検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

和歌山エリア別・おすすめのサーフポイント。ルールを守って波乗りを楽しもう!

和歌山はたくさんのサーフィンの人気スポットがある地域で、関西方面でサーフポイントを探すなら和歌山を外しては考えるのは難しいともいわれています。今回はそんな和歌山のおすすめサーフポイントをエリア別に分けてご紹介いたします。
2022年5月28日
佐藤3

紀伊半島でサーフィンを楽しもう

紀伊半島にある和歌山は人気のサーフィンスポットが集中する

関西のサーフスポットで人気が高く有名な場所の多くは、和歌山のある紀伊半島に集中しています。紀伊半島は冬には波が立たずあまりサーフィンに適した場所ではありませんが、オンシーズンにはたくさんの人が訪れるきれいな場所です。

ヤシの木が植えられた砂浜のビーチには、サーフィン目当てで人が集まることから時折りマーケットが立ち、日本にいながらサーフィンだけでなく、グルメや買い物・南国ムードが楽しめる観光スポットになることもあります。


和歌山でサーフィンをするポイントや注意点を解説

今回はそんな関西のサーフィンのメッカ和歌山にあるサーフポイントの中から、初心者でも楽しめる場所を西側と南側の2つのエリアに分けてそれぞれご紹介いたします。

また和歌山でサーフィンをする上で気をつけなくてはいけない、シークレットサーフポイントやローカルサーファーに対する注意点も解説していきまますので、これから和歌山近くでサーフィンをはじめようとお考えの方はお役立て下さい。

和歌山エリア別サーフポイント【西エリア】

和歌山のサーフポイントといえばココ「磯ノ浦」


磯ノ浦は砂の海岸であることが一番の特徴です。砂のビーチは初心者でもサーフィンしやすいので、初心者向けの和歌山のサーフィンスポットとしてもよく話題にのぼります。ですが、前述の地形的な特徴とアクセスのよさによって混雑しやすいのも磯ノ浦の特徴になりますので注意してください。

少し南下した白浜も有名なサーフポイント

紀伊半島の西側少し南にある、磯ノ浦から車でさらに1時間30分程度の場所に位置するポイントに有名なサーフポイントである白浜があります。白浜のポイントは富田浜ポイントとも呼ばれており、磯ノ浦が混雑しているようであれば、こちらまで足を伸ばしてもよいでしょう。

磯ノ浦ポイントの特徴


外海に面していない磯ノ浦は他の地域のサーフポイントと比べて、外海がクローズしていても使えることがある反面、冒頭でお伝えした紀伊半島の特徴により冬場はおすすめできません。

さらに磯ノ浦はオンシーズン中でもあまり大きな波が立たないので、大波が立つと皆が集中して波に乗ろうとしだします。ワンウェーブワンマンのサーフィンのルールも無視される混雑ぷりとなり、初心者には危険な状況なるので、混雑している時にはこちらは避けて別の場所に移動することも考慮するとよいでしょう。前述の白浜もその移動先としてもおすすめです。

磯ノ浦へのアクセス

磯ノ浦へ行くには高速道路で行く方法があります。最寄りの高速出入口は、阪和道・和歌山北ICまたは海南東ICです。高速道路のインターチェンジを降りてから、磯ノ浦海岸までは車で30分程度かかります。

和歌山エリア別サーフポイント【南東エリア】

和歌山の南エリアなら「那智勝浦」

紀伊半島の南東エリアは日本の中でも降水量が多い場所といわれています。そのため風もおこりやすく、波があまり立たない西側と比べて季節によっては非常によい波が立つことが多い地域です。

世界遺産の熊野古道もあるため、サーフィンだけでなく観光も楽しめるスポットとなっています。近い場所に住んでいる人、長距離の移動が気にならないという方にはおすすめできるサーフポイントです。

那智勝浦のサーフポイントの特徴は

西側は砂のビーチが特徴でしたが、一転して南東側のサーフポイントは海底が岩礁となっているため地形に関してはあまり初心者向けとはいえません。そのかわり主要都市から遠いため、訪れる人が少なくのびのびとサーフィンできるという利点もあります。

冬は西側同様あまり波が立たず、サーフィン向きではありません。しかし通年波が弱い西側に対して、南東エリアは春から夏が南風の影響でサーフィンをするのによい環境が整います。また台風のメッカでもありますので、秋の台風が過ぎたあとを狙っていくのもよい波を掴むひとつの目安です。

紀伊半島南側へのアクセス

那智勝浦は紀伊半島の南から少し東の場所に位置します。和歌山のサーフポイントの中では一番アクセスに時間がかかる場所で、大阪からは車で高速を使っても4-5時間はかかります。こちらへ向かうには紀伊道のすさみ南ICか尾鷲北ICで降り、そこからサーフポイントまではさらに1時間半ほど走った先にあります。

サーフィンのローカルポイントの注意点

サーフィンで言われるローカルポイントとは

Photo bypalacioerick

ローカルサーファーとは、地元のサーファーという意味です。そしてローカルサーファーが集まるのがローカルポイントと呼ばれ、地元に密着した地域のサーフィンエリアといえる場所となります。

ローカルポイントは駐車場の問題を中心として、いろいろと地元民内で決めたご当地ルールが厳しい事が多いのが問題視されています。はじめての人が行くと楽しめなかったり、ローカルサーファーの方とのいざこざも生まれてしまうことがあるので注意が必要です。

御坊はローカルルールが強いエリアといわれる

Photo byJanBaby

和歌山付近のサーフィンができる場所の中でも、特にローカル色が強いと言われるのが御坊の海岸です。ですがこちらは和歌山でサーフィンしたことがあるという方の口コミ情報ですので、いつでも必ずそうであると断定できるものではありません。

どこでサーフィンをするにしても、ゴミの不法投棄・無断駐車・多人数で出かけ地元の人のエリアを荒らすような行為は当然慎むべきですが、こういった場所ではより注意するようにしましょう。

ローカルとシークレットサーフポイント

はじめての人に対してルールが厳しいローカルスポットは、シークレットサーフポイントであることが珍しくありません。シークレットサーフポイントとは地元サーファーに愛されて守られてきた、大っぴらにしたくない大切な場所です。海沿いの草刈りやゴミ拾いなど環境をよくする活動も活発におこなわれています。

そのような普段から努力や苦労をされている場所であることから、特にマナーには厳しくなるのも仕方ありませんね。何もわからない初心者が安易にいくのは避けた方がよいのが、シークレットサーフポイントです。

ローカルルールに注意しサーフィンを楽しむ

Photo byKanenori

関西では有名で人気の高い和歌山のサーフポイントのご紹介と、ローカル・シークレットサーフポイントのご説明をしてまいりましたがいかがでしたでしょうか。ほかの地域で波がない状態でも、波が立つ可能性があるため人が集中しやすのが和歌山のサーフポイントの特徴でした。

また冬にはほとんどサーフィンができなくなるため、それ以外の季節に人が集中するというのも気をつけたいところです。特に和歌山にはじめて出かけるという方は、ローカルルールに気をつけて、みんな楽しく気持ちよくサーフィンをお楽しみください。

和歌山のほかのサーフポイントが気になる方はこちらもチェック

暮らしーのではこのほかにも、日本全国のサーフポイントについてのご紹介記事を発信しています。都内からのアクセスもよい関東にある人気の初心者向けのスポットや伊良湖エリアの人気スポットなどが気になるかたは、こちらの記事も是非お役立てください。