検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】関東の貸し切り可能なキャンプ場おすすめ5選!大人数で思う存分楽しもう

気心の知れた仲間とワイワイとキャンプを楽しみたい時は、貸し切りができるキャンプ場を利用するのがおすすめ。関東には大人数の利用にも対応していている貸し切り可能なキャンプ場がいくつもありますので、今回は関東の貸し切り可能な人気キャンプ場をご紹介いたします。
2022年7月22日
MINK

目次

関東の貸し切りキャンプ場をご紹介

関東の貸し切りキャンプ場の魅力

最近、貸し切りキャンプ場が人気を集めています。キャンプ場は多くの人が利用するのでさまざまなルールがありますが、仲間や家族だけで貸し切り利用をすれば気兼ねなく思う存分アクティビティが楽しめるのが貸し切りの魅力です。

今回は関東エリアの貸し切り利用が可能の人気キャンプ場をご紹介します。パーティーが行えるキャンプ場もあるので、仲間と一緒にキャンプを楽しんでみてはいかがですか。(この記事は2022年7月21日時点での情報をもとにしています)。


関東には貸し切りキャンプ場が多い

関東エリアには貸し切り利用ができるキャンプ場がたくさんあり、多くの人に利用されています。コテージをグループで1棟貸し切り利用できる施設を始め、中にはキャンプ場全体を丸ごと貸し切りで使用できるキャンプ場もあります。

大人数での団体はもちろんのこと、少人数でも貸し切り利用できるキャンプ場があり、数家族で楽しみたい時にもおすすめです。設備が整っていて、初心者でも楽しめるキャンプ場もたくさんあります。

グループキャンプの楽しみ方

仲間と楽しめる貸し切りキャンプ場


大学のサークルや合宿、子供会などの団体など大人数でキャンプをしたい時は、キャンプ場を貸し切りにすると、周囲に迷惑をかけずに楽しめます。また子供がいる家族が集まってキャンプをしたい時にもおすすめです。

人数が多ければキャンプファイヤーやBBQも楽しくなります。またボール遊びやフリスビーなどもチーム分けをして遊ぶことができます。気心の知れた仲間と、思う存分体を動かして楽しめるのが魅力です。

貸し切りキャンプのメリット

キャンプ場を貸し切り利用するメリットの一つに、一人当たりの料金が安くなるという点があります。1棟貸しやキャンプ場全体を貸し切り利用する場合、人数が増えるほど一人が負担する金額が減ることになり、費用を抑えることができます。キャンプの使用料の他にも、食材や薪・炭などの料金も割り勘にすれば安く済むのでおすすめです。

貸し切りキャンプのおすすめアクティビティ


自然の中で仲間と一緒に遊べる機会はあまり多くないので、貸し切りキャンプを行ったら普段はできない体験をしてみませんか。川遊びは人気のアクティビティの一つで、冷たい水の中で泳いだり小魚を見つけたりして遊べます。中には沢登り体験ができる施設もあるので、チャレンジしてみてください。

また子連れで貸し切りキャンプをする場合は、アスレチック施設があるキャンプ場を選ぶと、みんなで体を動かして遊べます。

貸し切りキャンプ場を利用する時の注意

貸し切りキャンプは大人数が集まるので、みんなが楽しく過ごせるよう配慮が必要です。開放的な気分になって自由に過ごしてしまうと、思わぬトラブルになることがあります。ソロキャンプや家族だけのキャンプとは異なる注意が必要です。

計画を立てる

大人数で行う貸し切りキャンプでは、ある程度の計画がないとまとまりがつかなくなります。ソロキャンプや家族だけのキャンプであれば、時間に縛られず自由に過ごすことができますが、大人数で過ごす場合は集合時間や食事の時間、就寝時間など大まかな計画を立てておくのがおすすめです。

また費用の分担やキャンプ場へのアクセス方法、ゴミ捨ての方法などキャンプ場のルールなども確認しておきましょう。

騒ぎ過ぎない

気心の知れた仲間だけのキャンプでは、開放的な気分になってつい大声で話したり騒いだりしてしまいますが、キャンプでは基本的に夜は静かに過ごすのがマナーです。パーティーが行えるキャンプ場もありますが、お酒を飲み過ぎて騒ぐようなことは控えましょう。

翌日もハイキングや川遊びなど野外アクティビティを計画している場合は、寝不足は禁物です。夜はゆっくりと休むようにしてください。

大人数の団体に人気の施設2選

①UMIKAZEキャンプ場

UMIKAZE(うみかぜ)キャンプ場は、千葉県南房総市の和田浦駅から徒歩5分のところにあります。海を見下ろす小高い丘に位置する、見晴らしのいいキャンプ場です。

2020年にオープンした手作りの隠れ家のようなキャンプ場で、1,000坪もの広い土地には6つのテントと母屋(ゲストハウス)2室があり、最大25名まで宿泊できます。キャンプ場を丸ごと貸し切り利用でき、料金も安く団体利用におすすめです。

手ぶら貸し切りプランも

貸し切りプランを利用すると、テントや寝袋、BBQセット、調理器具など全ての備品が使えるので、キャンプ道具が少ない初心者でも手ぶらでキャンプができます。

テントサイトはAC電源がありませんが、母屋はトイレや浴槽付きシャワー、無料Wi-Fiが完備。広場でBBQや焚き火ができ、ドラム缶風呂も用意されています。

周辺のおすすめスポット

キャンプ場から和田浦海水浴場までは徒歩7分。ウミガメが産卵に訪れる美しいビーチで、海水浴やマリンアクティビティが満喫できます。また、海水浴場のすぐ近くには道の駅やスーパーがあり、BBQ用の食材を購入するのもおすすめです。また周辺には温泉施設が数軒あり、車で簡単に訪れることができます。

UMIKAZEキャンプ場

  • 住所
    〒299-2703
    千葉県南房総市和田町仁我浦352-1
  • 電話番号
    090-6307-9378
  • アクセス
    鴨川・館山市内から約25分
UMIKAZEキャンプ場
キャンププラン ソロから団体の方まで堪能できるキャンププランをご紹介します。 もっと見る ▶︎ 団体・貸切プラ ...

②中滝アートヴィレッジ

中滝アートヴィレッジは、関東の千葉県いずみ市にあるキャンプ場です。サーフィンのメッカとして有名な外房のビーチから約4km入った田園地帯にあり、豊かな自然が満喫できます。

中滝アートヴィレッジは世界中のクリエイターが集まって作った手作りのキャンプ場で、約20,000坪の土地にはログハウス、テントサイト、カフェ、スタジオ、野外ステージ、野外シアターなどの設備があります。

関東の人気貸し切りキャンプ場

中滝アートヴィレッジには25棟のログハウスがあり、1棟貸し切りで利用できます。ログハウスの定員は25~35人で、大人数の利用におすすめ。バーカウンターやDJブースの付いたパーティー仕様のスタジオハウスもあり、宴会も可能です。

その他にもドーム型のテントとトレーラーハウス、専用庭が付いた宿泊施設や、広場に野外シアターと焚き火の設備があるテントサイトを丸ごと貸し切りで使うこともできます。

BBQを楽しもう

中滝アートヴィレッジのログハウスにはキッチン設備があり、調理器具と食器が完備されています。BBQコンロは安い料金でレンタルができます。食材の手配はありませんが、大原にスーパーがあるので買い物も安心。カフェバーやレストランもあるので便利です。

中滝アートヴィレッジ

  • 住所
    〒299-4623
    千葉県いすみ市岬町中滝2072
  • 電話番号
    0470-87-2141
  • アクセス
    長者町駅からタクシーで約10分
中滝アートヴィレッジ

グループにおすすめの施設3選

①ミロクキャンプ場

ミロクキャンプ場は関東・神奈川県の中津川沿いにある養蜂家のキャンプ場で、蜂花苑やどろぎ荘とキャンプサイトに分かれています。キャンプサイトは10組ほどが宿泊できるフリーサイトとなっています。

キャンプ場の半分を貸し切り利用するプランと、キャンプ場全体を貸し切り利用するプランの2種類があり、最大40~60名まで利用可能。貸し切りプランはログキャビン2棟が含まれ、リーズナブルな料金で宿泊できます。

きれいな設備

ログキャビンはシャワー、トイレ、キッチンの設備があり、無料Wi-Fiが完備されています。テントサイトにはAC電源、焚き火台、ハンモック、チェアなどが用意されていて、快適に過ごせます。また、スノーピークのテントが用意されいて、キャンプ初心者も安心してテント泊ができるのが魅力です。

ミロクキャンプ場

  • 住所
    〒258-0001
    神奈川県足柄上郡松田町寄7138
  • 電話番号
    0465-25-5143
  • アクセス
    大井松田ICから約20分
ミロクキャンプ場エリア – 蜂花苑 寄・中津川 源流の郷キャンプ場

②タイニーキャンプヴィレッジ

タイニーキャンプヴィレッジは、関東の神奈川県厚木市にある手作りのキャンプ場です。1日数組限定の小さなキャンプ場で、キャンプ場全体を貸し切り利用することができます。

自然に囲まれた静かな場所にあり、オートキャンプ場、トレーラーサイト、ピザ窯を備えたJIG HOUSEなどの設備があり、ウェディングやパーティーなどのイベントも行えます。

周辺のおすすめ施設

キャンプ場の周辺には「ツリークロスアドベンチャー」があります。5~15mの木々の上に作られた本格アスレチックで、スリリングな体験ができると人気を集めています。

キャンプ場にはお風呂がないので、周辺の七沢荘を利用するのもおすすめです。美肌にいいとされ、ちょっとしたパワースポットにもなっています。

タイニーキャンプヴィレッジ

  • 住所
    〒243-0121
    神奈川県厚木市七沢1854
  • 電話番号
    070-3366-7738
  • アクセス
    本厚木駅からバスで約15分
タイニーキャンプヴィレッジ

③ジャパンネイチャークラブ

ジャパンネイチャークラブは関東の栃木県日光市にある1日1組限定の貸し切りキャンプ場です。コンセプトは「自然から学び、自然と遊ぶ」で、さまざまな体験を通して自然と触れ合うことができるようになっています。

貸し切りプランは5名からで最大30名まで宿泊ができます。素泊まりプラン・食事付きプラン・日帰りプランの3タイプがあり、キャンプ道具や設備が整っているので初心者でも安心です。

アクティビティが充実

キャンプ場では川遊びや沢登りが体験できます。また薪割りや火起こし体験ができ、普段できない体験ができると好評です。川沿いにはテントサウナが設置され、川の水でクールダウンすることも可能。施設内には特製ブランコが作られていて、子供から大人まで楽しめます。

ジャパンネイチャークラブ

  • 住所
    〒321-1108
    栃木県日光市長畑4594-4
  • 電話番号
    03-5411-5735
  • アクセス
    大沢ICから約30分
ジャパンネイチャークラブ

関東の貸し切りキャンプ場で満喫

出典:https://unsplash.com/

関東の貸し切りキャンプ場5選をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。さまざまなアクティビティが用意されているキャンプ場、パーティーができるキャンプ場など、関東にはさまざまなタイプの貸し切りキャンプ場があります。

関東には、シャワーやトイレなど設備が完備されていて、初心者も安心して楽しめるキャンプ場も多くあります。時には仲間と一緒に自然の中で、ゆったりと過ごしましょう。

関東のキャンプ場情報はこちら

関東には、今回ご紹介した以外にもキャンプ場がたくさんあります。グループに人気のキャンプ場やコテージがあるキャンプ場は、こちらの記事を参考にしてください。また、関東の人気キャンプ場ランキングの記事もありますので、参考にしてキャンプを楽しんでください。