Twitter
Facebook
LINE

関東でグループに人気のキャンプ場5選!エリア別の魅力や、周辺の観光地もご紹介!

MINK

関東でグループに人気のキャンプ場5選!エリア別の魅力や、周辺の観光地もご紹介!

MINK

仲間と自然の中でワイワイと楽しく過ごせるグループキャンプが人気です。関東にはグループで楽しめるキャンプ場が大多く、おしゃれなコテージに宿泊したり、仲間とバーベキューを楽しんだりと、いろいろな楽しみ方ができます。関東の人気グループキャンプ場をご紹介しましょう。



グループに人気の関東のキャンプ場は?

Photo byPexels

気軽に楽しめるソロキャンプも人気がありますが、仲間と一緒に楽しむグループキャンプ「グルキャン」もおすすめです。友達と一緒のグループキャンプだけではなく、最近はSNSで知り合った初対面の人と楽しむグループキャンプも流行しています。

今回は、関東でグループキャンプが楽しめる人気スポットや、周辺のおすすめ観光スポットをご紹介しましょう。(本記事は2021年12月29日時点での情報を元に作成しました。)

関東のグループキャンプをチェック

グループキャンプを楽しむには、グループで利用できる関東のキャンプ場を探すことが必要です。ソロキャンパーが多い静かなキャンプ場では、グループでワイワイと騒ぐことは難しいでしょう。

関東のキャンプ場の中には、グループで利用できるコテージを用意しているところも多くあります。手ぶらで気軽に利用でき、グループキャンプが初めてという人でも安心して楽しめるのが魅力です。

群馬・栃木のグループキャンプ場2選

1:北軽井沢スウィートグラス(関東・群馬)

関東の群馬と長野の県境にある「北軽井沢スウィートグラス」は、浅間山の自然に囲まれた美しいキャンプ場です。テントサイト、コテージ、キャビンと多彩な宿泊施設が揃っていて、グループで楽しめます。

ドッグラン、有料のトランポリン広場、ツリーハウス、ハンモックが設置できるエリアなどがあり、関東の中でも充実した施設を誇るキャンプ場です。レンタル用品も多く、セルフ式の貸切風呂やカフェも併設されています。



エリア別の魅力

グループキャンプには、コテージがおすすめです。10名まで宿泊できる大きなコテージには、暖炉や薪ストーブが備わっています。本格石窯が設置されたコテージもあり、アウトドアクッキングができると好評です。

山小屋風のキャビンはシンプルで、最小限の家具と薪ストーブしか備わっていません。電気は通っていますがガスや水道はなく、本格キャンプを楽しみたいグループにおすすめです。

グループにおすすめの周辺の観光スポット



関東の「北軽井沢スウィートグラス」の近くには「浅間牧場」があります。広大な牧草地が広がり、グループでのんびりと過ごすのにぴったり。ヤギやウサギと触れ合ったり、夏には乗馬を楽しんだりすることができます。

「鬼押出し園」は関東で人気の観光スポットです。浅間山の大噴火の際に流れ出た溶岩がそのままになっており、世界3大奇勝のひとつとも呼ばれています。遊歩道は約30分で一周できるので、グループで散策を楽しんでください。

基本情報

関東エリアの「北軽井沢スウィートグラス」はオールシーズン利用できますが、冬は積雪があります。住所と電話番号は下記の通りです。

北軽井沢スウィートグラス

  • 住所
    〒377-1412
    群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
  • 電話番号
    0279-84-2512
北軽井沢スウィートグラス【じゃらんnet】

2:森と星空のキャンプヴィレッジ(関東・栃木)

栃木県の「森と星空のキャンプヴィレッジ」は、関東で人気の観光スポット「ツインリンクもてぎ」内にあるキャンプ場です。ロータステントを備えたグランピング施設、ログキャビン、テントサイト、オートキャンプ場など多彩な宿泊施設が揃っています。

宿泊者は、敷地内のホテルツインリンクの入浴施設が利用できるので便利です。また、ガイドウォークや熱気球、ホタル観賞ツアーなどさまざまなアウトドアアクティビティが用意されています。

エリア別の魅力

グランピングエリアには、おしゃれなロータステントやベルテントがあり、自然の中で気軽にキャンプが楽しめます。豪華なバーベキューディナー付きのプランもおすすめです。

ログキャビンはエアコンが完備されており、自然の中でアウトドア体験ができます。ログキャビンとグランピングエリアは定員が4名なので、グループで利用する際は、複数の施設を予約するのがおすすめです。

グループにおすすめの周辺の観光スポット

「森と星空のキャンプヴィレッジ」に隣接する「ツインリンクもてぎ」関東で人気のモビリティテーマパークです。モータースポーツのレースが行われるサーキットが併設されていて、場内ではレンタルカートでコースを走ることもできます。2種類のジップラインや巨大迷路、アスレチックなどがあり、子供から大人まで楽しめると人気スポットです。

基本情報

関東エリアの「森と星空のキャンプヴィレッジ」はオールシーズン営業しています。住所と電話番号は下記の通りです。

森と星空のキャンプヴィレッジ

  • 住所
    〒321-3533
    栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
  • 電話番号
    0285-64-0489
森と星空のキャンプヴィレッジ【公式サイト】

茨城・千葉のグループキャンプ場2選

1:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城)

関東・茨城県の大子町にある「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」は、関東でも高規格のキャンプ場として人気があります。人気アウトドア雑誌のオートキャンプ場人気ランキングで第1位に選ばれたことがあり、繁忙期は予約を取るのが難しいほどです。

公園内にはオールシーズン営業している「フォレスパ大子」があり、温水プールやバーデプール、サウナが気軽に楽しめるのが魅力。夏限定で屋外プールもオープンします。

エリア別の魅力

キャンプ場には、テントサイト、キャンピングカーサイト、トラベルトレーラーサイト、キャビンなどさまざまなエリアがあります。グループ専用の「グループキャビン」があり、最大12名まで宿泊できるのが魅力です。

「個別テントサイト」は10x10mと広く、テントやタープなどを貼って自由に使えます。アメリカ製のトラベルトレーラーは、キッチンやシャワーが付いた快適な宿泊施設で、テラスに小型のタープを貼って楽しむのもおすすめです。

グループにおすすめの周辺の観光スポット

キャンプ場近郊には豊かな自然が広がっています。中でも「袋田の滝」は日本三名瀑の一つに数えられている関東の人気観光スポット。豪快に流れ落ちる滝で、夏はもちろんのこと、冬は氷瀑が見られます。

その他にも静かな佇まいを見せる「月待の滝」や「生瀬滝(なませだき)」も。八溝山は関東の人気ハイキングスポットで、シーズンごとに異なった景観が楽しめます。

基本情報

関東・茨城の「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」はオールシーズン営業しています。住所と電話番号は下記の通りです。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

  • 住所
    茨城県久慈郡大子町矢田15-1
  • 電話番号
    0295-79-0031
  • アクセス
    常磐自動車道「那珂」ICより70分
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ【じゃらんnet】
大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ【公式サイト】

2:昭和の森フォレストビレッジ(関東・千葉)

「昭和の森フォレストビレッジ」は、関東の千葉県で最大級の公園、「千葉昭和の森」の中にあります。旧千葉市ユースホステルをリニューアルし、2014年にオープンした複合施設です。

キャンプ場の他に合宿所や研修所があり、サークルやゼミの合宿、研修、子供会の集まりなど、グループでの活動に人気があります。フットサルコート、野球場兼サッカー場、テニスコート、大小の多目的室が備わっているので便利です。

エリア別の魅力

関東の「昭和の森フォレストビレッジ」には、テントエリアとフォレストロッジの2タイプの宿泊施設があります。テントエリアは、オートキャンプ場、電源なしとありのサイト、ペット可のサイトなどがあります。

またレンタル用品が充実しており、手ぶらキャンプも可能。ソロキャンプにおすすめのコンパクトなサイトから、6名まで利用できる広々としたサイトまで、多彩なサイトが揃っています。

グループにおすすめの周辺の観光スポット

キャンプ場がある関東の「昭和の森」は自然に囲まれた広大な公園で、アスレチックコースやサイクリングコースが完備されています。広々とした芝生エリアや展望台があり、散策もおすすめです。

キャンプ場から車で約30分走ると九十九里浜の白里海水浴場があります。広々とした綺麗なビーチで、海水浴シーズン以外もハマヒルガオの群生など、見どころが多くある人気スポットです。

基本情報

関東エリアの「昭和の森フォレストビレッジ」はオールシーズン営業しています。住所と電話番号は下記の通りです。

昭和の森フォレストビレッジ

  • 住所
    〒267-0062 
    千葉県千葉市緑区小食土町955
  • 電話番号
    043-226-5801
昭和の森フォレストビレッジ 【じゃらんnet】
昭和の森フォレストビレッジ【公式サイト】

東京のグループキャンプ場1選

アメリカキャンプ村(関東・東京)

東京の奥多摩にある「アメリカキャンプ村」は、関東で人気のキャンプ場です。本格アスレチックコースや釣堀があり、子供から大人まで楽しめます。キャンプファイヤーやバーベキュー、川遊びもでき、ファミリーやグループにおすすめのキャンプ場です。

東京とは思えない、豊かな自然に囲まれたキャンプ場で、宿泊、日帰りとも楽しめます。レンタル用品が充実しており、初心者でも安心して楽しめるのが魅力。アクセスも良好で、休日を楽しく過ごせます。

エリア別の魅力

「アメリカキャンプ村」には、さまざまなタイプのコテージが揃っています。6名~10名まで利用できる別荘タイプのログハウスはグループにおすすめ。木のぬくもりが感じられる、2階建てのおしゃれなログハウスです。

ペンションビラは川沿いの静かなエリアにあり、グループやファミリーで過ごすのにぴったり。目の前の川で、のんびりと釣りをして過ごせます。その他にも、追加料金を払えば大人数で宿泊できるコテージがあり、グループ利用に人気です。

グループにおすすめの周辺の観光スポット

関東の「アメリカキャンプ村」の近郊には、日帰り温泉「もえぎの湯」があります。日本最古の地層と言われる古生層から湧出する温泉で、体が温まると好評です。自然を見ながら入浴できる露天風呂と、景色のいい内風呂があります。キャンプ場は奥多摩湖や御前山にも近く、一年を通してグループでハイキングが楽しめる人気スポットです。

奥多摩温泉 もえぎの湯【アソビュー!】
奥多摩温泉 もえぎの湯に行くなら【アソビュー!】奥多摩温泉 もえぎの湯のアクセス、営業時間、料金などお出かけに便利な情報が満載。旅行先での遊びや、週末のおでかけ先をお探しならアソビューにお任せ。アソビューでとっておきのワクワクを見つけよう!

基本情報

関東奥多摩の「アメリカキャンプ村」はオールシーズン営業しています。住所と電話番号は次の通りです。

アメリカキャンプ村

  • 住所
    〒198-0213
    東京都西多摩郡奥多摩町海沢230
  • 電話番号
    0428-83-2724
アメリカキャンプ村【じゃらんnet】

関東で仲間と一緒にキャンプしよう!

Photo bychulmin1700

関東のおすすめグループキャンプ場をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。関東には、グループで宿泊できるおしゃれなコテージを備えているキャンプ場が多く、仲間と快適に過ごせます。

関東には広大なキャンプサイトを持つキャンプ場も多く、グループで自然の中でゆったりと楽しめると好評です。関東のいろいろなキャンプ場を訪れ、グループキャンプを満喫してください。

関東のおすすめキャンプ場はこちら!

関東には、今回ご紹介した以外にも多くのキャンプ場があります。星が綺麗なキャンプ場や高原キャンプ場、ファミリー向けのキャンプ場など、関東のおすすめスポットについてはこちらの記事を参考にしてください。

Movie動画記事

【毎日キャンプ生活1ヶ月】ワークマンのテントから始まりジムニーでキャンプ場デビュー!

キャンプど初心者が1ヶ月間毎日、何かしらのキャンプ行為をした全記録をまとめました!1日目にワークマンのテントを手に入れてから、31日目にジムニーでキャンプ場に行くまで何があったかを全部記録しましたので...

【堤防SLS】奇跡の夕マズメでヒラマサ炸裂!【島日記12】

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ここのところ黒潮と水温上昇ですこーしカンパチの数が減ってきました。磯も場所を間違えるとご覧の有り様・・・笑 困ったときはやっぱりSLSですね!! ★ロックショア実釣動画...

年に一度しか行かない危険な地磯へ・・・【島日記11】

製品貸与:グローブライド株式会社 撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 今回は近況報告と本当は行きたく無い、しんどいランキング1位の磯へ調査へ行ってきました!最近の地磯は特定のポイントを除いて、ベイトに釣果が...

【初心者用】キャンプで使う三大ロープワーク・結び方3つが使えすぎて感動した…

キャンパーに必要なスキルの一つが「ロープワーク」!数々の方法がありますが、今回は「3大ロープワーク」を、人気書籍を参考にして学びました! もやい結び・自在結び・テグス結びは本当に使える結び方だと感じま...

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...