スカッシュのルールとは?そのやり方から試合の進め方まで徹底紹介!のイメージ

スカッシュのルールとは?そのやり方から試合の進め方まで徹底紹介!

日本ではまだ認知度が低いスポーツのスカッシュですが、幅広い年齢層にも楽しめてダイエット効果も高いスポーツなんです。そんなスカッシュについての楽しみ方やルールについて詳しくご紹介しましょう。スカッシュのルールは比較的簡単で、初心者にも覚えやすいとですよ。

2020年03月03日更新

kaorin007
kaorin007
旅行や登山、ガーデニングを中心に見ていただく方が参考になったと喜んでもらえる記事を書いていきたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スカッシュの歴史
  2. スカッシュの魅力
  3. スカッシュに関する用語
  4. スカッシュに必要な道具
  5. スカッシュの基本的なやり方
  6. スカッシュのルール①【ウォームアップ】
  7. スカッシュのルール②【サーブ権】
  8. スカッシュのルール③【点数のつけ方】
  9. スカッシュのルール④【レットとストロークの基準】
  10. スカッシュでの消費カロリー
  11. まとめ

スカッシュの歴史

テニスを元にしたスポーツ

スカッシュは、ラケットでボールを打ち合うスポーツです。もともとスカッシュの原型となったスポーツは、テニスだといわれています。そのため、使用するラケットやボールはテニスを思わせるものが多いですね。1929年以降にスカッシュ独自の協会が設立されたことで、テニスとは異なるスポーツとしての認識が高まりました。

スカッシュの始まりは19世紀の監獄

スカッシュといえば、室内でおこなえるテニスに似たスポーツというイメージですね。そんなスカッシュの始まりは、ロンドンにあるフリート監獄で囚人たちが始めたのが起源だといわれています。19世紀の初め頃に囚人たちが監獄の壁にボールをラケットで打ち付け、運動不足を解消したのが起源のようです。その後、改良が何度となく行われ現在のスカッシュの形になりました。

スカッシュの魅力

believe_own_way_0716さんの投稿
34214354 259978004750198 5534485314208268288 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

性別や年齢に関係なく楽しめる

スカッシュの魅力は、そのコツさえつかめば老若男女を問わず誰にでも楽しむことができる点です。腕力や体力がある人が優位なスポーツ競技とは違い、そのちょっとしたテクニックのコツさえつかめば誰にでも勝利を獲得することができます。だから40代~60代の男女にも人気のスポーツなのです。

ストレス解消とダイエットの身効果的

スカッシュは、ボールを使うスポーツの中でも運動量が比較的高いとわれます。日頃室内での仕事が多く、汗などの代謝が悪い状態の人にはおすすめのスポーツだといえるでしょう。意外にも運動量はテニスの2倍もあるといわれており、ダイエット効果も期待できそうですね。あまりはずまないボールを使うので、思いっきりラケットをらなければなりません。力いっぱいボールを打ち返せば、日頃貯まっていたストレスを解消することもできるでしょう。

脳トレにもなるスカッシュ

スカッシュは、4面の壁を巧みに利用してショットのバリエーションをうまく組み合わせることで試合展開をはかることができます。相手と直接打ち合うバトミントンやテニスとはまた違った戦略展開を考える楽しみがあります。スピードやパワーだけでなく頭脳を使った戦略線のスポーツなので、脳トレにも最適です。

スカッシュに関する用語

somaaa06さんの投稿
34477577 233724110747656 6442543294386798592 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

初心者でも覚えておきたいスカッシュの基本用語

テイクバック

スカッシュを始める最初の動作といえるボールを打つことを指します。

インパクト

スカッシュでボールを打つ時の打点のことです。

ティー(T)

スカッシュコートの中央部にある場所を指します。ちょうどショートラインとハーフラインが交わり「T」の地になっている部分のことです。

ニック

スカッシュコートの床と壁の間には、黒いゴムがあります。その部分にボールが当たると弾まなくなりウィニングショットとなります。

squash_aguさんの投稿
34983285 612150179159700 8368562824988852224 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ティン

一般的に赤いラインが魅かれている正面の下の部分を言います。

フロントウォール

文字通りスカッシュコートの正面に位置する壁のことです。ゲームの進め方で最初にボールを当てる壁になります。

バックウォール

バックウォールは、その名の通り後ろにある壁です。基本的には出入り口となる部分のあるガラスの壁を指します。

スカッシュに必要な道具

スカッシュ用ラケット

[スプレンノ] Splenno スカッシュ ラケット ケース付 (ピンク)
Amazonで詳細を見る

スカッシュ用ラケット選びのコツ

ラケット選びのポイントは、初心者や女性、子供向けなら重量の軽いものを選ぶのがコツです。重量的には、110~120g程度のものがいいでしょう。テニスなどの経験がある男性なら140g~150g程度の重いラケットがおすすめです。

スカッシュ用ボール

エントリーでポイント5倍!さらに1000円以上お買い上げで100円OFFクーポン配布中!6月21日23時59分まで![ダンロップ スカッシュ ボール]COMPETITION XT/1球(DA50030)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スカッシュボールの特徴

スカッシュボールの特徴は、硬いゴム製でなかなか弾まない点です。慣れるまでは返球のやり方に苦労するかもしれません。壁打ちがしっかりできるようになれば、返球のコツもつかめるでしょう。壁打ちに自信がつくまでの期間は、少なくとも1カ月ぐらい続けるのが大切です。

インドアシューズ

スカッシュシューズ
Amazonで詳細を見る

シューズ選びのコツ

スカッシュ用のシューズを選ぶコツは、耐久性、グリップ力、重さ、クッション性などが自分にピッタリなものを選ぶようにしましょう。シューズサイズは、小さめのサイズだと足をいためることもあります。初心者がシューズを購入する際には、自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。スカッシュは、汗をかきやすく靴も蒸れやすいので通気性の良い素材を選ぶことをおすすめします。

アイガード

世界スカッシュ連盟(WSF)認定日本スカッシュ協会(JSA)認定620BS(201)black knight:ブラックナイトSTILETTO BS:スタイレットBSアイガード:EYE GUARDスカッシュ、バドミントン、テニス標準サイズカラー:ブルー/シルバー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スカッシュは、テニスと違い壁に向かってボールを打ちます。そのためボールの跳ね返りが意外なところから返ってくることがあるのです。この際に顔にボールが当たってしまう危険があります。その危険から目を保護するためにもアイガードはスカッシュにとって必須アイテムなのです。スカッシュのルール上でも着用が義務ずけられています。

スカッシュの基本的なやり方

sakae0207さんの投稿
32541418 1717666141642272 2875271242196189184 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

基本的なやり方と基本姿勢

スカッシュのやり方の基本は、まずボールを打つことです。試合を始める前には、かならずひとりずつボールを打つウォームアップの時間があります。この時間は、ボールを温める時間ともいえます。壁に対して横向きに立つのが基本姿勢です。足を肩幅程度に開いて、壁に当たったぼーりが床にバウンドしてからボールを打ちます。このようにやり方は、初心者にも簡単におこなうことが可能です。

初心者に起こりがちなトラブル

初心者にとっての悩みで多いのが「ボールが当たらない」「ボールが自分の方向に戻ってくる」などです。「ボールが当たらない」という人は、撃つ時にボールをしっかりとみていないかボールに近寄り過ぎていることが原因だといえます。「ボールが自分の方向に戻ってくる」場合は、ラケットが持ち上がっているのが原因です。解決方としては、ラケットでボールを撃ちたい方向にまっすぐ押し出すようにしましょう。

スカッシュのルール①【ウォームアップ】

daisukeartさんの投稿
28765766 1896189724014555 8828975343365783552 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

スカッシュで大切なウォームアップのルール

初心者でも試合の際には、決められたルールをしっかり守る必要があります。スカッシュの試合では、まず最初にウォームアップとしてひとりずつうつ時間が設けられているのです。ボールを温める目的もありますが、この時点で相手の特徴を知ることができます。このウォームアップの時間をノックアップといい、2分30秒程度で互いのコートを交換しておこなうのが一般的です。

スカッシュのルール②【サーブ権】

pocchaman31さんの投稿
25018609 155311668437118 8383693114304364544 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

サーブ権を決める基準ルール

試合でおこなわれるウォームアップが終了すれば、レフリーが「タイム」の指示を出すのが試合の進め方です。その後の進め方は、最初にサーブをおこなうサーブ権を決めます。このサーブ権の決め方は、一方の選手がラケットをスピンしてラケットが裏表どちらの面が出るかでサーブ権をえる方を選びます。サーブ権をえた方は、サービスボックスに足を置きフロントウォールのサービスラインとアウトラインの間にサーブを打ちます。サーブ権をえた方は、ボールを反対側のコートのハーフコートラインとショートラインの間に囲まれたこーとの1/4程度のところに落とすのがコツです。

スカッシュのルール③【点数のつけ方】

squash.blueprintさんの投稿
23967332 2025869084365237 5696524586221305856 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ハンドアウト方式による点数ルール

ハンドアウト方式とは、サーブ権がある時にラリーに勝利した場合のみポイントが加算される点数の進め方です。この場合の試合では、レシーブ権を持つ方が勝利しても点数は加算されません。ただし、サーブ権が交代します。この試合では1ゲーム9点点数を先取したものが勝ちです。点数が8対8になった場合は、9点先取したほうが勝つか10点まで取るかをレシーバーが決められます。通常は、3ゲームマッチで2ゲーム先取したほうが勝者となります。

ラリーポイント方式による点数ルール

ラリーポイント方式は、サーブ権にかかわらずラリーに勝った方に点数が加算される試合の進め方です。1ゲームで11点さきに取った方が勝ちとなります。ただし、10点で同点となった場合は先に2点先取したほうが勝ちです。通常3ゲームマッチまたは5ゲームマッチで、過半数のゲームをとった方が勝ちとなります。現在では、日本でもラリーポイント方式が採用されており、世界的に試合のやり方の主流となっています。

スカッシュのルール④【レットとストロークの基準】

tibicciさんの投稿
15623706 311694062557801 4275963878191398912 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

レット

スカッシュでは、狭いコートの中で試合をおこなうため常にボールやラケットに接触する危険性があります。そのため、プレーヤーがボールを打つ際にそのまま打つことで危険が伴う場合うつのをやめることが可能です。ラケットを止めた際には、「プリーズ」といって審判に判定を仰ぎます。レットと判断された場合、現在のラリーを無効としサーブから再度やり直します。

ノーレット

ノーレットというのは、レットと判断して返球できなかった場合に申し出たにもかかわらず信販がその申し出を却下した場合のことです。この場合は、レットが認められなかったことになるので試合が続行されます。

ストローク

ストロークの場合は、ボールを打つ瞬間に相手のプレーヤーが邪魔になってスイングが出来なかった場合に信販の判定を仰ぎます。この場合、ストロークの判定が出れば、ポイントが加算されるというのがルールです。つまり、その場に相手のプレーヤーが存在しなければスイングできた場合はストロークの判定が下されます。レットの判定と違う点は、必ず相手がストロークの邪魔になったという条件が必要になります。もちろん、バックストロークで邪魔になったとしてもストロークの判定は可能です。

スカッシュでの消費カロリー

katsu1024さんの投稿
10898949 320496708143038 1969572367 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ウォーキングより消費カロリーは多い

スカッシュは、効率的にカロリーを消費できる有酸素運動として高く評価できるスポーツです。一般的には、1時間スカッシュをおこなうだけで、1000カロリー前後の運動量があるといわれています。このカロリー消費量は、良くダイエットの方法ですすめられるウォーキングや水泳などよりも多いといえるでしょう。スカッシュは、たくさん汗をかくことでデトックス効果も期待できます。ラケットも比較的軽いので女性でも無理なく始められるのが魅力です。

まとめ

penmi0526さんの投稿
33918481 772385472950413 6213080199832010752 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ダイエットにも最適なスカッシュ

コートを走り回ることでかなりの運動量を消費できるスカッシュは、日頃の運動不足解消に最適です。天候や紫外線を気にせずに室内でおこなえるスカッシュなら女性のダイエットスポーツとしてもおすすめだといえるでしょう。消費カロリーもジョギングやウォーキングなどよりも高いので、これからダイエットを考えている人には最適ですね。ルールや試合の進め方も比較的簡単で、初心者でもすぐに始められるのも魅力的です。コートのライン名を覚えておけば、初心者でもすぐに進め方がわかるでしょう。

スカッシュが気になる方はこちらをチェック!

屋内施設で楽しむことができるスカッシュは、ダイエットやストレス解消にもなり老若男女を問わず幅広い年代層から人気を集めています。そんなスカッシュを楽しみたいという方におすすめの場所が暮らし~のでも紹介されています。東京都内でスカッシュができる施設情報が詳しく紹介されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Thumb東京都内でスカッシュができる場所10選!これから始めたい初心者も必見! | 暮らし~の[クラシーノ]
スカッシュは世界で2000万人以上のプレイヤーいるスポーツです。しかし、まだ東京都内でプレイ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