【2018年最新】人気テント特集!種類とサイズ別おすすめテント30選!のイメージ

【2018年最新】人気テント特集!種類とサイズ別おすすめテント30選!

テントはアウトドアのメインアイテムの1つです。アウトドアを楽しむには、テントを選ぶことから始まります。アウトドアメーカーからさまざまなタイプのテントがリリースされています。今回は、2018年最新の人気テントを種類とサイズ別に30選紹介します。

2018年06月02日更新

kurip
kurip
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. テントの種類は?
  2. テントの4つの選び方は?
  3. あなたのスタイルで選ぶ
  4. 2018年おすすめテント30選を紹介!
  5. 2018年おすすめのドーム型テント11選
  6. 2018年おすすめのドーム型テント① 1-3人用
  7. 2018年おすすめのドーム型テント② 2人用
  8. 2018年おすすめのドーム型テント③ 2人用
  9. 2018年おすすめのドーム型テント④ 2-3人用
  10. 2018年おすすめのドーム型テント⑤ 2-3人用
  11. 2018年おすすめのドーム型テント⑥ 3人用
  12. 2018年おすすめのドーム型テント⑦ 3-4人用
  13. 2018年おすすめのドーム型テント⑧ 3-4人用
  14. 2018年おすすめのドーム型テント⑨ 6人用
  15. 2018年おすすめのドーム型テント⑩ 6-7人用
  16. 2018年おすすめのドーム型テント⑪ 12人用
  17. 2018年おすすめのワンポールテント8選
  18. 2018年おすすめのワンポールテント① 1人用
  19. 2018年おすすめのワンポールテント② 4人用
  20. 2018年おすすめのワンポールテント③ 4人用
  21. 2018年おすすめのワンポールテント④ 4−6人用
  22. 2018年おすすめのワンポールテント⑤ 5人用
  23. 2018年おすすめのワンポールテント⑥ 7-8人用
  24. 2018年おすすめのワンポールテント⑦ 8人用
  25. 2018年おすすめのワンポールテント⑧ 12人用
  26. 2018年おすすめの2ルームテント5選
  27. 2018年おすすめの2ルームテント① 4-5人用
  28. 2018年おすすめの2ルーム型テント② 4-5人用
  29. 2018年おすすめの2ルームテント③ 5人用
  30. 2018年おすすめの2ルームテント④ 6人用
  31. 2018年おすすめの2ルームテント⑤ 6人用
  32. 2018年おすすめのロッジ型テント5選
  33. 2018年おすすめのロッジ型テント① 3-4人用
  34. 2018年おすすめのロッジ型テント② 4人用
  35. 2018年おすすめのロッジ型テント③ 5人用
  36. 2018年おすすめのロッジ型テント④ 5人用
  37. 2018年おすすめのロッジ型テント⑤ 10-12人用
  38. 2018年おすすめの個性派テントX型 4人用
  39. あなたのスタイルにフィットしたテントでアウトドアを快適に!

テントの種類は?

出典: https://pixabay.com

テントの種類は、構造や形状からさまざまな種類やサイズがメーカーからリリースされています。また、テントの種類によって重量や設営方法もさまざまです。 あなたのスタイルに合うテントの購入するためにも、テントの種類を見ていきましょう。

テントの構造は2種類?

出典: https://pixabay.com

テントの構造は、一枚生地のシングルウォールタイプと、フライ部とインナーで構成されているダブルウォールタイプがあります。コンパクトな収納と軽量性を求める場合は、シングルウォールタイプのテントがおすすめです。 ダブルウォールタイプは、結露しにくく、前室に荷物などを置く空間があります。

テントの設営スタイルも2種類あるの?

出典: https://pixabay.com

テントの設営方法には、自立式と非自立式があります。自立式でも、ペグダウンが可能なテントは、風がない日でもペグダウンして固定することをおすすめします。 設営がとても簡単なワンタッチテントやポップアップテントは、初心者におすすめの自立式のテントです。非自立式は、ペグダウンして設営することから耐候性や耐風性に優れています。

テントの形状4-1:ドーム型

出典: https://pixabay.com

テントの中でも最もポピュラーな形状は、ドーム型テントです。ドーム型の形状は、風の抵抗を受けにくく、耐風性にも優れています。自立式や非自立式、両方の種類があります。 また、設営の簡単さと携帯性は、登山用から初心者まで幅広い層のアウトドアキャンプにおすすめです。コンパクトなサイズから大型サイズまで種類が豊富なことも定番テントの特徴です。

テントの形状4-2:ワンポールテント

出典: https://pixabay.com

ティピー型、モノポールテントとも呼ばれ、おしゃれな人気の非自立式テントです。テント内部の高さは、開放感を生み出し居住性が高いことも人気の理由です。 初心者にもおすすめのテントです。ソロから大人数用までサイズも豊富にあります。

テントの形状4-3:2ルームテント

出典: https://pixabay.com

テント内部が2つに仕切られた、非自立式のテントです。寝室とリビングを分けて使えることから、ファミリーやグループキャンプに人気があります。 重量があり、パーツが多いですが初心者でも設営できます。広い空間は、雨キャンプも快適、居住性に優れたテントです。

テントの形状4-4:ロッジ型テント

出典: https://pixabay.com

ロッジ型テントは、居住性と耐候性に優れた非自立式の大型テントです。テントの種類の中でも、最も広い空間と優れた居住性の特徴があります。 サイズや重量も大きいですが、初心者でもコツをつかめば設営できます。オートキャンプやフリーサイトのキャンプにおすすめのテントです。

テントの4つの選び方は?

出典: https://pixabay.com

さまざまなアウトドアメーカーからさまざまなタイプのテントがリリースされています。テントの選び方次第で、あなたのアウトドアキャンプの楽しみが左右されます。 テントの選び方は、あなたがアウトドアキャンプをするシーンを想定することから始まります。あなたのスタイルに合うテントの選び方を紹介します。

ロケーションからの選び方

出典: https://pixabay.com

あなたはアウトドアをするロケーションが区画サイトでキャンプをする場合は、区画サイトにあった設営面積のサイズのテントを選んでください。あらかじめキャンプサイトの区画面積をチェックして、確認することをおすすめします。

キャンプをする季節からの選び方

出典: https://pixabay.com

あなたがキャンプをするシーズンからの選び方は、テントのスペックを目安にしましょう。雨の多い季節では、高耐水圧のテントをおすすめします。寒い季節でのキャンプでは、T/Cコットン混紡生地や4シーズン対応のテントがおすすめです。

利用する人数からの選び方

出典: https://pixabay.com

利用する人数からの選び方は、あなたのキャンプギアの量も考慮して選びましょう。アウトドアキャンプをゆったりした空間で楽しむためには、利用する人数に1から2人プラスした収容人数のテントを選ぶことをおすすめします。

あなたのスタイルで選ぶ

出典: https://pixabay.com

ツーリングや初心者、登山キャンプなど、簡単にテント設営したい場合は、自立式や簡単に設営できるタイプのテントをおすすめします。 ファミリーやグループキャンプには、2ルームテントやロッジ型テントがおすすめです。重量感はありますが解放的な空間は快適で楽しいひと時が過ごせます。また、大型サイズのワンポールテントも人気です。

2018年おすすめテント30選を紹介!

出典: https://pixabay.com

さまざまな種類のテントがアウトドアメーカーからリリースされています。おすすめ人気テントの形状の種類とサイズ別に30選紹介します。 あなたがアウトドアキャンプでテントを利用するシーンを思い浮かべながら、ご覧ください。

2018年おすすめのドーム型テント11選

出典: https://pixabay.com

ドーム型のテントは、テントの種類の中でも初心者でも設営が簡単で、耐候性に優れています。ドーム型テントを人数別に12選紹介しますので、あなたのテント選びの参考にして下さい。

2018年おすすめのドーム型テント① 1-3人用

出典: https://www.snugpak.com

イギリスのアウトドアメーカーSnugpakは、剛健な実用性から軍用品も製造し、スタイリッシュなアイテムをリリースしています。ミリタリー好きなアウトドアキャンパーやコアなファンに人気のメーカーです。

Snugpak スコーピオン3

出典: https://www.snugpak.com

設営サイズ:274x198x122cm
収納サイズ:21×43cm
収容人数:1-3人
素材:フライ: 210tポリエステル/インナー:190ナイロン/50Dポリエステルメッシュ/ポール:アルミ
耐水圧:5000mm
重量:3.4kg
付属品:フライ、ポール、インナー、ステーク、ガイロープ、キャリーバッグ

スナグパックのテントは、タフなスペックと簡単設営、耐候性や耐風性にも優れています。オールシーズン使える、初心者にもおすすめの剛健なドーム型テントです。

2018年おすすめのドーム型テント② 2人用

出典: https://www.amazon.co.jp

アライテントは、テントメーカーのパイオニアでもあり、優れた技術の職人メーカーでもあります。他ブランドのOEM製品も手がけながら多くのアウトドアアイテムを作り続けています。

ARAI TENT ドマドームライト 2

出典: http://www.arai-tent.co.jp

設営サイズ:210×160×高108cm
収納サイズ:本体直径20×34cm/フレーム38cm
収容人数:2人
素材:本体:28dnリップストップナイロン/フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング/グランドシート:40dnナイロンタフタPUコーティング/フレーム:NSL9フェザーライト
重量:2kg
付属品:フライ、グランドシート

ドマドームライト2は、テント内をベッドルームに、前室を土間の広い空間としてツインルームのように使う仕様になっています。ソロキャンプにもおすすめのシンプルな職人技のドーム型テントです。

2018年おすすめのドーム型テント③ 2人用

出典: https://www.e-mot.co.jp

アウトドア、スポーツ用品まで手がけているメーカー、MSRはプロから初心者まで広い人気と信頼があります。極限下での人命を守るスペックを追求するMSRのテントギアは、日本でも高い人気があります。

MSR エリクサー2 ホワイト

出典: https://www.e-mot.co.jp

設営サイズ:279×213×102cm
収納サイズ:51×17cm
収容人数:2人
素材:フライ:68Dリップストップポリエステル/本体:20Dリップストップナイロン/マイクロメッシュ/フロア:70Dタフタ・ナイロン(デュラシールド・ポリウレタン・コーティング)
耐水圧:フライ:1500mm/フロア:3000mm
重量:2.66kg
付属品:グランドシート、キャリーバッグ

設営/撤収、本当に簡単で、面倒くさくない。
この簡単とは、キャンプ地を変えながら移動するツーリングキャンプでは本当に重要な事です。

コンパクトな収納と軽量、ハイスペックな機能を兼ね備えたモデルです。3シーズン使える、強度の高いナイロンとメッシュが生地に使われています。 設営も簡単で初心者やカップル、ソロキャンパーにおすすめです。

2018年おすすめのドーム型テント④ 2-3人用

出典: http://www.captainstag.net

アウトドアギアの定番メーカー、キャプテンスタッグのクイックドームは、3種類リリースされています。中でもソロキャンプやツーリングにおすすめのテントを紹介します。

キャプテンスタッグ CS クイックドーム200UV

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:約200×340×高135cm
収納サイズ:約80×18×18cm
収容人数:2-3人
素材:フライ:ポリエステル70D/インナー:ウォール=ポリエステル70D(通気性撥水・防水)/グランドシート:ポリエステル150D/メッシュ:ポリエステルノーシームメッシュ/ポール:Φ8.5・9.5mmグラスファイバー
耐水圧:1000mm
重量:約4.7kg
付属品:ポール、グランドシート、キャリーバッグ

彼女と二人で寝ましたが快適でした。尚且つ設営&片付けは楽々で新しい良いテントをてに入れれました。バイク旅に使用しましたが大きさも程よくオススメの一品です。

設営がワンタッチでできるダブルウォールタイプのドーム型テントです。前後についた出入り口には前室がついて荷物や靴を置くスペースとしても使えます。 設営に時間をかけたくない人や初心者におすすめのスタンダードなクイックドームです。

2018年おすすめのドーム型テント⑤ 2-3人用

sol_78_さんの投稿
29402904 163595444351257 3639908693719384064 n

テントの種類は時代とともに進化しています。ドイツの新鋭アウトドアブランド、ヘイムプラネットの個性的なインフレータブルなテントを紹介します。

ヘイムプラネット The Cave Cairo Camo

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:設置面積5.0㎡全高125cm/インナーテント102cm
収納サイズ:23x32x40cm
収容人数:2-3人
素材:フライ:75Dリップストップナイロン/ インナーテント40Dリップストップナイロン/グラウンドシート70Dナイロン
耐水圧:フライ5000mm/グラウンドシート7000mm
重量:5.2kg
付属品:リペアシート、ペグ、ガイライン

フレームに空気を送り込むことでテントが簡単に立ち上がります。初めて設営するときは、インナーテントやフライシート、エアーフレームを接続してください。 設営も超簡単で、初心者や個性的なテントが気になる方におすすめです。

2018年おすすめのドーム型テント⑥ 3人用

出典: https://www.decathlon.co.jp

フランスのアウトドアショップDECATHLONのアウトドア部門ケシュアのエアーセカンズシリーズは、収容人数によって種類も豊富です。サイズによって2人用から6人用と幅広いラインナップがあります。

ケシュア 2 SECONDS AIR PRINT ポップアップテント 3人用 アジア限定

出典: https://www.decathlon.co.jp

設営サイズ:230×200×104cm
収納サイズ:直径74cm
収容人数:3人
素材:フライシート、インナー :ポリエステル/マット:ポリエチレン/ポール:ガラス繊維 (FG)
耐水圧:2000mm
重量:4.02kg
付属品:ポール、ペグ、キャリーバッグ

瞬時に設営できるポップアップ式のエアーセカンズシリーズに、アジア限定のカラフルなテントが登場しました。 キャンプ初心者や設営に時間をかけたくない人、少人数のファミリーにおすすめのテントです。

2018年おすすめのドーム型テント⑦ 3-4人用

出典: https://www.amazon.co.jp

GEERTOP テント 4人用 コンパクト 3~4シーズン用

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:370×240×高140cm
収納サイズ:17×17×57cm
収容人数:3-4人
素材:防水シート:210T、防水ポリエステル、シームテープ加工/インナーテント:210T 通気性ポリエステル、高密度微細ナイロンメッシュ
耐水圧:5000mm
重量:4.25kg
付属品:防水シート、インナー/ペグ×17/ガイドロープ×4/アルミポール、キャリーバッグ

3シーズン使えるダブルウォールテントです。過酷な状況下でも使えるタフなスペックを搭載しています。 前室のスペースが広く、便利で快適です。ベンチレーション機能もあり、結露対策にも優れています。

2018年おすすめのドーム型テント⑧ 3-4人用

出典: https://www.amazon.co.jp

テントファクトリー ヘキサドーム H4 TF-4SHD4

出典: http://www.tentfactory.jp

設営サイズ:435×245×150cm
収納サイズ:22.5×22.5×64cm
収容人数:3-4人
素材:インナー:ポリエステルタフタ185T75D/フライ:ポリエステルタフタ210T68Dリップストップ/フロアシートポリエステルオックス150D/ポール:ジュラルミン
耐水圧:インナー800mm/フライ・フロアシート3000mm
重量:6.8kg
付属品:ポール、ペグ×20、ガイドロープ、キャリーバッグ

サイドの窓を開ければ、通気性や開放感が生まれます。窓とフライシートの裾部分もフルクローズすれば、寒さ対策にもなります。 ワイドな空間とコンパクトな収納と軽量さも兼ね備えたバランスの良いスペックのユースフルなテントです。

2018年おすすめのドーム型テント⑨ 6人用

出典: https://ec.coleman.co.jp

コールマンIL タフワイドドームⅣ/300

出典: https://ec.coleman.co.jp

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N05624.html
設営サイズ:530×300×高185cm
収納サイズ:直径25×75cm
収容人数:6人
素材:フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO)、インナー/68Dポリエステルタフタ/フロア:210Dポリエステルオックス、メインポール:アルミ合金ф12㎜/フロントポール:FRP、キャノピーポール:スチール
耐水圧:2000mm
重量:11.6Kg
付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、ポール、フライシート、キャリーバッグ

コールマンのタフな機能とスタイリッシュなカラーがおしゃれな大型ファミリーテントです。1人で設営できるアシスト機能が搭載されています。 おしゃれなファミリーテントが欲しい方や初心者にもおすすめのドーム型テントです。

2018年おすすめのドーム型テント⑩ 6-7人用

出典: https://www.amazon.co.jp

クライマーを始め多くのファンを持つアウトドアメーカー、モンベルは、ハイスペックな品質が人気を呼び続けています。モンベルで最も人気の高い定番モデル、ムーンライトシリーズを紹介します。

モンベル ムーンライトテント7型

出典: https://webshop.montbell.jp

設営サイズ:490×220×高175(室内165)cm
収納サイズ:約25×25×65cm
収容人数:6-7人
素材:キャノピー:70デニール・ナイロン・リップストップ[通気撥水加工、難燃加工]/フロア:210デニール・ナイロン・タフタ(ウレタン・コーティング、難燃加工)/フライシート:75デニール・ポリエステル・タフタ(ウレタン・コーティング、難燃加工)/ポール:7001超々ジュラルミン[アルマイト酸化皮膜加工、難燃加工]
耐水圧:フライ1500mm/フロアシート2000mm
重量:8.4kg
付属品:フライシート×1、フレーム×2、ペグ×10、キャリーバッグ

夏に家族でオートキャンプするために4年ほど前に購入しました。
長年にわたり一定の人気を保っているだけあり実用的でとてもバランスが取れたテントだと思います。

月明かりでも設営できる初心者にもプロにも配慮された仕様です。日本の気候に合わせたスペックと耐久性、軽量性にも優れています。ムーンライト7は、ファミリーやグループキャンプにおすすめのサイズです。

2018年おすすめのドーム型テント⑪ 12人用

出典: https://www.amazon.co.jp

本格登山メーカー、モンベルにも大型テントがリリースされています。大人数が長期滞在できるペースキャンプとして、ファミリー同士など大人数でのアウトドアにもおすすめのユニークな形状の大型テントを紹介します。

モンベル ヘリオスドーム12型 グリーン

出典: https://webshop.montbell.jp

設営サイズ:438×409×高268(256)cm
収納サイズ:本体/約82×29×20cm、フライシート/約72×28×18cm
収容人数:12人
素材:キャノピー:ナイロンメッシュ/250デニール・ポリエステル・タフタ(ウレタン・コーティング)/210デニール・ナイロン(ウレタン・コーティング)/フライシート:250デニール・ポリエステル・タフタ(ウレタン・コーティング)/グランドシート:210デニール・ナイロン(ウレタン・コーティング)/ポール:7001アルミ合金(アルマイト酸化皮膜加工)
耐水圧:キャノピーメッシュ1500mm・2000mm/フライ1500mm/グラウンドシート2000mm
重量:28kg
付属品:フライシート、フレーム4種×16、張り綱×5、ペグ×15、ポール応急補修用パイプ・スタッフバッグ

ヘリオスドームは、蜂の巣のようなパネルが散りばめられています。テント内部は、開放感抜群です。 出入り口は5箇所、インナーは総メッシュ加工で通気性にも優れています。スペーシーな大人数のキャンプにおすすめの大型ドーム型テントです。

2018年おすすめのワンポールテント8選

出典: https://pixabay.com

ワンポールテントは、テントの種類の中でも人気のテントです。ソロから大型サイズまで種類も豊富な人気のワンポールテントを8選紹介します。

2018年おすすめのワンポールテント① 1人用

出典: https://www.amazon.co.jp

テンマクデザインは、今のキャンプシーンに対応した製品と未来のニーズに生み出す製品を開発、リリースしています。 イラストレータでもありアウトドアコーディネーターこいしゆうか氏とのコラボによって生まれた人気のパンダテントを紹介します。

テンマクデザイン PANDA[パンダ]アースカラー

出典: http://webshop.wild1.co.jp

キャンプが好きでいくつかテントを持っておりますが、ワンポールで、設置も簡単で、かなり、出番が多いテントになりました。
前室もひろく、張り方によっては、入り口を風除けにもつかえます。

細やかな配慮が施されたワンポールテントです。四角錐の形状は、テント内部を有効に使えて、フルメッシュのインナーとベンチレーターは、通気性にも優れています。 初心者やソロキャンプ、ツーリングなどにおすすめのリーズナブルなワンポールテントです。

claudionei17さんの投稿
19367499 278085789331914 2287875000645976064 n

2018年おすすめのワンポールテント② 4人用

出典: http://www.tent-mark.com

おしゃれなデザインと実用性が人気のアウトドアメーカー、テンマクデザインに、サーカスをイメージした四角錐のワンポールテントがリリースされています。

テンマクデザイン サーカス 300ST

出典: http://webshop.wild1.co.jp

設営サイズ:310 × 310 ×高 255cm
収納サイズ:
収容人数:4人
素材:本体:ポリエステル 210D(表面テフロン加工・裏面ポリウレタンコーティング・UVプロテクション加工)/グランドシート:ポリエステル 210D (ポリウレタンコーティング)/メインポール:スチール製 (Φ32mm/255cm)/フロントポール:スチール製クロス型×1セット(Φ19mm/258cm)/コーナーポール:グラスファイバー製×4Φ11mm/60cm)
耐水圧:1500mm
重量:約4kg
付属品:張り綱(1.5m×6、3.5m×3、4m×1)アルミ製ペグ×19、スチールペグ×4、グランドシート、キャリーバッグ

210D生地で作りもしっかりしており、
質感良く、フォルムも可愛くカッコイイです。

接地面から60cmの立ち上がりは、テント内部空間を有効に使えて、区画サイトに合わせた仕様になっています。 通気性や結露対策にベンチレーションも装備されています。ファミリーやグールキャンプにおすすめのおしゃれなワンポールテントです。

2018年おすすめのワンポールテント③ 4人用

出典: http://canadianeast.jp

設営サイズ:直径350×320×高245cm
収納サイズ:80×24×24cm
収容人数:4人
素材:ポリエステルリップストップ75D/グランドシート:ポリエステル210D/ポール:6061アルミ合金Φ30mm(245mm 4本継)
耐水圧:1800mm
重量:約7.4kg
付属品:張り出しポール170cm、スチールピン、張綱、ハンマー、グラウンドシート、キャリーバッグ

作りは流石。生地の縫製もしっかりしており、耐水も問題無い。長く使えそうです。

小川キャンパルのベースカラーはブラウンとレッドの種類があります。コラボモデルのブラックは、夏の日差しも遮り、ベンチレーターも多数装備され、通気性にも優れています。ファミリーサイズのクールなワンポールテントです。

2018年おすすめのワンポールテント④ 4−6人用

出典: http://210.255.93.10

さまざまなアウトドア用品が人気のメーカー、ノースイーグルは、確かな品質が多くのアウトドアファンを魅了し続けています。中でも人気のワンポールテントを紹介します。

ノースイーグル ワンポールテントBIG420 NE168

出典: http://210.255.93.10

設営サイズ:約450×450×300cm(インナーサイズ:約420×420×260cm)
収納サイズ:74×23×23cm
収容人数:4-6人用
素材:フライシート:75Dポリエステル/インナーシート/68Dポリエステル/フロア:210Dポリエステルオックス、ポール/直径32mmスチール
耐水圧:フライ:1500mm/フロアシート3000mm
重量:約11kg
付属品:プラペグ×16、自在ロープ×8、ハンマー、キャリーバッグ

2人で使用しましたが、室内広々、中に、ポップアップテントを入れて、テーブル入れて、ストーブ入れてもまだ空間あります。設置も楽ちんで、ペグ打ちいれても、15分ぐらいで設置可能です。

ワンポールテントシリーズの一番人気を誇るBIG420です。設営の簡単な上に、吊り下げ式のインナーは着脱も自由にできます。 大型のベンチレーションもついて、外観もスペックもファミリーにおすすめの人気ワンポールテントです。

2018年おすすめのワンポールテント⑤ 5人用

出典: https://www.amazon.co.jp

イギリスのアウトドアメーカー、ダンシェルのベルテントは、名前の通りベルの形状のワンポールテントです。サイズ展開は、3m、4m、5mと大型サイズの仕様になっています。中でも大型サイズのベルテント5mサイズを紹介します。

Bell Tent ベルテント

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:500x500x300cm
収納サイズ:110cm×32cm×32cm
収容人数:5人
素材:コットンキャンバス285gsm
耐水圧:3000mm
重量:36kg
付属品:ペグ、ロープ、キャリーバッグ

とても作りが良くこの価格でコットンテントなんて素晴らしいです。
流石に収納袋に入れるとマジで重いです。まぁ〜コットンだから仕方ないですけど。

ワンポールのシンプルな構造は、大型サイズでも設営が簡単です。コットンキャンバス生地は、遮光性、耐候性にも優れています。 暑いときは、壁の下の部分を解放すれば涼しく過ごせます。寒い季節は薪ストーブの設置ができるように、煙突用の穴も設置されています。

2018年おすすめのワンポールテント⑥ 7-8人用

出典: https://www.amazon.co.jp

王道のキャプテンスタッグにもワンポールテントがリリースされています。キャプテンスタッグのクラシックシリーズは、このオクタゴン460UVと4人用のヘキサゴン300UVの2種類があります。

キャプテンスタッグ ワンポールテント オクタゴン

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:フライ約460×460×高300cm、インナー:450×420×高300cm
収納サイズ:約74×23×23cm
収容人数:7-8人
素材:フライ: ポリエステルリップストップ210T/インナーウォール:ポリエステル185T(通気性撥水加工)/メッシュ:ポリエステルノーシームメッシュ/フロア:ポリエステルOXF210D/ポール:スチール
耐水圧:フライ2000mm/フロア3000mm
重量:11.5kg
付属品:ひさし用ポール×2、ガイドロープ長×8・短×2、ペグ×18、ハンマー、ポール用収納袋1、ペグ用収納袋、キャリーバッグ

ワンポールテントの魅力は、初心者でも設営が簡単で、圧迫感のない解放的な空間です。ベンチレーションも多数設置され、通気性を自由に調整できます。 ファミリーやグループキャンプにおすすめのワンポールテントです。

2018年おすすめのワンポールテント⑦ 8人用

出典: https://www.amazon.co.jp

ユニークなネーミングやデザインが人気のドッペルギャンガーの大型ワンポールテントを紹介します。クールなブラックカラーのワンポールテントは、キャンプサイトやフェスで自分のテントがすぐに見つけられます。

DOD(ディーオーディー) ビッグワンポールテント 8人用

出典: http://www.dod.camp

設営サイズ:約460cm×460×高300cm
収納サイズ:約直径24×62cm
収容人数:8人
素材:生地:150Dポリエステル/ポール:スチール
耐水圧:フライシート:2000mm/フロア:3000mm
重量:約10.6kg
付属品:アルミ製Y型ペグ、ロープ、キャリーバッグ

今回ドッペルギャンガーの8人用のテントを使用しました。
中はたったまま歩けるし
半分は寝室、半分はリビングにして焚火を終えた後もテントの中でゆっくり飲んだら食べたりくつろぐ事ができました。

大型サイズでコンパクトな収納、初心者にも簡単に設営ができます。前後についた出入り口とベンチレーターは、通気性にも優れ、荷物の出し入れや人の出入りも自由です。 キャンプをクールに演出してくれるおすすめの大型ワンポールテントです。

2018年おすすめのワンポールテント⑧ 12人用

ya_ba_yanさんの投稿
27881509 1812380502113908 7260006086281789440 n

小川キャンパル ピルツ23 レッド

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:570×530×高330cm
収納サイズ:98×32×32cm
収容人数:12人
素材:本体:ポリエステル 210D/グランドシート:ポリエステル210D
耐水圧:1800mm
重量:約19.6kg
付属品:張り出しポール、スチールピン、張綱、ハンマー、キャリーバッグ

ピルツテント最大収容人数のテントです。自由に調整できるベンチレーション機能も多数装備され、結露対策や通気性、快適性にも優れています。 超ビッグサイズのファミリーテントを探している人におすすめのワンポールテントです。

2018年おすすめの2ルームテント5選

出典: https://pixabay.com

ベッドルームとリビングに分けて使えるワイドな空間が人気の2ルームテントは、設営も難しいものではありません。ファミリーやグループキャンプにおすすめの2ルームテントを5選紹介します。

2018年おすすめの2ルームテント① 4-5人用

出典: https://www.amazon.co.jp

アウトドアメーカーの定番、ロゴスはさまざまな種類のキャンプギアが人気です。ロゴステントの正統派モデルneos PANELシリーズは種類も豊富にあります。大型サイズの2ルームテントを紹介します。

ロゴス テント neos PANELドゥーブル

出典: http://www.logos.ne.jp

http://www.logos.ne.jp/products/info/2076');
設営サイズ:約520×300×205cm/インナーサイズ:約270×270×170cm
収納サイズ:約63×23×54cm
収容人数:4-5人
素材:フレーム:グラスファイバー/キャノピー:スチール/フライシート:難燃性ポリエステルタフタ(UV-CUT加工)/インナーシート:ポリエステルタフタ(ブリーザブル撥水加工)/フロアシート:ポリエステルタフタ/メッシュ:ポリエステル
耐水圧:フライ:2000mm/フロア:3000mm
重量:約16.9kg
付属品:キャノピーポール×2、連結用ジョイント×2、キャリーバッグ

通気メッシュめちゃ良く考えられている。
パネルシステムはランタン等吊るせる、寝る時やテント離れる時閉じると防犯にも気持ちですが心強いです。あとカッコ良い!

オリジナルのパネルシステムは、初心者にも簡単な設営と強度、居住性にも優れています。インナーテントの着脱も可能です。 多彩なベンチレーションも装備され、両サイドと出入り口のフルメッシュは、虫除け対策にもなります。

chako_222さんの投稿
12135341 530458077107030 1395934416 n

2018年おすすめの2ルーム型テント② 4-5人用

出典: https://www.amazon.co.jp

テントの種類で最も人気の定番は、ドーム型テントです。キャンプサイトでよく見かけるテントは、使いやすく快適な証拠です。コールマンのワイドな2ルームテントを紹介します。

コールマン ワイドスクリーン2ルームハウス2

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:約300(240)×225×高175cm(インナーテント)
収納サイズ:約直径34×82cm
収容人数:4~5人
素材:フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)/インナー:68Dポリエステルタフタ(撥水加工)/フロア:210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)、メインポール:アルミ合金 約直径16mm・FRP 約直径13.5mm×2/サポートポール:アルミ合金 約直径16mm×2・FRP 約直径13.5mm×2/リアポール:アルミ合金 約直径14.5mm・FRP 約直径12.7mm×1、リッジポール:アルミ合金 約直径13mm、キャノピーポール:スチール約直径19mm
耐水圧:約2000mm
重量:約18.8kg
付属品:キャノピーポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバック

4人か5人でのキャンプに主に使っています。
当然五人でくつろげますし、設営も簡単、あらゆるシーンに対応できる優れものです。

キャンプギアの定番メーカー、コールマンのファミリーサイズの2ルームテントです。着脱できるインナーテントを取り外して使えば、大型のスクリーンテントにもなります。 解放的な空間のテント内部に加えて、ワイドなキャノピーも人気の理由です。

2018年おすすめの2ルームテント③ 5人用

出典: http://www.dod.camp

寝室とリビングに分けられる2ルームテントは、プライベートも確保できてキャンプタイムを楽しめます。難波のアウトドアメーカー、ドッペルギャンガーの2ルームテントを紹介します。

DODカマボコテント2 T5-489-BK

出典: http://www.dod.camp

http://www.dod.camp/product/t5_489_bk/
設営サイズ:約300×640×高195cm
収納サイズ:約68×32×高32cm
収容人数:5人
素材:アウターテント:150Dポリエステル(UVカット加工済み) /フレーム:アルミニウム(AL7001)/インナーテント壁面:75Dポリエステル/インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
耐水圧:アウターテント:3000mm/フロア:5000mm
重量:約15.9kg
付属品:ペグ、キャリーバッグ

2ツームテントは、自由な使い方ができます。4シーズン使えて、区画サイトのあるキャンプ場でも設営できる仕様になっています。 メッシュつきの窓にはキャノピーがあり、タープ代わりにもなります。

2018年おすすめの2ルームテント④ 6人用

出典: https://www.amazon.co.jp

スノーピークのエントリーモデル、アメニティドームはS、M、Lの3種類あります。ファミリーや友人同士のグループキャンプにおすすめのLサイズを紹介します。

スノーピーク アメニティドームL

出典: https://ec.snowpeak.co.jp

設営サイズ:540×310×高165cm
収納サイズ:74×22×高25cm
収容人数:6人
素材:フライシート:75Dポリエステルタフタ・PUコーティング・テフロン撥水加工・UVカット加工/インナーウォール:68Dポリエステルタフタ/ボトム:210Dポリエステルオックス・PUコーティング/フレーム/ジュラルミンA7001+A6061(φ12mm+φ13mm+φ14.5mm)
耐水圧:1800mm
重量:9.8kg
付属品:本体フレーム長×3、前室フレーム×1、ジュラルミンペグ17cm×18、自在付ロープ(1.4m×2、2.5m×2、2又5m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース

スノーピークのテントの特徴は、高さを抑えることで、耐風性や耐候性を向上させています。 前方のパネルを別売りの専用アップライトポールを使えば、前室がさらに解放的になります。山間部や風の強い時にも心強いおすすめのファミリーテントです。

2018年おすすめの2ルームテント⑤ 6人用

出典: https://www.amazon.co.jp

スノーピーク ランドロック

出典: https://ec.snowpeak.co.jp

設営サイズ:625×405×高205cm
収納サイズ:キャリーバッグ75×33×高36cm/フレームケース/72×17×高22cm
収容人数:6人
素材:本体/150Dポリエステルオックス、遮光ピグメントPUコーティング、UVカット加工、テフロン撥水加工、/フレームA6061(φ19mm)、インナールーム/68Dポリエステルタフタ(ウォール)、210Dポリエステルオックス、PUコーティング
耐水圧:ルーフ部3000mm/ウォール部、ボトム1800mm
重量:22kg
付属品:インナールーム、Aフレーム×2、Cフレーム×2、センターフレーム、リッジポール、セーフティーベルト×2、ジュラピンペグ21cm×29、自在付ロープ(1.5m×2、2.5m×4、3.5m×6)、シームグリップ剤、ペグケース、フレームキャリーバッグ、キャリーバッグ、コンプレッションベルト×2

キャンプ場にも一番多いテントでありますが
2度目からはあまり考えずに楽に設営出来ますよ
よく考えられているテントです

耐候性や耐久性に優れたランドロックは、多くのキャンパーから人気のテントです。吊り下げタイプのインナーテントは、立って移動できる190cmの高さもあります。 ファミリーやグループキャンプにおすすめの名品2ルームテントです。

2018年おすすめのロッジ型テント5選

出典: https://pixabay.com

ロッジ型テントは、山小屋にいるような安定感のあるワイドな空間が人気の大型テントです。フリーサイトや設営スペースの広い場所でのキャンプにおすすめの大型テントを5選紹介します。

2018年おすすめのロッジ型テント① 3-4人用

出典: https://www.amazon.co.jp

家族みんなが楽しめる、自然と人とのリンクがモットーのアウトドア定番メーカー、ロゴスの大型テントを紹介します。

ロゴス neos PANEL コテージ L-AE

出典: http://www.logos.ne.jp

設営サイズ:460×290×高215cm/インナーサイズ:約270×210×高200cm
収納サイズ:約73×29×29cm
収容人数:3-4人
素材:フレーム:グラスファイバー、スチール/キャノピー:スチール/フライシート:難燃性ポリエステルタフタ(UV-CUT加工)/インナーシート:ポリエステルタフタ(ブリーザブル撥水加工)/フロアシート:ポリエステルタフタ/メッシュ:ポリエステル
耐水圧:フライ2000mm/フロアシート3000mm
重量:約19.2kg
付属品:キャノピーポール、連結用ジョイント×2、キャリーバッグ

強度と快適性に優れたパネルシステムが特徴です。耐候性や耐風性にも優れ、初心者でも設営が簡単です。 車と連結できるジョイントも付属され、雨の日や日差しの強い季節でも荷物の出し入れが楽なのもおすすめポイントです。

k.k.4856さんの投稿
24838940 1946041752327480 3717868410340638720 n

2018年おすすめのロッジ型テント② 4人用

出典: https://ec.coleman.co.jp

アウトドアギアの定番メーカー、コールマンでは、1970年代にビラデルマーという名作のコットンテントがリリースされていました。ビンテージシリーズとして、限定リリースされています。 アーリーアメリカンな外観と、ハイブリッドなスペックのロッジ型テントを紹介します。

コールマン ビラデルマー リバイバル

出典: https://ec.coleman.co.jp

設営サイズ:約260×360×高240cm
収納サイズ:約80 × 45 × 45cm
収容人数:4人
素材:ルーフフライ:210DポリエステルOX(UVPRO)/インナー:コットン混紡ポリエステル/フロア:PVCターポリン/ポール:アルミ合金
耐水圧:1500mm
重量:約29kg
付属品:ポール、キャリーバッグ

居心地が良いので、ついつい籠ってしまいます。
設営は1人でも可能で、ペグを打つ箇所も少ないので、慣れれば20分もあれば綺麗に立ち上がります。

コールマンの大型テントのレジェンド、ビラデルマーの復刻モデルです。外観のマスタードイエローは、アウトドアキャンプを華やかな気分にしてくれます。ファミリーやグループキャンプにおすすめのビンテージ大型テントです。

2018年おすすめのロッジ型テント③ 5人用

出典: https://www.amazon.co.jp

小川キャンパルはさまざまな種類のテントを長年リリースしています。キャンプテントを始め、工業用、防災用テントなど、長い歴史が培ってきた技術を余すところなく製品に反映させています。

小川キャンパル ミネルバ

出典: https://item.rakuten.co.jp

設営サイズ:460×350×215cm
収納サイズ:フレーム:112×31×18cm/幕体:72×44×28cm
収容人数:5人
素材:本体:ポリエステル250D/内幕:T/C/グランドシート:PVC/ライナーシート:ポリエステル75D(防水)/ポール:スチール22φ(mm)
重量:約39.6kg
付属品:張り出しポール170cm、ライナーシート、ペグ、ピン、張綱、ハンマー、キャリーバッグ

ロッジ型テントは、安定感があります。インナーのT/C素材とベンチレーター、ライナーシートは結露を抑えて快適な空間を提供してくれます。 フリーサイトや見晴らしの良い広い場所でのファミリーキャンプやグループキャンプにおすすめのミネルバです。

2018年おすすめのロッジ型テント④ 5人用

出典: http://www.store-campal.co.jp

小川キャンパルのT/C素材を使ったロッジ型テントが登場しました。テント生地に使われる強度の強いポリエステルと綿混紡生地を採用した大型テントです。

オガワキャンパル ロッジシェルター T/C

出典: http://www.store-campal.co.jp

設営サイズ:460×350×高210cm
収納サイズ:幕体:90×34×32cm/ポール:90×34×20cm
収容人数:5人
素材:フライ:ポリエステル210D/フライサイド:T/C
・ポール:スチールφ22mm
耐水圧:フライ:1800mm・T/C350mm
重量:約28.2kg
付属品:張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、ライナーシート、張り出しポール(170cm)×2、キャリーバッグ

T/C素材は、耐水圧が低いですが、水分を含むことで防水効果が高まります。ライナーシートと、全開放できるメッシュパネルも標準装備されています。家族で、ゆったり過ごせる山小屋にいるような居住性のおすすめ大型テントです。

2018年おすすめのロッジ型テント⑤ 10-12人用

出典: https://www.amazon.co.jp

テント用品の老舗メーカー、オガワキャンパルはワンポールテントのピルツテントが有名ですが、ロッジ型テントもリリースされています。長い歴史が培った技術と高品質から得られた信頼は、多くのキャンパーから愛され続けています。

オガワテント ロッジシェルター

出典: https://www.amazon.co.jp

設営サイズ:460×350×高215cm
収納サイズ:96×36×39cm
収容人数:10-12人
素材:フライ:ポリエステル210d(耐水圧)、ポール:スチール径22mm
耐水圧:1500mm
重量:約20.8kg
付属品:張り出しポール、ペグ、張り綱、金鎚、ライナーシート、キャリーバッグ

大型テントは、フラップを全開にするとスクリーンテントとして使うことも可能です。ライナーシートとベンチレーターが設置され、結露対策と通気性を高めた仕様になっています。 メッシュ部分は、自由に通気性を調整できるのもおすすめポイントです。

2018年おすすめの個性派テントX型 4人用

出典: https://www.amazon.co.jp

テントの種類は、構造や形状からさまざまなバリエーションがあります。最後にX型のユニークな形状のテントを紹介します。

DOD クレイジーエックス T4-85

出典: http://www.dod.camp

設営サイズ:487×487×90cm
収納サイズ:約直径210×長さ540mm
収容人数:4人
素材:生地:ポリエステル/フレーム:グラスファイバー
耐水圧:アウターテント:2000mm/フロア:3000mm
重量:約3.6kg
付属品:ペグ、トップシート、キャリーバッグ

斬新な形状のX型は、個々の寝室が独立しています。ワンタッチ式で、初心者も設営が簡単にできます。出入り口が個別に分かれ、通気性にも優れています。 中央部のスペースは、フリースペースとして使えます。個性的なファミリーサイズのおすすめのテントです。

あなたのスタイルにフィットしたテントでアウトドアを快適に!

出典: https://pixabay.com

テントは構造や形状、サイズによってさまざまな種類があります。また、テントのスタイルも日々進化を遂げ、続々と新たなテントがリリースされています。あなたのスタイルや利用するシーンに合うテントを購入して、アウトドアを快適に楽しんで下さい。

DODのテントが気になる方はこちらもチェック!

Thumbドッペルギャンガーテント特集!デザイン性と簡単設営で快適キャンプを実現! | 暮らし~の[クラシーノ]

小川キャンパルのピルツテントが気になる方はこちらもチェック!

Thumb小川キャンパル「ピルツ」シリーズ特集!評判のテントはココが凄い! | 暮らし~の[クラシーノ]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