Twitter
Facebook
LINE

一人でも楽しい!女子ソロキャンプの魅力や注意点を紹介!おすすめの道具も!

kon_w

一人でも楽しい!女子ソロキャンプの魅力や注意点を紹介!おすすめの道具も!

kon_w

近年、女性の間で人気を集めているソロキャンプ。本記事では、女子ソロキャンプの魅力や自然を満喫するための注意点をご紹介します。キャンプ場選びの方法など、女子が一人でも安心してソロキャンプを楽しむコツをチェックして、自然の中に出かけましょう。



ソロキャンプを楽しむ女子が急増中!

以前はソロキャンプは男性がするもの、というイメージがありましたが、近年は女子も一人でキャンプを楽しむ人が増えています。初めてのソロキャンプでアウトドアの魅力にハマり、「やみつきになった」と感じる女子も少なくありません

女子ソロキャンプの魅力に迫ろう

キャンプを楽しむ女性
Photo byFree-Photos

多くの女子を惹きつけるソロキャンプには、どのようなところに魅力があるのでしょうか。本記事では、女子がソロでキャンプをすることの魅力について、深堀りします。

また、初心者の女子でも安心してキャンプを楽しむためのコツもご紹介。ソロでキャンプに出かける際には注意しておきたいポイントがいくつかあるので、意識しておきましょう。基本的な注意点を確認し、大自然のソロキャンプを満喫してください。

女子ソロキャンプの魅力

「最近ソロでアウトドアに出かけるのが人気だけど、何が魅力なのだろう」と思う方も多いのではないでしょうか。女子の間でソロキャンプが人気を集める理由は、さまざま。どのようなところが魅力的なのか、詳しく見ていきましょう。

女子ソロキャンプの魅力①:気軽に出かけられる

星空の下でキャンプをする人
Photo bypooch_eire


思い立った時にすぐに出かけられるのは、ソロキャンプの醍醐味です。友達や家族とキャンプへ行く場合は日程の調整をしたり、当日の予定を組んだり、いろいろと考えなければならないことがあります。

せっかくキャンプへ行こうと思っていたのに、メンバーの都合が合わず予定がなくなってしまうこともあるでしょう。一方で、ソロでキャンプに出かけるのであれば一緒に行く人の予定を気にする必要はありません。「今日はキャンプしたい」と思ったら、すぐ出かけられます。

女子ソロキャンプの魅力②:好みのギアを使える

お気に入りのギアにこだわりたい女子にも、ソロがおすすめです。焚き火台やクッカーなど、好みのソロ用ギアを揃えて自分なりのスタイルを楽しめます

複数人で行く場合は、大人数用のギアを準備しなければならなかったり、他の人のギアを使うことになったり、思ったように自分のギアを活用できないことがありますが、ソロキャンプならそのような心配はありません。好きなギアだけを集めて、自分の時間を楽しめます。

ギアの見た目にもこだわれる



機能性はもちろんのこと、見た目にこだわってギアを集めれば、おしゃれなキャンプを満喫できます。近年は女子向けのおしゃれなギアもたくさん出てきているので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。好みのソロ用ギアを持って出かけてみましょう。

女子ソロキャンプの魅力③:おしゃれな装飾を楽しめる

女子ならではの魅力として挙げられるのが、テント周りのデコレーションです。通常であれば、キャンプ場にテントを設営したら準備は終わり、というパターンがほとんどですが、女子ソロキャンプの場合はプラスアルファの楽しみがあります。

ガーランドを飾ったり、キラキラとした電飾をつけたり、女子好みのデコレーションを満喫できるのが嬉しいポイント。他のメンバーがいる場合は遠慮してできないデコレーションも、女子一人なら思う存分装飾できると人気を集めています。

SNSにアップしてみよう

こだわりのデコレーションは、写真に撮影してSNSにアップするのがおすすめ。他の女子キャンパーからの注目を集められる可能性があります。「テントの装飾が可愛い!」と他の女子から褒められたら、きっと嬉しい気持ちになりそうですね。

女子ソロキャンプの魅力④:アウトドア料理を堪能

テント設営などの準備が終わったら、キャンプ場でアウトドア料理を堪能できるのも女子からソロキャンプが人気を集めているポイントです。複数人のキャンプだと他の人の好みを考えて料理を作らなければならなくなりますが、女子一人なら自分が好きなものだけを作れます

お気に入りのクッカーを使ってご飯を炊いたり、スープを作ったり、いつもの調理もアウトドアなら特別なものに感じられるはず。アウトドアで食べる料理の味は、格別です。

盛り付けにもこだわってみよう

料理の盛り付けにこだわるのも、女子ならではの楽しみとして挙げられます。おしゃれな食器やカトラリーを準備して、できたての料理を盛り付けてみてはいかがでしょうか。見栄えのするアウトドア料理が作れれば、女子一人でも気分が盛り上がるでしょう。

女子ソロキャンプの魅力⑤:自然の中でのんびり過ごせる

誰にも気兼ねせず、自然の中でのんびりとした時間を過ごせるのは、ソロで出かける大きな魅力と言えます。普段は仕事に追われている女子も、キャンプ場に一歩足を踏み入れれば、ゆったりと過ごせるのではないでしょうか。

近年は女子の社会進出が進み、仕事で大変な思いをしている人も多いはず。そんな場合も、自然と触れ合えばリラックスした気分になれると評判を集めています。

他の人を気にせず気ままに過ごそう

複数人でキャンプに出かけた場合、食事をする時間や寝る時間など、他の人に配慮しなければならないことがあります。本当はもう眠りたくても、他の女子友達が盛り上がっている場合は遠慮してしまうこともありますよね。

ソロで出かければ、相手に遠慮することなく、好きな時に食べて、好きな時に眠れます。ストレスを感じることなくキャンプを楽しむなら、ソロがベストと言えるでしょう。女子一人で自由気ままなひと時を過ごして、リフレッシュしませんか?

女子がソロキャンプをする際の注意点

高い人気を集めているソロキャンプですが、女子が一人で出かける場合には注意しておきたいポイントがいくつかあります。注意点を把握せずに出かけると、思わぬトラブルに見舞われてしまうことも。女子はどこに気をつければよいのか、事前に確認しておきましょう。

女子ソロキャンプの注意点①:防犯対策を行う

灯がついたテント
Photo bybhossfeld

女子が特に気をつけておきたいのが、防犯対策です。女子一人だからこそ、自分の身は自分で守る意識を持っておかないと、被害を受ける事態を招きかねません。「自分は大丈夫」と楽観的に考えず、万全の態勢を整えることが大切です。

特に夜間は防犯対策に意識的になりましょう。周囲が暗くなり、危険に気づきにくい状態になるため、トラブルが起きやすくなります。

女子一人の様子をSNSにアップしない

スマホを操作する女性
Photo byJESHOOTS-com

アウトドアが楽しいと、ついつい現在の様子をSNSにアップしたくなりますよね。しかし防犯上、現在の様子をSNSにアップするのはNGです。女子がソロでキャンプしていることが不特定多数の人に知られてしまいます。

自分は友達だけに現在の様子を知らせているつもりでも、危険なことを考えている人が覗き見をしている可能性はゼロではありません。もしソロの様子をアップしたいのであれば、帰宅してからにしましょう。

ソロ用テントは扉付きを選ぶ

初心者がテントを選ぶ際に注目しておきたいのが、扉が付いているか否かです。女子がソロでキャンプをする場合、扉が全くないテントで寝るのは危険。外から中の様子が丸見えになり、誰かが侵入してくるリスクも高まります。

テント選びをする際には、防犯面のこともしっかりと考慮に入れておきましょう。快適に眠れるだけでなく、防犯力の高いテント選びを意識しておけば、危ない思いをせずに楽しい時間を過ごせるようになります。

