検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

和歌山の美術館・博物館おすすめ8選!人気施設の展覧会や口コミ情報もご紹介!

和歌山は大阪、奈良からも近く観光客がたくさん訪れるところ。和歌山にいくなら訪れて欲しい美術館や博物館などミュージアムがあります。TwitterなどSNSでの口コミ人気も高く、おすすめの和歌山の美術館・博物館の各展示物、展覧会などイベント情報をご紹介します。
2020年8月27日
佐藤3

和歌山の美術館・博物館が知りたい!

和歌山の芸術・文化に触れられるところ

大阪、奈良の南、日本最大の半島、紀伊半島の西側に位置する和歌山県。海と山の豊かな自然に囲まれた土地で、観光スポットもたくさんあります。その中でも、歴史やアートなどを堪能できる、美術館、博物館も数多く存在します。和歌山周辺で芸術や文化に触れられる観光スポットをご紹介します。(イベント、展覧会・展示物情報は2018年7月現在の公式HPの情報を記載しています)


和歌山のおすすめ美術館・博物館1

和歌山県立博物館

和歌山県に残る歴史的、文化的な資料の保護と、それらを後世に伝える目的で建てられた博物館です。メインの収集物は高野・熊野信仰に関する資料や紀伊徳川家ゆかりの品など8項目です。文化財保護法に基づく公開承認施設にも指定されており、和歌山県内の資料保護の拠点施設とされている、和歌山の中心的博物館です。

イベント


夏休みイベントとして子どもたちを中心とした、夏休み企画展「城下町和歌山を歩こう」が開催中です。豊臣秀吉の和歌山城を築城からはじまり、歴代の藩主たちの和歌山整備からはじまり、和歌山の歴史や文化を知ることができる興味深いイベントです。開催期間:2018年7月14日(土)~8月26日(日)

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上1丁目4-14
連絡先:073-436-8670
営業時間:9時30分~17時00分
休館日:月曜日
入館料金:一般 280円(220円)大学生 170円(140円)高校生以下、障害者、外国人留学生は料金無料。カッコ内は20名以上の団体料金。

美術館・博物館までのアクセス


電車バスを利用する場合:①JR和歌山駅を下車、西口から出てバスの2番のりばから。「県庁前」停留所を降りて徒歩2分。②南海電鉄和歌山市駅下車、バスで9番・10番のりばから。「県庁前」停留所を降りて徒歩2分。
車を使用する場合:和歌山ICから約20分。

口コミ人気は

和歌山県立博物館
展示は、きのくに─和歌山県の3万年の歴史を紹介する常設展「きのくにの歩み─人々の生活と文化─」と、県内の文化財や歴史を主題とした特別展(年間2本)・企画展(年間5~6本)を、常設展示室及び企画展示室を柔軟に使い分けながら、展示される文化財が劣化しないように常に配慮を加えつつ、年度計画により開催しています。展示解説については、展示図録・ミュージアムトーク・子供用クイズ・音声ガイド(自主制作)などにより、多様な来館者の要望に対応できるように配慮してます。

和歌山のおすすめ美術館・博物館2

和歌山県立近代美術館

和歌山県ゆかりの芸術家たちの作品を集めて、郷土の美術・芸術家へ関心を持ってもらおうという目的で、たくさんのコレクションを集めているのが「和歌山県立近代美術館」です。和歌山に住む人なら、地元の誇りとして、和歌山に興味のある人にとっても見応えのある素晴らしい美術館となっています。

イベント

展覧会などのイベントも多く予定されていますが、「こども美術館部」と称してこどもたちに美術への造詣を深めてもらう定期イベントも開催されています。開催日は公式サイトをご参照ください。

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上1丁目4-14
連絡先:073-436-8690
営業時間:9時30分~17時00分
休館日:月曜日
入館料金:一般340円(270円)、大学生230円(180円)カッコ内は20名以上の団体料金。

美術館・博物館までのアクセス

電車バスを利用する場合:JR和歌山駅を下車。和歌浦口方面行きバスに乗り、「県庁前」停留所で下車して徒歩2分。
車を利用する場合:阪和自動車道、和歌山ICを降り、15分程度。

口コミ人気は

和歌山県立近代美術館
和歌山県立近代美術館のホームページです。企画展・コレクション展のや各種イベント情報などをご案内いたします。

和歌山のおすすめ美術館・博物館3

和歌山市立博物館

歴史系博物館である和歌山市立博物館。常設展示は「資料が語る和歌山の歴史」。和歌山県についてより知りたいという人におすすめです。展示物の性質から体験学習・史跡散歩など求める方から人気があります。

イベント

夏のイベントとして映画上映会「和歌山大空襲」と「空襲体験絵巻」の上映会イベントが2018年7月7日におこなわれました。このほか、歴史講座「紀州の武器・武具」と称して2019年3月2日(土曜)より毎週土曜日に3回に渡りおこなわれたり、2018年11月10日(土曜)には「和歌山城を歩く」というアクティブなイベントも企画されています。このほかイベント情報は公式サイトをご参照ください。

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒640-8222 和歌山県和歌山市湊本町3丁目2
連絡先:073-423-0003
営業時間:9時00分~17時00分
休館日:月曜日
入館料金:一般・大学生100円(団体80円)高校生以下は無料。

美術館・博物館までのアクセス

電車バスを利用する場合:南海本線、和歌山市駅を下車。駅から徒歩5分。JR和歌山駅を下車。駅前バスターミナルから和歌山バスで。「南海和歌山市駅前」停留所で下車、徒歩5分。
車を利用する場合:阪和自動車道、和歌山ICを下車。下道で約20分。無料駐車場はないので、市営駐車場(100円/1h)を利用。

口コミ人気は

和歌山市立博物館のウェブサイトにようこそ

和歌山のおすすめ美術館・博物館4

田辺市立美術館

田辺市立美術館は交通の便のよい場所にある美術館として、人気の高いスポットです。特に力を入れているのは、美術館の建物そのもの。展示室の照明は賞をいただくほどで、ギャラリー展示物を新鮮な気分で楽しむことができます。展示物の情報を、館内の図書館で調べて、美術品とより造詣を深めることもできるのがよいですね。

イベント

特別展「現代の織3」朝倉美津子(開催期間:7月21日(土)〜9月17日(月・祝) )をはじめとして、2018年度だけでも5つのイベント予定があります。好きな作品や作家の展覧会を目当てにいくもよし、ふらりと立ち寄ってみてもいつも違った展示物が楽しめます。詳しくは公式サイトの展覧会予定のページをご参照ください。

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒646-0015 和歌山県田辺市たきない町24-43
連絡先:0739-24-3770
営業時間:午前10時〜午後5時
休館日:毎週月曜日
入館料金:一般250円(団体200円)、学生、18才未満は無料。

美術館・博物館までのアクセス

電車バスを利用する場合:JR紀伊田辺駅前を下車。明光バスで、「新庄病院前」停留所を下車、徒歩5分。
車を利用する場合:紀勢自動車道の富田ICを下車。約8分。

口コミ人気は

田辺市立美術館
田辺市HOME

和歌山のおすすめ美術館・博物館5

熊野古道なかへち美術館

熊野古道なかへち美術館は旧中辺路町立美術館として、人気が高かった美術館。市町村合併に伴い名称を改め、田辺市美術館の分館として管理されています。近代美術の展覧会などイベントも行われており、田辺市のミュージアムショップには展覧会関連グッズの販売も行われています。地元ゆかりの画家の作品を集め、和歌山に興味のある人には、小さいながら大変魅力的なギャラリーとなっています。

イベント

開館20周年なかへちコレクション特別公開2として、雑賀清子氏の作品の展覧会をおこなっています。期間は2018年7月21日[土]-9月17日[月・祝]。料金は無料で観覧することができます。

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒646-1402 和歌山県田辺市中辺路町近露891
連絡先:0739-65-0390
営業時間:午前10時〜午後5時
休館日:月曜日
入館料金:一般250円(団体200円)学生、18才未満は無料。

美術館・博物館までのアクセス

電車バスを利用する場合:JR紀伊田辺駅で下車。龍神バス「本宮大社前行」に乗り、「なかへち美術館」停留所下車。徒歩1分。
車を利用する場合:白浜方面から熊野街道/国道311号線の「近露」交差点を左折。

口コミ人気は

熊野古道なかへち美術館
美術作品を新しい空間で見せ、アートを通じた交流の場を生み出す

和歌山のおすすめ美術館・博物館6

龍神村曼荼羅美術館

「季楽里」温泉旅館の見どころのひとつとして作られている「龍神村曼荼羅美術館」。曼荼羅を集めたギャラリーとなっています。若者にも人気の高い曼荼羅を堪能したいなら、ぜひこの美術館を訪れてみてはいかがでしょうか。(曼荼羅アート写真は参考)

