絶景のロケーションを堪能しよう!北海道のキャンプ場おすすめ11選!【2021最新】

絶景のロケーションを堪能しよう!北海道のキャンプ場おすすめ11選!【2021最新】

北海道でキャンプを楽しみたいという方におすすめなキャンプ場を紹介します。春夏秋冬様々な季節で空いてる日に予約して出かけられるキャンプ場や、フリーサイト・オートサイトだけでなく、施設側がテントを用意している常設テントサイトもある北海道のキャンプ場も紹介します。

記事の目次

  1. 1.北海道について
  2. 2.北海道で絶景のおすすめキャンプを紹介!
  3. 3.北海道のキャンプ場おすすめ11選
  4. 4.北海道のおすすめキャンプ場のまとめ

北海道について

北海道は東北地方・青森県の上に位置している島です。太平洋・オホーツク海・日本海の3海に囲まれていて、約563万人の人口で全国では7番目に多いです。北海道の函館山は全国的にも知られる定番の夜景スポットで、展望台からは函館市内の夜景を一望することができます。

旭山動物園は日本最北の動物園で、動物が持つ生態や行動を引き出してみてもらうという行動展示の手法で一躍全国的にも有名な動物園となりました。新鮮な海鮮を使ったお寿司をはじめ、札幌味噌ラーメンやスープカレーなど旅行で行っても満足できる美味しいグルメもたくさんあります。
 

北海道で絶景のおすすめキャンプを紹介!

ここから北海道内でおすすめな絶景のロケーションの中にあるキャンプ情報が沢山。のびのびと開放感を感じながらくつろげて景色も素敵という口コミも多いキャンプ場を北海道各地から様々ご紹介しています。

山奥まではいきませんが綺麗な緑の木々に囲まれていて、フリーテント・常設テントサイト・オートサイトなど色々な宿泊スペースがある人気キャンプ場を集めていますので、行ってみたい場所がありましたら利用してみてくださいね。(記載されている内容は2021年1月13日現在の情報を元に作成しています。)

北海道のキャンプ場おすすめ11選

①オートリゾート 苫小牧アルテン

北海道の苫小牧市にある「オートリゾート苫小牧」は、錦大沼公園の一部にあるオールシーズン利用可能なオートキャンプ場になります。

山奥ではないですが、豊富な木々に囲まれていて、綺麗に整っている芝生もありますので、年代問わず誰でものびのびと寛げます。約500台までの車を停車できる駐車場もありますので、車でも安心してお出かけできるキャンプ場です。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

キャンプサイトが200サイト以上ととても豊富で、その他にもキャビン・ログハウス・バンガローなど種類多くの宿泊施設がありますので、空いてる宿泊施設を選んで利用できます。テレビや電話も設置されているログハウスは外観も素敵で、定員数は6名までとしていて一泊24000円からという料金でご利用できます。

場内にはトイレ・コインランドリー・シャワーなどが管理されているセンターハウスもあります。カヌーや乗馬やパークゴルフなど様々なアクティビティを場内で楽しめる事でも有名な大自然の中の人気キャンプ場です。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

オートリゾート 苫小牧アルテン

詳細を見る
住所〒059-1265 
北海道苫小牧市樽前421-4
アクセス苫小牧フェリーターミナルから車で35分

②羊蹄山自然公園真狩キャンプ場

北海道虻田郡真狩村にある「羊蹄山自然公園真狩キャンプ場」は、キャンプサイトから羊蹄山を眺望できるロケーションの中にある大自然のキャンプ場。

テントやシュラフのレンタル、バーベキュー用の薪などの販売も行われていますので、家からわざわざ持ってくる必要もなく利用できるキャンプ場です。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

森林浴や自然観察など色々な楽しみ方ができる施設で、一度利用した方からの口コミでの評価も高いです。キャンプ場内には空いてるスペースにテントを張って宿泊できるフリーテントサイトをはじめ、車をテントのそばにつけて、荷物の積み下ろしなどもできるオートキャンプサイト、身体障害者の方でも安心して利用できるバリアフリーサイトがあります。

サイト使用料はフリーテントサイトが一区画800円、オートキャンプサイトが一区画2800円、バリアフリーサイトが一区画2000円という料金内容になっています。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

羊蹄山自然公園真狩キャンプ場

詳細を見る
住所〒048-1605 
北海道虻田郡真狩村杜
アクセス道央自動車道・虻田洞爺湖ICより52km、車で約1時間。

③支笏湖モラップキャンプ場

北海道千歳市内にある「支笏湖モラップキャンプ場」は、快晴の日には絶景の恵庭岳を仰げる支笏湖畔のロケーション内にある施設で、誰でも静かにのんびりと寛ぐ事ができるキャンプ場です。

