検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

福島旅行で行くべき観光スポットといえば?おすすめランキング12を大公開!

福島県にはたくさんの人気観光スポットがあります。今回は福島県の旅行プランに入れておきたいおすすめの観光スポットをランキング形式でご紹介します。人気スポットから穴場スポットまで、12ヶ所のおすすめ観光スポットをランキングします。どうぞご覧ください。
2020年8月27日
iiyudana

福島県はどんなところ?

福島県は東北地方の南部に位置する都道府県で、「浜通り」、「中通り」、「会津地方」の3つの地域に分けられています。浜通りは海に面しており、温暖で東北の湘南ともいわれます。一方、中通りや会津地方は山地が多く、夏は暑く冬は寒さが厳しいという特徴があります。また、福島県は面積が広いのも特徴で、北海道と岩手県に続いて3番目の広さとなっています。

福島の有名観光スポットおすすめランキング発表!

海にも山にも恵まれた福島県にはたくさんの魅力的な観光スポットがあります。本記事では、その中から「福島といえばココ!」という12ヶ所の人気観光スポットをご紹介していきます。ランキングにしましたのでぜひご覧ください(記載の情報は2018年6月1日現在のものです)。


福島の有名観光スポットおすすめランキング【第12位】

飯坂温泉

ランキング第12位は「飯坂温泉」です。福島の定番温泉地といえば、飯坂温泉が挙げられるでしょう。「鳴子温泉」、「秋保温泉」とともに奥州3名湯にも数えられている有名な温泉地です。温泉街には9つの共同浴場があり、観光で訪れる旅行者にも人気があります。泉質は弱アルカリ性単純温泉で、肌にも優しく入浴する人を選びません。小さな旅館から大規模ホテルまで、観光客は好みに合わせて宿泊できます。

この観光名所の見どころは?


「日帰り湯治といえばココ!」という注目のスポットをご紹介します。それは「花ももの湯」です。人気有名ホテル「聚楽」が営業する日帰り温泉施設で、3つの泉質の異なる源泉を楽しめる贅沢なスポットです。多彩な湯船も自慢で、内湯と露天風呂両方に趣向を凝らしたいくつもの湯船が用意されています。また、シェフが目の前で料理をするライブキッチンで食事もいただけます。ぜひ一度入浴してみましょう。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県福島市飯坂町十綱町3
【TEL】024-542-4241(飯坂温泉観光協会)
【アクセス】東北自動車道「飯坂IC」から10分

飯坂温泉オフィシャルサイト | いで湯とくだものの里
いで湯とくだものの里

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第11位】


観音沼森林公園

ランキング第11位は「観音沼森林公園」です。隠れた穴場の紅葉スポットをお探しの方にはおすすめの観光スポットです。観音沼のある下郷町の方々は、紅葉スポットといえばこちらをおすすめしてくれます。少しずつその美しさが知られるようになってきていますが、まだまだ穴場の隠れた名所といえるでしょう。沼の所々に浮島があり、人気のない静かな沼はとても神秘的です。

この観光名所の見どころは?

この穴場の紅葉スポットには遊歩道が整備されており、沼をひと巡りすることができます。栃木県と接しているため、那須の山々がどの角度からも美しく眺められ、鏡のような湖面に山の姿が映し出される景色は絶景といえます。春夏秋と楽しめますが、冬は雪が積もるため観光にはあまりおすすめしません。紅葉狩りのコースに、穴場の観光スポットをぜひ組み込んでみてはいかがでしょうか。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県南会津郡下郷町南倉沢
【TEL】0241-69-1144
【アクセス】東北自動車道「白河IC」から1時間10分

下郷町観光協会
いで湯と渓谷の里、下郷町の観光ホームページ

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第10位】

郡山布引風の高原

ランキング第10位は「郡山布引風の高原」です。知る人ぞ知る福島の隠れ穴場スポットで、不便な場所にあるため混雑無縁の観光スポットです。布引山といえば風力発電が有名で、国内で最大級の風力発電所があります。33基のプロペラが回る景色はダイナミックで、遠くからも布引山の場所がすぐにわかります。冬は積雪のため閉鎖されていますが、そのほかの季節はだれでも無料で観光できます。

この観光名所の見どころは?

この高原に行くべき理由のひとつが、高原に咲く季節の花々の鑑賞です。5月上旬から6月上旬までは菜の花が咲き誇り、8月中旬から9月上旬にはヒマワリが高原一帯を覆います。また、8月下旬から10月中旬にはコスモスが可憐な花を咲かせます。猪苗代湖と磐梯山の展望スポットにもなっているため、地元では暇つぶしに何度も訪れては、花を見たり景色を楽しんだりしています。穴場の観光スポットとしておすすめです。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県郡山市湖南町赤津字西岐
【TEL】024-983-2117(郡山市湖南町観光協会)
【アクセス】磐越自動車道「磐梯熱海IC」から50分

郡山布引風の高原|郡山市観光協会
家族で楽しめるレジャーと、思い出に残る体験スポット!

福島の人気観光スポットおすすめランキング【第9位】

尾瀬

ランキング第9位は「尾瀬」です。近年、ハイキングや登山を楽しむ女子が多くなっていますが、尾瀬は山ガールにも人気の観光スポットのひとつです。桧枝岐村が尾瀬の玄関口となっているため、長い冬が終わって夏山シーズンが開幕すると、若者から高齢者まで大勢の旅行者が観光に訪れます。尾瀬といえば群馬県側から入るプランもありますが、尾瀬沼を中心に観光する旅行者は、その多くが福島県側から入山していきます。

この観光名所の見どころは?

桧枝岐村といえば、近年「道の駅 尾瀬桧枝岐」がオープンし、食事やトイレ休憩、観光案内所を利用することができるようになりました。レストランでは名物グルメの「裁ちそば」や「はっとう」などを食すことができます。また、「アルザ尾瀬の郷」では夏冬関係なく温水プールや温泉を楽しむことができ、尾瀬散策で疲れた体を癒やすことができます。ぜひ楽しい尾瀬散策に出かけましょう。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県南会津郡桧枝岐村
【TEL】0241-75-2432(尾瀬桧枝岐温泉観光協会)
【アクセス】東北自動車道「白河IC」から2時間

尾瀬の公式ホームページ
尾瀬の詳細情報はこちらの公式ホームページからどうぞ!

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第8位】

入水鍾乳洞

ランキング第8位は「入水鍾乳洞」です。鍾乳洞といえば「あぶくま洞」という人気観光スポットがありますが、入水鍾乳洞は穴場の観光スポットになっています。知名度や規模はあぶくま洞にはかないませんが、冒険心をくすぐるのは入水鍾乳洞のほうが一枚上手です。全長は900メートルですが、洞内を流れる川の水に濡れながら奥へ奥へと進んでいく感覚は、本格的なケイビングの醍醐味です。

この観光名所の見どころは?

洞内は3つのコースに分かれており、一番手前のコースは普段着でも対応できます。しかし、あとの2コースはほとんど自然のままの洞窟になっているため、懐中電灯片手に冷たい川の中を通ったり、四つん這いになりながら進んでいきます。さらに、一番奥のコースは案内人必須というまさにアドベンチャーコースになっています。観光というよりもレジャーを楽しむスポットといえます。ぜひトライしてみましょう。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県田村市滝根町菅谷字大六89-3
【TEL】0247-78-3393
【営業時間】3月1日から10月31日まで(8:30から17:30まで)|11月1日から2月28日まで(8:30から16:30まで)
【入場料】以下の表を参照
【アクセス】磐越自動車道「小野IC」から20分

  大人(高校生以上) 子供(小・中学生)
Aコース(音楽洞まで) 550円 450円
Bコース(一洞終点まで) 700円 500円
Cコース(二洞終点まで) 4600円(大人・子供含む5人まで) -

入水鍾乳洞 - 福島県田村市ホームページ
入水鍾乳洞の詳細情報はこちらの公式ホームページからどうぞ!

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第7位】

花見山公園

ランキング第7位は「花見山公園」です。福島市の花のスポットといえばやはり花見山でしょう。大正15年に1軒の養蚕農家が副業として畑に花を植えたのが始まりで、その後本格的に栽培を始め、今度は自宅の前の雑木林に花を植えるようになり、今のような素晴らしい花見山が出来上がりました。各地から観光客が訪れ、「福島の桃源郷」といわれるほど素晴らしい花々を鑑賞しています。

この観光名所の見どころは?

花見山といえば桜が咲くころがベストシーズンで、河川敷に車を置いてシャトルバスで現地入りするほど混みあいます。しかし、それ以外の季節は穴場で、すぐ近くまで車で近づくことが可能です。まだ冬の厳しい2月には、良い香りのする「ロウバイ」が咲きますし、桜が終わると今度はツツジが山を彩ります。また、10月から4月まで咲く「十月桜」などもあり、春夏秋冬楽しめます。ぜひ穴場の季節にも立ち寄ってみましょう。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県福島市渡利
【TEL】024-522-3265(福島市観光案内所)
【アクセス】東北自動車道「福島西IC」から30分

花見山特集 – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
福島市の花見山公園に関するお知らせ 花見山公園とは日本を代表する写真家 故 秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所で、 ウメ、数種類のサクラ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモなどの花々が...

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第6位】

五色沼

ランキング第6位は「五色沼」です。五色沼は福島の人気の観光スポット裏磐梯にある湖沼群で、5つはでなく大小いくつもの湖沼が集まっています。湖沼を巡る散策路が設けられ、裏磐梯の自然を満喫できる素敵な観光スポットです。それぞれの呼称は水の色が異なり、コバルトブルーやエメラルドグリーン、パステルブルーなど神秘的な雰囲気を醸し出しています。春夏秋と楽しめますが、冬は積雪のため散策はできません。

この観光名所の見どころは?

観光旅行で訪れる多くの人々は、散策路の入り口に一番近い「毘沙門沼」を見学して帰ってしまう傾向があり、散策路を最後まで歩く旅行者は意外に少ないのが現状です。ですから。散策路は穴場の観光スポットともいえ、足回りを整えて歩いて観光を楽しむことをおすすめします。散策路の終点はバス停になっていますので、バスで車まで戻ってくると便利でしょう。ぜひ穴場の散策路を旅行プランに含めましょう。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県耶麻郡北塩原村大字桧原
【TEL】0241-32-2349(裏磐梯観光協会)
【アクセス】磐越自動車道「猪苗代磐梯高原IC」から20分

五色沼湖沼群 – 裏磐梯観光協会
2016年にミシュラン・グリーンガイド1つ星に認定。 正確には「五色沼湖沼群」と言い、毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼などの数多くの湖沼の総称。 沼によって、エメラルドグリーン、コバルトブルー、ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーと色が違う不思議な場所で「神秘の湖沼」と言われる。特に青沼は自然が作り出したものとは思えない綺麗な色。

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第5位】

大内宿

ランキング第5位は「大内宿」です。国が選定した伝統的建造物保存地区に指定されている観光スポットです。会津城下と日光を結ぶ道に作られた昔の宿場町で、1640年に整備されたかやぶき屋根の建物群がそのままの姿で残されている歴史あるスポットです。現在でも人が暮らしており、生活感がにじみ出ているのも大内宿の魅力です。現在では年間80万人の旅行者が訪れており、外国人旅行者の数も多くなっています。

この観光名所の見どころは?

民宿が3軒あり、実際に大内宿での生活を体験できるのが魅力です。囲炉裏端を囲んで郷土料理に舌鼓を打つのも楽しいひと時でしょう。また、大内宿といえば「ネギそば」が名物で、箸の代わりに丸ごと1本のネギを使ってそばを食べるユニークなそばもおすすめです。春夏秋冬楽しめますが、穴場の冬は雪化粧した大内宿を見ることができ、雪深い田舎の民家の雰囲気がなんともいえません。ぜひ穴場の冬も旅行してみましょう。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県南会津郡下郷町大字大内字山本
【TEL】0241-68-3611(大内宿観光協会)
【アクセス】磐越自動車道「会津若松IC」から50分

大内宿観光協会
 大内宿は、会津城下と下野の国(日光今市)を結ぶ32里の区間の中で会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町です。 昭和56年4月18日 重要伝統的建造物群の指定を受けることに至り、通年を通し約120万人の観光客が訪れるようになりました。

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第4位】

アクアマリン福島

ランキング第4位は「アクアマリン福島」です。いわき市の人気の観光スポットで、海の生物や環境について楽しみながら学んだり考えたりできる水族館です。館内には800種類を超える生物が飼育されており、北海道のオホーツク海や熱帯アジアの自然、福島県浜通りの海や川の生態系などを再現しています。屋内施設ですので、天候にも左右されず春夏秋冬楽しめるのもアクアマリンの人気の理由です。
 

この観光名所の見どころは?

三角のトンネルになっている「潮目大水槽」は注目ポイントです。黒潮と親潮がぶつかる福島県沖は漁場としては最高の条件を満たしており、水槽内にはそれぞれの潮の中で生きる生き物たちを展示しています。また、「子供体験館 えっぐ」では釣り場が設けられ、釣り上げた魚をその場で調理して食べることができます。週末は魚をさばく調理体験なども開催されていますので、ぜひ自分の手で魚を調理してみましょう。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県いわき市小名浜字辰巳町50
【TEL】0246-73-2525
【開館時間】9:00から17:30まで(冬季は17:00まで)
【入館料】大人1800円,子供(小学生から高校生)900円,幼児(6歳未満)無料
【アクセス】常磐自動車道「いわき湯本IC」から25分

「環境水族館」アクアマリンふくしま|福島県いわき市観光
東北最大級の楽しく学べる体験型水族館。潮目の海をテーマに800種を超える生物を展示。世界最大のタッチプール「蛇の目ビーチ」を併設した子ども体験館「アクアマリン えっぐ」では、釣り体験や炭火焼き体験など、ご家族・グループで楽しめるイベントを毎日開催しています。

予約や口コミチェックはこちらから!

アクアマリン福島の予約や口コミを確認したい方はこちらのサイトがおすすめです。

アクアマリン福島の予約・口コミはこちら!

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第3位】

磐梯吾妻スカイライン

ランキング第3位は「磐梯吾妻スカイライン」です。福島市の高湯温泉と土湯峠を結ぶ28.7キロメートルの観光道路で、現在は無料で通行できます。山岳道路であるため景色が非常に良く、道路のあちらこちらにビュースポットが設けられています。一番高所の「浄土平」周辺は、硫化水素ガスが立ち込める荒漠とした景色が広がっており、斜面のいたるところから硫黄を含んだガスが噴出しているのが見て取れます。

この観光名所の見どころは?

道路沿いにあるビューポイントはどれも素晴らしい景色が楽しめますので、ぜひひとつ残らず立ち寄ることをおすすめします。また、浄土平から「吾妻小富士」に登る階段がありますので、ぜひ頂上からの景色も楽しんでみてください。高所のため夏でも涼しく、気象条件によっては気温が下がりますので、必ず一枚羽織るものを持参すると安心でしょう。駐車場に車を置き、夏のハイキングを楽しむのもおすすめです。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県福島市高湯温泉から福島市土湯峠まで
【TEL】024-522-3265(福島市観光案内所)
【アクセス】東北自動車道「福島西IC」から30分

浄土平便り(磐梯吾妻スカイライン) – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
磐梯吾妻スカイラインでは、 春「雪の回廊」から秋の色彩豊かな紅葉など息を呑むほどの美しい景色を楽しむことができます。--こらんしょふくしま

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第2位】

スパリゾート ハワイアンズ

ランキング第2位は「スパリゾート ハワイアンズ」です。いわき市の人気観光スポットで、「いわきといえばココ!」というほど知名度があります。多彩なプールと温泉を楽しめるほか、ハワイアンズ名物の「タヒチアンショー」が見どころになっています。本場のハワイよりも素晴らしいといわれるタヒチアンダンスは、厳しい訓練を受けた選りすぐりのダンサーだけが踊れる迫力満点のダンスです。

この観光名所の見どころは?

高低差と長さ日本一という「ビッグアロハ」に注目です。全長が283メートルもあり、おおよそ10階建てのビルの高さから滑り降りることになる迫力満点のスライダーです。ビッグアロハには計測機器が設置されており、2人でタイムを競って楽しむことが可能です。スライダーの内部にはたくさんの演出が盛り込まれ、ゴールするまで楽しむことができます。別料金になりますが、ぜひ体験したいアトラクションです。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
【TEL】0570-550-550
【営業時間】9:00から22:15まで(期間によって変動あり)
【入場料】以下の表を参照
【アクセス】常磐自動車道「いわき湯本IC」から5分

  大人(中学生以上) 子供(小学生) 幼児(3歳から)
通常料金 3500円 2200円 1600円
15時以降 3000円 1900円 1400円
18時以降 2800円 1800円 1300円

【公式】スパリゾートハワイアンズ・ホームページ
いつでも楽しい常夏の温泉楽園。日本一のボディスライダーが誕生、ますますパワーアップ。公式サイトからの宿泊予約が1番お得。

予約や口コミチェックはこちらから!

スパリゾート ハワイアンズの予約や口コミを確認したい方はこちらのサイトがおすすめです。

スパリゾート ハワイアンズの予約・口コミはこちら!

福島の有名観光スポットおすすめランキング【第1位】

鶴ヶ城

いよいよ第1位の発表です。ランキング第1位は「鶴ヶ城」です。会津若松市の有名観光スポットで、「白虎隊」でも有名な難攻不落といわれた名城です。昭和40年に城の姿をよみがえらせて、改修改築を重ねて現在に至っています。天守閣まで上ることができ、城の上から周辺の景色を眺めることが可能です。近隣には国指定名勝松平氏庭園である「御薬園」があり、そちらとセットで観光する旅行者が多くなっています。

この観光名所の見どころは?

夏の避暑地や秋の紅葉狩りのスポットである裏磐梯とセットで観光する旅行者も多く、夏から秋には多くの人が訪れますが、冬は積雪のため穴場の観光スポットになります。冬には「雪吊り」を施した庭園を観察することができ、雪化粧した城の姿もまた趣があります。また、冬には会津若松名物「絵ろうそく祭り」が開かれ、職人が手作りした絵ろうそくの灯りが、鶴ヶ城周辺をぼんやりと照らして大変ロマンチックです。

この観光地の詳細情報はこちら!

【住所】福島県会津若松市追手町1-1
【TEL】0242-27-4005(会津若松観光ビューロー)
【開城時間】8:30から17:00まで
【天守閣入場料】大人410円,子供150円
【アクセス】磐越自動車道「会津若松IC」から15分

鶴ヶ城の公式ホームページ
鶴ヶ城の詳細情報はこちらの公式ホームページからどうぞ!

福島県は観光スポットが目白押し!

ここまで、「福島といえばここ!」というおすすめ観光スポットをご紹介してきました。福島県は春夏秋冬観光を楽しめる素敵な都道府県です。次のお休みには、観光スポットが目白押しの福島県を旅行して、その魅力に浸ってみてはいかがでしょうか?

福島の有名観光スポットおすすめランキングが気になる方はこちらもチェック!

福島県の観光スポットに興味のある方は茨城県と栃木県の記事も楽しめるでしょう。どうぞご覧ください。