イベント

仏法アーティスト加賀心海さんが描く、「弘法大師空海光の海」展と称された、弘法大師空海高野山開創1200年記念イベントを開催中です。

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒645-0525 和歌山県田辺市龍神村龍神203
連絡先:0739-79-0581
営業時間:9時30分~16時30分
休館日:火曜水曜日
入館料金:「季楽里」温泉の利用者は無料チケット配布あり。

美術館・博物館までのアクセス

電車バスを利用する場合:近くに利用できるような電車バス路線はありません。お車をご利用ください。
車を利用する場合:阪和自動車道、有田ICを下車。約90分。南紀田辺ICから約70分。

口コミ人気は

龍神村曼荼羅美術館 特別絵画展開催中
季楽里龍神にて、特別入場いただける無料入場券をお配りしておりますので、ぜひご利用くださいませ。

和歌山のおすすめ美術館・博物館7

紀州博物館

古民家をイメージした博物館では、陶磁器や書画のギャラリーとして営業しているのが、紀州博物館です。展示物も素晴らしいものばかりですが、博物館の外見も歴史的価値があるもので外から博物館を写真撮影するだけでもとてもフォトジェニック。インスタ映えする博物館です。(陶磁器写真は参考。展示物ではありません)

イベント

2018年7月現在、イベント情報は予定されておりませんが、日本各地の陶磁器が展示されており、器好きな人なら見応え満点な博物館です。しかもあまり混雑していない穴場的存在の博物館ですので、待ち時間もなく、ゆっくりと楽しむことができます。

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町平草原2054
連絡先:0739-43-5108
営業時間:10時00分~16時00分
休館日:水曜日、木曜日
入館料金:大人500円、小学生250円、乳幼児無料

美術館・博物館までのアクセス

電車バスを利用する場合:白浜駅を下車。近くにバス路線はないので、タクシーを利用して約10分。
車を利用する場合:阪和自動車道、みなべICを下車。下道で約35分。

口コミ人気は

和歌山県 南紀・白浜温泉 紀州博物館
眼下に白浜温泉を一望する平草原に紀州博物館はあります。昭和48年に設立され、平成12年に古都の民家をイメージした新館が完成しました。主な所蔵品としては陶磁器、書画等の美術工芸品で、全て個人コレクションの寄贈によるものです。小さな施設ですが、内容の充実した陶磁器を主体に各種の企画展を開催しています。落ち着いた空間の中でコミュニケーションを大切にしたいと取り組む博物館です。

和歌山のおすすめ美術館・博物館8

白浜美術館

白浜美術館は男女の結びつきをメインとした、仏教や密教の仏像を展示物として集めたギャラリーミュージアム。素晴らしい仏像を気楽に楽しめる場所として、大人に人気の美術館です。

イベント

2018年7月現在のイベント情報はありませんが、常設でラマ教尊像等密教秘仏が150点展示されています。大変見ごたえのある仏教(密教)系ギャラリーとなっています。

美術館・博物館の基本情報

所在地:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町
連絡先:0739-42-2589
営業時間:8時30分~17時00分
休館日:水曜日
入館料金:大人 500円

美術館・博物館までのアクセス

電車バスを利用する場合:白浜駅からタクシー利用で約15分
車を利用する場合:南紀白浜ICを下車。下道利用で約20分

口コミ人気は

白浜美術館 | 白浜観光協会公式サイト | 南紀白浜観光ガイド | 海と温泉のリゾート
南紀白浜観光ガイドは、白浜観光協会公式サイトです。海と温泉のリゾート南紀白浜の見処を紹介するページです。

まとめ

美術館・博物館でアートに触れよう

和歌山にある美術館・博物館などおすすめのミュージアム、ギャラリー情報を8館ご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。それぞれの展示物に特徴があり、どこも見応えがありそうなところばかりでしたね。Twitterでの各ミュージアムへの反応も素晴らしいものばかりでした。和歌山においでの際は、その素晴らしい展示物をぜひご自分の目で確認してみてくださいね。(イベント、展覧会・展示物情報は2018年7月現在の公式HPの情報を記載しています)

ミュージアムが気になる人はこちらをチェック

美術館、博物館以外にもたくさんのミュージアムが全国あちこちに存在します。アートにふれるもよし、文化的体験をし古き良さを感じるもよし。さまざまなギャラリーや展覧会、展示物をお楽しみください。気になるミュージアム情報はこちらをチェック!