Twitter
Facebook
LINE

バーベキューにおすすめの肉と必要な量を解説!部位ごとの特徴や簡単レシピもご紹介!

バーベキューにおすすめの肉と必要な量を解説!部位ごとの特徴や簡単レシピもご紹介!

suuneko016

暖かい日にぴったりなバーベキューにおすすめの肉や必要な量、美味しいレシピを紹介!部位ごとの特徴についても掘り下げているので、気になる人はぜひ参考にしてみてください。今までよりも、バーベキューが楽しくなること間違いなしです。

バーベキューにおすすめの肉&選び方を紹介!

フリー写真素材ぱくたそ

バーベキューは、大人数で楽しむイベントの1つ。そんなバーベキューにおすすめの肉や選び方、目安量について掘り下げていきましょう。便利なレシピも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

下味をつけた肉をバーベキューに持っていけば、人気者になれること間違いなしです。料理下手な人も、いろいろなレシピを取り入れてみてはどうでしょうか。

バーベキューに使える肉の種類や部位とは?

①牛肉

Photo byFree-Photos

バーベキューに人気の種類で、特におすすめなものでもあります。脂身の少ないヘルシーな部位をはじめ、こってりとした子供受けする部位を選んでください。

牛肉は部位によって値段が異なるため、予算が決まっている場合は注意が必要。牛肉のおすすめ部位を紹介しているため、アウトドアやキャンプでバーベキューをする際は、そちらを参考にしてみてください。

ヘルシー志向の「ヒレ」

ダイエット中の人やヘルシー志向な人は、ヒレを選びましょう。牛肉の中でも柔らかい部位で、脂肪の割合が少ないのが特徴的。また、希少価値がある部位なので、値段は高い傾向にあります。

バーベキューで焼くだけで美味しいため、慣れていない人にもおすすめ。初心者はステーキくらいの分厚さで、ミディアムレアになるように焼くと、より牛肉を美味しくいただくことができます。

実はホルモンの仲間「ハラミ」

ハラミは、焼き肉の定番部位として知られています。癖が少ないため、いろんな人からの人気が高いです。程よく脂身があるのですが、ほかの種類と比べると食べやすいのが特徴的となります。

また、ハラミは赤身ではなくホルモンの1種。焼き肉のたれとの相性が良いため、バーベキューではタレをよく絡めるようにしましょう。アレンジを加えるなら、赤ワインをベースとしたソースがおすすめです。

タン

レモン好きには、タンの購入がおすすめ。タンは以外にも志望の割合が多い部位で、さっぱりとしたレモンとの相性が抜群です。薄くスライスされているものが売られているため、そちらを購入しましょう。

肉の専門店なら分厚いタンが売られていることも。その場合は切り込みを入れ、中に刻んだネギを入れてから焼くのがおすすめです。ネギをプラスすることで、また違った味わいをバーベキューで楽しめます。

ステーキの王道部位「サーロイン」



脂身の割合が多い肉が好きなら、サーロインを選びましょう。サーロインはステーキの代表的な部位として知られており、きめ細かいサシが特徴的です。

値段が高くなる傾向にありますが、小さくカットし、大人数で分けても満足できます。塩とわさび、醤油、ブラックペッパーなど、様々な調味料で食べてみましょう。牛肉の良質な脂があるため、バーベキューで香ばしく焼けます。

②豚肉

Photo byRitaE

しっかりとした食べごたえがほしい人には、豚肉がおすすめです。豚肉は歯ごたえのある程よい硬さがありつつも、野菜と相性抜群。特に、レタスやキュウリと相性が良いです。

サムギョプサルに使われているのも豚肉で、脂が多いので焼く際は火に注意しましょう。また、部位によっては臭みがある場合もあるため、バーベキューにもっていく際は下処理を加えるのがおすすめです。

バラ

バラ肉は、分厚く切るのがおすすめな部位です。普段から使いやすい種類なのですが、バーベキューでは一口大にカットしておくと良いでしょう。コチュジャンやタレにつけたら、レタスに挟んで食べてみてください。

また、骨のついたスペアリブもバラと同じ場所になります。スペアリブは事前に圧力鍋にかけておくと、ホロホロとした食感を楽しめておすすめです。

③鶏肉

Photo byPublicDomainPictures

鶏肉は、比較的安価に手に入る肉です。そのため、予算を抑えたいバーベキューにおすすめ。また、鶏肉はいくつもの部位がスーパーで手に入るため、味に飽きることもありません。

癖のない肉となっているため、どんな味付けでも合うという特徴があります。塩やタレだけでも美味しいですが、バーベキューにもっていく場合は、ぜひいろいろなレシピに挑戦してみてください。

どんな味付けにも合う「もも肉」

鶏肉の主流部位であるもも肉は、うまみを特に感じられる種類です。程よく脂身があるため、淡白な味わいが苦手な人にもおすすめ。焼くだけでも、美味しくいただくことができます。

バーベキューでもも肉を焼く場合は、皮のある方から焼きましょう。味付けは、塩や焼き肉のたれが合います。どんな味付けでも合う鶏肉となるため、自分好みの調味料を試してみてください。

ダイエット向き「むね肉」

鶏肉の中でも、むね肉は特に脂肪分が少ないです。淡白な味わいが特徴的なので、特に濃い味付けがぴったり。例えば、唐揚げやチキン南蛮などが良いでしょう。

バーベキューの場合は、事前に香辛料などに付け込んでおくと味が中にまで浸透します。あとは、バーベキューに持っていきましょう。値段が安いこともあり、予算が少ない場合にも最適です。

意外と人気「手羽先」

手羽先は、コラーゲンがたっぷり入っている種類となります。脂身が多い部分となるので、焼きすぎないように注意しましょう。アウトドアやキャンプなどのバーベキューでは、弱火で焼くようにしてください。

特におすすめなレシピは、こってりとした甘辛タレです。事前に中骨を切り離しておけば、バーベキューにも合います。ほかにもレシピがあるため、のちに紹介するレシピを参考にしてみてください。

食感が癖になる「せせり」

せせりは、プリプリとした触感の種類です。鶏肉の中でも塩コショウが特に合う種類で、焼くだけで美味しく食べれます。料理初心者の場合は、便利な味付けされたせせりを利用すると良いでしょう。

鶏肉をバーベキューで焼いていると、違った味や食感がほしくなるはずです。せせりは、そんな時にぴったり。特に、ハーブ塩との相性が良いため、バーベキューに持っていくときにぴったりです。

ひと手間加えると食べやすい「手羽元」

食べごたえを気にするなら、手羽元を購入しましょう。手羽元はそのままでも焼けるため、料理初心者にもおすすめ。調味料を加えれば、また違った味わいとなります。

手羽元は骨付き肉のため、一見バーベキューでは食べづらいと考えることでしょう。しかし、肉を骨から切り離すチューリップと呼ばれる加工を施せば、片手で食べられるようになります。

④羊肉

Photo byu_rt5bpvly

羊肉は、バーベキューの定番とは言えません。しかし、料理初心者でも取り扱いやすいため、アウトドアにおすすめだと言えます。羊肉は海外で人気の肉ですが、焼くだけでも満足できるでしょう。

羊肉は、量が少なくても十分満足できる種類です。羊肉の下記ではおすすめな種類を紹介しているので、バーベキュー初心者も料理してみてください。

甘い脂を味わえる「肩ロース」

肩ロースは、密かに人気のある種類として知られています。薄くカットされた肩ロースは辛みのあるタレと相性が良く、もちろんバーベキュー初心者にもおすすめです。

肩ロースは油がたっぷり出てくるため、網ではなくフライパンなどで焼くようにしましょう。脂は甘味があるので、野菜を一緒に入れれば野菜が脂を吸うので、羊肉の脂も味わってみて下さい。

下味が重要「ラムチョップ」

これは、肋骨とともにカットされた部位です。通常は、マーマレードソースやバルサミコ酢ソースが使われます。事前に塩や故障を使って、味をつけておいてください。

下味の塩の量は、少な目を目安にしましょう。焼く際やフライパンがおすすめで、オリーブオイルを浴びせながら焼くと香ばしくなります。火が通りすぎないようにすることで、柔らかさを味わえるでしょう。

⑤ジビエ肉

Photo by JaggyBoss

ジビエ肉とは、天然の野生鳥獣の肉という意味があります。日本では最近食べられるようになった肉で、アウトドアでも最適な種類です。例えば、カモやキジ、野ウサギやシカなどがジビエと呼ばれます。

ジビエは癖があるため、バーベキューに行く前に臭み抜きや下処理を行いましょう。味付けは濃い目にすることで、バーベキューでも気にすることなく味わえます。定番とはなりませんが、密かに人気のある肉です。

バーベキューに持っていく肉の選び方

①状態の良いもの

Photo byShutterbug75

外では、肉を焼くまでに時間がかかります。そのため、外に持っていく際は、できるだけ状態の良い肉を選ぶようにしましょう。バーベキューに向いているのか、赤が鮮やかなものです。

バーベキューだと新鮮ではない肉なら、徐々に色がくすんできてしまいます。状態が悪いと、バーベキューが始まる頃には色がかなり悪くなる可能性も。状態を維持するためには選び方のほかに、保冷材をうまく利用する必要もあります。

②参加人数にぴったりな量

Photo byLoboStudioHamburg

中には、食べれないほどの量を持って行ってしまう人も少なくありません。しかし、食べきれない量を持っていくよりも、参加人数に合わせた量を購入するようにしてください。

バーベキューの選び方としては参加する人数、参加する人の食べ方も関係します。目安は、男性は300g、女性は200gです。いろいろな肉を堪能し、充実したバーベキューにしましょう。

③下味の有無

バーベキュー用の肉の選び方として、下味の有無があります。下味が施された肉はそのまま焼くだけなので、とても便利です。いろいろな部位がセットになっている場合もあるため、探してみてください。

下味がついた肉は味がしみ込んでおり、アレンジがしやすいです。例えば、白ご飯や野菜と炒めたり、生野菜に巻くなどの食べ方があります。

人気の肉を使ったバーベキューレシピ4選

①漬け込んで柔らかい「スペアリブ」

Photo by ayustety

子供受けを狙うなら、スペアリブを使ったレシピがおすすめです。特に厚切りの部位のため、1本だけでも満足するでしょう。バーベキュー前に玉ねぎに付け込めば、柔らかい食感に。

また、厚切りの豚肉のため、しっかりと調味料をまぶしておく必要があります。レシピでははちみつが使われていますが、代わりにマーマレードを使うのもおすすめです。程よい酸味があり、あっさりと食べられるでしょう。

スペアリブ8本〜10本 玉ねぎすりおろし1〜1.5個分 ケチャップ大さじ5 ソース大さじ3 酒大さじ2 すりおろしにんにく2片 すりおろし生姜1片 はちみつ大さじ1 砂糖大さじ1〜2 醤油
小さじ1 塩胡椒適量

BBQスペアリブ by sac33 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品
「BBQスペアリブ」の作り方。玉ねぎのすりおろしで肉は柔らかジューシー!ケチャップベースはお子様向けですが、甘辛醤油ベースもGOOD! 材料:スペアリブ、玉ねぎすりおろし、ケチャップ..

②簡単なのに豪華「ローストビーフ」

Photo byjereskok

アレンジを楽しみたいなら、ローストビーフを作ってみてください。手間がかかる料理のため、バーベキューでは作らないという人も多いでしょう。しかし、アルミホイルを使えばバーベキューでも作れます。

約1時間で作れますが、覚ますために保冷剤を持っていくと良いでしょう。タレを1から作るのも良いですが、時短を望んでいるのなら、市販品を購入するのがおすすめです。

牛もも300g おろしニンニク10g オリーブオイル大さじ1 塩・コショウ少々 ローストビーフのたれ市販品

簡単!バーベキューでローストビーフ by Cola1976 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品
「簡単!バーベキューでローストビーフ」の作り方。バーベキューで簡単に作れる料理です。 材料:牛もも、❶おろしニンニク、❷オリーブオイル..

③変わり種を楽しめる「韓国風タレ」

ごま油を入れれば、韓国風のバーベキューのタレを楽しめます。ネギやニンニク、ゴマを入れることで、より味わい深くなるでしょう。こちらのバーベキューのタレには、どの肉も合います。

特に、鶏肉や豚肉に合うので、ぜひ取り入れてみてください。タレを何個か用意しておくことで、よりバーベキューが楽しめます。辛いのが好きな人は、コチュジャンをプラスするのも良いでしょう。

肉500g ねぎ20g にんにく10g 醤油大さじ4 砂糖大さじ3 ごま油大さじ2 酒大さじ1 白すりゴマ大さじ2

韓国風焼肉の漬け込みダレ by akiaki0 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品
「韓国風焼肉の漬け込みダレ」の作り方。いつもこのタレに漬け込んでバーベキューしてます。とっても美味しいよ! 材料:肉、ねぎ、にんにく..

④残り物を使って簡単「ビビンバ」

Photo bynikluv

最後には、残った肉や魚介を使って、ビビンバを作りましょう。簡単な調味料だけで作れるので、料理下手な人でも安心です。ただし、卵は腐りやすい食べ注意が必要。

もっとこだわりたいのなら、焼き肉ソースではなく、醤油や砂糖などの合わせ調味料を使いましょう。事前に合わせ調味料にしておけば、バーベキューに持ち運ぶことも簡単です。辛いのが好きなら、コチュジャンも入れておきましょう。

肉残り 魚介残り 野菜残り ごま油大さじ2 ごはん4膳 卵3個 焼肉ソースお好みの量

BBQで焼いて残ったお肉と野菜でビビンバ by コアベア 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品
「BBQで焼いて残ったお肉と野菜でビビンバ」の作り方。本当に残っている物だけでこんなに美味しいのーとビックリ。スミで焼いているのでとても香りもいいです 材料:肉、魚介、野菜..

バーベキューで色んな種類の肉を堪能!

Photo byRepublica

スーパーには、便利な肉セットが販売している場合も多いです。また、味がつけられているものなら、調理も簡単となります。選ぶ時間がない場合は、このようにセットなどを購入しましょう。

また、バーベキュー用の肉は買いすぎないことが重要です。買いすぎると予算オーバーになるだけでなく、最悪の場合腐らせてしまうこともあります。そのため、買いすぎないようにしましょう。

他の食材が気になる方はこちらもチェック!

バーベキューでは、調理しやすい便利なレシピが人気です。下記では、そんな料理を解説しています。調味料の目安量についても掘り下げているため、ぜひ参考にしてみてください。

中には、変わり種のレシピがあります。便利な下処理方法についても紹介しているので、料理下手でも簡単にバーベキュー料理を作れるでしょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

ライトショアジギングするならどっちのリールを選ぶべき?

【21カルディア】ショアジギング実釣インプレ!意外な結論・・・ https://youtu.be/iI-47zuNZPE ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.c...

ライトショアジギングにツインパワーSWは必要なの・・・?

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

今は21アルテグラよりストラディックSWを買うべき!?

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

新型グランデージアトラスを開封して喜ぶ動画

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

決死の渡船!三宅島三本嶽でカンパチを獲る!!【4K】

【この動画は緊急事態宣言前に撮影されたものです】 ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いし...