものではなく小さな土鍋と炭で調理して食べるものです。「チムチム」の発音が少し難しいですが、どこででも見かけるものです。是非トライしてみてください。

2、ソムタム。青パパイヤを千切りにして辛い味付けにして食べます。大変多くのバリエーションが有り覚えきれないほどです。おすすめはシンプルな「ソムタムタイ」です。とても辛いですが、味付けもオーダーできて、辛くないものも作ってもらえます。ただどうしても唐辛子の入る食べ物ですので唐辛子の辛さは残ります。タイ語で辛くしないでは「マイ・アオ・ペッ」です。

物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外②バリ島

インドネシアのバリ島。とてもメジャーで世界から旅行者の集まる人気のリゾートです。ここへも日本からLCCが飛んでいます。現地に着けばバリ島は非常に物価の安い国です。また赤道を超えて南半球にあります、日本とは違った星空も見ることが出来ます。

物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外③マレーシア

日本からはたくさんの便がマレーシアの首都のクアラルンプールまで出ています。LCCでの便も頻繁にあります。マレーシアはモスリムの国ですが、アジアの他の国々と比べても比較的英語も通じやすいです。マレーシアにはLCCのエアアジアがあります、近隣の国へのハブ的使い方をする旅行者もとても多いです。最近ではヨーロッパへの便も増えていて、安いチケットでヨーロッパからもたくさんの旅行者が集まります。

マレーシアでのおすすめ

マレーシアはモスリムの国ですが、中華系、インド系、マレー系の3つの異なった文化が綺麗にバランスを取って存在しています。日本からも直行便の着くクアラルンプールでは中華街やインド人街があります。中華街では美味しい中華料理が、リトルインディアでは美味しいインドのカレーが食べれます。もちろんマレー料理も街のいたるところで食べることが出来ます。インドや中華の本格料理が食べれることはマレーシアのおすすめです。

物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外④ヴェトナム

日本からも直行便があります。季節によっては時々直行便でも4万円を切るチケットが出回ります。ヴェトナム人はあまり気性の激しい人は少なく感じますので、とても旅行しやすいです。観光地では英語が通じることも多いですが、基本的に現地語が必要になります。

安いおすすめの食べ物

本来的なヴェトナムの食べ物ではないのですが、ホーチミンへ行ったならばぜひバケット(フランスパン)を食べてみてください。フランス統治の時代があった影響かと思われ、とても美味しいフランス風料理に、日本とは比べ物にならないほどの安価で出会うことが出来ます。
そしてもう一つはヴェトナム式コーヒーです。カフェに入ればどこでも飲めますし、とても美味しくてくせになります。

なぜこのサイズのグラスなのかわかりませんが左のカップを満たすほどしかコーヒーは出てきません。

物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外⑤フィリピンのセブ島

日本からも近く現在ではLCCもあり、とても便数も多く手軽に安く旅行の出来る場所のひとつです。アジアの中では一番英語の通じる国のひとつです。たくさんあるフィリピンの島の中でも観光客も多く比較的安全に旅行できます。空港のあるマクタン島は、やはり観光客がたくさん来ることもあって治安がいいですが、対岸のセブ本島にあるセブシティのダウンタウンなどは夜に一人で訪れるのは避けたほうがいいでしょう。

安く旅行に行ける理由

セブ島は日本に比較的近く、やはり渡航費を抑えることが出来ます。そしてここも多くの観光客が訪れるところなので、宿や食事に困ることがありません。また、フィリピンは英語がよく通じるのでとりわけ現地の言葉を知らなくても困ることは少ないです。安くて美味しくて安全なお店なども探しやすいです。英語が通じるとゆうことはタクシーなどに乗っても行き先を告げるのに苦労することは少ないですし、買い物や食事の時も数字のやり取りに困りません。安いものを探しているときに、数字の英語が通じるだけでとても便利に感じます。

物価も安いお手頃予算で安く行ける人気の海外⑥台湾

台湾の首都台北には有名な博物館「故宮」もあります。さらに台湾は世界中のグルメが注目するほど美味しい料理の揃っている国です。もう一つ台湾では自転車、サイクリングが流行っています。気温の低くなる冬には台湾一周を自転車でする旅行者もいます。

台湾が安い理由

なんと言っても台湾は日本からの距離が近いです。この事は安く海外旅行をする上でとても有利です。日本からの飛行機代の節約で余力の出たお金で美味しい台湾料理も食べられます。宿も比較的安いところを見つけやすいです。ひとつ台湾を旅行する上でネックとなることがあります。それは英語を使ったネットでネットでの検索にあまりヒットがないことです。それでも親日の国台湾現地では日本語の通じることもしばしばあります。また漢字で書くと意味が通じることも多いです。

海外旅行に行くときの便利グッズ

ここでは一般的なものではなくちょっと気が付きにくいものを挙げておきます。
1、ロープ。洗濯物を干したり水着を干したり。はたまた安宿で鍵に不安があるときなどにも活躍します。
2、ナイフ。果物を食べるときに役立ちます。またお菓子などの袋を開けるときにもあると便利です。
3、爪切り。滞在期間がちょっと長くなると爪はとても気になあります。ケガの奉仕のためにもこまめに切っておくことを勧めます。
4、布、シーツの代わりになるような大きさのもの。ビーチに座る時、ヤシ宿のベッドが気になる予期、移動の列車やバス、飛行機の中で寒さを感じたときなどにも役立ちます。

ISUKA(イスカ) シルクシーツ レクタ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

海外旅行先にでの安全対策

人気の旅行先にお手頃な価格で行けたとしてもトラブルに巻き込まれては、楽しさや快適さ、また来たいの心のコスパが一気に下がってしまいます。どんなに安く行ける国でも安全だけは確保してください。トラブルが一番高い旅行にします。
 

旅行先の国については事前によく調べておく

一番の基本であり案外見逃し安い事でもあります。旅行先の国の通貨や言葉以外にも政治の体制や宗教をチェックして置きましょう。そこから案外といろいろなことが見えてきます。子供の頭に手を乗せるのがタブーな国、サウスポーでも左手で他人に物を渡すととても嫌がる集荷の国もあります。これらのことはほんのちょっとの手間で事前に手に入れることができます。今はインターネットを使えばかなりのことは知れます。

食べ物・飲み物

日本の夏のような東南アジアの国を旅行していて、一番気をつけなくてはならないのは食べ物や飲み物ではないでしょうか。辛いものばかり食べ続けていてもお腹を壊してしまいますし、油を使った料理も続けば日本人には大変な負担です。熱を通したBBQやカレーなどもしっかりと熱を通しているものを食べましょう。筆者も再加熱のカレーが十分火が通っていなく大変な思いをした経験があります。もう一つ見逃しがちなのが飲み物に入っている氷です。チェックの仕方はありませんが不安なときは飲むのを避けましょう。

イスラムの国で

モスリムにとっては豚は不浄の生き物です。食べることはおろか豚を料理した鍋やフライパンまで嫌がります。もちろん使った皿や箸はたいへん嫌われます。眼の前で洗ってもその流しまで嫌がる人もいるほどです。そして意外と知らない人があるのですが、犬も嫌います。猫は非常に好む反面、犬を撲殺するような場面も時々見ます。

違法なことは絶対にしない

当然至極当たり前のことなんですが、麻薬を扱わないとか、酒酔い運転をしないとか誰でもわかるようなことなばかりではありません。つばを吐いたりゴミを捨てたりしただけでも罰せられる国もあります。タイでは国王の悪口を言うのは違法です、こんな法律も日本人にはなかなか想像するのは難しいです。是非事前の調査はしてください。

まとめ

海外旅行もほんの少しの手間と知識でかなり安く行くことが出来るようになりました。安さだけでなく安全をきちんと確保しながら旅行してください。

PONたもつ
ライター

PONたもつ

アウトドア!アムスからフィレンツェまで自転車にテントを積んで8ヶ月、オーストラリアでは3ヶ月間を車とテントで、タスマニアでもキャンプしながら釣りを。数え切れないほどのキャンプと釣りと旅行の経験を生かして、皆様の知りたいことが分かる記事を書いていきます!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking