Twitter
Facebook
LINE

設営楽チンのエアフレームテントの魅力を徹底解説!おすすめ商品10選もご紹介!

さくらドッグ

設営楽チンのエアフレームテントの魅力を徹底解説!おすすめ商品10選もご紹介!

さくらドッグ

『テントの組み立ては難しそう」とキャンプデビューをためらっている人にエアーフレームテントはおすすめ!エアフレームテントは初心者にうれしい魅力が豊富です。空気で膨らむので、少人数でも簡単に設営可能。エアフレームテントの選び方と、おすすめを10個選んで紹介します!



エアフレームテントで設営楽々!

設営時短に!おすすめエアフレームテントを紹介

Photo byMaria1968

『テント設営は自分にはできないかも?』とキャンプをためらってしまう人へおすすめしたいエアーテント。従来のテントからは、考えられないほど簡単に組み立てられるので、初心者に最適なテントです。

初心者におすすめしたいエアフレームテントを10個選んで、レビューや評判を交えて紹介します。エアフレームテントとはどういったものなのか〜選び方まで徹底解説。ピッタリなエアフレームテントを持ってキャンプデビューしてみましょう!

当記事は2021年4月2日時点の情報を元に作成しています。

エアフレームテントの魅力や選び方を知ろう!

エアーフレームテントとは?

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

エアフレームテントとは、テントに欠かせない金属や樹脂製の「テントポール」などに変えて「空気で膨らむチューブ」をフレームとしたテントです。ポンプを使用して、エアーポンプで膨らませれば設営できてしまいます。

ここではまず、エアフレームテントのメリットやデメリット、特徴を解説しますので、チェックしてみてください!

エアフレームテントの特徴



Photo byOpenClipart-Vectors

まずは、エアフレームテントの特徴を解説します。一般的なテントを設営する場合、設置する場所へ置いて、ポールをジョイントして、ホールへ通してと手順を踏まなければなりません。エアフレームテントのメリット・デメリットを知っておきましょう。

メリット:設営・撤収が簡単!

エアフレームテントであれば、設置場所を決めて膨らませれば自立するため、簡単に設営可能です。撤収する際も空気を抜いて、折りたたむだけで、完了しますので、キャンプ地へ着いたときも、出発するときも作業時間を短縮し、アクティビティや楽しみの時間を増やせます。

また、『フレームに穴が空いてしまうのでは?』と心配になりがちです。しかし、エアーフレームテントには、耐久性の強い素材が使われており、とても丈夫です。万が一、穴が空いてしまうトラブルに見舞われても、倒壊しにくい仕様が取り込まれたものを選びましょう。

デメリット:価格と重量



エアフレームテントはその名の通り、金属・樹脂製のフレームではありません、そのため、軽量化やコンパクトさにつながると考えがちですが、収納性は一般的なテントよりも同等か、それ以上のアイテムが多くなります。

また、価格も高くなりがちなので、自分のキャンプスタイルにピッタリなものを選ばなければ、後悔の元です。

エアフレームテントの選び方!

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

エアフレームテントが欲しくなった人は、選び方も押さえておきましょう。ここではエアフレームテントを選ぶ際に、チェックしておきたいポイントをそれぞれに分けて解説しますので、最適なエアフレームテント選びの参考にしてみてください。

選び方1:人数

エアフレームテントには、ソロ〜大人数に対応したものまで豊富なバリエーションが販売されています。選ぶコツとしては「よくキャンプへ行く人数+1人」のサイズを意識すると、余裕を持った室内空間のキャンプにつながるのでおすすめ。

ギリギリの収容人数で選んでしまうと、荷物を外に出さざるを得なくなったり、窮屈になってしまったりと、セキュリティの不安や快適性を損なってしまう原因です。

選び方2:価格

エアフレームテントは同じ収容人数・耐水圧のテントと比較すると価格が高めのものが多くなります。中にはリーズナブルなエアフレームテントもありますので、収容人数や機能性と併せて、予算に合ったテントを選ぶようにしましょう。

選び方3:形状

エアフレームテントにも、ドーム型・ワンポール型・トンネル型とあらゆる形状があります。ドーム型とワンポール型は一般的なテントと同じような居住性のものが多くあり、さらに前室や収納などもチェックしておきましょう。

トンネル型のエアフレームテントは、大人数で使えるものが多く、グランドシートの有無や、インナーテントを使って2ルーム仕様となっているものなどさまざまです。好きな形状のエアフレームテントを選んで、キャンプをより楽しみましょう。

おすすめエアフレームテント10選!

ソロ〜4人までに最適!小型エアフレームテント6選!

ここでは、1人から4人の収容人数となっているエアフレームテントを5つ選んで紹介します。ソロキャンパーや少人数のキャンプに最適なものばかりとなっていますので、簡単・短時間で設営して、キャンプサイトで過ごす時間を増やしてみませんか?

1:LOGOS/エアマジックドーム

LOGOSエアマジックドーム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
収容人数3人
展開サイズ(約)295×230×155cm
収納サイズ(約)66×26×26cm
重量(約)7.2kg
耐水圧3000mm
付属品専用ポンプ・収納バッグ

LOGOSの「エアマジックドーム」は耐風性に優れた構造で簡単、組立時間は驚きの1分半です。2人から親子3人のキャンプにおすすめのエアーフレームテント。インナーテント前には、靴の脱ぎ履ぎに便利なウェルカムシート付き、開口部も広く作られているので、スムーズに出入りできます。エアフレームテントの中でも人気が高く、幅広い人におすすめです。

2:小川テント/エアーフレームテントMOOSE

小川テントエアーフレームテント ムース

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
収容人数2人
展開サイズ(約)230×215×125cm
収納サイズ(約)50×27×27cm
重量(約)5.3kg
耐水圧3000mm
付属品収納袋・アルミペグ・エアーポンプ・補修キット

小川テントは『丁寧な作りで長く使える』と評判のテントが豊富。エアーフレームテント「MOOSE」はつり下げ式のインナーテントとなっており、通常のテントとしてはもちろん、取り外して簡易シェルターとしても使えるテントです。ソロ〜2人まで対応できるエアーフレームテントの中では比較的軽量・コンパクトに持ち運べるので、収納スペースを減らしたい方におすすめします。

3:Prairie House/エアフレームテント

Prairie Houseエアフレームテント

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
収容人数4人
展開サイズ(約)305×165×135cm
収納サイズ(約)60×30×30cm
重量(約)5.7kg
耐水圧2000mm
付属品エアーポンプ・ペグ

Prairie Houseのエアフレームテントは、天井部にメッシュ生地が採用されており、とても通気性のよいテントです。インナーテントを使用することで、出入り口を開けていても、虫を気にせずキャンプを過ごせるのが特徴。メッシュからテント生地に切り替えることでプライバシーも確保できます。

前室を広く取れるので、タープとして日よけにも使うことが可能です。4人までのキャンプ、リーズナブルにエアフレームテントを取り入れたい人におすすめします。

4:HEIMPLANET/フィストラル

HEIMPLANET  フィストラル

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
収容人数2人
展開サイズ(約)総設置面積4.2㎡・高さ132cm
収納サイズ(約)34×20×20cm
重量(約)2.5kg
耐水圧2500mm
付属品ペグ・リペアキット・ガイライン・収納バッグ

HEIMPLANETの「フィストラル」はソロから2人のキャンプにおすすめのエアフレームテントです。近未来的なフォルムはおしゃれなキャンプにピッタリ。出入り口が両サイドに設けられているので、使いやすさにも評判が高いテントです。重量も約2.5kgとエアフレームテントの中では軽量級に属しますので、荷物をコンパクトにまとめたいツーリングキャンプにも最適。

5:Quechua/エアーセカンズ4.2XL

Quechua(ケシュア) エアーテント 4人用

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
収容人数4人
展開サイズ総設置面積5.8㎡・高さ195cm
収納サイズ(約)75×39×39cm
重量(約)16.26kg
耐水圧2000mm
付属品収納バッグ

Quechua「エアーセカンズ4.2XL」は2人ずつ就寝できる2ルームを左右に配置し、中央部分はタープのように使えるよう、グランドシートを外せる仕様です。寝室内側は黒い生地で囲まれており、光を遮る工夫が施されていたり、豊富な収納ポケットが備えられていたりと使いやすさが詰まったエアフレームテントです。寝室を分けられるエアフレームテントを探している人におすすめします。

6:Hilander/エアートンネル ミーニィ

Hilander/エアートンネル ミーニィ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
収容人数4人
展開サイズ(約)495×310×195cm
収納サイズ(約)75×40×35cm
重量(約)14kg
耐水圧2000mm
付属品収納ケース

Hilander「エアートンネル ミーニィ」は広々とした前室が魅力のエアフレームテントです。キャノピーポールでタープスペースを作る、テント生地を巻き上げてスクリーンタープとして使うなど状況に応じて設営方法を変えられるので、いつでも快適な時間を過ごせる工夫が詰まっています。大人4人までのキャンプや、小さな子供連れのファミリーにおすすめのエアフレームテントです。

コンパクトなテントを探している方はこちらも!

エアフレームテント以外にも、少人数のキャンプにおすすめしたいコンパクトサイズ、軽量なテントを探している方はこちらの記事で詳しく解説していますので、テント探しの参考にしてみてください!

あわせて読みたい
2022!おすすめのウルトラライトテント7選!軽量・コンパクトで携帯性も抜群!のイメージ
2022!おすすめのウルトラライトテント7選!軽量・コンパクトで携帯性も抜群!
登山用、山岳用テントの中でも比較的軽量なウルトラライトテントを紹介しますね。登山は荷物が軽ければ軽いほど疲れにくくなるため重さは大切です。今回は、低価格なものから登山でも使われている信頼性の高い軽量なウルトラライトテントなどをおすすめします。

大人数でも簡単!大型エアフレームテント4選!

Photo byFabricioMacedoPhotos

グループキャンプに使う大型テントは、設営するまで人手、時間が掛かる大変なものも。エアフレームテントであれば、空気で膨らむ簡単設営で、快適な空間をあっという間に用意できますので、初心者におすすめです。ここでは耐久性に優れ、強風や万が一の穴空きにも備える機能を持った大型エアフレームテントを5つ選んで紹介します。

1:LOGOS/エアマジックPANELトンネルドーム

LOGOS/エアマジックPANELトンネルドーム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
収納人数6人
展開サイズ(約)300×525×200cm
収納サイズ(約)94×48×45cm
重量(約)19kg
耐水圧3000mm
付属品収納ケース・エアポンプ

LOGOS「エアマジックPANELトンネルドーム」は短時間で設営・撤収ができる2ルーム式エアフレームテントです。別売りのキャノピーポールを使って開放的なタープスペースも作れます。フルクローズ時には強風にも耐える仕様が取り入れられたり、インナーテントを外して大型のスクリーンタープとして使えたりとあらゆるシーンで活躍してくれるエアフレームテントです。

2:LOGOS/エアマジックリビングハウス

LOGOSエアマジック

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
収容人数5人
展開サイズ(約)630×380×215cm
収納サイズ(約)85×40×40cm
重量(約)28kg
耐水圧3000mm
付属品収納ケース・エアポンプ

LOGOS「エアマジックリビングハウス」は簡単設営・撤収はもちろん、耐久性と強風にも耐える仕様を取り入れたエアフレームテントです。その秘密は縦に1本、梁(はり)となるチューブを入れることで横風が吹き付けても揺れを抑えてくれます。両サイドをキャノピーポールで自立させ、タープスペースにできるので、開放的な空間作りを誰でも短時間で行えるのがポイントです。

3:Hilander/エアートンネル ルーミィ2

Hilander エアートンネル ルーミィ2

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
収容人数5人
展開サイズ(約)640×310×195
収納サイズ(約)72×44×44cm
重量(約)18.8kg
耐水圧2000mm
付属品収納ケース・ペグ・エアーポンプ

Hilander「エアートンネル ルーミィ2」は『大人1人でも設営できる』がコンセプトの2ループ式大型エアフレームテントです。キャノピーポールでタープスペースを作ったり、両側のサイドウォールを巻き上げてさらに開放的な空間を演出したりとアレンジの幅広さが魅力。標準でパッケージされているインナーテントとは別に、インナーテントを買い足すことで両サイドを寝室にし、収容人数を増やすことも可能です。

4:Quechua/エアーセカンズ6.3XL

Quechuaエアーセカンズ6人用

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
収容人数6人
展開サイズ(約)630×300×200cm
収納サイズ(約)85×38×38cm
重量(約)25kg
耐水圧2000mm
付属品収納ケース

Quechua「エアーセカンズ6.3XL」は寝室が3つに分かれ、最大6人の就寝が可能なエアフレームテントです。中央のリビングスペースはテーブルやアウトドアチェアを置いて集う場所として使いながら、それぞれのプライバシー確保もできる優れもの。また、遮熱性が高いフライシートは真夏キャンプの暑さを和らげる独自素材が取り入れられています。耐久性・使い勝手のよいエアフレームテントを探している人に最適です。

大型テントを探している方はこちらも!

エアフレームテント以外にもグループキャンプにおすすめしたい大型サイズのテントを探している方はこちらの記事で詳しく解説していますので、テント探しの参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【2022】大型テントおすすめ13選!大人数でも安心な人気巨大テントをご紹介!のイメージ
【2022】大型テントおすすめ13選!大人数でも安心な人気巨大テントをご紹介!
今回はグループキャンプやファミリーキャンプなどで重宝して使えるサイズの巨大な大型テントを多数ご紹介していきます。人数が多くても窮屈感なくリラックスしてくつろげる広々空間のテントを多数ご紹介しますので、お気に入りの大型テントを見つけてみてください。

エアフレームテントのレビューと比較表

気になる評判・レビューをチェック!

Photo byTumisu

エアフレームテントとは、まだ販売されて間もないカテゴリーなので『実際に使っても大丈夫か不安』と言う方のために、実際に使っている人の評判やレビューを参考に導入してみるか検討してみてはいかがでしょうか?

・とにかく大きい
・フルクローズしても余裕で歩き回れる
・設営が簡単でポールの様に隣の人に迷惑がかからない
・寝る時もかなり快適で、大雨が降っても漏れも浸水もしない
・大風一家の後もピクリともしない
・とにかく目立つ。周囲の目が眩しい笑

エアーフレームテントの口コミは『設置が楽だ』との評判がほとんどです。また、使っている人が少ないため、キャンプサイトで目印にしやすい・目立つと言った点もエアフレームテントの特徴。快適で耐久性に優れるテントを探している人にピッタリです。

デメリット
・収納してもかなりデカイ。軽なら無理
・付属のポンプではかなりしんどい。筋肉痛絶対。電動が必要(電動なら本当に8分)
・電動でも8割程度しか入らないので、やっぱりポンプが必要
・収納するときだいぶチカラが必要
・相当高価な品
・前面はを上げられるのは晴れの日だけで、雨の日は無理
・とにかく重たい

エアフレームテントは折りたたんでも大きいものが多いので、収納性の悪さを指摘する口コミも。車のラゲッジスペースや積載場所を事前に計測してから購入しましょう。エアフレームテントの大きさによっては付属しているポンプだけでは『空気を入れて膨らむまでに時間が掛かる』とのレビューも。電動式のポンプを組み合わせて、調整として手動ポンプを使うような設営をおすすめです。

大型エアフレームテントの比較表

スクロールできます

商品
商品名LOGOSエアマジックドーム小川テントエアーフレームテント ムースPrairie HouseエアフレームテントHEIMPLANET  フィストラルQuechua(ケシュア) エアーテント 4人用Hilander/エアートンネル ミーニィLOGOS/エアマジックPANELトンネルドームLOGOSエアマジックHilander エアートンネル ルーミィ2Quechuaエアーセカンズ6人用
収容人数3人2人4人2人4人4人5人5人6人
展開サイズ(約)295×230×155cm(約)230×215×125cm(約)305×165×135cm(約)総設置面積4.2㎡・高さ132cm総設置面積5.8㎡・高さ195cm(約)495×310×195cm(約)300×525×200cm(約)630×380×215cm(約)640×310×195(約)630×300×200cm
収納サイズ(約)66×26×26cm(約)50×27×27cm(約)60×30×30cm(約)34×20×20cm(約)75×39×39cm(約)75×40×35cm(約)94×48×45cm(約)85×40×40cm(約)72×44×44cm(約)85×38×38cm
重量(約)7.2kg(約)5.3kg(約)5.7kg(約)2.5kg(約)16.26kg(約)14kg(約)19kg(約)28kg(約)18.8kg(約)25kg
耐水圧3000mm3000mm2000mm2500mm2000mm2000mm3000mm3000mm2000mm2000mm
付属品専用ポンプ・収納バッグ収納袋・アルミペグ・エアーポンプ・補修キットエアーポンプ・ペグペグ・リペアキット・ガイライン・収納バッグ収納バッグ収納ケース収納ケース・エアポンプ収納ケース・エアポンプ収納ケース・ペグ・エアーポンプ収納ケース
商品リンク
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る

おすすめしたエアフレームテントの比較表です。空気を入れて膨らむので、いずれテントも簡単に設営でき、耐久性も高いと評判です。少人数のキャンプには「エアマジック」や「MOOSE」がレビューでも評価が高く人気、アレンジバリエーションの多さでは「ミーニィ・ルーミィ2」がおすすめです。人数や積載の大きさを比較して、テント選びの参考にしてみてください。

エアフレームテントは初心者におすすめ!

2021年最新・人気のエアフレームテントを10個選んで紹介しました。エアフレームテントは空気を入れるだけで、フレームが膨らむこと、設営完了するまでの時間が他のテントと比べて圧倒的に短いことがメリットです。

エアフレームテントとは?と言うことから、選び方も解説しましたので、最適なエアフレームテントを探すときの参考にしてみてください!自分にピッタリなテントを選んで、キャンプの楽しみ時間を増やしましょう!

テントが気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは「設営楽チンのエアフレームテントの魅力を徹底解説!おすすめ商品10選もご紹介!」以外にもテントに関することを取り扱った記事をたくさん掲載しています。気になる方はチェックしてみてください!

Movie動画記事

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」29~35日目!

酷いありさまだったキャンプ初心者も、毎日キャンプ生活一ヶ月を迎え、ギアも揃い始め、ついに立派なキャンプ場でのキャンプもできた29~35日目。でもまだまだ体験してないことばかりで、毎日新しい経験をしてい...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...