Twitter
Facebook
LINE

タープの設営や撤収にカラビナが大活躍。難しいロープワークいらずで使い方簡単!

佐藤3

タープの設営や撤収にカラビナが大活躍。難しいロープワークいらずで使い方簡単!

佐藤3

カラビナは長過ぎるロープの長さ調整も簡単にできるので、タープ設営の時にあると便利な道具です。今回はタープ設営にロープと合わせて活躍するカラビナの便利な使い方とおすすめ商品をご紹介いたしましす。ロープワークだけではタープ設営が難しい人にカラビナはおすすめです。



キャンプの設営はロープだけでは難しい

おすすめはカラビナ+ロープのタープ設営

Photo byHans

アウトドア未経験者や初心者の中には、キャンプでのタープの設営は難しいというイメージを持つ方も多いといわれています。複雑なロープの結び方を適材適所に使用しなければ、しっかりとした設営ができないというイメージを持たれているようです。

しかしロープだけにこだわらなければ、タープの設営はもっと簡単にする方法があります。それがカラビナを使った設営方法です。

カラビナを使った設営のコツとおすすめをご紹介

今回はタープの設営が便利で簡単になるカラビナの使い方と、種類・構造など選び方のポイントなる部分をご紹介いたします。ロープワークを折っぼえるのが難しく、カラビナを使いたいとお考えの方は、この機会にカラビナのことをもっと知ってみてはいかがでしょうか。

記事末にはタープ設営に使える、有名人気ブランドのおすすめのカラビナもご紹介いたします。こちらも参考にしてみてください。

アウトドアで活躍するカラビナの使い方

1.カラビナといえば登山にはつきものの道具



アウトドアでカラビナを使うといえば登山が有名です。転落を防ぐためにロープとカラビナを使うのはいうまでもなく、小さくて軽量なカラビナを使ってザックにカップ類などを吊り下げているのも見かけることも多いでしょう。

登山者が体をあずけるロープに取り付けるものですので、人の体重程度の対荷重が必要となってきます。アクセサリー用とは違い強度があるのが登山用のカラビナの特徴です。登山時のカラビナの使い方は下の記事で詳しく説明していますので、よろしければご覧ください。

2.タープ設営やハンモック泊に使えるカラビナの使い方

タープやハンモックを張る場合ロープの長さが長すぎることはよくあることです。不足するよりはよいのですが、長さを調整してピンと張るのにはロープの特殊な結び方などの知識も必要になってくるので、初心者には難しいといわれています。

しかしカラビナを2つ使えばその摩擦を利用することで、難しい結び方を覚えなくてもロープの戻り・ほどけがなくなり固定されますので、ピンとしたロープ張りが初心者でも簡単にできます。



ロープの長さ調整に使う場合の注意点

上記のようにカラビナをふたつ使ったロープ固定の方法は、カラビナの間にロープを通すことによって成立します。ロープから引き寄せられ押さえつけられたカラビナは、本体の力でその間のロープを挟み込みズレないように固定するのです。

カラビナ1個だけではこのようなロープの摩擦や挟み込みは起こりませんので、必ずロープの長さ調整したい場所1箇所につき2個ずつは用意するようにしてみてください。

自在金具とカラビナを使ったテントやタープの設営方法

こちらはロープとカラビナのほかに自在金具というロープの長さを調整しやすい小物を使って簡単にテントやタープを張る説明をしている動画です。

まずはあらかじめパラコードを自分のテントやタープに合わせて少し余裕をもった長さにカットし、片方に自在金具を・もう片方のタープやテントにひっかけたい端にカラビナを付けておくようにしましょう。ロープの長さは自在金具で行えるため、ひっかけて縮めるだけで現地でのロープワークは不要となります。

タープを張るのに必要なカラビナの強度

たくさんあるカラビナからタープ設営に合うものを見つける

カラビナを付けるとタープの設営や撤去が楽になるりますが、カラビナの強度不足によって張ったタープが途中で風で飛んだり、倒壊してしまったら大変です。そのためそこに付けるロープやカラビナの強度に注意する必要があります。

近年は100均でもカラビナは売られていますが、それらのカラビナを使った場合設営したタープの強度に不安が残ります。100均の中でダイソーのカラビナには耐荷重5kgとの明記されていますが、この強度ではやはりタープの設営に使うには不十分な強度と言わざるをえないでしょう。

カラビナの強さの見方

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

カラビナには対荷重何kgと書かれたものもありますが、一般的にはカラビナに対してはkNという単位を使って表されているものも多いです。

これは例として、25kNなら約2500kgの力がかかっても大丈夫というもので、ひっぱる力と重さをあわせた引力を表すキロニュートンという単位で表されています。それでは次に具体的な、タープに使うのにおすすめなカラビナの強度もご覧いただきましょう。

タープを張る際に選びたいカラビナの強度

有名アウトドアブランドであるsnowpeakの公式サイト内のみんなのインフォ内では、タープ設営のカラビナとして20kNのものを選んだが最終的には50kNまで強度を上げて使っているという口コミがあります。

タープ設営におけるカラビナ強度の最低値に決まりはありませんが、すでにいくつか試されているこれらの方のレビューを参考に選んでみてはいかがでしょうか。ですが、やはり安全性を考慮するならなるべく強度の高いものを選ぶ方がおすすめです。

タープ設営におすすめのブランドカラビナ2選

1.マムート Crag Key Lock1375

アウトドアウェアでも人気が高いマムートはスイスの登山用品ブランドですので、カラビナの評価も高く信頼がおけるブランドのアイテムとしておすすめです。特に初心者の方がタープ設営で使うのに揃えておくなら、こちらのCrag Key Lock1375はいかがでしょうか。扱いやすい形をしていますので、素早くロープとタープを連結させることが可能です。

2.モンベル キーカラビナ ナスカン 6

モンベル キーカラビナ ナスカン 6

出典: Amazon

AmazonやYahooショッピング・ヨドバシ・ドット・コムなど大手通販サイトでも手軽に買うことができるモンベルのカラビナです。キーカラビナというザックなどに登山用のカップなどを吊り下げる用のカラビナですが、タープを張れる程度には強度があるので実際こちらの商品でテントやタープを設営されている方もいます。

人体は吊れないがタープなら可能な強度

公式サイトの商品説明には、人体を吊る使い方はしないでくださいと注意書きがあります。その点には十分注意して使いましょう。画像のようにロープの代用品として綿テープを端で二つ折りしてDカンを取り付けたものなどと組み合わせて、テントやタープを張る際に使用することも可能です。

モンベル | オンラインショップ | キーカラビナ ナスカン 6

便利な道具を活用してしっかりとした設営を

Photo byhhach

テントやタープなどキャンプの拠点となるギアの設営に便利なカラビナという小物についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。強度のあるテントやタープを張るには、基本的なロープの結び方程度は知っておくことも大切ですが、便利なカラビナを使えばより簡単でロープの強度を付けることもできます。

キャンプ以外でもアウトドアでは、ロープやカラビナはよく使われますので覚えておくと登山やバーベキューシーンなどで便利です。実際に選ばれる際には、ハンモックを張るケースも考えた対荷重も考慮して選ぶことをおすすめします。

ロープの結び方が気になる方はこちらもチェック

タープやテントの設営などキャンプではよく使うロープですが、長さが長すぎるのを調整するのにはカラビナを使うほかに基本の結び方で対処できる場合もあります。ロープやカラビナの使い方に困ったら、暮らしのではロープの基本的な結び方解説記事を役立ててみてはいかがでしょうか。

Movie動画記事

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉

カンパチ爆釣!オフショアジギングで奇跡の7連発!

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...

SOTOのレギュレーターストーブが良すぎて大興奮!!【毎日キャンプ生活#50~56日目まとめ】

毎日キャンプ生活企画、ほぼ2ヵ月目となる週のまとめ動画です!日本の渚100選でお昼寝したり、レギュレーターストーブとエスビットの対決をしたり、ギア壁を作ったりチョコバナナを作ったりと、今週も色々しまし...