鍵はしっかりかける

黄色い壁に取り付けられた鍵
フリー写真素材ぱくたそ

テントの中で過ごす時や、寝る時は、必ず鍵をかけるようにしてください。初心者の場合、うっかり鍵を準備するのを忘れてしまうことが多いので、要注意です。鍵がないままだと、女子が一人でいることを察知した人がいきなり侵入してくる危険性があります。

テントの扉を閉め、鍵をかけておくことで、誰かが侵入してくるリスクを抑えることが重要です。テント用の鍵はアウトドアショップなどで販売されているので、ぜひ活用しましょう。

防犯ブザーを活用

どんなに万全に準備をしていても、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。もしものことを考えて、防犯ブザーを準備しておくのがおすすめです。ブザーを携帯していれば、危険が迫った時に周囲の人に知らせやすくなります。

アウトドアで使うのであれば、防水性のあるブザーがおすすめです。また、ライトが付くタイプなら、夜に周囲を照らすのに役立ちます。機能性の高いブザーを1つ持っておくと、女子一人でも安心して過ごしやすいでしょう。

ソロはないことを演出する

大小の登山靴
Photo byAlexas_Fotos

最初から女子一人だと周囲にわかっていると、狙われる可能性が高くなります。そのため、あえてソロでないことを演出するのも有効な防犯対策です。テントの前に男用のシューズを置くなど、一人ではないことを周囲に知らせるような工夫をしてみましょう。

荷物が少し多くなりますが、危険を回避するという意味では重要な手段になります。男物のグッズを1つ持って行き、周りにアピールするようにしてみてください。

夜に歩く時は必ず懐中電灯を持つ

なるべく夜は一人で出歩かない方がよいですが、トイレなどに行かなければならないことがありますよね。そんな時は、必ず懐中電灯を持ちましょう。「近くに行くだけだから大丈夫」と思っていても、暗闇の中で一人で歩くのは危険です。

懐中電灯でしっかりと周囲を照らし、怪しい気配がないか常に注意を払うようにしてください。また、防犯ブザーも忘れずに。万が一のことを考えて行動するのが、ソロキャンプの鉄則です。

女子ソロキャンプの注意点②:安全なキャンプ場選びを意識する

安全を確保し、快適にソロタイムを楽しめるか否かは、キャンプ場選びにかかっています。キャンプ場選びを間違えると、思ったよりも快適に過ごせない可能性があるので注意してください。どのような点に注目すればよいのか、基本的な選び方についてチェックしておきましょう。

区画が区切られている場所がおすすめ

アウトドア料理をする人
Photo bychulmin1700

どこのキャンプ場を選ぶべきか迷った時は、まず区間が区切られているか否か確認してください。区切られた区間がなく、自由にテントを設営できる場所だと、自分のテリトリーが曖昧になります。

知らない人が自分の近くにテントを設営したり、不用意に近づいてきたりなど、嫌な思いをする可能性もあるでしょう。区画が区切られていればテリトリーがはっきりしているので、知らない人が近づくリスクを抑えられます。

管理人がいると安心

いざという時に助けを求められる管理人がいることも、キャンプ場選びでは重要なポイントです。管理人がいないということは、トラブルが起きた時に仲裁してくれる存在がいないことにつながります。キャンプ場に着いたら管理人室を確認し、万が一の時は駆け込めるようにしておきましょう。

スマホが通じるかチェック

スマートフォンを操作する手
Photo byPexels

自然に囲まれたキャンプ場の場合は、スマホがつながらないことがあります。危険が迫った時にすぐに助けを求めるために、スマホがつながるか否かも要チェックです。

スマホがしっかりつながる場所であれば、もしもの場合も安心。キャンプ場のホームページなどにスマホの電波に関する注意事項が記載されていることが多いので、必ず確認してください。

口コミも確認する

キャンプ場が発進する情報だけだと、全てを把握しきれないことがあります。そんな時は、実際に訪れた人の口コミをチェックしてみましょう。

女子一人で言っても大丈夫か、設備は整っているかなど、口コミを詳細に確認しておけば初心者でも過度な心配をすることなく出かけられます。事前の情報収集は、とても大切だと考えるようにしてください。

