ノアで車中泊を快適にする方法は?シートの改造方法と便利グッズを紹介!

ノアで車中泊を快適にする方法は?シートの改造方法と便利グッズを紹介!

ノアを持っている人であれば、快適に車中泊ができます。もちろん何もしなくてもいいのですが、シートを改造するともっと快適に車中泊ができるようになるんです。今回は自分で改造する方法と、便利なノアの車中泊用グッズをご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.ノアを車中泊したい!
  2. 2.ノア車中泊仕様の改造方法をご紹介!
  3. 3.ノア車中泊仕様の改造方法①簡単改造
  4. 4.ノア車中泊仕様の改造方法②エアベッド
  5. 5.ノア車中泊仕様の改造方法③イレクターパイプ
  6. 6.ノア車中泊仕様の改造方法④作業スペース
  7. 7.ノア車中泊仕様の改造方法⑤おしゃれ
  8. 8.ノアの車中泊グッズをご紹介!
  9. 9.ノアの車中泊グッズ①ベッドキット
  10. 10.ノアの車中泊グッズ②マット
  11. 11.ノアの車中泊グッズ③フラットクッション
  12. 12.ノアの車中泊グッズ④サンシェード
  13. 13.ノアの車中泊グッズ⑤カーテン
  14. 14.ノアを快適なキャンプ仕様に!
  15. 15.まとめ

ノアを車中泊したい!

Photo byGreyerbaby

車中泊できる車の一つにノアがあります。ノアは7人乗り、8人乗りがあり家族でのキャンプにも大活躍してくれますし、フルフラットにもなるので車中泊もできます。シートを倒してフルフラットにすれば一応寝られるのですが、もっと快適な空間にするためには改造してしまうのが一番です。今回はキャンプ仕様にするアレンジ方法や、グッズを紹介していきます。(2020年8月25日現在の情報です)

ノア車中泊仕様の改造方法をご紹介!

ではさっそく、ノアの車中泊仕様、キャンプ仕様への改造方法をご紹介していきます。実際に改造している様子を動画で説明しているものを集めましたので、車中泊やアレンジの参考にしてみてください。もちろん、自分でDIYするのは大変そうだというのであれば、後のグッズ紹介で簡単にアレンジしてもいいでしょう。

ノア車中泊仕様の改造方法①簡単改造

工具も使わず簡単改造する方法がある!

まず初めにご紹介するのは、工具も使わず手軽にフラットにする方法をご紹介します。キャンプ仕様にするならば、工具も使わないとできないんじゃないかと思うかもしれませんが、段差をなくして板を敷けば工具もなくフラット仕様にすることができるんです。ホームセンターでサイズカットもしてもらっています。工具がない方で、キャンプ仕様にしたいという方におすすめです。

ノアの簡単フラット車中泊改造方法

使っているのは板とペットボトル、タオル、ガムテープ、レジャーシートです。板のサイズカットはホームセンターにやってもらい、工具費用を浮かせています。セカンドシートを倒し、三列目も倒して隙間のないように固定。板を横に渡し、セカンドシートにペットボトルをガムテープで固定。タオルを折って左右に置いて高さを付けています。板を乗せてレジャーシートを乗せれば簡単アレンジの完成です!

ノア車中泊仕様の改造方法②エアベッド

エアベッドで簡単キャンプ仕様へ

次も工具も使わず簡単にキャンプ仕様にする方法をご紹介しています。この方はエアベッドを使っているので、段差もあまり気にせずに寝られる環境を作っています。セカンド、サードシートの動かし方で寝るスペースも変えられ、動画では二つの方法を紹介しています。シートを倒すときなどは、段差が気になるものですが、エアベッドがあれば快適に寝られるようです。

エアベッドで車中泊仕様にする方法

ここでは床で寝る方法と、セカンド、サードシートをフラットにして寝る方法を紹介しています。シート収納の方法ではセカンドシートを前側に寄せ、セカンドシート部分が開いたら次にサードシートを側面に収納。セカンドサード分の大きなスペースが開くので、床にエアベッドを敷くだけ!工具も必要ないですし、床でも十分広く寝られます。フルフラットにする方法もあるのでどちらでも好きな方で試してみてください。

ノア車中泊仕様の改造方法③イレクターパイプ

イレクターパイプでベッドを作る

次は実際に工具を使って完璧なフラットの床を作ってベッドにする方法と、100均アイテムも利用してカーテンを取り付けるキャンプ仕様へのアレンジ方法を紹介しています。車中泊用のベッドは、やっぱり完全フルフラットがいい!そのためならDIYで安くベッドを作りたいという方に参考にしていただける動画になっています。

ベッドとカーテンの取り付け方法

使っているのはイレクターパイプとパイン材です。サイズに切ったイレクターパイプは取り付けのパーツも使って組み合わせていきます。必要なサイズをあらかじめ測ってからホームセンターで購入するようにしましょう。段差部分も、木材で調節するようにしています。パイン材とマットを上に敷いたら平らな床の完成です。カーテンは100均のアイテムも利用し、結束バンド、クリップでカーテンレールを取り付けています。

ノア車中泊仕様の改造方法④作業スペース

キャンプでも仕事ができちゃうアレンジ方法

次は木材を使って、作業スペースを作る方法をご紹介しています。ノアの車内はとても広い空間なので、その中で作業できたらいいな、と考える人もいるのではないでしょうか。キャンプ時などに作業もできるようになりますし、車があればいつでもどこでも快適な空間で作業可能になります。動画を見てみて真似したいなと思った方はぜひ、キャンプ仕様にDIYしてみてください。

中で作業もできるキャンプ仕様へのDIY方法

木材と工具を使い、まずは床に敷く平らな木枠の床を作り、ゴミが出てもすぐに捨てられるようにしています。さらに作業台とベンチ作成。L字の作業台、椅子には収納付きでかつキャスター付きなのでとても便利になっています。キャンプ場でも仕事をするという人もいるかもしれませんが、このアレンジ方法であればいつでも仕事が快適にできそうです。

ノア車中泊仕様の改造方法⑤おしゃれ

おしゃれなキャンプ仕様にしたい!

最後は内装をとてもおしゃれなキャンプ仕様にする方法です。SNS等でおしゃれな内装にしている人を見たことがある人もいるかもしれません。そんな内装が作れたら、と思っていた方に参考になる動画ですので、おしゃれな内装にしたいと考えている人はぜひ参考にしてください。しかも、便利に使える空間にもなっているので、アレンジの参考にもおすすめです。

おしゃれなキャンプ仕様への改造方法

セカンド、サードシートを収納して床と側面に板を敷き、作った台や収納を乗せていきます。その上にすのこを敷いてフラットな床にしています。これは床としてもベッドとしても利用可能。また、中で利用するだけでなく外に取り出して机といすにすることもできます。イルミネーションも取り付けて、とても素敵な空間に仕上がっています。きっちりきれいな内装にするためにはやはりサイズを測って作ることが大切です。

ノアの車中泊グッズをご紹介!

では次に、ノアの改造に使えるおすすめのグッズをご紹介していきます。車中泊仕様に使えるマットであったり、カーテンやサンシェードがあります。DIYするのもいいですが、作るのは大変そうだという方はグッズを使えば簡単にアレンジすることができます。また、グッズ選びに困っている人も、口コミも一緒にご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ノアの車中泊グッズ①ベッドキット

セカンド、サードシートを倒してアレンジ自在のベッドを作る

ノア 80系 7人乗り車専用 ベッドキットレザータイプ/クッション材40mmノア ベッドノア車中泊 ベットキット NOAH マット 荷室 棚ノア車中泊 日本製

楽天

まず初めにご紹介するのは、ベッドキットです。イレクターパイプを使ってベッドを作っている人もいましたが、作るのが大変だと思う方はこちらを利用すれば簡単に設置することができます。もちろん価格は割高ですが、片側だけベッドにするなどアレンジもしやすいのでソロキャンプ、ファミリーキャンプといろいろなキャンプで使用する場合はこちらの商品がおすすめです。

ベッドキットの詳細

出典: https://item.rakuten.co.jp/mgr-customs/mbk4651/

こちらの商品は、ノアの七人乗り用のベッドキットですが、同じタイプで八人乗り用も販売されています。運転席だけを残して他をフラットにできたり、セカンドシート以降を倒してベッドにしたり、サードシートのみを倒してベッドにすることなどアレンジも自由にできます。床からベッドまでの高さも37cm~47cmまで変えられ、耐荷重は300kgもあります。

ベッドキットの口コミ

出典: https://item.rakuten.co.jp/mgr-customs/mbk4651/

口コミを見てみると、難しそうだったが簡単にできたという声がありました。他にも収納もできるし寝られるので最高という声や、安定して凸凹せずに寝られるという声もありました。ノアはフルフラットにできる仕様ではありますが、やはり何もないとぐっすりとは寝られません。マットやベッドキットを利用して、快適な空間にアレンジしてみてください。

自分には高い買い物だったので、なかなか購入できなかったのですが、もっと早く思いきって買っておけばよかったと思います。 組み立ては部品が多くて難しそうですが、開封したら組み立て順にパーツがででくるし、パーツに名前のシールも貼ってあり分かりやすいです。冷静に説明書通り組んでいけば簡単にできました。

ノアの車中泊グッズ②マット

マットを敷いて腰らくに車中泊

【Bears Rock】 腰楽 車中泊 マット キング サイズ ワイド 大きい 8cm 腰に優しい 寝返りもしやすい 段差解消 トラック 車中泊マット 布団 自動膨張式 2バルブ マットレス インフレータブル アルファード ヴェルファイア エルグランド ハイエース 来客用 腰痛 腰らく

楽天

次はマットです。ベッドキットは価格も高いですし、組み立ても大変そうだという方であれば、簡単にマットを敷いて寝られるものが一番ですね。こちらのマットは価格も一万円以下で購入できますし、手軽に設置できるものを探しているという方であればこのマットを利用するのがいいのではないでしょうか。

マットの詳細

出典: https://item.rakuten.co.jp/gorilla55/camping_mat8king/

マットの素材は高反発ウレタンを使用しているので、腰に優しい作りになっています。また、段差も緩和してくれるので快適に寝ることができます。空気を入れて利用できるようになっており、人それぞれの硬さに調節可能です。利用しない時は空気を抜き、丸めて収納可能。サイズは200×70×8cmで、収納時サイズは25×75cmです。

マットの口コミ

出典: https://item.rakuten.co.jp/gorilla55/camping_mat8king/

口コミを見てみると、商品の中にはエアマットの修理キットがついていることにびっくりという声や寝心地が最高との声が。他にも空気を抜く作業が簡単で購入して正解だったという声や、ぐっすり寝られて良かったという声もありました。ノアでの車中泊を快適に過ごすために、安くベッドを作りたいならこちらの商品を利用してみてください。

エアーマットの特性上必ずいつかは穴があく。それをフォローするために 修理キットまで付いていることにびっくりしました。 寝心地ですが最高です。

7人乗りノアの車中泊用に。普通サイズと悩みに悩んでキングを二枚購入しました。 横幅は2列目シートとスライドドアの間に隙間ができずピッタリ。子供が落ちる心配もないのでわが家はキングサイズで正解でした!

ノアの車中泊グッズ③フラットクッション

段差解消クッション

【新発想の車中泊 マット】Levolva シートフラットクッション/段差解消 車中泊マット【車中泊 マット/車中泊 グッズ/防災グッズ/車中泊 エアーマット/車中泊 エアベッド/車中泊 ベッド/キャンピングマット/キャンプマット/日本製/レヴォルヴァ】【SOVIE】

楽天

こちらはこのマットを敷いて寝る、というものではなく、車内の段差を解消するためのクッション商品です。ですから、このクッションを敷いた上にマットや布団を敷いて寝ることになります。こちらも価格は5000円以下ですので、もうすでにマットがある。布団はあるけど段差を解消したいという人におすすめの商品です。

フラットクッションの詳細

出典: https://item.rakuten.co.jp/auc-sovie-store/fc-1/

こちらの素材は硬質ウレタンで、表面は高級難燃PVCレザーです。サイズは車種によって選べるようになっており、クッションをセカンドシート部分とサードシート部分の二か所に入れ込むことで段差を少なくできます。カラーはブラックのみ。ノアも車種によって選ぶサイズが異なってくるので、車種表と口コミも参考にして選んでください。

フラットクッションの口コミ

出典: https://item.rakuten.co.jp/auc-sovie-store/fc-1/

口コミを見てみると、段差が少なくなって凹凸が気にならなくなったという声や、硬さもちょうどいいという声もありました。他にも寝心地が良かった、快適に寝られたという声も。いろんな車種に対応している者を購入する時は、一番は同じ車種のものを購入した口コミを見ること。検索でノアと調べれば同じ車種も出てくるのでそれで調べると参考になりますよ。

80系7人乗りノア用に「シートフラットクッション100(LVFC-2)」と「シートフラットクッション60(LVFC-3)」、「折畳み車中泊マット(LVOM-3)」を2個づつ購入しました。シートフラット クッションにより段差を少なくする事でシートの凸凹はほとんど気になりません でした。

作りもしっかりしていて、固さも丁度良く、非常にお薦めだと思います。

ノアの車中泊グッズ④サンシェード

サンシェードを探しているなら

【最大級1050円クーポン】 ノア 80系 ヴォクシー 80系 専用 カーテン サンシェード 車中泊 グッズ プライバシーサンシェード フロント NOAH BOXY ZWR80 ZRR85系 トヨタ 【車用カーテン/カーフィルム/カーシェード/日除け/断熱/カスタムパーツ】

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

次にご紹介するのはサンシェードです。昼間の明るい時にぐっすり寝るためにはやはりサンシェードがあると安心ですね。こちらの商品は、サンシェードの中売れている商品ですので、サンシェードの購入で迷っているという方はこちらの商品を購入してみてはいかがでしょうか。サンシェードの利用で今以上に快適空間にできますよ。

サンシェードの詳細

出典: https://item.rakuten.co.jp/hobbyman/noa-voxy80-f1/

こちらのサンシェードには吸着部分がついているのでそれを窓に吸着させて利用できるようになっています。折りたたんで収納できるので、使わない時はコンパクトに収納可能。防水加工もされており、耐久性もいい商品です。同じ商品にリア部分のサンシェードもあります。サイズはそれぞれの車種によってことなるので、自分の車種を検索して購入してください。

サンシェードの口コミ

出典: https://item.rakuten.co.jp/hobbyman/noa-voxy80-f1/

口コミでは、車種専用だからぴったりという声や、光が外に漏れないという声もありました。他にも快適な空間になったという声や、重さも軽いという声もありました。サンシェードはたくさん販売されていますが、やはり車種専用が販売されているというのが強みなのではないでしょうか。サイズもぴったりなサンシェードが欲しいなら、ぜひこちらでご購入ください。

車種専用だからピッタリ!これは最高ですわ。柔軟だから取り付けもイラッとしないし。アルミと違って付ける時の『眩しっ』が無いし。なんと言っても運転席側だけの日除けや三角窓(笑)にも専用があるからびっくり フロントセットで三角窓付いてたとは。ありがとうございました!

物は大変良い物で窓のサイズにぴったりで光が外に漏れず、外からも中が見えずniceです。

ノアの車中泊グッズ⑤カーテン

カーテンが欲しいならこちらをチェック!

車用カーテン 着脱簡単カーテン 車 車用品 カー用品 日よけ 日除け 紫外線 車内泊グッズ 車中泊グッズ 仮眠 間仕切り フリーカーテン 黒 ブラック キャンプ フロントカーテン サイドカーテン リアカーテン 車内カーテン アクセサリー 車カーテン カーテン 仕切り

楽天1,780円

次はノアで使えるカーテンです。車中泊仕様にした場合、外からの視線が気になってしまうもの。サンシェードを利用するのもいいですが、カーテンならいつでも止めたり開いたりできるので簡単です。車中泊用にベッドを作ったら、カーテンも欲しくなるかもしれません。気になっている方は一度商品を見てみてください。

