検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

旧スイス村スキー場でスノーアクティビティが楽しめる!2022-23年の情報まとめ

冬が近づいてくると、ウィンタースポーツを楽しみたくなる方は多いでしょう。京都府にある旧スイス村スキー場では、スノーアクティビティを楽しむことが可能です。そこで今回は、旧スイス村スキー場の2022年-2023年シーズンの営業情報などをご紹介します!
2022年11月26日
syuka

目次

旧スイス村スキー場の基本情報

京都府のスキー場

旧スイス村スキー場は、京都府京丹後市の丹後半島にあります。一度は雪不足やリフトの老朽化などの影響で2019年に営業を終了しましたが、2022年1月より「京丹後森林公園スイス村」として再オープンしました。

リフトはありませんが、施設内のスノーどんどんパークにはハーフパイプなどのコースがあり、ゲレンデをスキーやスノーボードなどで滑走することが可能です。また、平日はゲレンデでスノーモービルを体験することもできます。


旧スイス村スキー場公式サイト
ホーム ‐ 京丹後森林公園スイス村

旧スイス村スキー場

  • 住所
    〒627-0101
    京都府京丹後市弥栄町野中2562
  • 電話番号
    0772-66-0036

旧スイス村スキー場へのアクセス

車で旧スイス村スキー場にアクセスする場合、宮津与謝道路の京丹後大宮ICから国道178号線や県道57号線を経由で35分ほどです。最大300台駐車できる無料の駐車場があるので、気軽にご利用ください。

また、電車などの公共交通機関でアクセスする場合は京都丹後鉄道宮豊線の峰山駅が最寄です。駅から直通で行けるバスなどはないので、タクシーをご利用ください。峰山駅からの所要時間は、25分ほどとなっています。

POINT

  • 当記事は2022年11月時点の情報をもとに記載しているため、実際の情報とは異なる場合があります

2022年‐2023年シーズンの営業情報

営業期間と営業時間

出典:unsplash.com

旧スイス村スキー場の雪遊びエリアの営業は、土日祝日となっています。営業時間は9時から15時までですが、最終受け付けは13時までとなっているのでご注意ください。なお、当日の天気や積雪の状況によっては利用できない場合があります。

また、平日の営業時間には予約制でスノーモービルでの走行を楽しむことができ、持ち込み料は1台5,000円です。平日と土日祝日で違った遊び方ができるので、さまざまな形で楽しめるでしょう。

旧スイス村スキー場の利用料金


旧スイス村スキー場の入場料金は、平日・土日祝日ともに以下の表のとおりとなっています。なお、こちらにはリフトがないためリフト券の料金はかかりません。また、ランチ付きの「39パック」や京丹後市民割引などの活用でお得に利用することができます。

入場料金
3歳未満 無料
3歳以上6歳未満 500円
小学生 1,000円
中学生以上 2,000円
スノーチューブ滑り放題(小学生以上) 2,500円

「スノーどんどんパーク」で雪遊び

旧スイス村スキー場には、「スノーどんどんパーク」というゲレンデがあります。パーク内には小さなお子さんが遊べるちびっこ広場やハーフパイプのコースがあり、スキーやスノーボードで自由に滑走することが可能です。

レンタルそりやレンタルチューブがあるので、手ぶらで来ても楽しめるでしょう。ふかふかしたゲレンデの雪に寝転がったりSNS映えする写真を撮影したり、周りを気にせず思う存分雪遊びを楽しむことができます。

おすすめポイントをチェック

キャンプ場が併設されている

キャンプはテントを張る場所やキャンパーによって十人十色のスタイルがあるので、無限大の楽しみ方があります。旧スイス村スキー場にはキャンプ場が併設されており、区画分けがはっきりしているのが特徴です。

そのため、キャンパーそれぞれのパーソナルスペースをしっかり確保できるので、自分なりのキャンプを楽しむことができます。利用料金は1区画1泊で4,000円、デイキャンプの場合は1,000円です。

高原浴場で冷えた身体をリフレッシュ

旧スイス村スキー場には、「高原浴場」という入浴施設があります。そのため、スキーやスノーボードなどのスノーアクティビティを楽しんで冷えた身体をゆっくりお湯に浸かって温めることができるでしょう。

高原浴場はゴールデンウィークや夏休み・冬休みなどの連休の際に営業しています。営業時間は15時から20時の間で、ボディソープやリンスインシャンプーの利用が可能です。

入浴料金
大人 500円
小人 300円

「風のがっこう京都」で宿泊と食事が楽しめる

「風のがっこう京都」には宿泊することができ、標高が683mある旧スイス村スキー場の施設の中でも一番高いところにあります。そのため周辺の景色を360°見渡すことができ、春夏秋冬ごとの雄大な自然を楽しめるでしょう。

気象条件などの運がよければ、雲海を臨むことも可能です。また、建物の3階にある展望レストランの「風」ではカレーやチャーハン、肉まんなどのお食事やドリンクを楽しむことができます。

スノーアクティビティは旧スイス村スキー場で

出典:unsplash.com

今回は旧スイス村スキー場について、2022年-2023年シーズンの営業情報やおすすめポイントをご紹介しました。旧スイス村スキー場ではスキーやスノーボードだけでなく、そり遊びやスノーチューブなどのアクティビティも楽しめます。

また、宿泊施設や入浴施設、レストランがあるので朝から晩まで1日中楽しむことができるでしょう。京都府内で唯一スノーアクティビティが楽しめるスポットなので、ぜひ一度足を運んでみてください。

おすすめ情報が気になる方はこちらもチェック!

今回は、スノーアクティビティを楽しめる旧スイス村スキー場についてお話してきました。暮らしーのでは、スキー場やスノーアクティビティに関する記事をほかにも多数掲載しています。スキー場やスノーアクティビティについて気になる方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。