女子ソロキャンプの注意点③:人との関わりは最小限に

水筒に飲み物を注ぐ女性
Photo byStockSnap

ソロでキャンプをしていると、他の人から話しかけられることがあります。他人を完全に拒絶する必要はありませんが、ある程度の距離を取ることは大切です。どんな人なのかわからないまま簡単に親しくなると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

たとえ話しかけてきたのが女子だったとしても、常に警戒心は解かないようにしてください。周りの人とはあまり親しくなりすぎず、自分一人の時間を楽しむことに集中するのがおすすめです。

女子ソロキャンプの注意点④:ソロでお酒を飲みすぎない

アウトドア料理と一緒にお酒を楽しみたい、という場合は飲み過ぎに注意です。飲み過ぎて酩酊状態になると、正常な判断ができなくなります。危険が迫っている場合も、すぐに察知できない可能性が高いです。お酒は少しにして、あとはノンアルコールドリンクを楽しみましょう。

女子ソロキャンプにおすすめの道具4選

最後に、女子におすすめしたい道具を紹介します。初めてでも簡単に使えるものを厳選しました。ソロにぴったりなサイズの道具を取り入れて、キャンプを楽しみましょう。

女子ソロキャンプにおすすめの道具①: クッカーセット

スノーピーク クッカーセット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

アウトドア料理を楽しむために欠かせないのが、クッカーです。ソロ用サイズであることに加えてスタッキングできるので、荷物の負担を減らしたい時にぴったり。

また開口部が広いので、煮込み料理や炒め料理など、さまざまな調理で役立ちます。そのまま食器として使うのもおすすめです。

女子ソロキャンプにおすすめの道具②:焚き火台

SCAMPER 焚き火台

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

折りたたみができるコンパクトサイズの焚き火台も、揃えておきたい道具の1つです。火をつけてクッカーで調理をしたり、揺れる炎をのんびり眺めたり、ソロキャンプには欠かせないアイテムと言えます。

こちらの商品は耐久性の高いステンレス素材を使用し、お手入れも簡単。初心者でも使いやすい焚き火台として人気を集めています。

女子ソロキャンプにおすすめの道具③:チェア

DesertFox アウトドアチェア

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

のんびりとしたリラックスタイムを過ごすには、チェアの準備も必須です。おしゃれなデザインのチェアなら、気分が上がるのではないでしょうか。メッシュ設計なので通気性が高く、長時間座っても蒸れにくいのが魅力です。

超軽量ポールを採用し、コンパクトに折り畳めるのも嬉しいポイント。女子一人でも運びやすいチェアです。

女子ソロキャンプにおすすめの道具④:ランタン

キャプテンスタッグ ランタン

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

おしゃれな雰囲気を盛り上げてくれるランタンは、女子の間で高い人気を集めています。アンティーク調のデザインなら、写真映えもバッチリです。LEDライトを使用しているので、火事の心配をすることなく使えます。

明るさは無段階で調整が可能。はっきりとした明るい光から、ふんわりと柔らかな光まで、好みに合わせて楽しめます。

快適な女子ソロキャンプを満喫しよう

シャボン玉で遊ぶ女性
Photo byStockSnap

ソロでのんびりとキャンプを楽しみたい時は、事前準備が大切です。テント用の鍵や防犯ブザー、懐中電灯など、防犯対策のためのアイテムは必ず準備しておきましょう。リストを作って、足りないものがないか確認するのもおすすめです。

また、キャンプ場選びも重要なポイント。初心者でも安心して過ごせる場所を厳選するようにしてください。万全の対策をしておけば、女子一人でも快適な時間を過ごせるようになります。今度の休日は、キャンプに出かけてみませんか?

女子ソロキャンプが気になる方はこちらもチェック!

女子が安全・快適にソロキャンプを楽しむためには、基本的な知識を身につけておくことが重要です。関連記事にも女子ソロキャンプに役立つ情報が載っているので、ぜひ参考にしてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...