カーテンの詳細

出典: https://item.rakuten.co.jp/zenpou22/n-c-21/

カーテンのサイズですが、75×80cmのカーテンが二枚入っています。取り付け用金具と、コードストッパーがついているのでシートのピラー部分に差し込んですぐに使えます。窓のカーテンはもちろん、間仕切りとしての利用もできます。カーテンにはベルトとマジックテープがついているので使わない時はひいて留めておけます。

カーテンの口コミ

出典: https://item.rakuten.co.jp/zenpou22/n-c-21/

口コミにはいい具合に装着できたという声、必要な時だけ取り付けできるのがいいという声がありました。他にも外から見えなくなって良かったという声、女性でも簡単に取り付けられるという声もありました。せっかくベッドを作ったのであれば、カーテンも取り付けて快適な空間にしてください。

ノアのトランク目隠しで使用してて間仕切カーテンとしても欲しいのでこちらで購入しました、いい具合に装着出来て良かったです。

必要な時だけ取り付けできる事がいいです。 生地も程よい厚さで中からは外の様子がわかるけど、外から中は見えないため安心感があります。

ノアを快適なキャンプ仕様に!

ノアを改造して

実際のノアの改造方法を紹介した動画や、グッズの紹介をしてきましたが、改造でも簡単にできる方法、DIYで快適な床やベッドを作る方法などもありました。ノアはそのままでもいいのですが、やはりキャンプに良くいく方であれば、改造して快適空間にした方が使いやすくなりますしもっとキャンプがしたくなるのではないでしょうか。

快適空間で車中泊!

実際に自分で改造しなくとも、グッズを購入してしまえば手軽にベッドを作ったりカーテンを取り付けたりすることは十分可能です。価格などもありますので、予算や自分でできる範囲を考えて改造を考えていくといいですね。時にはホームセンターのカットサービスや工具貸し出しも利用して、快適な空間を作っていってください。

まとめ

車中泊について改造方法やグッズをご紹介してきました。ノアを買ったばかりだったり、車中泊に挑戦したことがなかったりすると、セカンドシートを倒してフラットにする方法も分からないということもあったかもしれません。簡単にフラットにできる上、改造方法もたくさんあります。グッズなども利用して、快適空間を作っていきましょう。

車中泊が気になる方はこちらもチェック!

冬の車中泊に必要な暖房グッズ、真夏の車中泊の工夫、車中泊の網戸を自作する方法など、車中泊についてまとめた記事もたくさんありますので、気になったものがあれば合わせて読んでください。

【2020】冬の車中泊で必要な暖房グッズ&防寒対策を紹介!最強の防寒方法とは? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2020】冬の車中泊で必要な暖房グッズ&防寒対策を紹介!最強の防寒方法とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
冬でも車中泊を楽しみたい!という方はいらっしゃるのではないでしょうか。しかし暖房や防寒対策をしっかりとしないと死亡してしまうリスクもあります。今回は冬の車中泊におすすめの暖房グッズや防寒対策についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
真夏の車中泊をもっと快適に!暑さを吹き飛ばして涼しくするコツ・工夫を紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
真夏の車中泊をもっと快適に!暑さを吹き飛ばして涼しくするコツ・工夫を紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏の車中泊を快適に過ごすための涼を得るちょっとしたコツや工夫をご紹介していきます。夏の行楽シーズンは宿泊する場所を確保するだけでも一苦労です。そんな時に、夏に車中泊を快適に過ごす方法を知っておけば節約にもなりますのでぜひともチェックしてみてください。
【DIY】車中泊用の網戸の自作方法!自作に使える100均ダイソーグッズも! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【DIY】車中泊用の網戸の自作方法!自作に使える100均ダイソーグッズも! | 暮らし~の[クラシーノ]
車中泊をする場合、より快適にするためにも網戸があった方が便利ですね。でも、車中泊のために車用の網戸を買うにしてもお金がかかります。でも、安く自作する方法もあるんです。今回は網戸の自作方法をさまざままとめていきますので参考にしてください。
ゆー
ライター

ゆー

DIYをメインに記事を書かせていただいています。自分のDIY経験を活かしながら、誰にでも分かりやすく、DIY作品の作り方をお伝えしていきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking