Twitter
Facebook
LINE

バーベキューの変わり種食材おすすめ10選!意外なネタで盛り上がろう!

Acca

バーベキューの変わり種食材おすすめ10選!意外なネタで盛り上がろう!

Acca

夏の定番のバーベキューもお肉を焼くだけじゃ飽きてきてしまいます。固定概念を捨てると、よく見かける普通の食材でもバーベキューで焼くだけで変わり種食材として一躍人気食材になることもあります。ここでは変わり種の食材や、定番の食材の趣向を変えた食べ方などご紹介します。

いつものバーベキュー、少し物足りませんか?

お肉や海鮮を焼いて、ビール飲んで、焼きそば作ってという定番のバーベキューも楽しいし美味しいのだけど、毎回毎回だと飽きてきます。イベントを盛り上げるメニューがあると、飽きずに最後まで楽しめます。ローストビーフとか特別なものではなくても、スーパーで日常的に売られている食材でもちょっと趣向を変えれば立派なバーベキュー食材になり、意外と盛り上がります。 ここでは誰でも手に入れられる食材を使った変わり種バーベキューをご紹介します

バーベキュー変わり種食材①いつもの具材のラクレットチーズがけ

焼いた具材にラクレットチーズをつけるだけという料理ですが、味を変えるだけでとても喜ばれます。初めから登場させるのではなく、いつもの味に飽きた時、BBQの中盤くらいで登場させるとかなり盛り上がります。チーズのなので冷めたら固まりますが、そのチーズの塊野菜たちをほじりながら食べ、語り合うのも乙です。 温野菜を準備出来そうであれば、ラクレットチーズを上からかけるスタイルにし、焼き野菜で行うならチーズフォンデュスタイルで、どちらも楽しめます。

レシピ

①バーベキューをいつもどおりに行います。網の端の方でアルミの皿にラクレットを入れ、溶かしておきます。 ②肉、ソーセージ、野菜、パンなどが焼けたら、ラクレットチーズの溶けたアルミ皿に投入して、チーズをつけて食べます。 ③また温野菜のラクレットがけを作る場合は、家で温野菜を準備してジップロックにいれて持って行き、アルミのバットに入れ網の上で温めておき、溶けたラクレットチーズをかけるとまた更に盛り上がります。その場合は柄のあるフライパンや卵焼き器、スキレットなどでチーズを溶かすと上からかけやすくなるので、予め準備しておきましょう。

バーベキュー変わり種食材②さつま揚げ、黒はんぺん、じゃこ天など

居酒屋の定番ネタのさつま揚げ。お酒好きの集まるバーベキューでこれがあると喜ばれます。とくにチーズ入りのさつま揚げがおすすめです。焼くと中がとろっとして、我が家では大人も子供も好きなネタです。 また特産品の練り物系を市場で見つけてそれを焼くのもおすすめです。静岡の黒はんぺん、愛媛のじゃこ天など。ビールによく合います。

レシピ

①さつま揚げを網で焼きます。 ②両面焦げ目がついたら完成。生姜醤油や柚子胡椒、わさび醤油など好みに合わせてつけて食べます。

バーベキュー変わり種食材③油揚げオン◯◯



おつまみの定番ネタもバーベキューで焼くだけで人気食材になります。油揚げをそのまま焼いて、生姜醤油で食べるのも美味しいですが、その油揚げにじゃこやチーズ、のり、味噌など乗せて焼くと、更に美味しくなります。いろいろなトッピングを用意して、自分で好きなものを乗せて食べるのが、大人にも子供にも楽しく喜ばれます。

トッピング例

・チーズ+海苔のつくだに+じゃこ ・チーズ+おかか+山椒 ・味噌+ねぎ+じゃこ

レシピ

①油揚げに好きなものを乗せて焼くだけです。油揚げはなるべく大きめのフカフカの美味しい揚げを選ぶのがおすすめです。

バーベキュー変わり種食材④干し芋&バター&メープルシロップ

ちょっと一息のコーヒーのお供に、お肉ばかりで飽きてしまった時に、是非試して欲しいネタがあぶり干し芋です。 メープルシロップとバターをちょこっと乗せて焼くのがおすすめです。

レシピ

①干し芋を網の上で両面少し焦げ目がつくくらいに焼きます。 ②少し焦げ目が付いたらメープルシロップとバターを乗せ、バターがとろっとしたら完成です。

バーベキュー変わり種食材⑤春巻きピザ、餃子の皮ピザ

餃子の皮、春巻きの皮を使って簡単に作れるピザは、友達同士でも、家族でもとても盛り上がります。自分たちで好きなネタを乗せて焼くというのもイベントとして盛り上がります。

トッピング例

・じゃこ+青じそ+チーズ ・アボカド+市販のミートソース+チーズ ・ピザソース+ソーセージ+玉ねぎ(みじん切り)+チーズ ・バナナ+チョコ+マシュマロ

レシピ

【じゃこ+青じそ+チーズピザ】 ①餃子の皮、春巻きの皮に醤油とごま油を混ぜ合わせたものを塗る。 ②①にじゃこ、チーズ、青じその順に乗せ網の上で焼く。 ③チーズが焼けたら完成。 ④バーナーがあれば上から炙って焦げ目をつけるとなお良い。

【アボカド+市販レトルトミートソース+ミニトマト+チーズ】 ①アボカドはサイコロ状に切っておく。ミニトマトは半分に切ります。 ②餃子の皮、春巻きの皮に市販のレトルトミートソースを塗ります。 ③②の上にアボカド、ミニトマト、チーズを乗せて焼きます。 ④チーズが溶けたら完成です。

【ピザソース+ソーセージ+玉ねぎみじん切り+チーズ】 ①玉ねぎみじん切りを作っておく。ソーセージは輪切りに。お好みでピーマンのスライスも乗せると良い。 ②餃子の皮、春巻きの皮にピザソースを塗ります。 ③玉ねぎ、ソーセージ、ピーマンを乗せ、チーズを上からける。 ④網の上で焼きチーズが溶けたら完成です。

【バナナ+チョコ+マシュマロ】 ①餃子の皮、春巻きの皮の上にチョコとマシュマロを乗せて焼きます。 ②溶けてきたら輪切りにしたバナナを乗せて完成です。

バーベキュー変わり種食材⑥スペアリブ

煮ても焼いてもおいしいネタがスペアリブ。でもハードルの高そうなイメージのあるスペアリブですが、意外と簡単に作れてしまいます。バーベキューでスペアリブ焼きが出てくると、盛り上がることまちがいなしです。 ただそのまま焼くと硬い肉になってしまうので、予め準備をしておくと美味しく焼けます。 ポイントは肉に切り込みを入れておくこと、おろし玉ねぎを擦り込み、はちみつ入りの調味液に漬け込むことです。こうすることでお肉を柔らかく仕上げることが出来ます。

材料

・豚スペアリブ用肉 7〜8本 ・塩 ・こしょう ・すりおろし玉ねぎ 大さじ2 ★醤油 大さじ6 ★酒  大さじ2 ★はちみつ 大さじ1 ★みりん 大さじ1 ★おろしにんにく(チューブのものでよい) 3cmくらい ★おろししょうが(チューブのものでよい) 3cmくらい ・オリーブオイル 大さじ2 ・ブラックペッパー 少々

レシピ

①ジップロックに★の調味料を全て入れておきます。 ②豚肉の筋の部分には切れ込みを入れ食べやすくしておきます。豚肉に塩こしょうをふり揉み込んでから、おろし玉ねぎを擦り込みます。 ③①の調味液に②の肉をおろし玉ねぎごとお肉をいれ揉み込み、一晩寝かせます。 ③オリーブオイルにブラックペッパーを少し入れて肉につけ、網の上でグリルします。初めは真ん中の温度の高い場所で焼きます。 ④両面焼きめが付いたら、アルミホイルでくるみ、じっくり中まで火を通します。 ⑤焼き上がったらブラックペッパーを振って完成です。

バーベキュー変わり種食材⑦アボカド焼き

アボカドを半分に切り、ただ焼くだけのとてもシンプルなネタですが、とろっとして濃厚でとても美味しくなります。まだ熟していないアボカドも焼くことで驚くほど柔らかく美味しくなるので、是非試してみてください。わさび醤油や柚子胡椒、シーザードレッシングなどをつけて、スプーンで繰り抜きながら食べます。

バーベキュー変わり種食材⑧アンチョビキャベツ

これもとても簡単で美味しいネタです。キャベツをそのままという見栄えに驚かれます。そのまま焼くだけでも美味しいのですが、アンチョビペーストを塗りこむと更に美味しいです。

レシピ

①キャベツは4分の1の大きさが使いやすいです。さっと洗って水気を拭きとった後、アンチョビペーストをキャベツとキャベツの間に塗ります。 ②①をアルミホイルで包み、網の上で焼きます。じっくり火を通すと甘みが増しますので、初めのうちに準備しておき低温部分でほっとく感じで焼いておくといいでしょう。 ③柔らかくなったら食べごろです。アンチョビペーストで塩味がついているので、そのまま食べられます。

バーベキュー変わり種食材⑨ローストベジタブル

おすすめ焼き野菜を5つ紹介します。

ローストベジタブルなどと洒落た感じに書きましたが、定番の焼き野菜です。定番なんですが、意外と上手く焼くことが出来ず、網の上で黒焦げになって捨てられてしまうお野菜になってることありませんか?焼き方を間違えると捨ててしまうことの多い焼き野菜も、コツを掴むととても美味しく仕上がり、おいしく焼けると盛り上がる食材に変わります。おいしい野菜が手に入るキャンプ場であれば、ぜひ試して欲しいと思います。

おすすめ焼き野菜とレシピ①じゃがいも

じゃがいもは1cmくらいの輪切りにします。オリーブオイルとブラックペッパー+塩を混ぜたものを切った表面に塗り、網の上でじっくり焼きます。この一手間でぱさつかず、程よくこげができ、塩味の程よく効いたローストポテトが出来ます。 また同じようにオリーブオイル+塩で美味しく焼ける野菜として、かぼちゃやズッキーニもおすすめです。

おすすめ焼き野菜とレシピ②れんこん

れんこんを1cmくらいの輪切りにします。れんこんは酢を入れた水にさらし、水気を充分拭きとってからごま油を塗って焼きます。仕上げに塩こしょう、あれば花椒やカレー粉を振るのもおすすめです。

おすすめ焼き野菜とレシピ③長芋

長芋は、1cmくらいの輪切りにして表面にごま油を塗って焼きます。おすすめは味噌。味噌とみりん、練りゴマで胡麻味噌を作ってもいいですし、市販の調味味噌をつけて田楽風にして食べるのもおすすめです。

おすすめ焼き野菜とレシピ④とうもろこし

夏のバーベキューの定番のとうもろこしは、生のものは皮ごと焼くのがおすすめです。皮ごと焼くことで中は蒸された状態になり、より甘くて美味しいとうもろこしになります。皮は焦げても問題ありません。もし皮を向いてしまった場合はアルミホイルに包んで焼くのがおすすめです。 またすでに茹でてあるタイプのとうもろこしはそのまま焼き、醤油をつけながら焦がしながら焼くのがおすすめです。

おすすめ焼き野菜とレシピ⑤なす

せっかく炭火と網があるならなすをまるごと焼いてしまいましょう。焼く前の処理と後の処理に気をつければ美味しく焼くことが出来ます。 ・なすのヘタの上の部分を残しつつ、下のビラビラの部分を切り落とします。この部分があると焦げやすいので必ず取って下さい。 ・下準備が終えたなすを網の上で焼きます。じっくりと中まで火を通します。途中なすを転がしながらまんべんなく焼いて下さい。 ・竹串を用意しておき、すっと入るくらい柔らかくなったら焼き上がりです。 ・焼き上がったら火から下ろし、少し冷めてから皮を剥きます。この時に冷水などに浸すと水っぽくなるので、浸さないようにしてください。 ・生姜醤油、花鰹など添えて頂きます。

バーベキュー変わり種食材⑩ベイクドドライフルーツのカルピスアイス添え

暑い夏のバーベキューの時に嬉しいのがアイス。ファミリーバーベキューにおすすめなのが子どもと簡単に作れるカルピスアイス。ナッツやチョコ、グミなどトッピングを用意すると更に盛り上がります。せっかく網があるので、焼くだけで甘く柔らかくなるドライフルーツをトッピングにするのもおすすめです。

レシピ

①カルピスと牛乳を1:2で割り、ジップロックに入れて、凍らして持って行きます。 ②お好きなドライフルーツを網の上で炙ります。 ③カルピスアイスを揉み揉みして、柔らかくしたら、器に入れ、焼いたドライフルーツ、その他好きなトッピングを添えて完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? キャンプやアウトドアシーンで行うバーベキュー。 その際に今回のような変り種レシピを作れるときっと盛り上がるはずです。 今回ご紹介したもの以外にも様々な変り種レシピはございますので、今回を機にバーベキューでも盛り上げるようなレシピ・料理を作ってみてはいかがでしょうか。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

小松菜を再生栽培してみたらなぜか成長が遅い!?→原因は「水」でした

今回は「小松菜の再生栽培」!前回のチンゲン菜リボベジと一緒に小松菜も植えてみたのですが、簡単は簡単だったものの、成長が遅くておかしいなと感じていました。 「チンゲン菜はすくすくと大きくなったのに、なぜ...

【実話】だから6000番のリールをおすすめしないの巻

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

藤の花の刺繡のやり方を実演解説!少し根気が必要ですが、3つのステッチだけで刺せます♪

今回は「藤の花の刺繡のやり方」をご紹介しました!藤の刺繡に必要なのは3つのステッチだけなので、少し根気はいりますが、初心者の方でもゆっくり刺せば、きっと完成できます。ぜひ刺してみて下さい♪ 初心者が...

夏シーズン、タングステンジグは必須アイテムです【ライトショアジギング】

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

刺しゅうのアップリケの作り方・付け方を紹介!シナモンのワッペンを作ってみました♪

今回は「刺しゅうのアップリケの作り方・付け方」をご紹介しました!刺繍を直接させないときにアップリケを作ってから縫い付けると便利です。 今回はユニクロで買ったスリッパに目印としてアップリケを作り縫い付け...