検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

2022最新、神楽坂で買えるこだわり手土産8選。おもたせにおすすめのお菓子も!

東京都の神楽坂で購入できるこだわりの手土産を集めて解説していきます。神楽坂観光の手土産として家族や友人や知人にお渡ししても喜ばれるおすすめな商品を人気店舗より集めて紹介するので、少しでも気になった手土産がありましたら店舗まで足を運んでみてくださいね。
更新: 2022年9月13日
hanashin

目次

神楽坂でお土産を手に入れよう

神楽坂について

神楽坂は江戸時代の面影を残しながら洗練された雰囲気を持つ街です。早稲田通りにおける大久保通り交差点から外堀通り交差点までの坂で、周辺には神社やカフェ、雑貨店におしゃれな商業施設も多く、歩いて飽きることもありません。そんな観光でも楽しめる神楽坂には、手土産として渡しても喜ばれる商品を販売する店舗も豊富です。


店舗別におすすめな手土産を紹介!

本記事は、東京都新宿区の神楽坂より、手土産として購入するのにおすすめな商品を集めて解説していきます。店舗別におすすめな手土産を紹介するので、神楽坂へ観光に出かける予定がありましたら、手土産として購入したい商品を探してみてくださいね。(記載内容は2021年11月23日現在の情報を元に作成しています。)

紀の善・コパンのお土産2選

①紀の善|和スイーツ


神楽坂一丁目で営業している甘味処「紀の善」は、神楽坂を代表するスイーツ店としても有名です。あんみつ・お汁粉・抹茶ババロアなどのほか、春には苺あんみつ、夏はかき氷や白玉ぜんざい、冷やしじるこ、秋冬は栗あんみつや粟ぜんざい、くずもちなど、四季折々のメニューを味わえます。

あんみつやお汁粉、ババロア各種が人気

神楽坂・紀の善で作られたあんみつやお汁粉、ババロア各種は、手土産で購入するのもおすすめです。おもたせにできるごまや黒豆、のりまきや故障などのお煎餅も人気があります。

火〜土曜日までが11〜19時までの営業で、日曜日と祝日が11時半から17時までの営業としています。定休日は月曜日です。手土産として購入したあんみつ・抹茶ババロアなど要冷蔵品のお日持ちは、冷蔵庫に入れていただいてお買い上げの翌日いっぱいとなっています。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細


紀の善

  • 住所
    〒162-0825
    東京都新宿区神楽坂1-12 紀の善ビル
  • アクセス
    東京メトロ有楽町線・南北線【飯田橋駅】徒歩2分

②コパン|シュークリーム

神楽坂六丁目で営業しているコパンは、神楽坂シュークリームでも有名な老舗喫茶店になります。レトロかつノスタルジックで、ほっと落ち着くような佇まいをしているお店です。営業時間は平日が7時から21時までで、土日祝日が8時から20時までの営業としています。

入口付近ではクッキーも販売

手土産としても購入できる神楽坂シュークリームは、さっくりとしたシュー生地にボリュームたっぷりの生クリームとふんわり優しいカスタードクリームが入ったスイーツです。クリームが甘すぎないため、たっぷりと入っていながらもペロリと完食できるでしょう。

入口付近にはクッキーの販売もされているので、おもたせにすることもできます。東京メトロ東西線の神楽坂駅出入口一番から歩いて2分程度でアクセス可能です。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細

コパン

  • 住所
    〒 162-0825
    東京都新宿区神楽坂6-50 勝村ビル 1F
  • アクセス
    東京メトロ東西線「神楽坂駅」徒歩1分

神楽坂菓寮・ACHOのお土産2選

①神楽坂菓寮|神楽坂おこし

東京都新宿区神楽坂5丁目で営業している「神楽坂菓寮」は、20種類のおこしの専門店で、おもたせとして購入できるこだわりの商品を豊富に揃えています。麦芽水飴とピーナッツの風味が香る「神楽坂おこし」をはじめ、縄産黒糖、麦芽水飴とピーナッツの風味が香る「神楽坂黒糖おこし」などは店舗を代表する基本のおこしです。

変わり種もあり

浅草のりを焼き上げておこしに入れて味付けした浅草海苔おこしや、カマンベールチーズの風味が、おこしとの絶妙な味わいが生きたカマンベールチーズおこし、リンゴにシナモン風味をきかせて、おこしに合わせアップルパイ風味に味付けしたアップルパイおこしなどの変わり種もあります。

定休日は第3火曜日

20種類のおこしを販売するこちらの店舗は、朝の11時から夜の6時まで営業しているので、出社前やお仕事帰りなどに立ち寄って購入できるでしょう。定休日は第3火曜日としています。神楽坂の本店だけでなく、松坂屋上野店・大丸東京店もある人気の高いおこし専門店です。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細

神楽坂菓寮

  • 住所
    〒162-0825
    東京都新宿区神楽坂5-21-1
  • アクセス
    東京メトロ神楽坂、飯田橋 徒歩3〜5分

②ACHO|マダガスカルバニラプリン

東京メトロ東西線・神楽坂駅から歩いて3分程度で到着する「ACHO」は、プリンと焼き菓子のテイクアウト専門店です。こちらで販売するマダガスカルバニラプリンは、手土産として渡しても喜ばれるこだわりのスイーツになります。濃厚でありながらも飽きずに最後まで食べられるという口コミもある人気スイーツです。

ホワイトとネイビーを基調にした外観

こちらのテイクアウト専門店は、月・水~土が11時~19時、日・祝が11時~18時までの営業時間としています。火曜、第1・3水曜は定休日です。クレジットカード払いや電子マネーでのお支払いもできます。ホワイトとネイビーを基調にしているスタイリッシュな外観なので、初めていく時にも見つけやすいお店です。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細

ACHO

  • 住所
    〒162-0805
    東京都新宿区矢来町103
  • アクセス
    東京メトロ東西線神楽坂駅から約3分

五十鈴・東京松屋本店のお土産2選

①五十鈴|神楽坂饅頭

東京都新宿区神楽坂5丁目で営業している「五十鈴」は、神楽坂で人気の高い和菓子店です。手土産として購入するのにおすすめなのが神楽坂名物としても知られる神楽坂饅頭になります。外はさくっとした口当たりで、中はしっとりレーズンの入った小倉餡の香ばしいお饅頭です。

日持ちは一週間程度

神楽坂の人気和菓子店「五十鈴」が販売する定番和菓子である神楽坂饅頭はお一つ270円です。5個入りは1548円で購入できます。全ての季節で販売している和菓子で、日持ちは一週間程度です。

春夏秋冬全ての季節で楽しめる和菓子も種類多く用意しています。その時々の季節にぴったりな和菓子を購入できることからも人気の高いお店です。

神楽坂では1番古い和菓子屋

最新の和菓子も季節に応じていろいろと販売されるので、随時ホームページなどで最新情報をチェックしてみてください。老舗の和菓子店ですが高級店ではなく、庶民的で誰でも入りやすいでしょう。神楽坂では1番古い和菓子屋さんとしても知られています。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細

五十鈴

  • 住所
    〒162-0825
    東京都新宿区神楽坂5-34
  • アクセス
    東京メトロ東西線「神楽坂/飯田橋」徒歩7分

②東京松屋本店|吉野懐古

東京都新宿区神楽坂六丁目に店舗を構える「東京松屋本店」は、神楽坂の中でも人気の高い和菓子店になります。営業時間は12時から17時半までで、定休日は水曜日・日曜日、祝日です。

東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口より歩いて一分程度でアクセスできます。手土産として購入して帰っても喜ばれる和菓子を種類多く揃えているお店です。

吉野山の桜の花びらとつぼみを型どる

東京松屋本店は東京で唯一の吉野葛専門店としても知られています。こちらの店舗で購入するのにおすすめなお菓子の手土産「吉野懐古」は、桜の名所である吉野山の桜の花びらとつぼみを型どったお干菓子です。純真寒晒吉野葛に阿波(四国)の和三盆糖を練り込み、口どけがよく上品でやさしい味わいを実感できるでしょう。

化粧箱入りもあり

手土産として渡しても喜ばれる店舗定番のお菓子「吉野懐古」は、化粧箱入り(花型34個・吉野山8枚)1866円、曲物入り(花型28個)1000円という価格で購入できます。クレジットカードや電子マネーでは手土産を購入できませんのでお気を付けください。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細

東京松屋本店

  • 住所
    〒 162-0825
    東京都新宿区神楽坂6-8-18
  • アクセス
    東京メトロ東西線 神楽坂駅 1番出口徒歩3分

梅花亭 神楽坂本店のお土産

梅花亭 神楽坂本店|神楽坂福来猫もなか

東京都新宿区神楽坂2丁目にある「PORTA神楽坂1F」で営業を行っている「梅花亭神楽坂本店」は、創業十年の創業以来、手作りと無添加にこだわった和菓子を製造・販売している人気和菓子店です。営業時間は午前の10時〜午後の7時半までとしています。手土産としてお渡ししても喜ばれるお菓子を多数揃えている店舗です。

神楽坂福来猫もなかがおすすめ

和菓子好きな方への手土産を購入できるこちらの「梅花亭神楽坂本店」には、神楽坂福来猫もなかという名称の定番銘菓があります。

白猫の「くる」はこしあん入り、ピンク猫「ふく」には白あん入り、三毛猫の「あずき」には粒あん入り、黒猫の「たけ」には黒糖あん入りです。賞味期限は1週間程度で、税込270円という価格で購入できます。

黒糖わらび餅も人気の手土産

手土産として喜ばれる「神楽坂福来猫もなか」以外にも、可愛らしい梅の形一口もなかの神楽坂古梅や、沖縄県波照間島産黒糖を本わらび粉使用の生地に煉り込み、国産大豆使用の深煎り黄粉をまぶした「黒糖わらび餅」も人気です。家族への手土産として購入して帰っても喜ばれるでしょう。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細

梅花亭 神楽坂本店

  • 住所
    〒162-0825
    東京都新宿区神楽坂6-15
  • アクセス
    神楽坂駅から約250m

カナルカフェブティックのお土産

カナルカフェブティック|シュセット アソート

カナルカフェブティックは、東京メトロ有楽町線・南北線の飯田橋駅から徒歩で1分でいくことのできるカフェで、美味しいケーキも味わえることから大変人気の高いお店です。こちらの店舗では、手土産としてテイクアウトできる総菜類やスイーツやパン、ギフト商品やオリジナルのグッズも種類多く販売されています。

手土産におすすめなシュセットアソート

水上レストラン「カナルカフェ」に隣接しているカナルカフェブティックではシュセットアソートという、チュッパチャップスのような見た目をしたチョコを販売していて、手土産で購入して帰るのもおすすめです。

子供も美味しく食べられる

人気の高いシトロンのフレーバーは、中にフルーティなソースが詰まったチョコレートで、大人も子供も美味しく味わえることでしょう。営業時間は月~土が11時半~23時、日・祝が11時半~21時半までです。

定休日は第1・第3月曜日としています。現金払いと電子マネー払いのみで、クレジットカードで手土産を購入することはできません。

神楽坂で買える手土産の店舗詳細

カナルカフェブティック

  • 住所
    〒162-0825
    東京都新宿区神楽坂1-9
  • アクセス
    東京メトロ有楽町線・南北線【飯田橋駅】徒歩1分

まとめ

いかがでしたでしょうか?神楽坂周辺には、手土産にするのにも最適な商品を販売する店舗がいくつもあります。本記事より紹介してきたおすすめ手土産の中で気になる商品がありましたら、実際に店舗まで足を運んで購入してみてくださいね。

手土産が気になる方はこちらもチェック!

以下は、手土産で押さえておきたい八王子名物についてを解説している2021年最新記事、銀座で購入できる名物ギフトや流行りの手土産を紹介している記事、新宿駅周辺で購入できる定番のお菓子や高級感のあるお土産を解説している記事です。

こちらの3記事でも東京都内で購入できるお土産や手土産を紹介しているので、ご興味ありましたら参考にしてみてくださいね。