検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

グランピングとキャンプの違いって何?初心者や女性におすすめの理由や魅力を解説!

グランピングは整った設備で、リッチなアウトドア気分を味わえるレジャーです。今回はよく比較されるキャンプと比較されるグランピングについて、それぞれの魅力の違いから、どうして初心者や女性におすすめなのかといった理由までご紹介いたします。
2022年5月28日
maida0493

グランピングとキャンプの違いについて解説!

グランピングはおしゃれなアウトドアとして有名

Photo byTheSang

アウトドア体験として有名なのがキャンプですが、最近では豪勢なテントとおいしい食事が体験可能なグランピングというスタイルが有名になってきています。このグランピングはホテルや公園でも楽しめるキャンプで、従来のキャンプとは少し違いのあるスタイルです。

この記事ではグランピングとキャンプの違いや魅力について解説し、グランピングが初心者や女性におすすめになる理由を挙げていきますので、参考にしてみてください。


どのような違いがあるか下調べが重要

キャンプとグランピングでは、場所によって必要となる道具や衛生面の影響、食事をどうするかなどさまざまな違いがあります。何をしたいか、もしくはしたくないかを基準に下調べをすることが大切です。

また、キャンプ場によって可能なこととできないことがあったり、期間限定のサービスがあったりするため、計画を立てる際にはキャンプ場のホームページなどで確認しておきましょう。

グランピングとキャンプの定義の違い

キャンプってどんなもの?


キャンプの語源はラテン語の「Campus」と言われています。これは野原や平らな場所という意味で、もともとは野営やビバーク全般を指していました。ですが現在では、自然の中で限られた装備で活動し、宿泊することをキャンプと呼びます。

キャンプだけをとっても日中だけのデイキャンプや登山中のキャンプ、車を使って宿泊するオートキャンプなどがあり、スタイルによってさまざまなアウトドアを楽しむことが可能です。

グランピングってどういう意味?

Photo byTheSang

グランピングとは、英語の「魅力的な、華やかな」という意味の「Glamorous」とキャンプを意味する「Camping」を合わせた言葉です。意味としては「華やかな、豪華なキャンプ」になります。

キャンプに使うテントでも大人数で宿泊できるものはありますが、グランピングではもっと豪華なベッドなどホテル顔負けの設備やサービスが提供されるのが特徴です。そのため、手ぶらで気軽に訪れてもアウトドアが楽しめます。

体験できるのはキャンプ場だけではない


グランピングは、キャンプ場だけでなくホテルの庭や川沿いの広場、百貨店の屋上や商業施設の一区画などさまざまな場所で体験できます。大自然の中だけではなく、都会の真ん中でアウトドア体験をするという不思議な感覚も味わえることで人気です。

宿泊だけでなく食事を楽しむ日中のみのグランピングのプランなど、意外な場所で体験できることがありますのでぜひ調べてみてください。

キャンプはこんなところが魅力

①すべて自分たちで準備する楽しさ

キャンプではテントを設営のためのロープやペグ、居心地をよくするためのマットや椅子、調理のための道具や食材、眠るときに使うシュラフなど、すべて自前で用意して準備します。自分好みの道具で非日常の空間を作れるため、道具にこだわる人も多いです。

道具の色を統一したり、テーマを決めて椅子やハンモックでリラックスしたり、ダッチオーブンを駆使して豪勢な食事を作ったりといろいろな楽しみ方があります。

②さまざまなキャンプ場に行ける楽しみ

キャンプ場は広場や川沿い、湖畔、登山道の途中とさまざまな場所にあります。登山道を登る必要がなく、公共交通機関で行ける範囲でテント泊可能な山小屋もあるため、ちょっとした登山気分を味わうことも可能です。

車を停めてキャンプができるオートキャンプ場もあり、荷物の移動が最小限におさえられる場所もあります。キャンプ場はあちこちにあるので、楽しめる場所はキャンプの方が多いと言えるでしょう。

シャワーや給水所などの施設に注意

キャンプ場によってはシャワーが利用できる場所もありますが、ハイキングや登山ルートの途中のキャンプ場などではシャワーはありません。

また水の補給にも料金がかかったり、そもそも補給ができないなどの違いがあったりするため、事前の下調べは必須です。日常ではありえないことを楽しむのもキャンプの魅力の一つですが、無理せず自然を楽しむことをおすすめします。

グランピングはこんなところが魅力

①豪華な設備を堪能できる

グランピングで宿泊できる施設の中には、冷暖房やベッドなどホテルと変わらない設備が完備されているものがあります。またアメニティの種類もホテルのように多く、手ぶらで宿泊することも可能です。

日常生活の延長線のような設備でゆったりと過ごせるほか、施設によってはプールやデッキチェア、ハンモックなど滞在者のための設備もあります。どのようなことがしたいかによって泊まりたい場所を決めてみましょう。

ペットともに泊まって遊べる

グランピングは、テントやキャビンなどの宿泊施設にペットと一緒に泊まれる場所があります。キャンプ場では騒音問題などもありペットを連れて行けない場所も多いため、これはペットを飼っている人には大きな魅力でしょう。

グランピングではドッグランが併設されていることも多く、ペットとともに気軽に遊べます。場所によってはプライベートドッグランのような専用の設備もあるため、ペットとともにゆったりとした宿泊が可能です。

②手ぶらで食事ができる

自分で食事を用意するキャンプと違い、グランピングはバーベキューセットの用意があったり、コース料理が用意されていたりします。もちろん朝食も用意されるため、起きて気軽に食事が可能です。

日常とは違うキャンプ場にいながら高級レストランのような食事が食べられます。バーベキューの場合も道具の管理は施設のスタッフがやってくれるので、アウトドア体験をしながらも食事の支度について悩まなくていいのが魅力の一つです。

グランピングが初心者や女性におすすめの理由

グランピングとキャンプでは荷物の量に差がある

キャンプでは多くのギアや道具、食材を持っていく必要があります。車ごと入れるオートキャンプ場であれば移動距離は少ないですが、オートキャンプ場ではない場合はギアをテントを張るサイトまで運ばなければなりません。

一方のグランピングでは冷暖房設備やベッドなど日常生活を送るのに困らない設備のため、少ない荷物で自然を堪能できます。食事もすべて施設側からの提供なので、食事の支度までおまかせしたい人に好評です。

グランピングは設備や防犯面で安心

グランピングではベッドなどの設備が完備されていると解説しましたが、防犯面でも安心です。誰にでも開かれたキャンプ場は防犯面での不安がある人も多いでしょうが、グランピングでは鍵がかかる施設に宿泊できるため安全です。

施設のスタッフも常駐しているため、何かあれば連絡して対処してもらえます。トラブルがあってもなんとかしてもらえる安心感があるので、グランピングは女性のみであったり、子ども連れでの利用にもおすすめです。

冷暖房やシャワーなど設備の違い

グランピングはテントやコテージ内に冷暖房が完備されています。そのため、真冬でもシュラフやストーブなどのギアを用意することなく楽しめるのが特徴です。キャンプでは外の気温に合わせてテントやシュラフを変える必要があります。

また、衛生面でもグランピングをする施設内にはシャワーが利用できる設備があり、身だしなみに気を使う人でも気軽に自然を堪能できるのがおすすめポイントです。

グランピングとキャンプの違いは設備の豊富さ

グランピングとキャンプの違いについて、魅力やおすすめの理由を解説してきました。グランピングではベッドなどの設備や防犯面での安全など、費用はかかりますがホテルのような豪華なキャンプが体験できます。

道具や食事の心配がなく防犯もしっかりしてるため、キャンプ場が提供しているアクティビティで遊ぶことに集中できるでしょう。どんなことをしたいかによって計画を立ててみてはいかがでしょうか。

アウトドアが気になる方はこちらの記事もチェック!

グランピングとキャンプの違いに興味のある方は、以下の記事も参考にしてみてください。当サイトには初めてのキャンプに用意しておきたい道具や、グランピングが可能なキャンプ場の設備などの解説が多くあります。

初心者や女性は防犯面で気をつけることもあるため、注意事項はよく確認しておきましょう。また、どんなことがしたいのかによってグランピングとキャンプのスタイルも違いがあるため、自分に合うスタイルを探してみてください。