直火は不可となっていて、愛犬を連れての利用は条件付きで可能としているキャンプ場です。無料で駐車できる駐車場もありますので車でも安心してお出かけすることができます。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

絶景を眺められる湖畔の砂地がフリーテントサイトとなっており、開放感抜群な大自然の中で家族や友人と共にキャンプを満喫できます。フリーテントサイトは150張のスペースがあり、日帰りでの管理料は大人1000円・小学生700円・幼児500円となっています。

近隣には女性からの口コミでも評価の高い天然温泉に入れる大浴場もあり、大人が800円で小学生であれば400円という安い料金でご利用できます。ご利用時間は11時から15時までとしていて、来週火曜日と水曜日に関しては13時から15時までとしている入浴施設になります。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

支笏湖モラップキャンプ場

詳細を見る
住所〒066-0283 
北海道千歳市支笏湖モラップ
アクセス千歳駅から車で45分

④札幌市定山渓自然の村

北海道の札幌市内にある「定山渓自然の村」は、春夏秋冬一年を通してキャンプを楽しめる通年営業のキャンプ場です。山奥ではありませんが、緑の木々が生い茂っている中に整備されている大自然の中にあるキャンプ場で、ゆったりと静かにキャンプを楽しめます。

近隣にはノースサファリサッポロ・札幌市アイヌ文化交流センター札幌ピリカコタンなどの観光スポットや、豊平狭温泉などの立ち寄り温泉もありますので、キャンプ場に利用してみるのもおすすめです。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

テントを設置して宿泊できる区画サイト以外にも、キャンプが初めてという方でも安心して宿泊できるコテージもありますので、夜間も安心して眠りにつく事ができます。サイト内へと車乗入れはできないキャンプ場で、利用者用の駐車場がありますので車でも安心してお出かけできます。

テント内で寝る時に役立つマットや寝具、調理に役立つダッチオーブンや七輪やカセットコンロなどの道具類をレンタルしていますので、足りない道具類を補うこともできます。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

札幌市定山渓自然の村

詳細を見る
住所〒061-2301 
北海道札幌市南区定山渓(豊平峡ダム下流国有林野)
アクセス札樽自動車道・新川ICより35km、車で約50分。

⑤ニセコサヒナキャンプ場

北海道磯谷郡の蘭越町内にある「ニセコサヒナキャンプ場」は、山奥すぎない立地に整備されていて、場内からは羊蹄山を一望できる大自然の中にある隠れ家的存在の人気キャンプ場です。

ペットもOKとしているキャンプ場になりますので、お家で飼っている愛犬と一緒に大自然の中でキャンプを楽しむことも可能です。夏には高原ならではの涼しさを感じながら快適に過ごせる施設です。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

場内には空いてるスペースに自由に設置して宿泊することができるフリーサイトや、キャンプが初めてでテントに泊まるのが抵抗があるという方でも安心して宿泊できるバンガローもあります。テントサイトは一張一泊で700円という安さで、車のそばに付けられるオートサイトは一張一泊2500円で利用できます。

キャンプ場内では寝る時に必要なマットや寝具、バーベキューで必要となる道具類のレンタルも行なっていますので、足りない道具類を補って使うこともできます。通年営業をしているので春夏秋冬どの季節でもキャンプをしに出かけられます。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

ニセコサヒナキャンプ場

詳細を見る
住所〒048-1321 
北海道磯谷郡蘭越町字湯里224-19
アクセス道央自動車道・黒松内南ICより38km、車で約40分。

⑥羊蹄ぼうけんの森キャンプ場

北海道虻田郡・倶知安町内にある「羊蹄ぼうけんの森キャンプ場」は、木漏れ日が気持ち良い林間サイトがある大自然の中のキャンプ場で、山奥すぎない場所なので羊蹄山や尻別川の眺めも綺麗と評判です。

くっちゃん温泉・ホテルようていという立ち寄り温泉もありますので、キャンプを終えた後によってゆっくりと疲れを癒すこともできます。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

入園料は大人と中学生が1000円で、4歳から小学生以下の子どもが500円かかります。なお3歳以上以下の幼児に関しては入園料は無料です。宿泊する林間のキャンプサイトは一泊2000円からという安い料金でご利用可能です。

場内には手作りした遊具もありますので、子供と一緒に楽しむ事ができます。炊事用の湧き水や簡易バイオトイレなどの共有設備もあります。Nacニセコアドベンチャーセンターという近隣の施設を予約すれば大自然の中でラフティングを楽しめるキャンプ場になります。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

羊蹄ぼうけんの森キャンプ場

詳細を見る
住所〒044-0077
北海道虻田郡倶知安町比羅夫145-2
アクセス倶知安からすぐ

⑦さらべつカントリーパーク

北海道河西郡・更別村にある「さらべつカントリーパーク」は、札幌ドーム約5.5軍の敷地面積を誇る人気キャンプ場で、開放的で落ち着きもあるサイトでゆったりと家族や友人同士でキャンプを楽しめます。

通年営業をしているキャンプ場で、定休日なども定めていないので春夏秋冬一年を通してお出かけできます。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

施設内にはご自宅で飼っているペットの連れてくる事もOKとしていて、車乗入れもOKとしているAC電源付きオートサイトがあり、一泊2000円からというとてもリーズナブルなお値段で利用できます。

8名までを定員としていて車乗入れ可能としているおしゃれなコテージもあり、一泊15000円からというお値段で利用できます。ヨーロッパ風のオシャレな外観で、エアコン・バストイレ・コンロなども完備されている宿泊施設なので、テントに泊まるのが少し抵抗があるという女性でも安心して過ごす事ができます。

比較に役立つキャンプ場の特徴について②

場内一周100円で利用できるおもしろ自転車やワンセット200円のパークゴルフ道具、1時間200円のバドミントンや1時間100円のボールなど、子供と一緒に楽しく遊べる道具類のレンタルもセンターハウスにて受付しています。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

さらべつカントリーパーク

詳細を見る
住所〒089-1573 
北海道河西郡更別村字弘和541番地62 MAP
アクセスJR帯広駅から車で60分

⑧アサヒの丘キャンプ場

北海道上川郡の東川町にある「アサヒの丘キャンプ場」は、2015年にオープンした比較的最新のキャンプ場で、雄大な自然や綺麗な星空を眺めながらゆったりとした気分で快適に過ごせます。旭川市街地から車で20分程度で行ける立地に整備されている人気キャンプ場です。

近くには森の湯・ホテル花神楽という立ち寄り温泉もありますので、キャンプを終えてから利用してみるのもおすすめです。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

車をそばに停車できるオートキャンプサイトはペットをOKとしていて、なおかつ定員は6名様までという条件で一泊2700円から利用できます。2〜3人用のテントや4〜5人用のテントのレンタル、タープ・シュラフ・マットのレンタルなどもリーズナブルな価格でおこなっていますので、キャンプを始めたばかりで道具類をまだ揃えていない方でも安心して利用できます。

宿泊だけでなくで日帰りでのデイキャンプも楽しめるキャンプ場で、空いてるスペースにテントを張って利用できるフリーサイトの場合は500円がかかります。通年で営業しているキャンプ場なので、春から夏・秋から冬と四季折々の景色を楽しめます。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

アサヒの丘キャンプ場

詳細を見る
住所〒071-1439 
北海道上川郡東川町東9北3
アクセス旭川市の中心部から約20分

⑨滝里湖オートキャンプ場

北海道芦別市内にある「滝里湖オートキャンプ場」は、ダム湖として生まれた「滝里湖畔」内にある大自然の中のオートキャンプ場で、富良野から車では15分程度という近さです。

綺麗な自然の中によって素敵という口コミ評価も多く、春の4月下旬頃から秋の10月初旬頃までのシーズン営業としているキャンプ場です。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

車をそばに停車させてキャンプを楽しめるオートサイトは、スタンダードカーサイト・キャンピングカーサイトがあります。6人用・8人用のコテージのあるキャンプ場なので、テント泊が苦手という方でも安心して宿泊できます。

キャンプ場側で指定している場所であれば花火をすることもでき、その他にもゴミ捨て場・ウォシュレット式トイレ・炊事棟・売店・自動販売機などの共有設備も充実しています。近隣にはハイランドふらのという温泉施設もありますので、キャンプをした後によって疲れを癒すこともできます。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

滝里湖オートキャンプ場

詳細を見る
住所〒075-1300
北海道芦別市滝里町288
アクセス芦別駅から車で20分

⑩グリーンステイ洞爺湖

北海道虻田郡・洞爺湖町内にある「グリーンステイ洞爺湖」は、洞爺湖湖畔に面している大自然の中のキャンプ場で、周辺にはゆっくりとお湯に浸かって疲れを癒すことができる立ち寄り温泉も豊富にありますので、キャンプの後に利用してみるのもおすすめです。

春の4月の下旬頃から秋の10月末頃までにかけてのシーズン営業で、定休日は特に定められていないキャンプ場です。ペットも連れてきて大丈夫なので、お家で飼っている愛犬と共にキャンプを綺麗な自然の中で楽しめます。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

場内には車をテントのすぐそばに停めてキャンプを楽しめるオートサイト以外にも、キャンプ場初心者でも安心して宿泊できる設備の充実したバンガロー・ロッジ・キャビンもあります。タープやテーブルセット、寝具・バーベキュー用品などのメンタルも行なっていますので、キャンプ道具をあまり所持していない方でも安心してご利用できるキャンプ場です。

105区画と非常に豊富なオートキャンプサイトや宿泊棟以外にも、ランドリーや温水シャワー、水洗トイレやと多目的広場、売店や自動販売機などの共有設備もあります。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

グリーンステイ洞爺湖

詳細を見る
住所〒049-5723 
北海道虻田郡洞爺湖町月浦56
アクセス洞爺駅から車で30分

⑪BEYOND VILLAGE

北海道亀田郡・七飯町内にある「BEYOND・VILLAGE」は、函館市街地から車を走らせて40分程度の道に整備されている綺麗な自然が広がるキャンプ場です。

山奥ではありませんが、緑豊かな木々に囲まれており、芝生も綺麗に整えられているサイトが多数ある開放的なキャンプ場になりますので、子供も大人ものびのびと過ごすことができます。

比較に役立つキャンプ場の特徴について

車のそばにつけてキャンプを楽しめるオートサイトは、一区画一泊あたり2000円から3000円の料金です。区画サイトは一区画一泊あたり1700円から2700円で利用できます。その他にも10時から17時までの時間制限が設けられているデイキャンプは1000円という安いお値段で利用可能です。

ご利用にあたってサイト料以外にも施設利用料もかかるキャンプ場で、一名あたり大人が700円で小学生が400円かかります。小学生未満の幼児・家で飼っているペットに関しては無料です。近隣には北海道昆布館・道の駅なないろななえなどの施設もありますので、空いてる時間がありましたら出かけることもできます。

おすすめな北海道のキャンプ場詳細

BEYOND VILLAGE

詳細を見る
住所〒041-1354
北海道亀田郡七飯町大沼町158
アクセス函館駅より約40分

北海道のおすすめキャンプ場のまとめ

いかがでしょうか?北海道には絶景のロケーションの中にある有名なキャンプ場がたくさんあります。今回紹介してきたおすすめなキャンプ場だけでなく、まだまだ北海道内には古くから人気の高いキャンプ場や、最新キャンプ場も色々とあります。

初心者向けのキャンプ場や上級者向けのキャンプ場も多彩にありますので、少しでも行きたいキャンプ場が見つかりましたら出かけてみてください。
 

アウトドアについて気になる方はこちらもチェック!

以下は、霧ヶ峰の初心者から上級者向けの登山コースや山の魅力についてを解説している記事、イワナの釣り方や食べ方についてを解説している記事、登山で荷物運びに役立つ有名ブランドの登山ザックのおすすめや選び方を多数紹介している記事になります。

こちらの3記事もアウトドアに関連する内容となっていますので、ご興味がありましたら是非参考にしてみてくださいね。

「霧ヶ峰」を登ろう!初心者〜上級者向けの登山コースや山の魅力を解説!のイメージ
「霧ヶ峰」を登ろう!初心者〜上級者向けの登山コースや山の魅力を解説!
春の訪れとともに登山シーズンが始まります。ここでは長野県に位置する霧ヶ峰の登山情報を始め魅力を紹介していきます。霧ヶ峰に興味をお持ちの方!霧ヶ峰の魅力を知れば訪れてみたくなること間違いなしです。霧ヶ峰登山情報を参考にしてください。
渓流釣りの極み!山奥に潜む源流イワナの釣り方と食べ方を徹底解説!のイメージ
渓流釣りの極み!山奥に潜む源流イワナの釣り方と食べ方を徹底解説!
源流付近に潜むイワナは非常に香りがよく美味なことをご存知でしょうか?きれいな清流が雑味を溶かして魚本来の味を際立たせます。源流とはいったいどこなのか、今回はそんな源流でのイワナ釣りについてまとめてみましたのでご確認ください。
登山ザックおすすめ7選!有名ブランドの人気製品比較で選び方もご紹介!のイメージ
登山ザックおすすめ7選!有名ブランドの人気製品比較で選び方もご紹介!
登山の必須アイテム「ザック」。登山の目的や日数に合わせてザックの容量を選びましょう。人気ブランドや、おすすめのザックを比較して紹介!人気があるザックにはおすすめポイントが。ハイキング、トレッキング、テント泊に合わせて、お気に入りのザックを探してみませんか。
hanashin
ライター

hanashin

初めましてhanashinと申します。これからキャンプ・登山などのアウトドアを本格的に始める方にも分かりやすい記事を執筆していきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking